取引プラットフォームガイド

暗号デリバティブとは何か

暗号デリバティブとは何か

暗号デリバティブとは何か?- ビットコイン先物市場での取引を学ぶ

BTCスポット市場では、トレーダーはいつでもビットコインを売買することができますが、一定の制限もあります。例えば、投資家はビットコインの価格が上がって初めて儲けることができます。価格が下落すると、BTCを保有している人は誰でも損失を被ることになります。大幅な下落の前に運良く売却できた人でも、価格が跳ね返る必要があります。そうでなければ、利益を得ることはできません。スポット市場のもう一つの特徴は、トレーダーが投機したい資産を強制的に保有させることです。一方、ビットコインのデリバティブは、人々が実際にビットコインを所有することなく、ビットコインの価格に従う契約を取引することができます。

ビットコインのデリバティブ市場で取引するには?

これらの契約は、相手との間で締結する契約です。BTCに戻り、別の人が価格が下がると信じている間、あなたは価格が上がると信じていることを想像してみましょう。あなたとその他の投機家は、一定期間後、価格が任意の方向に移動したら、当事者のいずれかが他の価格の差を支払わなければならないことを明記した契約書に署名することができます。

例えば、BTCの価格が10,000ドルで、あなたはそれが上昇すると賭けたとします。相手のトレーダーは価格が下がると賭けています。あなたが契約を決済するまでに価格が11,000ドルまで動いた場合、相手のトレーダーはあなたに1,000ドルを支払うことになります。価格が9,000ドルまで動いた場合は、1,000ドルを支払わなければなりません。ご覧のように、このような取引や契約を通じて、トレーダーや投資家は、原資産を所有することなく、価格が下がってもお金を稼ぐことができます。 これはデリバティブが取引の文脈でどのように機能するかということですが、実際には多くのユニークなバリエーションがあります。クリプトカレンシー業界で最も人気のあるデリバティブは、先物、オプション、永久契約です。

crypto derivatives

ビットコイン先物とは?

上述のように、ビットコインの未来は、特定の将来の日に特定の価格でBTCを購入し、売却するための2つの当事者間の単純な契約または合意です(よって、名前とされる)。しかし、どちらの当事者も実際に原資産(この場合はビットコイン)を保有する必要はありません。代わりに、彼らは単に米ドルまたは他の合意された通貨で契約を決済します。先物契約を他のデリバティブ商品と区別するものは、特定の決済日です。

ビットコイン先物に投資するには?

ビットコイン先物を取引している人のを見てみましょう。トレーダーが最初に決めなければならないことの一つは、契約の期間です。取引所では、週単位、隔週単位、四半期単位など、複数のオプションが用意されています。 例えば、週単位のBTC契約を取引したいとし、価格が10,000ドルの時に各契約は1ドルのBTCの価値があるとします。つまり、1BTCの価値があるポジションを建てるためには、10,000枚の契約が必要になります。

この時点で、トレーダーはロング(価格が上昇することに賭ける)またはショート(価格が下落することに賭ける)のいずれかを行うことができます。どちらの方向を選択しても、ポジションを開いたときに取引所のプラットフォームは本質的に反対方向に行く誰かとあなたを一致させます。一週間後、契約が決済されなければならないときに、トレーダーのいずれかが他の人に支払わなければならないでしょう。あなたがショートすることを選択し、1週間後に価格が下に移動した場合、あなたは利益を上げます。価格が上昇した場合は、損失が発生します。

BTCのショートに興味がある方はこちら ( ビットコインのショートとロング

ビットコインのオプションとは?

ビットコインのオプションを取引するには?

オプションの基本: コールとプル

先物をオプションに置き換えると、以下のようになります。オプションでは、ロングもショートもできず、代わりに「コール」と「プット」のオプションがあります。コールオプションは、その所有者に契約期限が切れると、合意された価格でビットコインを購入する権利を与えます。逆に、プットオプションは、その所有者に売却する権利を与えます。どちらのオプションでも、権利を行使するかどうかは所有者次第です。

例えば、1週間後に有効期限が切れる10,000ドルのBTCのコールオプションを購入した場合、1週間後には価格がどこにあるかに関係なく、10,000ドルで1つのBTCを購入するオプションがあることになります(将来的に資産を購入できる価格のことを権利行使価格といいます)。 BTCの価格が11,000ドルまで上昇している場合は、より安い価格でBTCを購入し、1,000ドルの利益で売却することができるので、確実に権利を行使することができます。価格が10,000ドルを下回った場合は、権利行使価格でBTCを購入すると損失が発生するため、オプションを失効させることを選択することになります。

オプションは投資家にリスクのない取引方法を提供するものではないことを理解しておくことが重要です。各オプションにはプレミアムと呼ばれる独自の価格が設定されており、これは市場の状況に応じて変化します。したがって、トレーダーが購入または売却する権利を行使せずにオプションの有効期限が切れた場合、彼らはまだ彼らがそのオプションのために支払ったプレミアムを失うことになります。

BTCパーペチュアルスワップ/パーペチュアル契約とは?

ビットコインのパーペチュアル契約(永久契約)は、先物やオプションとは異なり、有効期限や決済日がないデリバティブです。トレーダーは、一定の条件の下であれば、いつまでもポジションを保有し続けることができます。その一つは、口座に最低額のBTC(証拠金)が含まれていなければならないということです。考慮すべきもう一つの明確な要因は、資金調達率です。これは、永久契約の価格とビットコインの価格を結びつける独自のメカニズムです。先物契約には期限があるため、期限切れ時には必ず原資産の価格に収束します。パーペチュアル契約は有効期限がないため、その価格がビットコインの価格から大きく乖離し始める可能性があります。 この問題の解決策は、トレーダーの一方の側が反対側に支払うようにすることです。

インバース・パーペチュアル・スワップ の独自性についてはこちらをご覧ください。

永久契約のトレード方法は?

例えば、あまりにも多くのトレーダーがロングポジションを持っていて、BTC永久契約の価格がBTCのスポット価格よりも過度に上昇している場合、人々はショートポジションを建てるインセンティブがなくなります。このシナリオでは、資金調達率がプラスになります。資金調達率がプラスの場合、すべてのロングポジションはショートに支払わなければなりません。資金調達率がマイナスの場合、ショートポジションはロングポジションに支払います。この支払いにより、トレーダーはロングポジションを決済し、ショートポジションをオープンすることで、ビットコインの実際の市場価格に合わせて価格を下げていくことができます。はっきりさせておきますが、この支払いはトレーダー間で直接行われます。取引所は資金の支払いを収集しません。

もう一度、例を見てみましょう。Phemexでは、BTC/USDの永久契約はBTCの1ドルの価値があります。価格が10,000ドルであれば、1BTC相当の取引をするために10,000契約のポジションを建てることができます。あなたがロングしている場合は、価格があなたが満足するレベルに上昇しているまで、あなたが望むように長くあなたの位置を保持することができます。これは何時間、何日、何ヶ月ということもあります。ポジションを閉じることを選択したら取引所は、あなたのエントリ価格と現在の市場価格の間の差を支払うようにします。この支払いは、本質的にショートすることを選択し、お金を失った別のトレーダーから来ています。あなた自身が考慮しなければならない唯一の手数料は、前述の資金調達率の支払いと追加の為替手数料です。

上記のシナリオは、永久契約を取引する最もシンプルな方法です。しかし、Phemexでは、取引に取り入れることができる別の要素があります。レバレッジを利用することで、元の証拠金よりもはるかに高い金額のポジションを取引することができます。例えば、100倍のレバレッジを使用する場合、100ドルから始めて100倍のレバレッジをかけて10,000ドルのポジションを取引することができます。利益の可能性が高まると、リスクも高まります。レバレッジを使用すればするほど、小さな値動きで全財産を失う可能性が高くなります。

どのような金融商品でも、いつものように、自分で調べて、実際のお金を危険にさらす前に実践し、決して失うことができる以上のリスクを負うことはありません。

暗号デリバティブとは何か?- ビットコイン先物市場での取引を学ぶ

BTCスポット市場では、トレーダーはいつでもビットコインを売買することができますが、一定の制限もあります。例えば、投資家はビットコインの価格が上がって初めて儲けることができます。価格が下落すると、BTCを保有している人は誰でも損失を被ることになります。大幅な下落の前に運良く売却できた人でも、価格が跳ね返る必要があります。そうでなければ、利益を得ることはできません。スポット市場のもう一つの特徴は、トレーダーが投機したい資産を強制的に保有させることです。一方、ビットコインのデリバティブは、人々が実際にビットコインを所有することなく、ビットコインの価格に従う契約を取引することができます。

ビットコインのデリバティブ市場で取引するには?

これらの契約は、相手との間で締結する契約です。BTCに戻り、別の人が価格が下がると信じている間、あなたは価格が上がると信じていることを想像してみましょう。あなたとその他の投機家は、一定期間後、価格が任意の方向に移動したら、当事者のいずれかが他の価格の差を支払わなければならないことを明記した契約書に署名することができます。

例えば、BTCの価格が10,000ドルで、あなたはそれが上昇すると賭けたとします。相手のトレーダーは価格が下がると賭けています。あなたが契約を決済するまでに価格が11,000ドルまで動いた場合、相手のトレーダーはあなたに1,000ドルを支払うことになります。価格が9,000ドルまで動いた場合は、1,000ドルを支払わなければなりません。ご覧のように、このような取引や契約を通じて、トレーダーや投資家は、原資産を所有することなく、価格が下がってもお金を稼ぐことができます。 これはデリバティブが取引の文脈でどのように機能するかということですが、実際には多くのユニークなバリエーションがあります。クリプトカレンシー業界で最も人気のあるデリバティブは、先物、オプション、永久契約です。

crypto derivatives

ビットコイン先物とは?

上述のように、ビットコインの未来は、特定の将来の日に特定の価格でBTCを購入し、売却するための2つの当事者間の単純な契約または合意です(よって、名前とされる)。しかし、どちらの当事者も実際に原資産(この場合はビットコイン)を保有する必要はありません。代わりに、彼らは単に米ドルまたは他の合意された通貨で契約を決済します。先物契約を他のデリバティブ商品と区別するものは、特定の決済日です。

ビットコイン先物に投資するには?

ビットコイン先物を取引している人のを見てみましょう。トレーダーが最初に決めなければならないことの一つは、契約の期間です。取引所では、週単位、隔週単位、四半期単位など、複数のオプションが用意されています。 例えば、週単位のBTC契約を取引したいとし、価格が10,000ドルの時に各契約は1ドルのBTCの価値があるとします。つまり、1BTCの価値があるポジションを建てるためには、10,000枚の契約が必要になります。

この時点で、トレーダーはロング(価格が上昇することに賭ける)またはショート(価格が下落することに賭ける)のいずれかを行うことができます。どちらの方向を選択しても、ポジションを開いたときに取引所のプラットフォームは本質的に反対方向に行く誰かとあなたを一致させます。一週間後、契約が決済されなければならないときに、トレーダーのいずれかが他の人に支払わなければならないでしょう。あなたがショートすることを選択し、1週間後に価格が下に移動した場合、あなたは利益を上げます。価格が上昇した場合は、損失が発生します。

BTCのショートに興味がある方はこちら ( ビットコインのショートとロング

ビットコインのオプションとは?

ビットコインのオプションを取引するには?

オプションの基本: コールとプル

先物をオプションに置き換えると、以下のようになります。オプションでは、ロングもショートもできず、代わりに「コール」と「プット」のオプションがあります。コールオプションは、その所有者に契約期限が切れると、合意された価格でビットコインを購入する権利を与えます。逆に、プットオプションは、その所有者に売却する権利を与えます。どちらのオプションでも、権利を行使するかどうかは所有者次第です。

例えば、1週間後に有効期限が切れる10,000ドルのBTCのコールオプションを購入した場合、1週間後には価格がどこにあるかに関係なく、10,000ドルで1つのBTCを購入するオプションがあることになります(将来的に資産を購入できる価格のことを権利行使価格といいます)。 BTCの価格が11,000ドルまで上昇している場合は、より安い価格でBTCを購入し、1,000ドルの利益で売却することができるので、確実に権利を行使することができます。価格が10,000ドルを下回った場合は、権利行使価格でBTCを購入すると損失が発生するため、オプションを失効させることを選択することになります。

オプションは投資家にリスクのない取引方法を提供するものではないことを理解しておくことが重要です。各オプションにはプレミアムと呼ばれる独自の価格が設定されており、これは市場の状況に応じて変化します。したがって、トレーダーが購入または売却する権利を行使せずにオプションの有効期限が切れた場合、彼らはまだ彼らがそのオプションのために支払ったプレミアムを失うことになります。

BTCパーペチュアルスワップ/パーペチュアル契約とは?

ビットコインのパーペチュアル契約(永久契約)は、先物やオプションとは異なり、有効期限や決済日がないデリバティブです。トレーダーは、一定の条件の下であれば、いつまでもポジションを保有し続けることができます。その一つは、口座に最低額のBTC(証拠金)が含まれていなければならないということです。考慮すべきもう一つの明確な要因は、資金調達率です。これは、永久契約の価格とビットコインの価格を結びつける独自のメカニズムです。先物契約には期限があるため、期限切れ時には必ず原資産の価格に収束します。パーペチュアル契約は有効期限がないため、その価格がビットコインの価格から大きく乖離し始める可能性があります。 この問題の解決策は、トレーダーの一方の側が反対側に支払うようにすることです。

インバース・パーペチュアル・スワップ の独自性についてはこちらをご覧ください。

永久契約のトレード方法は?

例えば、あまりにも多くのトレーダーがロングポジションを持っていて、BTC永久契約の価格がBTCのスポット価格よりも過度に上昇している場合、人々はショートポジションを建てるインセンティブがなくなります。このシナリオでは、資金調達率がプラスになります。資金調達率がプラスの場合、すべてのロングポジションはショートに支払わなければなりません。資金調達率がマイナスの場合、ショートポジションはロングポジションに支払います。この支払いにより、トレーダーはロングポジションを決済し、ショートポジションをオープンすることで、ビットコインの実際の市場価格に合わせて価格を下げていくことができます。はっきりさせておきますが、この支払いはトレーダー間で直接行われます。取引所は資金の支払いを収集しません。

もう一度、例を見てみましょう。Phemexでは、BTC/USDの永久契約はBTCの1ドルの価値があります。価格が10,000ドルであれば、1BTC相当の取引をするために10,000契約のポジションを建てることができます。あなたがロングしている場合は、価格があなたが満足するレベルに上昇しているまで、あなたが望むように長くあなたの位置を保持することができます。これは何時間、何日、何ヶ月ということもあります。ポジションを閉じることを選択したら取引所は、あなたのエントリ価格と現在の市場価格の間の差を支払うようにします。この支払いは、本質的にショートすることを選択し、お金を失った別のトレーダーから来ています。あなた自身が考慮しなければならない唯一の手数料は、前述の資金調達率の支払いと追加の為替手数料です。

上記のシナリオは、永久契約を取引する最もシンプルな方法です。しかし、Phemexでは、取引に取り入れることができる別の要素があります。レバレッジを利用することで、元の証拠金よりもはるかに高い金額のポジションを取引することができます。例えば、100倍のレバレッジを使用する場合、100ドルから始めて100倍のレバレッジをかけて10,000ドルのポジションを取引することができます。利益の可能性が高まると、リスクも高まります。レバレッジを使用すればするほど、小さな値動きで全財産を失う可能性が高くなります。

どのような金融商品でも、いつものように、自分で調べて、実際のお金を危険にさらす前に実践し、決して失うことができる以上のリスクを負うことはありません。

暗号デリバティブとは何か

app-screen-image

* Delta Exchange APKは公式ウェブサイトからのみインストールする必要があり、他のチャネルでのAPKの配布は固く禁じられています

私たちの投資家

Custodian

Delta Exchangeは、ビットコイン先物および50を超えるDeFiおよびアルトコインでの先物取引を提供しています。暗号先物は、証拠金取引のすべての機能を提供し、一般的に証拠金取引よりも優れています。 Delta Exchangeの先物は、(a)最大100倍のレバレッジと証拠金取引で利用可能な3〜5倍、(b)長期にわたる能力、(c)より狭いスプレッドとより深い注文書、および(d)より低い取引手数料を提供します。

Delta Exchangeは暗号デリバティブ取引所であり、ビットコイン先物と50を超える上位のDeFiコインおよびアルトコインでの先物の取引をサポートしています。取引所は、ビットコイン、イーサ、ライトコイン、リンク、BCHのオプションも提供しています。さらに、デルタは、DeFiインデックス先物、カレンダースプレッド契約、金利スワップ、およびMOVEオプション(ボラティリティを推測するために使用できるストラドル)を含む、革新的なデリバティブ契約を幅広くリストしています。 DeltaExchangeにリストされている暗号デリバティブの完全なリストは0>ここにあります。

ビットコインで決済されたBTCの永久契約と先物契約、およびすべてのUSDTで決済された先物の場合、取引手数料は次のとおりです。メーカーの注文:0.02%、テイカーの注文:0.05%。 altcoin-btcペア先物の場合、取引手数料はメーカーとテイカーの両方の注文で0.暗号デリバティブとは何か 10%です。オプションやカレンダースプレッドなどの他のカテゴリーのデリバティブ契約の取引手数料は、先物契約の取引手数料とは異なります。完全な料金表については、 0>料金のページをご覧ください。

第3回 暗号資産を用いたデリバティブ取引や資金調達取引における規制に関する留意点

以上で例示した、法令により定められた規定のほか、金融庁により認定協会とされた(改正金商法78条1項)一般社団法人日本暗号資産取引業協会(以下、「JVCEA」といいます)の定める規定にも留意する必要があります。JVCEAは、「暗号資産関連デリバティブ取引に関する規則」等、暗号資産デリバティブ取引業に関連して新たに17の規則・規程を制定しました(「第1回 資金決済法・金商法等における改正の経緯と暗号資産交換業の登録申請等に関する留意点」2. 表No10)。

電子記録移転権利等に係る私募の要件、有価証券報告書の提出要件・免除要件、有価証券届出書等の開示内容等に関する規定を整備する

(1)電子記録移転権利の私募の要件

  1. 適格機関投資家私募
  2. 少人数私募
  3. 特定投資家私募
① 適格機関投資家私募

(1)適格機関投資家のみを取得勧誘の対象としていること
(2)発行者が有価証券報告書の提出義務を負っていないこと
(3)特定投資家向け有価証券でないこと
(4)財産的価値を適格機関投資家以外の者に移転することができないようにする技術的措置がとられていること

② 少人数私募

(1)取得勧誘の相手方の人数が50名未満であること(過去6か月通算) 暗号デリバティブとは何か
(2)発行者が有価証券報告書の提出義務を負っていないこと
(3)特定投資家向け有価証券でないこと
(4)財産的価値を一括の移転以外に移転できないようにする技術的措置がとられていること、または単位の総数が50未満である場合に、単位未満の財産的価値を移転できないようにする技術的措置がとられていること

従前から私募においては転売制限が求められてきたところ、電子記録移転権利の転売制限としては、①の適格機関投資家私募および②少人数私募ともに、「技術的措置」をとることが求められていることが大きな特徴です。「技術的措置」の詳細については法令の文言のみでは明らかでないものの、金融庁「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」V-2-3(1)④においては、「適格投資家以外の者に移転することができないようにする技術的措置としては、例えば、電子記録移転有価証券表示権利等を表示する財産的価値の譲渡につき発行者又は私募の取扱いを行う金融商品取引業者の事前承諾が要件とされており、かつ、当該承諾を行う者において、あらかじめ譲受人が適格投資家であることが適切に確認されない限り、譲渡の効力が生じないような措置等が考えられる」として、「技術的措置」の具体例があげられており参考になります。

(コメントの概要抜粋)
「従来の当事者の意思決定を契約的に制限する方法での譲渡制限と異なり、権利の「移転」を技術的措置により制限することを求めているが、一般的に財産権の譲渡は当事者の意思によって成立するので、これらは対抗要件具備の問題として理解してよいか。」

(金融庁回答抜粋)
「技術的措置により移転を制限することが求められているのは、「財産的価値」であって「権利」ではありません。また、対抗要件具備について技術的措置による制限を求めているものでもありません。」
(「令和元年資金決済法等改正に係る政令・内閣府令案等」に対する、金融庁「コメントの概要及びコメントに対する金融庁の考え方」(令和2年4月3日)コメントおよび回答No149)

(コメントの概要抜粋)
「一定の者ないしは一定の場合以外に移転することができないようにする「技術的措置」とは、どのような措置を行えばよいか。例えばアカウント開設時に要件を満たしているかを確認し、要件を満たした者が開設したアカウントのみが財産的価値を保有できるような措置を講じていればよいか、それとも財産的価値自体に移転が制限されるプログラムを書き込むことまでが必要か。」

(金融庁回答抜粋)
「個別事例ごとに実態に即して実質的に判断されるべきものと考えられますが、必ずしも技術的措置を財産的価値自体に内在するよう設計する必要はないと考えられます。例えば、技術的にアカウント保有者を適格機関投資家に限定する措置がとられており、財産的価値を当該アカウント保有者以外の者に移転することが技術的に不可能な場合には、基本的には、当該技術的措置がとられているものと考えられます。」
(「令和元年資金決済法等改正に係る政令・内閣府令案等」に対する、金融庁「コメントの概要及びコメントに対する金融庁の考え方」(令和2年4月3日)コメント及び回答No150)

オプション取引が仮想通貨(暗号資産)にもたらす影響とは|クリプタクトの挑戦

デリバティブを通した仮想通貨(暗号資産)の価格の安定化への挑戦 仮想通貨の普及に向けた課題としてよく挙げられるのがその値動きの激しさだ。仮想通貨の税金計算ツールなどを提供してきたクリプタクトは、デリバティブの一つであるオプションを普及させることで、仮想通貨の価格の安定化に貢献することを目指している。本記事では、クリプタクトの挑戦について伺った内容を、デリバティブとは何なのかといったところから、初心者にも分かりやすくお届けする。 株式会社Cryptact(クリプタクト)とは 暗号デリバティブとは何か 2018年1月、Cryptact創業メンバー3人は元ゴールドマン・サックスで前職ではヘッジファンドと呼ばれる絶対収益型のファンドで運用を担当しており、そのシステム開発を行うエンジニアと共に設立しました。

オプション取引が仮想通貨(暗号資産)にもたらすものとは

デリバティブとは

先物とオプションの違い

まず、 先物取引 はどうでしょうか。例えば、現在の1BTCあたりの価格が50万円だとします。3ヶ月後を満期日とする、BTC先物が55万円であったとすると、この先物を買うということは、3ヶ月後に55万円で1BTCを購入するということ(と同じ経済性)を意味しており、逆にこの先物を売るということは3ヶ月後に55万円で1BTCを売却すること(と同じ経済性)を意味します。

それでは、 オプション取引 の場合はどうでしょうか。3ヶ月後に55万円で売却できる権利(プットオプションと呼ばれる)を持ったとします。この時、現物を今50万円で購入すれば、約3か月後にこの権利を行使することで、先物と同様に、5万円の利益を確定することができます。一方で、3ヶ月後の1BTCあたりの価格が60万円だったとすると、手数料分は損をしますが、55万円で売却できる権利はあえて行使せずに、市場で60万円で売却したほうがお得です。

先物ではこの損益がすでに確定され変わらないものでしたが、 オプションでは損益が保証されていて、アップサイドも同時に享受できるという仕組み になっております。ここがオプションを使うことの最大のメリットとなります。

オプションが仮想通貨(暗号資産)業界で浸透していない理由や課題

理由の一つは 金融取引に詳しい人材の不足 です。オプションとは上記のように保有者にとって非常に便利で都合のいいものですが、一方で、オプションを買うためには、まず売り手がいないといけません。詳細は省きますが、売り手の経済性は買い手とは真逆で、利益は限定されている一方でダウンサイドは市場価格によって大きくなります。

オプションが実現した未来の仮想通貨(暗号資産)業界はどう変わるのか

オプション取引が実現することで、 機関投資家の参入も促進され、より投資家層が広がり、流動性の向上やボラティリティの低下に寄与していく と考えております。

なぜ今クリプタクトがその課題に挑むのか

最大の理由は、 仮想通貨の価格変動リスクを適切にヘッジできるマーケットの創出 にあります。仮想通貨に機関投資家がなかなか参入してこない理由は様々な要因がありますが、商品としてみると、価格変動リスクの高さをヘッジできないことにあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる