FX初心者

ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの

ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの

参照:https://support.office.com/ja-jp/article/

ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの


※ ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの 以下動画の再生を行うと、音が出ます。ご注意ください。


※再生できない場合はこちらをクリックしてください


・Miracast対応の Android端末
・または、Windows8.1を搭載した Miracast対応PC です。

※本製品はWindows10には対応しておりません。

※iPhone、iPad等、iOS搭載の端末はMiracast非対応の為、ご利用いただません。
※なお、上記機器で全てMiracastモードでの接続ができるわけではありません。
お使いのAndroid端末/PCによっては、この機能が使えない場合があります。

動作確認済み機種の最新情報は、 以下リンク先をご確認ください

お持ちの端末 最新対応表
スマートフォン ・ここをクリックしてください
タブレット ・ここをクリックしてください


1.上記リンク先で表示されたページにて、キャリア・メーカーの指定検索が可能です。

GC分析の基礎

GCによる分離はカラムの中で起こります。
複数の化合物を含む試料を移動相(GCの場合,移動相はキャリアガスとよばれる気体で,Heガスがよく使われます)とともにカラムに注入すると,試料は移動相とともにカラム内を移動しますが,そのカラム内を進む速度は化合物によって異なります。そのため,カラムの出口にそれぞれの化合物が到着する時間に差が生じ,結果として各化合物の分離が生じます。
GCの検出器から出力された電気信号を縦軸に,試料注入後の経過時間を横軸に描いたピーク列をクロマトグラムと呼びます。

カラムを通過する成分は
固定相(液相・固相)に分配/吸着しながら移動相(気相)によって運ばれる

GCによって得られた分析結果,クロマトグラムの一例を示します。
横軸は成分が検出器に到達するまでの時間,縦軸は信号強度です。
何も検出されない部分をベースライン,成分が検出された部分をピークといいます。
試料を装置に導入してピークが現れるまでの時間を保持時間(リテンションタイム)といいます。
このように成分ごとに溶出時間が異なることで各成分が分離して検出されます。

1.4. GCで分析対象となる化合物

  • 沸点が400度までの化合物
  • 気化する際の温度で分解しない化合物
  • 気化する際の温度で分解しても常に一定の分解を生じる化合物 ⇒ 熱分解GCと呼ばれます

●400℃程度までで気化する化合物
●気化した時に、その温度で分解しない化合物
●気化した時に分解しても、定量的に分解物が発生する化合物(熱分解GC)

ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの

Photo: Jimmy Chin ©

マーケットサマリー

エディターズ・ピック

USDJPY: USDJPY 4時間~ 6/13 FOMC経済見通し・声明に注目

4時間視点 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの ① 米国CPIが前月比8.6%の上昇から利回りが強まり円売りドル買い→ ② 上昇FRの161.8%に到達から138.2%の中での動きになっています。→調整の売りになっています。 ③ Targetは月足FR138.2%=135.83ラインまで見ていますが、先行き相場が予想しづらい動きです。インフレ警戒とFRBの抑制策に警戒で株価はやや重くなっています。 ④ 株価・金利を睨んだ動きを注視したトレードになるでしょう。 週足視点 終値=134.39 (+2.72%) 高値=134.56→安値=130.43で終了 長期金利動向→終値3.159%.ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの

BTCUSD: $BTC 高CPI・ナス下落につづくBTC下落でレンジ下抜け中

AAPL: 日本で買えるインド株一覧

~自分用メモ記事(分析は割愛)~ 前回の記事でGDRベースで次に伸びる国の候補としてインドを挙げた。 そこでADR(米国預託証券)もあると述べたが、数えてみるとまだ8つしかなかったので後ですぐ見れるようメモとして列記しておく。 ※GDR(グローバル預託証券)を含めると23銘柄あったが、日本の証券会社での取り扱いはまだない模様。 ※ADRは現地国で上場した後に米国証券会社で買えるようにしたものであるため、直で米国上場したものはADRとは言わないらしい。 ■インドADR+直上場した企業一覧(USD対数表示) ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの 〇ADR WNS:WNS・ホールディングス BPOサービス HDB:HDFC・バンク 銀行 RDY:ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ ITサービス TTM:タタ・モーターズ 自動車メーカー INFY:インフォシス I.

GSG: コモディティの上昇傾向が発生中!大きな上昇相場になるのか?

コモディティ全体の流れは上昇傾向になっています。 特に直近の最高値を一時的に更新していることは大きな強みです。 現在は最高値から少し下がっていますが、 今後再び高値を更新し続けることができるかどうかを 見守っていくことが大切になりそうです。 高値の更新が継続する場合はコモディティが 利益を取りやすい銘柄になるかもしれませんね。

FXアイデア

AUDJPY: AUDUSD 引き付けてショートを狙ってみたいです

今週はショート機会を模索してみたい。 場所がちょっと中途半端でリスクリワードが悪いので しばらくRRが良いところ来るまで動きを静観したい

USDJPY: 日本10年債 昨晩0.25%を大幅に上抜けし0.33%台へ 追加オペで135円超目指すか

チャートは4時間足です。 昨晩日本10年債が0.25%を大幅に上抜けし0.33%台へと上昇しました。 現在は0.247%とおそらく日銀の買い入れオペで下げております。 更に今朝、15日スタートの買い入れオペに長期国債追加とオファー金額の増額を通告しました。 これを受けて円安が加速し、クロス円が上昇しました。 今週末に日銀の政策金利発表がありますが、この感じからみると引き続き粘り強く量的緩和を継続する意向が見えてきます。 黒田日銀総裁により、円安によりややマイナス面が出ているとの発言もありましたが、もっと強い円安けん制の発言が出なければここから更なる円安加速も免れません。そこの発言に注視して、今週末の金融政策発表は見ていかなくてはいけません。 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの そこの発言次第では、135円上抜けの可能性も出てきますので、円安けん制発言が弱か.

GBPCHF: #すばるライン

◆GBP/CHF◆ ◆トレード手法紹介◆ 👉分析 :テクニカル分析のみ 👉使用時間軸 :4時間足,日足 👉トレードスタイル :スイングトレード 👉注文方法 :アラーム⇨成行注文 👉決済方法 :OCO方式 👉利確to損切回数.

GBPJPY: GBPJPY

週足は長い上ヒゲ陽線なのでまだ買い圧力はあるものの、4月18 日週の高値であ る 168.44 近辺に対して ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの 2B リバーサルが出現していることから一旦失速する可能性もあり、押し目買いを検討する のであれば最低でも 161.70~163.40 に引き付けて下値が固いようであれば買いを検討したい。

暗号資産アイデア

BTCUSD: BTC重要節目に接近!買ってみないと仕方ない場面。

ここはいくらなんでも買いが入るだろう、というポイントに近づいています。 スルーしたらサプライズで暴落が加速するでしょうが、中途半端な所で手を出すくらいなら勇気をもって落ちるナイフを掴みに行くか。 (短期足で下げ止まりのサインを見つけたいですね。) ストップを置いてチャレンジ!

XRPUSD: [XRP天気予報]そろそろ準備体操をしようか

ようやく、面白くなってきました。 トライアングルというのは、 下抜ければ、上に抜けるものです。 備えあれば、憂い無しですね(´(ェ)`)

GMTUSDT: GMTのギャンチャート(゚Д゚)ノ

ステップンの取引の参考に(゚Д゚)ノ ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定めることが出来ます。

BTCJPY: 【重要な分岐点に来た】BTC/JPY

前回の予想は5200000のサポートラインを2022/01/05に割ってそのまま戻らず外れに終わった。 やはり、余りにも角度が付くトレンドは冷静になるべきだ。 今回は2020/03/12を起点とするかなり重要なサポートラインに差し掛かっている。 もしここを割ればBTCは一旦、ゲームリセット。 そうでなくとも既にピッチファンのトレンドも弱く、雲を下に抜けており動きは鈍化しそうだ。 割らずに反発して揉み合いぐらいにはなるかなと予想。

株式アイデア

6753: 【6753】シャープ ついてる仙人の49なるchart(よくなるチャート)

月足のトレンドを見てみましょう。 高値 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの 1839-2410 切り上げ 安値 953-896 切り下げ 高値切り上げ安値切り下げのトレンドレス。 株価はすべての移動平均線の下限まで下落しています。 トレンドレスですが、下有利なチャートです。 週足のトレンドも見てみましょう。 高値 2081-1395 切り下げ 安値 1226-992 (未確定)切り下げ 高値切り下げ安値切り下げの下降トレンド。 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの 株価はすべての移動平均線の割り込みました。 下降トレンドの下落波動で弱い動きです。 そして、今週は安値更新の動きになっています。 下有利であり売りを考えていけるチャートです。 ただし、今週の陰線を否定する上昇になると底うちの可能性が出てきますので注意が必要です。 ご覧いた.

7211: 三菱自動車 今週の週足次第で復活しそうなチャート

三菱自動車 今週の週足次第で復活しそうなチャート 最近あんまり売れてなかったですがこれから売れる車種が出てくるのでしょうか 今夏導入の100万円台軽EVやアウトランダーが売れるとかそういう事でしょうか? 事情はよくわかりませんが、チャートは面白くなってきました #Mitsubishi

4385: トレンド転換を見抜け ~チャートの注目ポイント~

(4385)メルカリ 日足チャート」 このチャートは今、物凄く分かりやすい下降トレンドとなっています。 移動平均線大循環分析で見ると、第4ステージを継続しています。 一時的に第5ステージになるものの、直ぐに第4ステージに逆行する動きになっています。 いわゆる、ステージの「4→5→4の戻り売り」パターンとなっています。 このような分かり易い下降トレンドは、売りでしっかりと獲りたいところです。 ただ、ポイントとしては、そのトレンド転換するところをいち早く察知することができれば、早く仕掛けることができます。 では、トレンド転換を察知するにはどうすれば良いのでしょう。 それは、常にトレンドラインを引く習慣を持つということです。 ラインを引くことで、トレンドの変化をいち早く察知することができます。 ここでは、ステー.

4587: 4587 ぺプチドリームを考察

かなり厳しいチャート 恐ろしく楽観的にに見るならこうなります この下は上場廃止という感じ さてどうなりますか

指数アイデア

SPX: 米国株復活ケーススタディ

米国株の暴落がバブルの崩落という前提で復活する時期をケーススタディしてみた。 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの シナリオは過去から脈々と続くフィボナッチチャネルに基づいて3ケースを想定。 推定には ・第一次オイルショック ・ITバブル崩壊 ・リーマンショック(おまけ) 時のチャートパターンを参考にした。 過去の軌跡から以下のパターンが読み取れる。 ①暴落開始から底打ちまでに1.5~2年かかっている。 ②その際2本下のチャネルラインにぶつかるまで暴落している。 ③底値はおおよそ3年戻しぐらいのところで引ける水平線(ちょい下)くらいに来ている。 ※水平線はもみ合いが見られる価格帯でざっくり引いている。 ④底打ち後の復帰は5年程度かかっている。 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの ⑤もみ合っても0%のチャネルラインは下回らない(将来は不明) 総じて1チャネルあたりを突き抜けるのに1年、同価格に戻.

NDX: NASDAQ&BTC 6.12

VIX 月足 左・セクター別 右・ハイパーグロース VIXは売り優勢です セクターが全部落ちると回復も早いですが今の所は無理そうですね XLE エネルギーが強い XLU 公共事業は何とか耐えてる感じ 後は駄目ですね 債券が下がれば米国金利上昇 円安 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの 株下がるです S&P500 月足 左・失業率 右・インフレ率 失業率が上がれば、リセッションです。今の所はFRBの金利操作次第です インフレ率は、未だ制御できる金利ではありません。未だ高くなる可能性があります 週足 左・ドル円 右 US10年金利 インフレが制御できるまでは、上目線で良いかと思います .

VIX: VIX3-13移動平均線がGC/サイクルを逆手に取って先回りする

こんにちは 再びVIXのアイデアです。5/12日に3-13MAがDCしたVIXが6/10日のCPI発表と友に大きく上昇し再び3-13MAがゴールデンクロスしてきました。 しばらくは不用意なツッコミ買いを避けて大きく下落して陰の極みとなったところを狙いたいところです。 大体心では準備しているつもりでも実際大きな下落が起きてしまうとあたふたして気持ちが落ち着かず機械的に買いを入れていくのが難しいですよね。 直近のVIXの上昇がピークがおおよそ 月末の最終営業日か月初1週末あたりにきている事に鑑みて、おおよそのVIX上昇のピークポイントを予想すると6/27日若しくは7/1-7/4あたりではないかと検討をつける事ができます。 チャートにて日数をカウントしていますが丁度3-5月と同程度の間隔(38営業日55日目)ですと6/27日頃と.

JP225USD: 【6/13 225USD環境認識】4時間足で戻り売りを検討したいが、日足では悩む位置。

OANDA:JP225USD 【環境認識】 ●月足 トレンド:ヨコヨコ レジサポ:29500円抵抗、200日移動平均線。26500円支持、月足水平ライン。 ●週足 トレンド:下降チャネルの上限付近。 レジサポ:200日移動平均線抵抗、終値は下降チャネルライン上限付近。月足水平ラインで支持。 下降チャネルラインの上限ではあるが、直近の上昇に対してフィボナッチリトレースメントは61.8%で止まり、38.2%も終値で超えているため上昇する可能性あり。 ●日足 .

先物アイデア

NK2251!: 日経225先物 6/14(火)日中 デイトレ シナリオ

現状は28,400から調整無しで短期下落波動継続中、60分足で55本、15分足は23波動目 この状況を基に A:26,570より上:実質下降トレンドの60分足のボトム26,310確定、60分足の調整に。下落55本なので調整にも時間がかかると考えて 様子見 調整目処:23.6%戻し=26,800、38.2%戻し=27,110、50%戻し=27,ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの 360、61.8%戻し=27,600 B:26,570~26,310:下降トレンドの15分足の調整と考えて、抵抗帯からの下落で売り場探し C:26,310より下:短期下落波動継続と考えて、下値は追わずに5分足のあや戻しからの売り場探し

NK2251!: 日経225先物 6/13~ショート戦略継続で長い戦いに備えてみるか

27750円売りはチャネルトップ3月30日でいくらかの戻りがあると想定していたのでホールド、 SQ前だったので見送りも検討したが、500円上から叩けるので少し売り追加、チャネルラインの底堅さ狙っていたので追加売り28200円はほんの少しだけ。 ひとまず27300円近辺は利食い場所だと思う。 今回はそのまま放置でまた28000円に向かってくるなら分岐点で色々検討。 27750円の玉だけ消してしまうか、損益分岐まで持ってフラットにするか…TL3までくれば最高すぎる。。。 ひとまず今日は、金曜日のダウナスの大幅下落にどう反応するか見てイク。。 ハイボラでショック相場につながれば干天の慈雨か。

ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの ES1!: sp500

日足で高値安値の切り下げで下降トレンド 戻しはどこまで続くのか? 最初の抵抗は、2/24の高値~安値 次の抵抗は、5月の高値 現在は50日移動平均線のあたりで揉み合っている。 FRB6月15日の会合~6月のトリプルウィッチングの後が ポイントとなりそうです。

XAUUSD: 金相場 しっかりと上昇出来るか

金相場の動きを見ていきます。 左が週足、右が日足です。 前回6/5に書いた注目ポイントは、 --------------------------- 今週のポイントとしては 日足の上昇がどこまで続くか、高値切り上げとなっていますが 動きは弱いので、1828を割り込むと、1787はすぐそこで 更に下げる可能性が高くなってきます。 上げがどこまで続くのかと、下げ始めた時の下げ方に注目していきます。 --------------------------- ということでした。 今週は、金曜に下げてから上げる動きで 日足で包み足の陽線となっています。 現在のトレンド判断は ■週足トレンド判断 ピークとボトム:高値切り上げ、安値切り上げ →上昇トレンド 移動平.

教育アイデア

BTCUSD: 次のバブルでしっかりと資産を伸ばすためにも暗号通貨に興味を失わない事が大事だと思います

ビットコイン週足の傾向 ①バブルは週足HHの高値ブレイクからバブルが始まる傾向があります ②調整はカーブをゆっくりと弧を描きながら長い時間をかける傾向があります ③次のバブルまで興味を失わない事が大事だと思います。 調整期間は難易度が高く、 この期間に退場しない事が最も優先され、 尚且つ次のバブルで資産を伸ばすためにも興味を失わない事が最優先されると思います。 結局最後は暗号通貨に本質的に興味があるかどうか、これで資産を伸ばせる確率が変わるかと思います

SPX500USD: チャートに”N”を探せ

今回の投稿では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。 相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点を持つことで、複雑に見える相場の動きにも一定の秩序を見出すことができ、また波の伸びきった先でポジションを持ってしまうといったビギナーがやりがちなミスもなくすことができます。 一口にNといってもNには様々な形があるため、図解で紹介していきたいと思います。 .

NAS100USD: ナスダックの現状と過去の暴落との比較

これまでの暴落と比較してみました。 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの 日数や下落率、出来高などを比較してみましょう。 また2週間足での移動平均線も参考に記入してみました。 100emaに支えられた過去がありますが、今回はその付近に近づいています。 フィボナッチも参考に入れています。これまでのように週足、月足レベルで転換しない歴史を繰り返すのであれば 最近の安値から最高値に引いたものを見れば良いと思いますが、とうとう転換し長期下落に入っているなら、 より長期間での安値から引いたフィボナッチも見ていく必要があります。 その場合、現在の下落が収まって上昇回帰した後、高値を切り下げて再下落を開始し、今回の下落による安値を割って 長期間大きく下げていく、ダイナミックな展開も想定する必要があります。

QQQ: 弱気相場について覚えておくべき4つのこと

みなさん、こんにちは!👋 ふぅ、なんという激動の5ヶ月だったでしょうか。あらゆる資産が煙の中に巻きこまれて、あちこちに巨大な月足のローソク足が出現しました。暗号資産のトレーダーにとっては、ビットコイン、イーサリアムをはじめとしたいくつかの暗号資産が半分またはそれ以上に下落してしまいました。S&P500は高値から13~14%の下落にとどまっていますが、この2年間のほぼすべての銘柄での大規模な強気相場は終焉し、現在は正式に弱気相場に入ったと言えるでしょう。 今回の弱気相場は、私たちのコミュニティにいる多くの人にとって初めての経験かもしれません。そこで弱気相場について覚えておくべき重要な事柄をまとめたガイドを作成し、この新しい相場状況を切り抜ける指針として役立てようと考えました。 では、さっそく本題に入りましょう! 1.

インジケーター&ストラテジー

XLE: CVD - Cumulative Volume Delta Candles

ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの OVERVIEW This indicator displays cumulative ​volume delta in candle form. It uses intrabar information to obtain ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの more precise ​volume delta information than methods using only the chart's timeframe. █ CONCEPTS Bar polarity By bar polarity , we mean the ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの direction of a bar, which is determined by looking at the bar's close vs its open . .

BTCUSD: Naked Intrabar POC

This indicator with an unfortunate and very non PC sounding name approximates (!) the intrabar point of control (POC) either from time or volume at price. Due to pine limitations, bin size and the sample lower time frame ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの selection will have at least some effect on the accuracy of the approximation. The trade off ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの is between accuracy and historical availability.

BTCUSD: Everything Bitcoin [Kioseff Trading]

Hello! This script retrieves most of the available Bitcoin data published by Quandl; the script utilizes ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの the new request.security_lower_tf() function. Included statistics, True price Volume Difficulty My Wallet # Of Users Average Block Size api.blockchain size Median Transaction ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの Confirmation Time Miners' Revenue Hash Rate Cost Per ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの Transaction Cost.

AAPL: Liquidity Heatmap LTF [LUX]

This indicator displays column ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの heatmaps highlighting candle bodies with the highest associated ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの volume from a lower user selected timeframe. Settings LTF Timeframe: Lower timeframe used to retrieve the closing/opening price and volume data. Must be lower than the current chart timeframe. Other settings control ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの the style of the displayed graphical.

動画アイデア

MOS: 【マザーズ・6/14~の戦略】もみ合いでの推移が続くのか?今週の売買戦略

チャート分析は動画の通りです。 トレンド分析(#りかトレンド)、トレンドライン(りかトレンド)、ボリンジャーバンド、RSI NU/ND型のトレンドフォロー戦略の売買戦略では、トレンドに逆らった取引は行わないのが基本です。

EURUSD: 👑トレードアイデア 今日どうする?EURUSDユーロドルは1.0600~1.1650のオプションに絡むプレイ

皆さんこんにちは。 本日も相場解説していきたいと思います。 今日はユーロドルの解説をしていきたいと思います 昨日からユーロドルは買い方向だと思っていたわけですけれども、今日どうするの?ということをお伝えしていきたいと思います。 まずは中長期的に見ると下落が一旦終わって、戻りやすくなっていて、昨日もECB節総裁のラガルドさんが7月ぐらいにはテーパリング、緩和政策をやめて利上げに転換するよという発言もあって、ポンと上がったと言われていますけども、実際はその前からですね、ポンと上がることはわかっていて、なぜかというと、ここ(1.0650)ですね、ここに今日期日のオプションがあるからですね。 だから昨日も上がることはわかっていて、わかっていた人はここ(1.0600)で買いを仕掛けて今ここで止める段階かなと思います今ここ(.

[Vol.1142] 2022年の金(ゴールド)の予想レンジ

●NY金先物(期近) 日足 単位:ドル/トロイオンス

図:2022年の予想レンジの立て方

関連ページ

このコラムの著者

楽天証券経済研究所 コモディティアナリスト
1977年生まれ。2000年、新卒で商品先物会社に入社。2007年よりネット専業の商品先物会社でコモディティアナリストとして情報配信を開始。2014年7月に楽天証券に入社。2015年2月より現職。“過去の常識にとらわれない解説”をモットーとし、テレビ、新聞、雑誌などで幅広く、情報配信を行っている。2020年10月、生涯学習を体現すべく、慶應義塾大学文学部第1類(通信教育課程)に入学。

金に関連するコラム

アクセス増減率ランキング

おすすめ情報

小次郎講師テクニカルコラム

  • 第1回、ファンダメンタル分析とテクニカル分析
  • 第2回、トレンド系分析とオシレーター系分析
  • 第3回、トレンドラインとチャネルライン、その1
  • 第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2
  • 第5回、移動平均線 その1、『 移動平均線の役割 』
  • 第6回、移動平均線 その2、『 グランビルの法則 』前編
  • 第7回、移動平均線 その3、『 グランビルの法則 』後編&『 移動平均乖離率 』
  • 第8回、移動平均線 その4、『 移動平均線の複数使い 』前編
  • 第9回、移動平均線 その5、『 移動平均線の複数使い 』中編
  • 第10回、移動平均線 その6、『 移動平均線の複数使い 』後編
  • 第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』
  • 第12回、MACD(移動平均収束拡散法) その1
  • 第13回、MACDその2、オリジナルMACDの本質!
  • 第14回、MACDその3、MACD最大の買いシグナルとは?
  • 第15回、MACDその4、MACD2とは?
  • 第16回、MACDその5、MACDの売りサイン買いサイン =前編=
  • 第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編= そしてMACD活用の最大の極意!
  • 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編= ダイバージェンシー!
  • 第19回 MACDその8、『MACDの複数使い』いよいよMACD最終回!
  • 第20回 ストキャスその1、『買われすぎ売られすぎシグナルに騙されるな!』
  • 第21回 ストキャスその2、『ファーストストキャスとスローストキャスとは?』
  • 第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』
  • 第23回 ストキャスその4、『ストキャス名脇役、%D、Slow%Dを極める!』
  • 第24回 ストキャスその5、『パラメーターの調整!』
  • 第25回 ストキャスその6、『ストキャスティクスの正しい使い方!』
  • 第26回 ストキャスその7、『ストキャスティクスの具体的仕掛け時と騙しへの対応!』
  • 第27回 ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』
  • 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』
  • 第29回 ストキャスその10、『ストキャスティクス最終回、ブルベア・セットアップとは?』
  • 第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』
  • 第31回 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』
  • 第32回、一目均衡表その3、「三役好転を中心に世間一般的に言われる一目均衡表の買いシグナル売りシグナルを検証。」
  • 第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」
  • 第34回、一目均衡表その5、「転換線を極める!」
  • 第35回、一目均衡表その6、「基準線を極める!」
  • 第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」
  • 第37回、一目均衡表その8、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?中編、もみあい相場での仕掛け方」
  • 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」
  • 第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」
  • 第40回、一目均衡表その11、「先行スパン1を極める。」
  • 第41回、一目均衡表その12、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!前編」
  • 第42回、一目均衡表その13、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!後編、雲のねじれの秘密!」
  • 第43回、一目均衡表その14、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、前編」
  • 第44回、一目均衡表その15、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、後編」
  • 第45回、一目均衡表その16、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、前編」
  • ストキャスのFastとSlowはどう使い分けるの
  • 第46回、一目均衡表その17、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、後編」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その1、「RSIの計算式は超簡単!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その2、「RSIの計算式からわかること!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その5、「ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その6、「RSIの代表的シグナル、失敗したスイングって知ってますか?」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その1、「ボリンジャーバンドの基礎知識」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その4、「バンドワイズチャート、%bチャートの秘密」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その5、「ミッドバンド研究」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その6、「ボージとスクイーズを究めよ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その8、「バンドワイズチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その9、「%bチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その10、「%bチャート!」後編
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その11、「ボリバンまとめ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その12、「ボリバン極意の書!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その13、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その14、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「資金管理編」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「まとめ」
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2

ニュースアクセスランキング

関連サイト

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、大阪取引所、堂島取引所、S&P Global、S&P Dow Jones In dices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services、JPX総研等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

Teamsで複数アカウントがあるときの切り替え方法【決定版】


参照:https://support.office.com/ja-jp/article/

アカウントの切り替えとは、その都度ログアウトをしなければならない とのことです。

「Teamsのアプリとブラウザで使い分ける」という方もいるそうですが、


↑色々なところでブラウザを開いてしまっていて、Teamsを探すのも一苦労

そこで、今回は全ツールの味方「Franz」を使って簡単にアカウントを切り替える方法を紹介していきたいと思います!

Franzとは?

アプリを使うためには「こちら」のサイトでダウンロードしてください。


さらに、連携できるアプリの種類は70種以上!

↓Franzについては以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!↓

複数のTeamsアカウントを切り替える


取引先とのTeams会議、まだ手動でやってますか?

これからは日程調整を自動化し、コピペ1回たった10秒で完了です!

TeamsのURL発行が面倒くさい
日程調整の手間をなくしたい
・空いてる日程を選んでテキストにするのが面倒
・日程と会議室の仮押さえと削除が面倒
・日程調整よりも資料作成の時間がほしい
ダブルブッキングを回避したい

日程調整ツール「調整アポ」は上記のような課題をサクっと解決するツール。
自分のカレンダーと連携して、空いている日時を簡単に相手に伝えられます。
Zoom連携で面倒なWEB会議のURL発行も自動で送れます!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる