FXのご案内

日経225オプション投資戦略

日経225オプション投資戦略
<vixcentral提供のチャート>

VIX 日経225(夜間) VVIX MOVE 2022年6月13日(月)

3. VIX各指数とVIX先物のタームストラクチャー
(コンタンゴかバックワーデーションか)

4. VIX指数タームストラクチャースクイーズチャート
(VIXを視覚的に捉えるチャート)

5. VIXと日経225先物
(夜間の日経225先物トレードに生かすヒント)

6. VIX/VIX3M(VXX売りの指標)

7. VVIX/VIX(市場の不穏な気配を感じるチャート)

8. MOVE指数(債券のVIX)

9.SKEW指数(ブラックスワン指数)

10.米国債金利

【まとめ】

VIX34.02↗↗↗(✖)

VIX指数>先物(✖)

先物ディスカウント

VIX指数タームストラクチャー(✖)

バックワーデーション(中長期フラット)

VIX先物タームストラクチャー(✖)

バックワーデーション

VIX指数タームストラクチャースクイーズチャート (✖)

VIX/VIX3Mレシオ=0.99↗↗(▲)

VVIX/VIX=3.34↘(✖)

MOVE指数 139.21↗↗↗(✖)

SKEW/VIX(4.88→5.02→…→4.39→3.65)↘+SMA20(4.23→4.26→…→4.43→4.43)→(

SMA上向きもSKEW/VIXが下向きデッドクロス継続

米国債金利 短期↗ 中期↗ 長期↗ (2年>10年)

1. 米国株式市場概況(NYダウ、S&P500、ナスダック総合指数)

2022年6月13日~6月14日朝の概況

NYダウ 30,516.75ドル -876.05(-2.79%)

日経225オプション投資戦略

S&P500 3,749.64pt -151.21(-3.88%)

NASDAQ総合指数 10,809.23pt -530.80(-4.68%)

2. VIX指数とVIX先物の位置関係

<vixcentral提供のチャート>

3. VIX各指数とVIX先物のタームストラクチャー(コンタンゴかバックワーデーションか)

VIX指数:短期バックワーデーション 中長期フラット(✖)
VIX先物:バックワーデーション (✖)

【比較】ちなみに、これがコロナショックのときのVIX先物タームストラクチャーです↓先物までバックワーデーションになると大きなショックの可能性が。

4. VIX指数タームストラクチャースクイーズチャート

【比較】ちなみに、これがコロナショックのときのVIX指数タームストラクチャースクイーズチャートです↓

5. VIXと夜間日経225先物

6. VIX/VIX3Mレシオ

7. VVIX/VIXレシオ

VVIX=VIXのインプライドボラティリテイ(IV)
これは先行指標になるのでしょうか?
VVIXもVIXと同じような動きをしているようにみえますが、動き方の比率に微妙にずれが出るため、VVIX/VIXの値が変化します。市場の不穏な雰囲気が、S&P500のプットオプションの買い(VIX)とVIXのコールオプションの買い(VVIX)の微妙な差を生み、その結果じわじわとVVIXとVIXの変動率の違いを生み出していく…。基本的に先に原資産であるS&P500のプットオプションが買われVIXが上がり始めます。そうするとVVIX/VIXレシオが下がり始めます。S&P500のプットオプションの買われ方を単独で見るのではなく、そのプットオプションの買われ方がVIXコールオプションの買われ方に対してどうか、という視点でみることで、相場の不穏な雰囲気を察知できるかもしれないということです。
【一応の基準】
6以上を維持◎(平穏 リスクオン) ※高すぎる値は警戒
5~6○(平穏へ)
~5×(5を割り込むような原資産の下落はちょっと長引く可能性)

【長期チャート】
最低値=2.05(2020年3月12日) 最高値=10.51(2018年1月3日)

8. MOVE指数

139.21↗↗(✖) 日経225オプション投資戦略 コロナショックとほぼ同水準にあります。

9. SKEW

124.14
SKEW/VIXレシオ・移動平均クロス(✖)
SKEW/VIX(4.72→ 4.55 →4.65→4.91→4.93→4.88→5.02→…→4.39→3.65)
MA20( 4.12 →4.14→4.17→4.18→4.日経225オプション投資戦略 18→4.23→4.26→…→4.43→4.43)

VIX 日経225(夜間) VVIX MOVE 2022年6月13日(月)

3. VIX各指数とVIX先物のタームストラクチャー
(コンタンゴかバックワーデーションか)

4. VIX指数タームストラクチャースクイーズチャート
(VIXを視覚的に捉えるチャート)

5. VIXと日経225先物
(夜間の日経225先物トレードに生かすヒント)

6. VIX/VIX3M(VXX売りの指標)

7. VVIX/VIX(市場の不穏な気配を感じるチャート)

8. MOVE指数(債券のVIX)

9.SKEW指数(ブラックスワン指数)

10.米国債金利

【まとめ】

VIX34.02↗↗↗(✖)

VIX指数>先物(✖)

先物ディスカウント

VIX指数タームストラクチャー(✖)

バックワーデーション(中長期フラット)

VIX先物タームストラクチャー(✖)

バックワーデーション

VIX指数タームストラクチャースクイーズチャート (✖)

VIX/VIX3Mレシオ=0.99↗↗(▲)

VVIX/VIX=3.日経225オプション投資戦略 34↘(✖)

MOVE指数 139.21↗↗↗(✖)

SKEW/VIX(4.88→5.02→…→4.日経225オプション投資戦略 39→3.65)↘+SMA20(4.23→4.26→…→4.43→4.日経225オプション投資戦略 43)→(

SMA上向きもSKEW/VIXが下向きデッドクロス継続

米国債金利 短期↗ 中期↗ 長期↗ (2年>10年)

1. 米国株式市場概況(NYダウ、S&P500、ナスダック総合指数)

2022年6月13日~6月14日朝の概況

NYダウ 30,516.75ドル -876.05(-2.79%)

S&P500 3,749.64pt -151.21(-3.88%)

NASDAQ総合指数 10,日経225オプション投資戦略 809.23pt -530.80(-4.68%)

2. VIX指数とVIX先物の位置関係

<vixcentral提供のチャート>

3. VIX各指数とVIX先物のタームストラクチャー(コンタンゴかバックワーデーションか)

VIX指数:短期バックワーデーション 中長期フラット(✖)
VIX先物:バックワーデーション (✖)

【比較】ちなみに、これがコロナショックのときのVIX先物タームストラクチャーです↓先物までバックワーデーションになると大きなショックの可能性が。

4. VIX指数タームストラクチャースクイーズチャート

日経225オプション投資戦略

【比較】ちなみに、これがコロナショックのときのVIX指数タームストラクチャースクイーズチャートです↓

5. VIXと夜間日経225先物

6. VIX/VIX3Mレシオ

7. VVIX/VIXレシオ

VVIX=VIXのインプライドボラティリテイ(IV)
これは先行指標になるのでしょうか?
VVIXもVIXと同じような動きをしているようにみえますが、動き方の比率に微妙にずれが出るため、VVIX/VIXの値が変化します。市場の不穏な雰囲気が、S&P500のプットオプションの買い(VIX)とVIXのコールオプションの買い(VVIX)の微妙な差を生み、その結果じわじわとVVIXとVIXの変動率の違いを生み出していく…。基本的に先に原資産であるS&P500のプットオプションが買われVIXが上がり始めます。そうするとVVIX/VIXレシオが下がり始めます。S&P500のプットオプションの買われ方を単独で見るのではなく、そのプットオプションの買われ方がVIXコールオプションの買われ方に対してどうか、という視点でみることで、相場の不穏な雰囲気を察知できるかもしれないということです。 日経225オプション投資戦略
【一応の基準】
6以上を維持◎(平穏 リスクオン) ※高すぎる値は警戒
5~6○(平穏へ)
~5×(5を割り込むような原資産の下落はちょっと長引く可能性)

【長期チャート】
最低値=2.05(2020年3月12日) 最高値=10.51(2018年1月3日)

8. MOVE指数

139.21↗↗(✖) コロナショックとほぼ同水準にあります。

9. SKEW

124.14
SKEW/VIXレシオ・移動平均クロス(✖)
SKEW/VIX(日経225オプション投資戦略 4.72→ 4.55 →4.65→4.91→4.93→4.88→5.02→…→4.39→3.65)
MA20( 4.12 →4.14→4.17→4.18→4.18→4.23→4.26→…→4.43→4.43)
日経225オプション投資戦略

日経225先物.オプション研究

03月25日(木)の4月限オプション戦略
副題:(Low Risk High Return Strategy) 3月/25日(木)の4月限オプション戦略
3/24の 日経225オプション投資戦略 NYダウは32420ドル、-3.0ドル、ナスダックは12961-265ドルとなった。
3/24のNY市場はワクチン投与が進展する中、企業への増税の足音が聞こえて来て、これを嫌気して下落となった。ダウの引け値は-3.0ドル、ナスダックは-265ドルとなった。
3/25の日経225先物の寄り付き値は28350円、+160、引け値は28620円+430円となった。

2021年03月4日の04月限オプション戦略

1) 本日は様子見とした。
2) 証拠金:909,473円 120%証拠金:1083,768円 (3月25現在)
3/25 5月限:34000C×2:デルタ:-0.0018
3/25 5月限:20250P×2:デルタ: 0.0322
3/25 デルタ:0.0304

コメント:なし
暴落暴騰対策
5月限:34000C:36×1.2≒44円 買決済
5月限:20250P:29×1.2≒35円 買決済
追伸 メールアドレスが変更されました。
データとグラフはニューラルネット社の提供によるものである。
ニューラルネット社のURL:http://www.neuralnet.co.jp/ はこちらへどうぞ。
メールアドレス変更に伴いブログも下記に移行する予定です
記:https://tk20190310.blog.fc2.日経225オプション投資戦略 com/
著者のメールアドレスは:TGODCANION@AB.AUONE-NET.JP
セキュリティーの都合により、全角英数字を使用しています。実際にメールする時は半角英数字をご使用下さい。 高碕紘誌

  • 2021-03-25 : : :

同内ヘッジ戦略

3月/19日(火)3月19日の4月限オプション戦略
3/18 NYダウは259148ドル、+65ドル、ナスダックは7714ドル、+25ドルとなった。
3/18のNY市場は21日のFOMCを前に様子見状態となり、小浮動となった。ダウ平均株価は+65ドルとなった。
3/18の欧州市場はドイツ銀行を巡るM&Aの動きが買い材料となって、続伸となった。
1) 本日の日経225先物の寄り付き値は21410円、+0、引け値は21370円、-40円となった。
2) 本日は様子見とした。
3) 証拠金:201,000円 120%証拠金:235,400円
3/19 5月限:23500C×2売:デルタ: -0.1082
3/19 5月限:16250P×2:売りデルタ: 0.0000
3/19 デルタ総合計:-0.1082

3月19日の4月限オプション戦略

この戦略が増益となるためには(1)式を満足しなければならない。
売玉利益(0)+買玉利益(0)>ヘッジコスト(0)+決済損(0)+含み損(0)・・・・(1)
売玉利益(46)+買玉利益(0)>ヘッジコスト(11)+決済損(12)+含み損(0)
合計損益+23円 (3/19現在):

3/19の損益は:+23円となった。
暴落対策:暴落は夜間に海外からやってくる。故にプットの売り値の1.3倍~2倍になったら買い戻すように、逆指値注文を入れることをお勧めする。
夜間の暴落暴騰対策:逆指値:5月限、23500C:23×1.3≒30円、16250P:20×1.3≒26
売り:23×2+20×2=86、 買:4円+5円+6円+6円=21
先に 「新オプション投資オウハウ集 」を発表したが、これには欠点があり、保合相場の場合に機能しないことが、一昨年の7月、8月、9月限相場でわかった。その欠点を克服するような、戦略が明らかとなり、改訂版に記述した。改訂の要旨はコンバージョンやリバーサルのように、SQの前日までに、3条件をクリアすれば、SQ当日に日経225先物が如何に変動しようとも増益となる戦略である。平成31年3月限はこの戦略を使用した戦略であった。興味ある方は連絡して下さい。

データとグラフはニューラルネット社の提供によるものである。
ニューラルネット社のURL:http://www.neuralnet.co.jp/ は こちらへどうぞ。
メールアドレス変更に伴いブログも下記に移行する予定です
記:https://tk20190310.blog.fc2.com/
著者のメールアドレスは:TGODCANION@AB.AUONE-NET.JP
セキュリティーの都合により、全角英数字を使用しています。実際にメールする時は半角英数字をご使用下さい。 高碕紘誌

  • 2019-03-19 : : :

同内ヘッジ戦略

3月/18日(月)3月18日の4月限オプション戦略
3/15 NYダウは25848ドル、+138.0ドル、ナスダックは7688ドル、+57ドルとなった。
3/15のNY市場は米中通商交渉が進展したとの報道が好感されて、ハイテク株を中心に上昇となった。ダウ平均株価は+138ドルとなった。
3/15の欧州市場は英国の議会が合意なきEU離脱を否決し、延期することが議決され、また米中貿易交渉も進展したと報じられ、これらが好感されて、続伸となった。
1) 本日の日経225先物の寄り付き値は21370円、+130、引け値は21410円、+170円となった。
2) 本日は様子見とした。
3) 証拠金:466,200円 120%証拠金:549,840円
3/18 5月限:23500C×2売:デルタ: -0.0838
3/18 5月限:16250P×2:売りデルタ: 0.0230
3/18 デルタ総合計:-0.0608

3月18日の4月限オプション戦略

この戦略が増益となるためには(1)式を満足しなければならない。
売玉利益(0)+買玉利益(0)>ヘッジコスト(0)+決済損(0)+含み損(0)・・・・(1)
売玉利益(40)+買玉利益(1)>ヘッジコスト(8)+決済損(12)+含み損(0)
合計損益+21円 (3/18現在):

3/18の損益は:+21円となった。
暴落対策:暴落は夜間に海外からやってくる。故にプットの売り値の1.3倍~2倍になったら買い戻すように、逆指値注文を入れることをお勧めする。
夜間の暴落暴騰対策:逆指値:5月限、23500C:23×1.3≒30円、16250P:20×1.3≒26
売り:23×2+20×2=86、 買:4円+5円+6円+6円=21
先に 「新オプション投資オウハウ集 」を発表したが、これには欠点があり、保合相場の場合に機能しないことが、一昨年の7月、8月、9月限相場でわかった。その欠点を克服するような、戦略が明らかとなり、改訂版に記述した。改訂の要旨はコンバージョンやリバーサルのように、SQの前日までに、3条件をクリアすれば、SQ当日に日経225先物が如何に変動しようとも増益となる戦略である。平成31年3月限はこの戦略を使用した戦略であった。興味ある方は連絡して下さい。

データとグラフはニューラルネット社の提供によるものである。
ニューラルネット社のURL:http://www.neuralnet.co.jp/ は こちら へどうぞ。
メールアドレス変更に伴いブログも下記に移行する予定です
記:https://tk20190310.blog.fc2.com/
著者のメールアドレスは:TGODCANION@AB.AUONE-NET.JP
セキュリティーの都合により、全角英数字を使用しています。実際にメールする時は半角英数字をご使用下さい。 高碕紘誌

  • 2019-03-18 : : :

同内ヘッジ戦略

3月/13日(水)3月13日の4月限オプション戦略
3/12 NYダウは25554ドル、-96ドル、ナスダックは7591ドル、+32ドルとなった。
3/12のNY市場はボーイング社飛行機737型の墜落により、ボーイング社の株が下落し、これがダウを押し下げた。ダウ平均株価は-96ドルとなった。ナスダックは上昇となった。
3/12の欧州市場は英国のEU離脱を巡る思惑が交錯し、横ばいとなった。
1) 本日の日経225先物の寄り付き値は21230円、-100、引け値は21050円、-280円となった。
2) 本日は様子見とした。
3) 証拠金:201,400円 120%証拠金:235,日経225オプション投資戦略 080円
3/13 5月限:23250C×2売:デルタ: -0.1374
3/13 5月限:16250P×2:売りデルタ: 0.0000
3/13 デルタ総合計:-0.1374

3月13日の4月限オプション戦略

この戦略が増益となるためには(1)式を満足しなければならない。
売玉利益(0)+買玉利益(0)>ヘッジコスト(0)+決済損(0)+含み損(0)・・・・(1)
売玉利益(38)+買玉利益(0)>ヘッジコスト(3)+決済損(12)+含み損(0)
合計損益+23円 (3/13現在):

3/13の損益は:+23円となった。
暴落対策:暴落は夜間に海外からやってくる。故にプットの売り値の1.3倍~2倍になったら買い戻すように、逆指値注文を入れることをお勧めする。
夜間の暴落暴騰対策:逆指値:5月限、23500C:23×1.3≒30円、10925P:20×1.3≒26
売り:23×2+20×2=86、 買:4円+5円+6円+6円=21
先に 「新オプション投資オウハウ集 」を発表したが、これには欠点があり、保合相場の場合に機能しないことが、一昨年の7月、8月、9月限相場でわかった。その欠点を克服するような、戦略が明らかとなり、改訂版に記述した。改訂の要旨はコンバージョンやリバーサルのように、SQの前日までに、3条件をクリアすれば、SQ当日に日経225先物が如何に変動しようとも増益となる戦略である。平成31年3月限はこの戦略を使用した戦略であった。興味ある方は連絡して下さい。

データとグラフはニューラルネット社の提供によるものである。
ニューラルネット社のURL:http://www.neuralnet.co.jp/ は こちらへどうぞ。 日経225オプション投資戦略
メールアドレス変更に伴いブログも下記に移行する予定です
記:https://tk20190310.blog.fc2.com/
著者のメールアドレスは:TGODCANION@AB.AUONE-NET.JP
セキュリティーの都合により、全角英数字を使用しています。実際にメールする時は半角英数字をご使用下さい。 高碕紘誌

  • 2019-03-13 : : :

同内ヘッジ戦略

3月/12日(火)3月12日の4月限オプション戦略
3/11 NYダウは25650ドル、+200ドル、ナスダックは7558ドル、+149ドルとなった。
3/11のNY市場は昨日までの反動高で大幅反発となった。ダウ平均株価は+200ドルとなった。
3/11の欧州市場は銀行株の反発で、全体を押し上げ、反発となった。
1) 本日の日経225先物の寄り付き値は21230円、+300、引け値は21330円、+400円となった。
2) 本日はポジションを調整した。
3) 証拠金:208,400円 120%証拠金:242,080円
3/12 5月限:23250C×2売:デルタ: -0.0976
3/12 5月限:16250P×2:売りデルタ: 0.0282
3/12 デルタ総合計:-0.0694

3月12日の4月限オプション戦略

この戦略が増益となるためには(1)式を満足しなければならない。
売玉利益(0)+買玉利益(0)>ヘッジコスト(0)+決済損(0)+含み損(0)・・・・(1)
売玉利益(18)+買玉利益(12)>ヘッジコスト(5)+決済損(12)+含み損(0)
合計損益+13円 (3/12現在):

3/12の損益は:+13円となった。
暴落対策:暴落は夜間に海外からやってくる。故にプットの売り値の1.3倍~2倍になったら買い戻すように、逆指値注文を入れることをお勧めする。
夜間の暴落暴騰対策:逆指値:5月限、23500C:23×1.3≒30円、10925P:20×1.3≒26
売り:23×2+20×2=86、 買:4円+5円+6円+6円=21
先に 「新オプション投資オウハウ集 」を発表したが、これには欠点があり、保合相場の場合に機能しないことが、一昨年の7月、8月、9月限相場でわかった。その欠点を克服するような、戦略が明らかとなり、改訂版に記述した。改訂の要旨はコンバージョンやリバーサルのように、SQの前日までに、3条件をクリアすれば、SQ当日に日経225先物が如何に変動しようとも増益となる戦略である。平成31年3月限はこの戦略を使用した戦略であった。興味ある方は連絡して下さい。

日経225 オプション取引とは

オプション取引とは

おおまかにわかる!わかりやすいオプション取引

オプション取引って何?

難しい言葉でいうと「デリバティブ」の一種です。
例えて言うと、海外旅行に行くため飛行機のチケット代で半年前に予約すれば1万円ですが、当日購入しようとすると20万円くらいになるのはわかりますよね。
航空会社も事前に客数がわかれば価格が安定し利益を得られやすくなりますし、顧客としては安く乗る事ができてお得ですからwinwinの関係ができています。
そういった「権利の売買するのがオプション取引」の考え方です。

口座開設に関して・・

実際に取引をしたいなぁと思った方は、まず「オプション取引可能」な証券会社を選びお申込みください。
楽天証券やSBI証券などの大手証券会社は取り扱いしています。
申し込みから1~2週間かかる所がほとんどでしょうから、実際取引を行うか迷っている方もとりあえず申し込み口座を作っても良いと思います。
儲けやすい相場は刻一刻と変わっていきますから、始めようかなぁと思っている方はチャンスは逃さないようにしましょう!

実際の取引方法・・

私も取引方法に関しては日々勉強中ですが、最低3つの言葉は覚えましょう。それは 日経225オプション投資戦略
「CALL」 ある原資産を 買う権利
「PUT」 ある原資産を 売る権利
「SQ」 ある原資産の 満期日翌取引日最初の値
少なくともこの3つは最低限おぼえなければなりません。

リスクに関して・・

もちろん損するリスクはあります。 日経225オプション投資戦略 日経225オプション投資戦略
ただし、取引戦略次第では、低リスクで取引する事は可能です。
絶対にSQ日満期日まで持つ必要もないので、ある程度利益が出てしまえば、途中で権利売却する事も可能となります。
時間を味方にする売買ができるのがオプション取引なので金融商品よりも利益を出しやすいのではないでしょうか。
また注意せねばならないのが、税金に関して「FXやCFD取引との損益通算は可能」ですが、損失を出した場合「個別株、ETF、投資信託、等との間で損益通算は不可」となりますのでご注意ください。

始めようか迷っている・・

様々な投資先があり迷うかもしれませんが、日経225先物オプション取引のメリットとして、「取引可能時間が長い」という事がメリットで上げられます。
日中取引が9:00~15:10ナイトセッションが16:30~翌3:00となっておりますので、個別株式投資は時間帯的に厳しいという方には向いております。
無理にはオススメしませんが、金融庁の報告書(撤回しましたが。。)によると定年退職後に2000万円が必要となるという事ですから、日本の年金制度が崩壊している事がわかりますね。
もちろん国内政治経済がこれからよくなる。何とかしてくれるだろうと信じてもらっても構いませんが、個人的に思う事としては
「真面目に働いても生活が豊かにならないならリスクをとって投資するべきだと思います。」
報告書にも「資産運用管理が必要」と記載されているのです。
なので沢山ある選択枠の一つとしてオプション取引も今後の資産形成の一つとして意識していただければと思います。
勿論投資は自己責任でよろしくお願いします!

カバードコール戦略のETFが上場。
オプション取引のメリットがより身近に

水嶋氏

シンプレクス・アセット・マネジメント 日経225オプション投資戦略
水嶋浩雅社長

エンハンスト型指数とは、東証では「一定の投資成果を実現するための投資戦略を表現した指数」と説明しています。当社はもう少しシンプルに「投資戦略型ETF」と呼んでいます。設定にあたって考えたことは大きく2つあります。ひとつは、投資戦略型ETFの第1号を当社が設定することに意味があるのではないか、ということ。もうひとつは、投資戦略のなかでも、個人投資家と機関投資家(金融機関)に最も馴染みが深く、活用余地が大きいカバードコール戦略を採用しようということです。 当社は日本市場をホームグラウンドにする独立系の資産運用会社として、日本市場の拡大と活性化に積極的に取り組みたいと常々考えておりました。今までにない指数に連動する新しいタイプのETFの組成にチャレンジしているのもその考え方の一環であります。2009年8月に「WTI原油価格連動型上場投信(WTI原油ETF)」を組成した時も、それまで各種株式指数に連動するものに偏っていた日本のETF市場を、商品の多様化によって活性化させたいという気持ちから組成することを決断したのです。この「WTI原油ETF」の上場により、ETF市場にシンプレクスらしい一石を投じることができ、結果として、国内ETFの多様化が進んだのではないかと考えております。 しかしながら、ETF市場の活性化という観点からみて、現状はまだまだ十分だと考えてはおりません。日本のETFは個人投資家の利用が多く、機関投資家はあまり積極的に利用していないのが現状です。この状況は日本独特のものであり、以前よりこの状況も何とか変えられないものかと考えておりました。 そこで、当社なりの答えのひとつとしてご提案したのが、今回上場した「日経カバードコール指数上場投信」ということになります。 「日経カバードコール指数上場投信」の仕組みと投資家のメリットを教えてください。 2011年6月から算出・公表されている「日経平均カバードコール・インデックス」に連動することをめざすETFです。日経平均株価を買い持ちしながらコールオプション(買う権利)を売って、プレミアムとしてオプション料をもらうカバードコール戦略をETFとして組成したものです。 同インデックスは、日経平均株価を原資産に、その5%上の権利行使価格の翌月物コールオプションを売り建てるケースをモデル化したもの。各限月の取引最終日翌日の特別清算指数(SQ)算出日にコール・オプションを清算するとともに、原資産である日経平均より5%高い水準の権利行使価格で新たにコール・オプションを売る。これを毎月繰り返していく仕組みです。決算は4、7、11、1月の年4回。1カ月ごとに日経平均株価の5%上のコールを売って得たオプション料(プレミアム)と、日経225の配当金の合計を原資として、経費控除後を配当として、3カ月毎に投資家に還元します。 カバードコールはオプション取引の投資戦略のひとつで、一定以上の値上がり益をギブアップする(あきらめる)ことで、そこで得たプレミアムを配当収入にします。本ETFでは、ひと月で日経平均株価が5%を超えて上昇した場合、その分のキャピタルゲインをあきらめる一方で、オプション料を配当として得ることで、投資の損益分岐点を下げることが可能になります。 今後の日本の株式相場を展望した場合、残念ながら中長期で成長を続けると見るのは難しいかもしれません。株価上昇は限定的で、これ以上際限なく下がっていくことも考えづらい——いわば膠着状態の相場が続きそうななかで、どのような資産運用が効果的なのか。こう考えた場合に、オプション料による収益は魅力的と考える投資家は少なくないはずです。 カバードコール戦略はオプション取引の一投資戦略なので、既存の金融商品を組み合わせることで、個人でも取引できます。あえてETFとして組成した意味は?

水嶋氏

その通り、たとえば日経225先物を買って、日経225オプションのコールを売れば、カバードコール戦略のポジションを取ることはできます。しかし、それが多くの個人投資家にとって現実的かどうか、という問題があるでしょう。「売り」のオプション取引を組み入れるので証拠金が必要になりますし、先物取引の取引コストは安価な一方、配当が出ないという大きなデメリットがあります。資金効率性としてどうでしょうか。ETFにすることで、1口10,000円からカバードコールのポジションが取れることは、投資家にとって大きな意味があると思います。 数ある投資戦略のなかからカバードコールを選んだのは、昨今の株式市況にフィットした戦略と考えたことと、冒頭に挙げたETF市場活性化への対応があります。具体的には、個人投資家はもちろん、機関投資家にも活用しやすいETFにできれば、活性化が加速するのではないかと考えました。 日本の多くの金融機関は、企業同士でさまざまな株式を保有していますが、株価が上昇しても方針上、簡単には売れません。逆に下がれば会計上で減損処理します。要は保有する株式の株価が上がっても下がっても、基本的に売買はしないのです。ただ保有しているだけでは非効率なので、保有株式でプレミアムを取って収益化したい、というニーズは昔から根強くありました。日経平均株価だけでなく、カバードコールの私募投信を組成したりして、カバードコールによる配当取りは金融機関にとって馴染みのある投資戦略なのです。 また、ETFにすることで、どの株価レンジでも投資家が自由にポジションを取ることができるようになります。カバードコールという投資戦略をETFとして上場させることで、ポジションを持つタイミングを投資家が選択できるメリットが生まれるわけです。つまり、(1)昨今の相場状況と個人投資家の運用ニーズにフィット(2)機関投資家に馴染みの深い投資戦略(3)ETFにすることで、ポジションを取るタイミングを投資家が任意で選べる。この3点が「日経カバードコール指数上場投信」を組成した大きな背景ということができるでしょう。 掲載日:2012年01月24日/株式会社QBR

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる