内部者取引

その理由とデイトレ手法を徹底解説

その理由とデイトレ手法を徹底解説
送る

【FX】デイトレード手法とは何か。基礎知識から徹底解説!

LINE

送る

FXをやっているとトレードしていると「デイトレード」という言葉をよく耳にすることがあるかと思います。しかし、FXのトレードを始めたばかりの初心者はそのデイトレードとは何なのかと思うかもしれません。そこで今回は、そんな疑問を持つFXトレード初心者の方用にデイトレードとは何かから特徴などを深堀して解説していきたいと思います。

デイトレード手法とは

デイトレード手法とは買いあるいは売りのエントリー注文を持ったまま翌日に持ち越さずに、その当日中に注文と決済を終わらせるトレードスタイルのこという。

また、デイトレードにより近いものとして、数秒から数分単位で取引を繰り返す スキャルピング という手法も存在する。

スキャルピングについての詳細はこちら👇👇👇

デイトレードで使用する時間足

デイトレードのメリット

  • 資金効率がいいこと
  • 時間の拘束、精神的負担が少ないこと
  • スワップポイントを気にしなくてよいこと

資金効率がいいこと

時間の拘束、精神的負担が少ないこと

スワップポイントを気にしなくてよいこと

よって、 スイングトレード や長期投資のように スワップポイント(各国間の金利差) を意識する必要がない。

スイングトレードについての詳細はこちら👇👇👇

スワップポイントについての詳細はこちら👇👇👇

デイトレードのデメリット

  • 取引回数によって手数料がかさむ
  • ポジションを持ちこす危険性

取引回数によって手数料がかさむ

ポジションを持ちこす危険性 その理由とデイトレ手法を徹底解説

ポジションを次の日にもち越す場合、その間に何が起こってもいいように 損切り設定 は必ず入れるように心掛ける。

損切りについての詳細はこちら👇👇👇

FX初心者にありがちな失敗例としてよく挙げられるのが損切りです。損切りというと損失を確定させてしまうため、マイナスのイメージばかりですが、次に利益を大きくとるための必要経費と考えることができます。ではこの損切りをいつどんなタイミングでするのが適切なのかを考えていくことにします。 いつどのタイミングで損切りするのがよいのか 損切りの重要性 ドラゴン先生 次のテーマに入る前に一つ質問だ。エントリーするときに気を付けていることは何だと思うか。 のぶた君 ローソク足が勢いよく動き出したときはロットを目.

デイトレーでおすすめの通貨ペアとは

デイトレードにおける推奨通貨ペアは、上述したように1日に数回の取引で利益を狙うため、ボラティリティが高く、値動きが活発であることが条件となってくると言えよう。一般的に メジャー通貨 と呼ばれるものであれば毎日の流通量も多いので、デイトレードには最適と言える。

株式投資はデイトレの方が儲かる!その理由とデイトレ手法を徹底解説


2、最低限知っておくべきデイトレの基本 5 その理由とデイトレ手法を徹底解説

デイトレで稼ぐ手法を身に付ける前に、まずは 株のデイトレとは何か という基本を押さえておきましょう。

(1)そもそも、デイトレってなに?

(2)デイトレのメリット

デイトレのメリットは、何といっても 資金効率の高さとリスク管理の容易さです。 それを箇条書きにまとめてみましょう。

  • 少ない資金でも何度も回せば資金効率が良くなり多額の投資と同じ効果が得られる
  • その日のうちにトレードを完結するため欧米の取引時間に何か起きても翌朝にやられるリスク(オーバーナイトリスク)がない
  • ずっと株式相場に張り付いている必要がなく、好きな時間に始めて好きな時間にやめられる

株式市場は日本だけで動いているわけではなく、日本の取引時間が終わっても欧米での取引が順次始まります。日本時間以外で何か大きな出来事があると翌朝の株価が大きく影響を受けることがあります。この オーバーナイトリスクを取らずに済む のは、とても大きなメリットだと思います。

(3)デイトレのデメリット

良いことづくめに見える株のデイトレですが、 デメリットもあります。 それも同じく箇条書きにしてみました。

  • トレード回数が多くなるため手数料が膨らむ(定額料金などで工夫はできる)
  • 短時間とはいえ相場に張り付く時間が必要
  • 15時以降の大きな出来事はリスクである一方で大きく儲けるチャンスでもあるが、日をまたぐポジションは取らないためそのチャンスと無縁

(4)デイトレを行う具体的な方法

デイトレは IT の進化がもたらしたトレード手法です。そのためデイトレを行うためにはパソコンやスマホなどリアルタイムで売買ができる仕組みが必要です。

(5)結局のところ、デイトレは儲かる?

ここまでデイトレの基本をお読みいただいた上で、最終的に気になる疑問はひとつだと思います。それは、「 結局、デイトレは儲かるのか? 」というものでしょう。

「不動産投資の教科書」としては、デイトレだとトレードが日をまたがないことに大きな意味があると考えます。オーバーナイトリスクがありませんし、 15 時を過ぎたら株のことを考えずに済むので生活への影響も少なくて済みます。このことはリスク管理や長く株と付き合っていく上で大きな意味を持つでしょう。

手数料の問題は残りますが、これは定額料金がある証券会社を選ぶか、 1 回あたりの手数料が安い証券会社を選ぶかである程度は解決できます。証券会社の選び方については、「5、株でデイトレを始める準備とオススメの証券会社」で解説します。

3、超実践的、株のデイトレ基本戦術と注意点

(1)狙いは出来高が多く 1 日に 3% 以上動く銘柄

まずは、銘柄選びです。株式市場にはデイトレ向きの銘柄とそうではない銘柄があります。 1 日のうちある程度は動いてくれないと利ザヤを稼げませんし、出来高がある程度ないと短期チャートが反応しなかったり反応しすぎたりするため使い物になりません。

出来高の多い株をスクリーニングするには、こちらが便利です。出典:みんなの株式 出来高ランキング

そして次に、少なくとも 1 日に 3% 以上は動いてくれる銘柄を探します。 空売りの場合は下落率も検討に値しますが、初心者はまず現物株からということで株価の上昇率でスクリーニングをしてみましょう。

(2) 1 日単位のトレンドと 1 時間単位のトレンドを見極める

チャートは時間軸によってたくさんの種類があります。日別の値動きを示すのが日足で、週単位なら週足、月単位なら月足といった具合です。その一方で 1 時間足、 15 分足、 5 分足、 1 分足などがあります。

デイトレは 1 日でトレードが完結するため、 1 日を超える時間軸のチャートは基本的にあまり関係がありません。日足は全体的なトレンドをつかむためのもので、実際の取引に使用するのは 1 時間足や 5 分足です。

  • 日足で上か下かという方向感をつかむ
  • 1 時間足、 5 分足が日足の方向感と同じ方向に動いているかをチェック
  • 短時間の足が日足と逆方向に動いていれば日足のトレンドに収束する可能性があるので日足の方向にエントリーする
  • 短時間の足が日足と同じ方向に動いていれば順張りでエントリーして少しの利ザヤが稼げた時点で利食いをする

重要なのは 日足とそれより短い足との比較です。 個人的には日足とそれより短い足が逆方向に向いている時の方が大きな利ザヤを稼ぎやすいというイメージを持っています。

(3)基本は順張りエントリー

相場へのエントリー(売買注文を出すこと)には、 2 つの方法があります。 1 つは順張りで、もう 1 つは逆張りです。順張りは今の値動きについていく形でエントリーをして、利ザヤを稼いだところで利食いをする手法です。逆張りは相場が反転するところを見極めて現在の値動きとは反対方向からエントリーをします。下落トレンドであれば反転上昇を見込んで、反転する株価を見極めて買い注文を入れる、といった具合です。

(4)頭と尻尾はくれてやれ

相場格言に「 頭と尻尾はくれてやれ 」という言葉があります。これは相場が動き始めた時と動きが収束するところには関わらず、その途中だけを順張りで取れたら十分だという意味です。

利幅は少なくなるかも知れませんが、デイトレは資金の回数が勝負です。この形で 1 その理由とデイトレ手法を徹底解説 日に何回も利益を取ることができれば、それが積み重なって大きな利益になります。

(5)テクニカル分析で売買シグナルをつかむ

デイトレを成功させるためには、テクニカル分析の知識が欠かせません。テクニカル指標は実にたくさんの種類があるのですが、ここではメジャーなもの、 デイトレに役立つものを中心に 6 つご紹介します。

①ローソク足

文字通りロウソクのような形をしているチャートで、英語でも Candle Stick Chart といいます。陽線と陰線といって株価の上下をつかみやすく、それぞれのロウソクがどんな形になっているかによって相場展開をうかがい知ることができる、とても優れたチャートです。

②移動平均線

③一目均衡表

④ボリンジャーバンド

受験の時によく耳にした偏差値の仕組みを利用したテクニカル指標です。± 1 σ、± 2 σといった線が値動きと並行するように描画され、 99.7% の確率で値動きがその中に納まるとされています。

移動平均線を進化させたテクニカル指標として知られているのが、 MACD です。 MACD と書いて「マックディー」と読みます。移動平均線を進化させたチャートなので、 2 つの線の交わりが売買シグナルを発します。

⑥オシレーター( RSI )

テクニカル指標にはトレンド系とオシレーター系という 2 つの種類があります。前項まではトレンドを察知するのに役立つチャートですが、この RSI などオシレーター系チャートは相場の温度感を知るためのものです。

RSI が 80 を超えて上限の その理由とデイトレ手法を徹底解説 100 に近づくと買われすぎ、逆に 20 を下回って 0 に近づくと売られすぎという、とても分かりやすいチャートです。

4、初心者がデイトレで大損をしないための極意 3 ヶ条

デイトレは大きな利益を狙える一方で、大損もあり得るトレード手法です。誰もが避けたい大損を回避するために 3 つの極意を解説します。

(1)リスク許容度を決めて損切りを徹底する

その際に損失幅 2% が目安になるとされているので、 2% 以上の損失が出そうな展開になる前に、 2% の損失が出る価格で損切り注文を入れておくと一種の保険になります。

大切なのは、このルールを徹底することです。その場の気分や雰囲気に流されて「 もう少し待てば回復するかも 」という希望的観測で株を持ち続けても良い結果になる可能性の方が低いので、 デイトレならなおさら損切りルールを徹底しましょう。

(2)トレードタイムを決める

日本の株式市場は、朝の その理由とデイトレ手法を徹底解説 9 時から昼の 15 時までが売買時間です。売買時間中はどの時間帯であっても同じように売買されていると思われがちですが、それぞれの時間帯には値動きの傾向があります。

仕事の都合などで取引時間が限られる人の場合はもちろんのこと、そうでなくても 1 日中相場に張り付いてトレードをするつもりがない人は、 トレードをする時間帯を決めておくことをオススメします。 特定の時間帯に強みを発揮できるようになれば勝率が上がりますし、短時間で稼ぐ方が株のことを考える時間がすくなくて済むので生活への影響も少なくて済みます。

(3)大相場に関わらない

この記事では 1 日にある程度動いてくれる銘柄を探してトレード をすることを推奨していますが、その度が過ぎている銘柄には関わることはオススメしません。日足ベースで急騰や急落を続けている銘柄は、何か企業側に理由があるか、仕手筋など特別な投資家に狙われている可能性があります。一般投資家が太刀打ちできる展開でなくなる可能性が高いので、 値動きが急すぎる銘柄には関わらないのが無難です。

5、株でデイトレを始める準備とオススメの証券会社

(1)パソコン環境の準備

モニターは 1 台で十分ですが、大きさにはこだわって 24 インチ以上のものを用意するのが良いと思います。

(2)スマホ環境の準備

外出先でもデイトレをしたいという場合は、スマホの環境も準備しましょう。 Android 、 iPhone のどちらであっても株式投資に使えるアプリが充実しているので、使いやすいものを選びます。アプリ選びについては「ここまで来た!主要 7 社の株アプリ機能比較&選び方 」をご参照ください。

(3)手数料がオトクなオススメ証券会社

デイトレはトレードの回数が多くなるため、手数料の問題が避けられません。 1 日あたりどれくらいトレードをするのかによって最適な証券会社や料金プランが変わってきます。

1 日あたりのトレード回数が多くなるのであれば その理由とデイトレ手法を徹底解説 1 日定額料金が安い証券会社を選ぶべきで、それほどトレード回数が多くないのであれば 1 回あたりの手数料が安いところの方がオトクです。

【主要 6 社の売買手数料(単位:円)】

その理由とデイトレ手法を徹底解説
証券会社30万円までの
定額手数料
50万円までの
定額手数料
100万円までの
定額手数料
トレードあたりの手数料(30万円まで)
SBI証券 286 429 762 250
楽天証券 286 429 858 250
ライブスター証券 400 400 600 180
松井証券 300 500 1000 0
(10万円以下)
岡三オンライン証券 350 500 800 350
マネックス証券 2500 2500 2500 250

やはり SBI証券と楽天証券 というネット証券の両雄が手数料の面でも優位を保っています。ただし、これは単なる手数料だけでの比較であり、それぞれの証券会社が提供している売買画面やアプリの使い勝手は考慮されていません。

その理由とデイトレ手法を徹底解説

でいとれんじ|デイトレーダーれんじの戦略と戦術

デイトレーダーになるには?資金やパソコン、口座選びまでを徹底解説

トレード用のモニターが並べられた机と椅子

デイトレーダーの一日の生活とは?トレード時間は一日2時間

スマートフォンでチャート画面を操作する男性

デイトレードのコツは?手法や資金より大事な3つのコツ

チャートを指でなぞっている画像

FXの手法はとってもシンプル!たった2つの手法とその学び方を公開

チャート画面を指差して解説している男性

押し目買い、戻り売りの意味とは?エントリータイミングのコツを徹底解説!

パソコン画面に表示された通貨ペア一覧を拡大した画像

XMのスプレッドは広い?全通貨ペア一覧!主要通貨を国内口座と比較

XMの出金方法を徹底解説!手数料や出金拒否の疑問にも答えます

【XM・レビュー】FXで借金を負うリスクをゼロにする

クレジットカード情報をパソコンで入力している女性

XMの入金ボーナスは最大70万円!XMの入金方法5つと手数料について詳しく解説!

窓際でパソコンを使っているメガネをかけた女性

XM口座開設方法からMT4にログインするまでの流れを徹底紹介!

チャートが印刷された用紙の上に電卓とお札が置かれている画像

XMのスワップポイント一覧!加算の時間や簡単に計算する方法を解説

チャート画面にアナログ時計が写り込んでいる画像

XMのFX取引時間はいつ?日本の取引時間と避けるべき魔の時間とは

複数のドアの前で悩んでいる男性

海外FXはXMがおすすめ!その理由を人気4社との比較で徹底解説

完全裁量のFXデイトレーダー。過去に300万円の借金を負う→FXで全額返済→ 5年間のトータルトレード勝率77%以上。相場が動く原理原則に合わせたシンプルなトレードスタイル。FXブログ運営(当サイト)、FXスクール運営、FXコンサルなどもやってます。

武田薬品でスイング&デイトレード🤑【本日の株利益+74,030円】

株式運用

本日の結果

というわけで、 +74,030円 の利益でした😉✨

本日の妻のトレード

というわけで、 +12,673円 の利益でした😆🎉

デイトレの手法について

【本日の運用】レノバをまたしても購入、、、

日経暴落は続く。岸田総理の英断(?)で一瞬持ち返すが、明日はどうなる?【レノバも暴落】

ルネサス上々!川崎ジェットコースター🎢

大荒れの日経さん🌊こういう時こそ仕込む👀

【レノバ&NPC】再生可能エネルギーバブル再来!?

レノバやNPCなどの再生可能エネルギー関連銘柄が高騰している。 バイデン米大統領のインフラ支出の大幅増強のビジョンを公表することが材料視されているためであろう。 本日のからあげの注文照会も公開している。

微々益のこの頃【本日の株利益+1,210円】

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

最近の投稿

  • 川崎汽船が更に暴落!レノバをちょいデイトレ【本日の株利益+523,561円】
  • 川崎汽船スライダーでボロ儲け。ついでにレノバも【本日の株利益+368,423円】
  • かつてのエースレノバを購入してます🤣川崎は刺さらず。
  • 川崎汽船で指値が光る✨【本日の株利益+206,その理由とデイトレ手法を徹底解説 064円】
  • 今週も川崎汽船ウィークかな?😏【本日の株利益+192,128円】

プロフィール


からあげ


株投資歴3年のアラサーリーマン。
【投資実績】
1年目:¥50,000
2年目:¥4,110,000
3年目:Now loading…
ゆる〜く見ていって下さい。

株のデイトレのやり方を徹底解説。手数料格安の証券口座を使うのがキモ

例えば、デイトレで投資金額の2%の利益を得られたとします。
100万円投資して2万円儲かったイメージですね。
しかしここで使っている証券会社の手数料が買いと売りで合計1%かかっていたらどうでしょう。
100万円投資して2万円儲かったのに、そのうちの1万円は手数料として支払う羽目になってしまいます。
実に利益の50%です。
(そして手数料の厄介なところは儲かった時だけでなく損した時にも支払う必要がある点です。)

これが デイトレの場合は頻繁に利益確定を行うので、利益が出た場合は毎年税金を支払う必要が生じてしまいます。
税金を支払うのを先送りにすれば、それだけ複利効果を高めて投資のリターンを上げることが期待できるのですが、デイトレでは難しいということですね。
残念ながらこの二つのデイトレのデメリットを100%克服する方法は存在しません。

とはいえ、 今回の記事で解説する手順では極力この二つのデメリット(手数料と税金)の負担が軽くなるように工夫していきます。

【デイトレのやり方1】口座開設

まずトップクラスに重要なのが、 「そもそもどこの証券口座でデイトレードを行うか」 といった問題です。
薄い利益を積み重ねていくのがデイトレードです。
先ほどの例に挙げたような、往復の手数料が1%も発生する証券会社でデイトレードを始めてしまってはほとんど勝ち目はありません。

手数料格安の口座を使うべき

つまり、 何にもまして手数料が安い証券口座を使うべき なのです。
多少UIが良くないとか、ポイント還元が少ないとかそういったことは手数料に比べればどうでもいいです。
デイトレ以外の株式投資でも手数料にはもちろん注意すべきですが、デイトレーダーは何よりも手数料を最重視してください。

デイトレ向きの手数料格安サービス

SBI証券はアクティブプランを選択すれば国内株式の現物取引が1日100万円まで手数料無料で行えます。
従って、運用金額が少額であればSBI証券のアクティブプランを使うだけで手数料問題は完全に解決できると言えます。

松井証券は、国内株以外売買できないというデメリットがある一方、 月間の約定代金が50万円までであれば手数料が発生しません。
SBI証券だけで足りなければ、こちらを併用することで実質的に手数料無料の枠を拡大できます。

一方のネオモバは取引ごとに手数料が発生する仕組みではなく 月額制 です。
すなわち、こちらも取引頻度が多いデイトレーダーに向いたサービスだと言えます。
具体的には月間の約定代金が50万円までであれば月額220円(税込み)で何回でも取引することができます(2021年6月現在)。
ネオモバは通常の100株単位ではなく1株単位で日本株が売買できるという仕組みでして、少額から始めてリスクを抑えたいデイトレーダーにオススメです。

特に値嵩株をデイトレで取引したい場合に向いています。
例えば、ファーストリテイリング株で利益を狙えそうだと判断したときに、通常の証券口座であれば最低850万円程度の資金とそれに応じた手数料が必要です。
こういったとき、ネオモバであれば85,000円程度あればファストリ株を買えますし、月額制なので取引毎の手数料も発生しません(2021年6月現在)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる