暗号資産速報

チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事

チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事

↑ スマホアプリのLION FX

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 to sell or the solicitation of an offer to buy securities by チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 of the information on this website チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

【保存版】VISA株は恐ろしいほどの優良銘柄です【銘柄分析/将来予想株価】

凄まじいの一言です。 ビザの決済処理ビジネスは、在庫を抱える心配もなければ人件費や設備投資もあまり必要としません。
しかも事業内容は決済ネットワークという、勝者総取りのプラットフォームビジネスです。

圧倒的な株価上昇とコロナショックでの暴落

当然このような優良銘柄の株価が上がらないわけがありません。
株価は長期的に見ると一貫して上がってきていました。

しかし、2020年3月にはコロナショックで大幅な株価下落を被っています。
これほどの優良銘柄でも、相場全体の暴落からは逃れられないことがわかります。
とはいえ、
「これまで爆発的に上がってきた分、ビザが他の米国株に比べて大きく下落する」
といったような現象はいまのところ観察されていません。

また、ヨーロッパでのシェアが高いマスターカードに比べると、下げはややマイルドだと言えます。
ちなみに僕が調べたところでは、ビザの株価は2009〜2019年でダウ平均採用銘柄の中では2番目の上昇率です(1位はアップル)。
なんと チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 17倍以上 になっています。

この理由は、単にビザのビジネスが成長を続けてきたからだけではありません。
ビザは積極的な自社株買いを行ってきたのです。

実際、ビザに流通株式数は減少傾向にあります。
さらに、最近では株価が上がってきたためか、増配も積極的に行いはじめています。
もうほんとビザ大好きです(ついに感情が出た)。

VISAの将来株価予想

まず、2009年〜2019年までビザのBPSは年率平均9.88%成長してきました。
これが今後も続くと仮定すると、2029年の予想BPSは46ドルになります。
さらに、ここ5年間ROEとPERはそれぞれ以下の水準にありました。

ROE:20〜40%
PER:25〜40倍

株価=BPS×ROE×PER

ですから、これらの仮定を置いた場合に十年後のビザの株価と年率の平均リターンは以下のように予想できます(買値は2020/2/25時点の188.4ドルを想定しています)。

それでも、 衰退する株を安い値段で買うよりはビザをこの値段で買ったほうがいい と個人的には思っていますけどね。

法規制リスク

参入困難な強固なビジネスの堀を築いているビザ。
そんなビザにとっては、 自由経済のルールに則って勝負を仕掛けてくる競合よりも 各国当局による規制の方がリスクです。

例えば、過去ビザとマスターカードは自社ブランドのカードを発行する発行会社に対して アメックスカード及びディスカバーカードを発行しないように働きかけていました。
しかし当局により違法認定されてしまった、といった過去があります。

また、中国では銀聯カード(ユニオンペイ)が圧倒的シェアを誇ります。
銀聯は中国政府から圧倒的な後押しを受けているため、ビザですらシェアをあまり取れていません。
中国側としても自国のクレカ決済シェアをアメリカの企業に奪われて良いはずがありませんよね。

ちなみにロシアでも中国と似た状況が生じました。
かつてロシア政府はクレカ決済のNSPK(National Payment Card Systems)と呼ばれるシステムを猛プッシュしました。
さらに銀聯ブランドに似たミール(Mir)と呼ばれる決済ブランドまで立ち上げたのです。 (それでも今ではロシアのクレカ決済ブランドシェアはビザが首位ですが)

このように、ビザはその強すぎる力故、国家レベルの横やりが入りやすい企業なのです。

クレジットカード決済自体が陳腐化するリスク

最後に、 クレジットカード決済技術自体が陳腐化するリスク について述べておきます。

日本でも PayPay、ラインペイ、楽天ペイなどのシステムのキャンペーンが盛んになってますよね。
他にもAlipayやWeChatPayなど新規の決済システムが盛んに誕生しようとしています。

一応というのは、 新しい決済システムが生まれる時に、既存のクレカ産業を破壊するとは限らない からです。
例えばアップルペイは、クレカ決済システムに相乗りする形で運用されていますし、 PayPayにしてもクレカの登録が可能です。

とは言っても、各種の新しいキャッシュレス決済サービスの発達のほかにも、 仮想通貨決済などはビザにとって潜在的なリスクであることは変わりありません。 (本筋とそれますが、仮想通貨といえばフェイスブックの「リブラ」のプロジェクトにビザは当初一枚噛んでいましたが、最近決別しましたね。)

FXスキャルピング手法

スキャルピングの取引チャンスは1時間に5回以上

ボリンジャーバンドの設定


↑ PC版のLIONチャートPlus+

ボリンジャーバンドの設定(スマホ)


↑ スマホアプリのLION FX

・基準 ・・・ 20(PC=赤 / スマホ=黄)
・σA ・・・ ±1シグマ(PC=青 / スマホ=非表示)
・σB ・・・ ±2シグマ(PC=黄 / スマホ=ピンク) チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事
・σC ・・・ ±3シグマ(PC=緑 / スマホ=青)

ストキャスティクスの設定


↑ PC版のLIONチャートPlus+

ストキャスティクスの設定(スマホ)


↑ スマホアプリのLION FX

売買サインの見分け方

4画面チャートで相場のトレンドを確認しておきます。実際にこの方法で取引していますが、上昇トレンドでも下降トレンドでもレンジ相場でも通用します。 それでは、 買いの売買サイン から説明します。

【1】4画面チャートで大きなトレンドを把握しておく

4画面チャート


↑ PC版のLIONチャートPlus+

4画面チャート(スマホアプリ)


↑ スマホアプリのLION FX

【余談】 4画面チャートにテクニカル指標が表示されない、設定もできないFX会社のアプリって意外に多いです。 チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 不便なのでそのようなアプリの取引ツールは、スキャルにおすすめできません 。LION FXがスキャルに最適な理由に、4画面チャートに共通の指定したテクニカル指標を表示できるという理由があります。直感的に相場の状況が把握できます。

【2】ボリンジャーバンドの-2σにローソク足がタッチする

ボリンジャーバンドのマイナス2σにローソク足がタッチする

ローソク足が、 ボリンジャーバンドのマイナス2σにタッチ したら新規買い注文の準備。

【3】ストキャスティクスを確認

ストキャスティクスを確認

ストキャスティクスの %Kと%Dが20の下 にあれば買い注文確定。20より上なら次の足まで様子みます。

【4】ボリンジャーバンドの基準線タッチが利益確定のサイン

ボリンジャーバンドの基準線タッチが利益確定のサイン

【5】ストキャスティクスを確認

ストキャスティクスを確認

ストキャスティクスの %Kと%Dが80より上にあれば、利益確定で決済 します。まだ、80より下にあれば次の足まで様子みます。80以下になる直前で決済が理想です。Aで様子みて、Bで決済すれば、Aで決済するより利益が増えます。

【6】ボリンジャーバンドの-3σにタッチしたら損切り

ボリンジャーバンドの-3σにタッチしたら損切り

ボリンジャーバンドの -3σにタッチしたら損切り します。

-3σにタッチしてから相場が反転して上昇トレンドになる可能性もありますが、実は、 ボリンジャーバンドの-3σにローソク足がタッチすると、そのまま右下がりに続く-3σ線の上にローソク足が作られていく チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 ことがあります。これをバンドウォークといいます。

下降トレンドがすすむと、基準線の価格も下がっていくので、下降トレンド中に基準線まで価格が上がってもマイナスです。こうなると マイナスが増えるだけなので、-3σにタッチしたらすぐに損切り する方が賢いです。ちなみにバンドウォークは、±3σの線上だけでなく、±2σの線にのってバンドウォークすることもあるので注意が必要です。

買い注文する時のまとめ

  1. 4画面チャートでトレンドを確認。下落トレンド中なら細心の注意を払う
  2. ローソク足がボリンジャーバンド2σに到達したら買いサイン
  3. ストキャスティクスが20以下なら買い注文する
  4. ローソク足がボリンジャーバンドの基準線にタッチしたら利益確定の決済のサイン
  5. ストキャスティクスが80以上なら決済する
  6. ローソク足がボリンジャーバンドの-3σにタッチしたら損切りの決済する

この手法の特徴のひとつが 再現性が高い ということです。スキャルの取引手法は再現性が高いほど勝率があがると思っています。そのため、 再現性の高い手法こそルールを無視すると損失が増える ので注意が必要です。

ストキャスティクスのだまし

これに騙されないために、 売買サインが出た次か次の足で注文を入れたほうが利益は減りますが安全 です。

スキャルピングの取引チャンスは1時間に5回以上

この手法で取引すると、1時間で5回ほど取引チャンスがあります。デイトレだと1日1回から2回程度ですが、スキャルだとチャートに張り付かないとできませんが、 毎日5回程度取引するので上達が早い です。

スキャルピングで使う時間足は何分が最適なのか

使うテクニカル指標によって何分足が最適になるのか違ってきますが、私が気をつけているのは、「 1分足でやる!って決めてポジションもったら、別の足は見ない 」ように気をつけています。

4画面チャート

というのも、1分足では下降トレンド、5分足はレンジ相場、1時間足は下降トレンド、4時間足はレンジ相場にはいったところなど足によってトレンドが違うので、 違う足のチャートを見てしまうとノイズになって、ルールに則った判断がしにくくなってしまいます 。結果損切りという状況に追い込まれてしまうのです。

「損切り 1:利確 1.5」で勝率50%でも利益がでるようにする

私はテクニカル指標の売買サインをメインに決済を行いますが、決済注文のみ、自動注文機能を使う人もいます。その場合、「損切り 1:利確 1.5」にしておけば、 勝率50%でも利益が出ます 。裁量取引の場合、感情が邪魔してうまくいかない方は、新規注文と同時に 利益確定注文と損切り注文を同時に入れられる注文機能 を使ってみてください。

新規注文と同時に利益確定注文と損切り注文の設定方法【決済pip差注文】

決済pip差注文の設定画面

まず、(1)の決済pip差注文(クイック注文)を有効にします。
次に、(2)の決済pip差執行条件1の注文方法を選びます。上記画像の場合は、指値を選んでいます。 決済の時に使う指値注文は別名リミット注文と言い、利益確定させる注文 です。

(3)は、 損切り(ストップ)注文なので、(2)の逆になる「逆指値」 を選びます。

クイック注文画面

クイック注文画面を表示させたチャート画面


こちらでもちゃんと反映されています。チャート画面にクイック注文を表示させれば、ワンクリックですばやい取引が可能になります。

新規注文はストリーミング注文にする

クイック注文の注文設定をストリーミング注文に変える

クイック注文の時の注文の種類を「成行注文」ではなく、「 ストリーミング注文 」に変更しておきましょう。成行注文とストリーミング注文の違いですが、成行注文もストリーミング注文も任意のタイミングで注文する機能という点では同じです。

ストリーミング注文には、許容スリップを設定しなければなりません。たとえば50銭(=5pips)に設定しているので、不利な方向にすべってしまっても5pipsまでは約定します。0にすると約定しない確率があがるので、 5pipsくらいにしておくのがちょうど良い です。

スキャルピングは、 取引回数が増えるので取引キャンペーンのキャッシュバックが狙えたり、経験を早く積むことができるので取引のスキルアップにもなる のでおすすめです!今回紹介した手法じゃなくても、テクニカル分析で取引ルールを検証するのはすごくおもしろいのでやってみてください!

スキャルピングしたことがない、FXの取引回数もまだ少ないという方は、 1,000通貨からはじめてみる のが良いと思います。今回の手法で選んだ 豪ドル円の1,000通貨なら、5000円から取引 できます。ヒロセ通商は1,000通貨から取引できますので、口座を持ってない方は、まず口座開設しましょう。(>> チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 ヒロセ通商の口座開設ページはこちら 追記「LION FX」がよりスキャルピングに最適なFX会社になる!?

2018/4/25に届いた、会員向けメルマガにLIONチャートPlus+のバージョンアップ情報が届きました。その内容をみて、ビックリ! スキャルピングする際に他FX会社にはない有利な機能 がありました!

【1】チャートに「10秒足」が追加される

スキャルピングしている時、特にポジションを持っている時は、 1分足チャートだと遅く感じてじれったい時が多々あります。かといって、Tickだと早すぎてついていけない・・・ 。10秒足で取引できたらすごく良いかも知れないです。スキャルユーザはますますLION FXから離れられなくなります。公開が楽しみですね!

ヒロセ通商の顧客の注文状況が見れるようになる

LION FXで取引しているトレーダーの指値と逆指値の注文がどのくらいの価格帯で、どのくらいの割合で入っているかわかるように「顧客の注文状況」を公開 してくれるそうです!

ヒロセ通商は顧客の声を形にする会社

ヒロセ通商の公式サイト

ヒロセ通商は、 顧客からの要望や意見を取り入れた内容を毎月バージョンアップ しています。だから10秒足や注文状況がみれるような、 みんなが欲しかった機能が追加 されるんです。

【Pythonで株式投資】レラティブストレングスと52週高値は買いシグナルに有効かを検証してみる【後編】

【Pythonで株式投資】レラティブストレングスと52週高値は買いシグナルに有効かを検証してみる【後編】

【Pythonで株式投資】レラティブストレングスと52週高値は買いシグナルに有効かを検証してみる【後編】

【Pythonで株式投資】レラティブストレングスと52週高値は買いシグナルに有効かを検証してみる【後編】

データの準備

まずは データの準備 です。

前回用意したデータに加えて、 ファンダメンタルズデータ を追加します。

XBRLデータで収集してます

ファンダメンタルズデータ については、僕が運営している「投資でニート生活」でTDNETとEDINETから XBRLデータ を収集しています。

PythonでTDNETとEDINETからXBRLデータを集めたら地獄だった話。

PythonでTDNETとEDINETからXBRLデータを集めたら地獄だった話。

毎日最新のデータを収集してDBで管理しています。

APIを介していつでもデータを取得できるようになっています。

取得するデータについて

  • 四半期ごとの決算期末日
  • 売上高
  • EPS
  • ROE
  • 自己資本比率
  • 営業CF
  • 投資CF
  • 財務CF
  • 期末発行済株式数(時価総額を計算するため)

例としてトヨタ自動車のデータを抽出しました。

上記のデータを用意して、売上高とEPSについては 前年同期比 を計算してカラムを追加します。

営業CFと投資CFから フリーCF も計算します。

さまざまな条件でシミュレーションをやってみる

  • 投資金額の上限は50万円とする
    • 株価5,000円以上の銘柄は買わない。
    • 株価が2,300円とかなら50万円になるべく近づけるために100株ではなく200株購入する
    • *これは僕の投資戦略に合わせています
    • 前編の結果より、ある程度間隔が開いた方がが結果は良くなることがわかっている
    • 20日の他にも、50日、100日、200日で検証する
    • 前編の結果より、株価の動きにはある程度許容した方がいいことがわかっている
    • 利確は10%, 15%, 20%、損切りは-10%, -15%, -20%で検証する
    • レラティブストレングスは高い方がパフォーマンスが良くなる
    • 80の他にも、90以上、95以上、99の条件でも検証する

    上記の内容に、 ファンダメンタルズデータ を加えて検証を行っていきます。

    損益の判定方法

    また、損益の計算については、 2通り で計算します。

    1週間(5営業日)1ヶ月(21営業日)の2つの期間を使い、利確ポイントと損切りポイントを決めます。

    損益を判定するために、まずは 期待収益リスク を計算します。

    ここでは、1週間・1ヶ月間の高値安値から計算します。

    これで 期待利益率想定損失率 チャートとファンダメンタルズ、どっちが大事 を計算することができます。

    用意したデータでは、終値ベースで高値と安値を計算したもの(sell_price_M1_close_highest、sell_price_M1_close_lowest)と、高値ベース・安値ベースでそれぞれ高値と安値を計算したもの(sell_price_M1_high_highest, sell_price_M1_low_lowest)があります。

    どっちで計算しても良いですが、ここでは最大の利益と最大の損失ということで 高値ベース・安値ベースでそれぞれ高値と安値を計算したもの (sell_price_M1_high_highest, sell_price_M1_low_lowest)を使って計算します。

    紙とデジタル、どっちがいいの?未来に役立つ「日記」の保存法

    © hanack – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/166008634

    大人の日記は「より良い明日をつくるため」

    「書くこと」そのものが癒やしにも

    紙に書くかデジタルで残すか…それとも両方?

    紙の保存性は抜群、だが保存環境にご注意を
    紙のノートや手帳などに手書きする場合、手書きの時間と手間はかかりますが、残された日記は世界に一冊だけの「宝物」。最近は長期間保存していても変色しにくい紙を使っている製品も多いので、適切な環境で保存すれば10年後、20年後も問題なく読み返すことができます。手書きの日記帳は、やはり未来に役立てるのに有力なメディアといえるでしょう。

    © taa22 – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/166088363

    利便性ならデジタル。普段から管理をしっかりと

    検索機能はやはり便利
    デジタルで作成した日記のもう一つの強みは、検索機能が使えること。紙の日記では記憶に頼りながらぱらぱらと冊子をめくって必要な記録を探す必要がありますが、デジタルであれば物事や人名などのキーワードから素早く絞り込んでいけます。記録を読み返して役立てる時に、威力を発揮するわけですね。

    常に情報の管理に気をつける必要も
    便利な点が多い「デジタル日記」ですが、紙の日記にはない心配事もあります。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる