外為ニュース

ダウ理論とは

ダウ理論とは
もともと景気循環を考える上で、ダウは景気動向と工業株平均株価と鉄道株平均株価の動きが同じトレンドになっていなければいけないということです。

チャート分析の基本がわかるダウ理論の全知識

20161130_0

その分析の考え方は今でも株式・為替・コモディティ・債券相場などのチャート分析の基本として利用されています。

1-2 平均株価と景気の関係について

1-3 ダウ理論の6つの法則(ダウ理論の6つの考え方)

1-3-1 平均は全てを織り込む

・需要と供給の変化により価格が変動している
・需要と供給の変化は今までに起きているあらゆる事柄の影響を受ける
・今までに起きているあらゆる事柄の影響を受けることにより価格が変動している

1-3-2 トレンドには3種類ある

20161130_2

まず、3種類のトレンドの話をする前に相場のトレンドって何かについてです。
トレンドは相場の方向性のことで上昇トレンドと下降トレンドがあり、上昇トレンドは下値が切り上がって推移、下降トレンドは上値が切り下がって推移している状況になります。

20161130_3

・プライマリートレンド・・・・・1年以上で数年間続く長いトレンド
・セカンダリートレンド・・・・・数週間から数ヵ月続くトレンドでプライマリートレンドの修正的な動き
・マイナートレンド・・・・・3週間未満の短いトレンド

20161130_4

これが在庫循環のサイクルです。

20161130_4_1

20161130_5

また、内閣府は日本の景気循環に関して以下のように発表しています。
(出所:wikipedia)

1-3-3 プライマリートレンドは3段階で成り立っている

20161130_6

第3段階
新聞の見出しが大きくなり、一般投資家が市場に参加し出来高が急増 先行型の投資家は利食いし始める

20161130_7


株を買う場合でもなにかのブームに関しても人間にはこのような行動の傾向があるということです。
マーケティング的な考え方を1900年頃にしていたダウって天才かもです。

20161130_8

ちなみに、下落相場の場合は下の図ような3段階になっています。

1-3-4 ダウ理論とは 工業株平均と鉄道株平均は同じような動きになる
(2つの平均は相互に確認できなければならない)

20161130_9

もともと景気循環を考える上で、ダウは景気動向と工業株平均株価と鉄道株平均株価の動きが同じトレンドになっていなければいけないということです。

1-3-5 価格と出来高は相互に確認できなければならない

20161130_10

1-3-6 トレンドは明確な反転が確認できるまで続く

20161130_11

トレンドの反転シグナルというものがあります。具体的には下のような価格の動きになります。

20161130_11_2

以前、WintonCapitalの運用担当者の一人にお会いする機会があり、
「トレンド転換はどうやって確認しているのか?トレンド転換のタイミングやトレンド転換の価格水準などは予測しているのか?」
と質問したところ、
「トレンドが変化するタイミングや価格水準は予測しておらず、トレンドが続く限りポジションをホールドし、トレンドの変化が確認できたら決済するといった手法です。やってることは、移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスと同じようなことです。」
との回答でした。

1-3-7 終値が重要

ここまでの6つに加えて、もう1つがこの 終値が重要 だということ。
始値、高値、安値、終値とありますが、一番重要なのは終値だということです。
その理由は、
・一番現在に近い価格
・最終的に市場に参加している投資家が合意した価格
・終値以外の価格は取引数量が少ない可能性がある=市場に参加している多くの投資家が合意した価格では無い
※為替や指数などは取引自体されていない気配値という場合もある
などになります。

2 ダウ理論で相場のトレンドを読む方法と実際の取引例

2-1 トレンドライン

20161130_12

ステップ1
チャートの高安の推移からトレンドを確認する
下のチャートの水色のトレンドラインから下降トレンドだったと判断できる
ステップ2
トレンドラインなど価格が超えたら取引をする(赤い矢印)
下のチャートの水色のトレンドラインを上回ったタイミング
また、下降トレンドラインの赤い丸印で示した価格を上回ったタイミング

2-2 移動平均線

ステップ1
移動平均線の傾きと位置から相場のトレンドを確認する
下のチャートではそれぞれの移動平均線が上昇から下降に変化しつつあり
上昇トレンドが変化してきていることがわかる
ステップ2
価格が終値ベースで移動平均線を超えたら取引をする
黄色い丸印の高値を付けた後これを上回ることなく、下向きに変化しつつあるそれぞれの移動平均線を
価格が下回った矢印のタイミング

ダウ理論の分かりやすい解説~全テクニカル分析の基本

ダウ理論

ダウ工業平均株価


(画像はinvensting.comのチャート)

ダウ理論の利点

ダウ理論の概要

平均は全ての事象を織り込む

ダウ理論のトレンド

  • プライマリートレンド(大きなトレンド)
  • セカンダリートレンド(中ぐらいのトレンド)
  • マイナートレンド(小規模なトレンド)

ダウ理論のトレンド(3つの規模)

プライマリートレンド

セカンダリートレンド(中ぐらいのトレンド)

マイナートレンド

ダウ理論でトレンドの規模を分ける理由

プライマリートレンド(大トレンド)の見分け方

上昇トレンド

ダウントレンド

ダウ理論200日移動平均線

トレンドには3つの段階がある

  1. 先行期(アキュムレーション)
  2. 追随期(マークアップ)
  3. 利食い期(ディストリビューション)

トレンドは明確なトレンド転換シグナルがでるまで継続する

もっとも基本的なダウ理論におけるトレンド転換の考え方

上昇トレンド

ダウントレンド

ダウントレンドの終了 → 上昇トレンドの開始 という流れになります。

ダウントレンドの終了

上昇トレンドの開始

マイナートレンドでエントリー

平均は相互に確認されなければならない

米ドルインデックスチャート

GBPインデックス

主要通貨インデックスのRSI

トレンドは出来高でも確認されないといけない

ダウ理論に使えるインジケーター

zigzag_dow

ダウ理論の次に学びたいこと

  • プライマリトレンド方向の波はいくつの波で構成されるのか?
  • プライマリトレンドに逆行するセカンダリトレンドの波はいくつの波で構成されるのか?
  • これは押し目なのか?それともトレンド転換なのか?
  • このトレンドはまだまだ続くのか?それともそろそろ終盤なのか?
  • 今自分の立ち位置はどこなのか?

ダウ理論 まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはFXのかなり深い内容をお伝えしていますので、一通り読んでいただければ、相当な力がつきます。

FX完全マップ【基礎から実践的ノウハウまで】

FXのアノマリーで狙いたい通貨ペア 7月4日からの週

過去15年のFXアノマリーを分析し、今週狙いたい通貨ペアを探しました。 今週は第三四半期の始まり、新しい月の始まりなので、大きく流れが変わるかもしれません。 なぜなら、ここまで強かった米ドルと、ここまで弱かった日本円に興 […]

FXのアノマリーで狙いたい通貨ペア 6月27日~の週

6月27日からの週に、FXアノマリーの分析で狙いたい通貨ペアをまとめました。 今週からロシアルーブル(RUB)が弱くなるアノマリーがあります。 EURRUBが上がりやすいアノマリー EURRUB(ユーロルーブル)は6月2 […]

今週のFXのアノマリー 6月20日

今週、アノマリー的にねらい目のFX通貨ペアについて解説します。 過去15年の日足データを基に分析して見つけたアノマリーです。 NZDCADが上がりやすいアノマリー NZDCADは6月19日~6月24日頃まで上がりやすいア […]

FXのアノマリー通貨ペア 6月6日からの週

FXの通貨ペアで、6月6日からの週に勝ちやすそうなアノマリーの存在する通貨ペアをピックアップしました。 デイトレやスイングトレードのトレードアイデアの立案に役立ててください。 USDCAD(米ドルカナダドル)が下がりやす […]

FXのアノマリー通貨ペア 5月30日からの週

FXで今週勝ちやすそうなアノマリーがある通貨ペアについて書いています。 今週はUSDが弱くなる、つまりドルストレートの通貨ペアが上がりやすいアノマリーがあります。 ユーロドル(EURUSD)が上がりやすいアノマリー ユー […]

株のアノマリー銘柄 5月23日からの週

日本株のアノマリー銘柄です。今週買うとアノマリー的に有利そうな銘柄をピックアップしました。 対象は日経225に採用されている銘柄です。過去15年の日足を使ってアノマリーを分析しました。 キリンホールディングス(2503) […]

About サンチャゴ

専業投資家。
FXの短期トレードでコツコツ稼ぎながら、そこで稼いだ資金を米国株の長期投資に突っ込むのが生きがいのおじさん。
最近は一日中全通貨ペアのエリオット波動分析をしてます。良い感じのエントリーポイントが見つかったらMT4で下位足を開いてEAを仕掛ける、みたいな毎日を面白おかしく生きています。
AmazonKindleで2冊のベストセラー電子書籍を持つ「プロになるためのデイトレード入門」「日本一即戦力なFX講座」

【ダウ理論】押し安値・戻り高値を客観的に見つけるたった一つの方法

理解度をチェックしてみましょう=>クリックして別ウィンドウ表示

ケーススタディ2

ケーススタディ3

多くのトレーダーが意識する高値・安値でないと意味がない

「多くの人が見ている高値・安値でないと意味がない」

記事後半の紹介

  • "客観的に"目線が固定できることの最大のメリットは"同じ基準で相場を見続けられる"こと
  • ケーススタディ回答
  • 欧米のトレーダーが活用する手法の紹介
  • 押し安値・戻り高値を客観的に特定する方法
  • 押し安値・戻り高値を用いたトレード手法解説(エリオット波動3波・N波動を狙う)
    • ロング(上昇3波)
      ・手順
      ・ケーススタディA(4時間足〜15分足)
    • ショート(下降3波)
      ・手順
      ・ケーススタディB(4時間足〜15分足)

    購入者の声
    【ダウ理論】目線付けの二つの方法と目線を可視化するTradingView用インジケーター

    人気の記事

    【ダウ理論】押し安値・戻り高値を客観的に見つけるたった一つの方法

    こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 .

    【米国株】過去の弱気相場(ベアマーケット)を見てみよう

    こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では過去の米国株の弱気相場について振り返ってみたいと思います。 2022年5月20日の米国市場ではSP500が一時弱気相場(ベアマーケッ .

    【ダウ理論】目線付けの二つの方法と目線を可視化するTradingView用インジケーター
    【エリオット波動】 ドル円の長期エリオット波動をマジで分析 / 円の過去50年の歴史を振り返る
    仮想通貨の冬はどれほど長いのか?

    こんにちは、サバイサバイFXです。 仮想通貨の冬入りが騒がれていますね。 この投稿では、過去の仮想通貨の”冬”ではどの程度の期間停滞が続いたのか、ビットコインを例に振り返ってみたいと思い .

    チャートに”N”を探せ!

    こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。 相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点 .

    【エリオット波動】4波は1波の終点を超えてはいけないは本当なのか?
    【エリオット波動】なぜ5波狙いは難しいのか?理由と狙う場合のリスクを解説します。

    こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 .

    元酔手法全公開「第一章ダウ理論」

    ダウ理論

    この動画が少しでも役に立ったという方がいましたら
    有志者へのワンコイン支援できるnoteリンクを作成したので
    ぜひ支援の方をお願い致します!

    【ダウ理論を考える】~前 編~専業投資家【FXで馬】の動画配信★2021/12/18

    0 ヒロセ通商 ✖ 【FXで馬】 タイアップキャンペーン開催!! 新規口座開設+取引きで キャッシュバック最大55,000円!! ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 国内証券会.

    【FX】超解説!「ダウ理論」誰でもカンタンに相場が読めるようになる

    0 初心者の方向けの「ダウ理論」についての解説動画です。 はじめての方でも簡単にダウ理論を理解でき、実践チャートでもちゃんと現在のトレンドがわかるように、わかりやすく解説しています。 わからないコトや、こんな事を教えてほしい! という.

    ダウ理論と裏チャネルを活用し、天井から高リワードエントリー【ニュージードル:+135pips決済】2021 01 28

    0 ■動画によく出てくる「エリオット波動」を勉強したい方はコチラ ※僕のエリオット波動の知識は、全てこの本で習得しました ■本日の雑談:【健康系】種食と1日1食で最強の健康生活を手に入れよう ダウ理論とは @ダイスケの独り言:雑談サブチャンネル.

    FXトレード問題集045 #投資 #FX #トレード #shorts

    0 FXトレード問題集です エントリー根拠・イグジット根拠も説明しています 今回は上昇トレンドから下落トレンド転換局面でのトレード解説になります。 #投資 #FX #トレード #shorts -------------------.

    【1月21日】ダウ理論で考えるFX【FX予想】

    0 兼業トレーダーによる相場予想配信です ペアは ドル円 ランド円 ポンド円 ユロル ポンドル ユロポン ユーロ円がメイン 考えの基本はダウ理論を元に 4時間足を基軸にトレードしています #FX #ドル #ランド #円 ※エントリ.

    【株式投資には必須】ダウ理論2

    NYダウ暴落で、日経平均とドル円はどうなる?【FXと株の初心者】ヘッジファンド売り仕掛けとトリプルブルーで株価上昇と円安

    10月5週目の「FXと株の稼ぎ方」を、プロの投資家が解説 ドル円や日経平均のチャート分析のやり方と、今週の価格予想について ダウ理論やMACDや移動平均線の交差とトレンドラインの使い方も解説 NYダウなどのアメリカ株が暴落した理由とは.

    【】ダウ理論について

    【FX予想】ダウ理論で考えるFX 10月8日

    0 為替専門チャンネル → 兼業トレーダーによる相場予想配信です ペアは ドル円 ランド円 ポンド円 ユロル ポンドル ユロポンがメイン 考えの基本はダウ理論を元に 4時間足を基軸にトレードしています #FX #ドル #ランド #円.ダウ理論とは

    【FX】FXトレードロジックの基本!ダウ理論について!

    どうも!園田です。 ダウ理論って名前は聞いたことあるけど どんな理論なんだろう?ロジックなんだろう? という方向けの動画です。 実際にチャート上で表すと 意外と「あれ、これ勝率は低いかも?」 ダウ理論とは 的な感じになるので本当に全部の要素をひっ.

    ダウ理論の基本「トレンドの継続と転換」【FXで勝つためのテクニカル分析 #6】

    ダブルトップ 」とは、上昇トレンド中の高値が前回の高値とほぼ同じ価格となることで上昇トレンドから下降トレンドへの転換を示唆するチャートパターンです。最後に切り上げた安値は ネックライン と呼ばれ、ネックラインの下抜けで上昇トレンドの否定、下降トレンドへの転換を意味します。ダブルトップ後のネックラインの下抜けは多くの投資家が狙っている売りポジションのエントリーポイントとなっていますので、下抜けと同時に大きな下落が起きやすいという特性があります。

    ②三尊(ヘッドアンドショルダー)

    三尊 」とは、上昇トレンドが否定されていない状態で高値を切り下げることによって、上昇トレンドから下降トレンドへの転換を示唆するチャートパターンです。チャートの形が人の頭と両肩に似ているので「 ヘッドアンドショルダー 」とも呼ばれます。ダブルトップと同様に直近の安値が ネックライン となり、多くの投資家が狙っている売りのエントリーポイントです。ネックラインの下抜けは下降トレンドのスタートを意味しますので、下落が加速しやすいポイントです。

    下降トレンドから上昇トレンドへの転換

    ①ダブルボトム

    ダブルボトム 」とは、下降トレンド中の安値が前回の安値とほぼ同じ価格になることで、下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示唆するチャートパターンです。最後に切り下げた高値がネックラインとなり、そのネックラインを上抜けることで上昇トレンドがスタートします。多くの投資家が買いのエントリーポイントとして意識していますので、上抜けと同時に強い上昇が起きやすいという特徴があります。

    ②逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)

    逆三尊 」とは、下降トレンドが否定されていない状態で安値を切り上げることによって、下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示唆するチャートパターンです。直近の高値がネックラインとなり、上抜けは上昇トレンドのスタートを意味します。多くの投資家が狙う買いエントリーポイントとなっていますので、上抜けと同時に大きな上昇を呼ぶ可能性が高くなります。

    ダウ 理論 とは、チャールズ・ダウ氏が提唱したテクニカル分析に関する理論。

    上昇トレンド →安値の切り上げ、高値の更新が続いている状態

    下降トレンド →高値の切り下げ、安値の更新が続いている状態

    上昇トレンドの否定 →高値更新後に切り上げた安値を下抜け

    下降トレンドの否定 →安値更新後に切り下げた高値を上抜け

    継続していた トレンドの否定後は、逆方向のトレンドに発展しやすい ダウ理論とは 。ポジションを持っていないときは新規注文の検討を、ポジションを保有しているときは手仕舞いを検討すると良い。

    トレンド転換を示唆する代表的なチャートパターンは「 ダブルトップ 」「 三尊(ヘッドアンドショルダー)

    ネックライン(直近の安値)を下抜けでの「売り」エントリーが有効 ダウ理論とは

    トレンド転換を示唆する代表的なチャートパターンは「 ダブルボトム 」「 逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる