FXの学習方法

投資信託の基礎

投資信託の基礎
つみたてNISAは長期的な資産形成を目的としているため、なるべくリスクを分散できるような投資先を選ぶようにしましょう。

投資信託の基礎

  • 基準価額が下落した後の追加購入は、 購入単価を引き下げる効果があります。
  • その後基準価額が上昇した場合、追加購入しない場合と比べて、 含み損の解消が早くなります。

  • 基準価額が下落した後の追加購入は、 同額でなくても 購入単価を引き下げる効果があります。
  • 当初購入金額の 半額を追加購入した場合でも、一定の購入単価引き下げ効果があります。

長期運用の大切さは理解できたけど、どんな状況でも保有し続けた方がいいのかな? 証券投資の基本は「中長期投資(保有)」ですが、値下がりでやむを得ず保有している「塩漬け投信」は損切りルールを設け、売却するのも一つの方法です。

投資信託の主なリスク

リスクと上手に
付き合うために

投資信託保有中の
リスクと付き合う方法

投資信託の収益分配金

投資信託の費用と税金

特定口座

つみたてNISAでの投資信託の選び方!NISAと投資信託の併用についても解説!

つみたてNISAでの投資信託の選び方!NISAと投資信託の併用についても解説!-サムネイル画像


そもそも投資信託の積立とは、投資信託に月々一定額ずつコツコツと積み立てていく投資法のことで、つみたてNISAもその一種です。

そこで本章では、つみたてNISAと投資信託の積立の違いについて解説します。

違い①|利益に対する課税

具体的には、投資上限額( 年間40万円 )の範囲内で発生した運用益に対して、最長で 20年 非課税となります。

◆利益に対する課税の違い

つみたてNISA
投資信託
利益に対する課税の取り扱い全て非課税課税(税率:20.315%)

違い②|積立金額

そのため、月々の投資上限額も 投資信託の基礎 33,333円 (400,000円÷12ヶ月)までとなっています。

さらにつみたてNISAの非課税期間は最長20年となっているため、トータルで 最大800万円 (400,000円×20年)までしか積み立てることができません。

◆積立金額の違い

つみたてNISA
投資信託
積立金額最大で800万円
(年間40万円で20年まで)
金融機関が決めた
最低金額以上なら任意

違い③|投資信託の種類

具体的には、低水準の手数料であったり頻繁に分配金が支払われないなど、金融庁が定めた基準を満たした商品しか購入ができない決まりになっています。

◆購入できる投資信託の種類の違い

つみたてNISA
投資信託
購入できる
投資信託の種類
金融庁が定めた基準を
満たした商品のみ
取り扱う金融機関が
指定するもの

つみたてNISAと投資信託の併用がおすすめな3つの理由!両方始めよう

その場合には、ぜひ両方始めることをおすすめします。

  1. つみたてNISAでインデックス投資をしているため抵抗なく始められるから
  2. 楽天証券だと月5万円まで1%のポイントバックがあるから
  3. 別口座で同銘柄に投資しても複利は期待できるから

理由①|つみたてNISAでインデックス投資をしているため抵抗なく始められるから

その点、つみたてNISAで既にインデックス投資を行っているのであれば、投資信託との併用も抵抗なく始められるかと思います。

理由②|楽天証券だと月5万円まで1%のポイントバックがあるから

楽天証券であれば、投資信託の積立金額を楽天カードクレジットで決済すると、月5万円まで1%のポイントバックがあります。

理由③|別口座で同銘柄に投資しても複利は期待できるから

なぜなら、仮にnisa口座とは別に特定口座で同銘柄に投資をしたとしても、複利はあくまで合計の投資額に対して利くため、複利のメリットを受けることは可能だからです。

つみたてNISAを満額したら?投資信託以外におすすめの方法3選


そこで本章では、投資信託以外におすすめの方法を3つご紹介します。

方法①|税制優遇のある制度を検討する

メリットデメリット
iDeCo運用益が非課税となる上に、

方法②|不労所得を得たいなら高配当投資

不労所得を得たいのであれば、 高配当投資 もおすすめです。

投資信託の基礎
メリットデメリット
高配当投資・高い配当金が得られる
・株価変動の影響を受けにくい
・減配や無配のリスクがある
・配当金に対して課税される

ただ、純粋に資産を増やしたいのであれば、一般的に高配当投資はインデックス投資に劣るとも言われています。

方法③|中級・上級者は個別株投資

投資中級・上級者であれば、 個別株投資 もおすすめです。

また、株主優待を実施している企業も多く存在するため、各種優待を目当てに投資できる点も魅力です。

メリットデメリット
個別株投資・自由に投資先を選べる
・株主優待を受けられる
・値動きのリスクが高い
・ある程度の資金が必要になる

このように個別株投資は自由度が高いゆえに、それだけリスクがあることも理解しておかなければなりません。

まとめ:つみたてNISAに関する相談ならまずマネーキャリアで無料相談!

つみたてNISAは長期的な資産形成を目的としているため、なるべくリスクを分散できるような投資先を選ぶようにしましょう。

初心者が知っておくべき投資信託の基礎知識【FPが優しく解説】

お金の悩み

そこで、この記事では初心者の方でも始めやすい「投資信託」について説明をしていきたいと思います。

  • 投資信託は初心者にオススメ
  • 投資信託がおすすめな理由
  • 投資信託はどこで購入できる?
  • 投資信託を買うときに知っておくべき費用
  • 投資信託にはどんな種類があるのか?

この記事を書いた人
志塚 洋介

投資信託は初心者にオススメ

そういった難しさをクリアした商品が「投資信託」なのです。

投資信託とは

投資信託がおすすめな理由

  1. 少額からでも投資できる
  2. 分散投資ができる
  3. プロが運用してくれる
  4. 投資しにくい海外商品にも投資できる
  5. 透明性が確保されている

1:少額からでも投資できる

少額から投資を行うことができるため積み立て投資にも向いています。

2:分散投資ができる

3:プロが運用してくれる

投資家は売買のタイミングやどういった銘柄を組み入れるかという銘柄選別を行う必要がありません。

4:投資しにくい海外商品にも投資できる

また、個人では買えない商品も投資信託であれば購入できるというものもありますので、幅広い商品を投資対象とすることができます。

つみたてNISAでの投資信託の選び方!NISAと投資信託の併用についても解説!

つみたてNISAでの投資信託の選び方!NISAと投資信託の併用についても解説!-サムネイル画像


そもそも投資信託の積立とは、投資信託に月々一定額ずつコツコツと積み立てていく投資法のことで、つみたてNISAもその一種です。

そこで本章では、つみたてNISAと投資信託の積立の違いについて解説します。

違い①|利益に対する課税

具体的には、投資上限額( 年間40万円 )の範囲内で発生した運用益に対して、最長で 20年 非課税となります。

◆利益に対する課税の違い

つみたてNISA
投資信託
利益に対する課税の取り扱い全て非課税課税(税率:20.315%)

違い②|積立金額

そのため、月々の投資上限額も 33,333円 (400,000円÷12ヶ月)までとなっています。

さらにつみたてNISAの非課税期間は最長20年となっているため、トータルで 最大800万円 (400,000円×20年)までしか積み立てることができません。

◆積立金額の違い

つみたてNISA
投資信託
積立金額最大で800万円
(年間40万円で20年まで)
金融機関が決めた
最低金額以上なら任意

違い③|投資信託の種類

具体的には、低水準の手数料であったり頻繁に分配金が支払われないなど、金融庁が定めた基準を満たした商品しか購入ができない決まりになっています。

◆購入できる投資信託の種類の違い

つみたてNISA
投資信託
購入できる
投資信託の種類
金融庁が定めた基準を
満たした商品のみ
取り扱う金融機関が
指定するもの

つみたてNISAと投資信託の併用がおすすめな3つの理由!両方始めよう

その場合には、ぜひ両方始めることをおすすめします。

  1. つみたてNISAでインデックス投資をしているため抵抗なく始められるから
  2. 楽天証券だと月5万円まで1%のポイントバックがあるから
  3. 別口座で同銘柄に投資しても複利は期待できるから

理由①|つみたてNISAでインデックス投資をしているため抵抗なく始められるから

その点、つみたてNISAで既にインデックス投資を行っているのであれば、投資信託との併用も抵抗なく始められるかと思います。

理由②|楽天証券だと月5万円まで1%のポイントバックがあるから

楽天証券であれば、投資信託の積立金額を楽天カードクレジットで決済すると、月5万円まで1%のポイントバックがあります。

理由③|別口座で同銘柄に投資しても複利は期待できるから

なぜなら、仮にnisa口座とは別に特定口座で同銘柄に投資をしたとしても、複利はあくまで合計の投資額に対して利くため、複利のメリットを受けることは可能だからです。

つみたてNISAを満額したら?投資信託以外におすすめの方法3選


そこで本章では、投資信託以外におすすめの方法を3つご紹介します。

方法①|税制優遇のある制度を検討する

メリットデメリット
iDeCo運用益が非課税となる上に、

方法②|不労所得を得たいなら高配当投資

不労所得を得たいのであれば、 高配当投資 もおすすめです。

メリットデメリット
高配当投資・高い配当金が得られる
・株価変動の影響を受けにくい
・減配や無配のリスクがある
・配当金に対して課税される

ただ、純粋に資産を増やしたいのであれば、一般的に高配当投資はインデックス投資に劣るとも言われています。

方法③|中級・上級者は個別株投資

投資中級・上級者であれば、 個別株投資 もおすすめです。

また、株主優待を実施している企業も多く存在するため、各種優待を目当てに投資できる点も魅力です。

メリットデメリット
個別株投資・自由に投資先を選べる
・株主優待を受けられる
・値動きのリスクが高い
・ある程度の資金が必要になる

このように個別株投資は自由度が高いゆえに、それだけリスクがあることも理解しておかなければなりません。

まとめ:つみたてNISAに関する相談ならまずマネーキャリアで無料相談!

つみたてNISAは長期的な資産形成を目的としているため、なるべくリスクを分散できるような投資先を選ぶようにしましょう。

公式LINE週報(2022/7/9)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/11)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/25)

LINE週報

【完全無料】☆知識ゼロでもたった20分で丸分かり☆やさしい株投資入門まとめ☆【株式投資初心者向け】

・総フォロワー10万人超え!
・異次元の投資戦略と未来予測で爆益
・東大卒4年目の専業投資家
・総資産1億円超え
・海外不動産3500万円
・米国株ブログ村ランキング1位
・新卒でトップIT企業に就職
→1年目で資産2000万円突破
→独立して専業投資家
・投資で勝つための正しい知識を発信し、本気で日本を強くしたい!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる