初心者にもおすすめ

レンジ相場

レンジ相場
下記がパラメーター設定画面です。

BTC(ビットコイン)は米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか

松嶋 真倫

大阪大学経済学部卒業。都市銀行退職後に調査会社BaroqueStreetのメンバーとして暗号資産・ブロックチェーン業界の業界調査や相場分析に従事。マネックスクリプトバンク株式会社では業界調査レポート「中国におけるブロックチェーン動向(2020)」、「国内外のサプライチェーン領域におけるブロックチェーン活用事例と課題」「Blockchain Data Book 2020」などを執筆。国内メディアへの寄稿も行なう。2021年3月より現職。 レンジ相場 閉じる

BTC(ビットコイン)は米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか

  • ビットコインは10週連続陰線を回避したことを確認すると買い安心感からBTC=416万円(31500ドル)付近まで急上昇したが、米国株先物の急落やイーサリアムのアップデート前の下落により、たちまちBTC=391万円(29500ドル)付近まで下落した。その後もインフレ懸念が強まるなかで値動きが荒くなった
  • イーサリアムのテストネットでPoS移行に向けたアップデートが無事に完了した
  • 来週のビットコインは米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか、直近上値としてBTC=427万円(32000ドル)、下値としてBTC=374万円(28000ドル)を意識する

今週(6月3日~6月9日)の相場動向

相場回顧 BTC:レンジ内で乱高下する展開、イーサリアムのアップデートは無事に完了

来週(6月10日~6月16日)の相場予想

BTCは米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

Damiani_volatmeterを表示したチャート

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

レンジでは「DO NOT レンジ相場 TRADE」、トレンドでは「TRADE」と表示され、相場のボラティリティを示すATRも表示されています。

Damiani_volatmeterに表示されるトレード可否の表記とATR

2つのPeriod(ViscosityとSedimentation)の比率を使って収束状態を判断します。

・ViscosityのATR÷SedimentationのATR
・Viscosityの標準偏差÷Sedimentationの標準偏差
(標準偏差はBBの広がりを示すのによく使われています。)

上記の差分がThreshold_levelより小さいときは 収束とみなします。

lag_supressorは、過去1,3本足の差分をATRに加味するモードですね。

ATR、標準偏差と両方近い意味のものですがその比率の差が小さい=相場が動いていない。という判断をするのでしょう。

2.00-DoNotTrade_v103

右上にトレード推奨or非推奨が表示されますが、Damiani_volatmeterを元に判断されています。

・灰色が緑より上=レンジ相場=Do Not Trade
・緑が灰色より上=トレンド相場=Trade

00-DoNotTrade_v103を表示したチャート

▼ポンドドル15分足(クリックで拡大します)

執行足と上位足での表記の差

▼ポンドドル15分足

上記の場合は、15分足では「Trade」が表記されていますが、MTF機能で1時間足を表示すると「Do Not Trade」となります。

00-DoNotTrade_v103のパラメーター設定

下記がパラメーター設定画面です。 レンジ相場

3.Forex_SMART_Filter_v1

・青=上昇トレンド
・赤=下降トレンド
・黄=レンジ相場

Forex_SMART_Filter_v1を表示したチャート画像

▼ドル円15分足(クリックで拡大します) レンジ相場

Forex_SMART_Filter_v1を5分足・15分足以外で表示した際のエラー事例

FX侍です、こんにちは。 今回は海外サイトで見つけたスキャルピングシステム「ForexSmartScalper」の紹介。 チャートはこんな感じ。 レンジ相場 ▼ForexSmartScalperのチャート画像(ユーロドル15分足) ・時間足:5分又は15分 ・通貨ペア:メ.

4.Trend Direction Force Index Indicator (TDFI)

Trend Direction Force Index Indicator (TDFI)は知名度は低いですが、 上昇・下降の方向性が分かりやすいのが特徴です。

・0付近の2本線の間=レンジ相場
・上方向=上昇トレンド
・下方向=下降トレンド

 Trend Direction Force Index Indicator (TDFI)を表示したチャート

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

デフォルトの期間が20では反応がやや遅いので、10前後に変更するのがお勧めです。

 Trend Direction Force Index Indicator (TDFI)の設定による違い

▼設定による反応の違い(クリックで拡大します)

5.BB-text

BB-textを表示したドル円5分足チャート

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)

基本的にトレンドとレンジ判別インジケーターはボラティリティを基準にしているので、ボラが一目で分かればOKという方にはお勧めです。

FX侍です、こんにちは。 今回は「ボリンジャーバンドの幅を数値化してテキストでpips表示をするインジケーター」のご紹介。 この手の便利系インジケーターは、地味にトレードに重宝します。 ってことで、今回もFX侍が自作しました。 その名も…「BB-text」というそのまま.

トレンドとレンジの判断に使えるインジケーターまとめ

「Damiani_volatmeter」と「Forex_SMART_Filter_v1」の2つを表示させたドル円15分足チャート

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

「Damiani_volatmeter」と「Forex_SMART_Filter_v1」の2つを表示させたポンド円15分足チャート

▼ポンド円15分足(クリックで拡大します)

上記の場合は顕著に違いが出ていますが、 通貨ペアによっては「Forex_SMART_Filter_v1」のレンジ判別部分が多くなります。 レンジ相場 (逆にポンド円ではレンジ判別した黄色い部分が少ない)

ただし「Forex_SMART_Filter_v1」では上昇・下降が色分けをされているので、トレンドフォローをしやすいというメリットがあります。

FX侍です、こんにちは。 今回は安全性の高いレンジトレードについて。 特に『デイトレーダー向けのレンジの見つけ方』について解説します。 レンジの逆張りトレードは比較的簡単なので、初心者の方にも人気です。 レンジ内で価格が行ったり来たりするので、負けにくいとい.

また、インジケーターではなくローソク足の値動きでレンジを判断する方法もあります。
この「値動きの法則」は知っておいて損はありません。

FX侍です、こんばんは。 レンジが続くと思ったのに、ブレイクしてもうた…( ゚д゚) レンジになるのが分かれば逆張りで勝てるのにな~(´ε` ) …その気持ち、分かります。 と言うことで、今回は誰もが知りたい「レンジ相場を素早く判断する方法」をお教えします。 この.

FX侍です、こんにちは。 大変長らくお待たせしました 照 15分足専用トレンドフォローのサインツール「アプロス」を公開します。 自信を持ってトレードできるようになりたい、という希望を叶えます。 手前味噌ですが、マニュアルも含めて最高傑作となりました(*´ω`*) .

レンジ相場とは プライスアクションの超基礎

レンジ相場とは

・トレンド相場以外 → レンジ相場
・レンジ相場とは方向感のない相場
・レンジの特徴1 → 2本のラインの間で行ったり来たりする(水平とは限らない)
・レンジ特徴2 →レンジからブレークアウトすると、しばらくそっちに進みやすい
・トレンド相場とレンジ相場が交互に発生する
その理由は?→大口トレーダーが買占めや売り抜けをするから
・レンジなぜ起きる → 大口トレーダーの買占めや売り抜け レンジ相場
・初心者はトレンド相場を中心に狙うのがおすすめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはFXのかなり深い内容をお伝えしていますので、一通り読んでいただければ、相当な力がつきます。

FXのアノマリー通貨ペア 6月6日からの週

FXの通貨ペアで、6月6日からの週に勝ちやすそうなアノマリーの存在する通貨ペアをピックアップしました。 デイトレやスイングトレードのトレードアイデアの立案に役立ててください。 レンジ相場 USDCAD(米ドルカナダドル)が下がりやす […]

FXのアノマリー通貨ペア 5月30日からの週

FXで今週勝ちやすそうなアノマリーがある通貨ペアについて書いています。 今週はUSDが弱くなる、つまりドルストレートの通貨ペアが上がりやすいアノマリーがあります。 ユーロドル(EURUSD)が上がりやすいアノマリー ユー […]

株のアノマリー銘柄 5月23日からの週

日本株のアノマリー銘柄です。今週買うとアノマリー的に有利そうな銘柄をピックアップしました。 対象は日経225に採用されている銘柄です。過去15年の日足を使ってアノマリーを分析しました。 キリンホールディングス(2503) […]

FXのアノマリー通貨ペア 5月23日~の週

今週勝ちやすそうなFXのアノマリー通貨ペアについて解説します。 過去15年の日足データを使ったアノマリーの分析を基にしています。今週のデイトレやスイングトレードに役立つ情報です。 AUDUSDのアノマリー AUDUSDは […]

日本株でアノマリー的に狙いたい銘柄 2022年5月16日の週

FXアノマリー通貨ペア 2022年5月16日~の週

過去15年間のデータを分析して見つけたアノマリーデータを基に、5月16日ごろから上昇しやすい(もしくは下落しやすい)通貨ペアを解説します。 過去15年間で勝率が80%程度以上のものをピックアップしております。 AUDNZ […]

About サンチャゴ

専業投資家。
FXの短期トレードでコツコツ稼ぎながら、そこで稼いだ資金を米国株の長期投資に突っ込むのが生きがいのおじさん。
最近は一日中全通貨ペアのエリオット波動分析をしてます。良い感じのエントリーポイントが見つかったらMT4で下位足を開いてEAを仕掛ける、みたいな毎日を面白おかしく生きています。
AmazonKindleで2冊のベストセラー電子書籍を持つ「プロになるためのデイトレード入門」「日本一即戦力なFX講座」

BTC(ビットコイン)は米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか

松嶋 真倫

大阪大学経済学部卒業。都市銀行退職後に調査会社BaroqueStreetのメンバーとして暗号資産・ブロックチェーン業界の業界調査や相場分析に従事。マネックスクリプトバンク株式会社では業界調査レポート「中国におけるブロックチェーン動向(2020)」、「国内外のサプライチェーン領域におけるブロックチェーン活用事例と課題」「Blockchain Data Book 2020」などを執筆。国内メディアへの寄稿も行なう。2021年3月より現職。 閉じる

BTC(ビットコイン)は米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか

  • ビットコインは10週連続陰線を回避したことを確認すると買い安心感からBTC=416万円(31500ドル)付近まで急上昇したが、米国株先物の急落やイーサリアムのアップデート前の下落により、たちまちBTC=391万円(29500ドル)付近まで下落した。その後もインフレ懸念が強まるなかで値動きが荒くなった
  • イーサリアムのテストネットでPoS移行に向けたアップデートが無事に完了した
  • 来週のビットコインは米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか、直近上値としてBTC=427万円(32000ドル)、下値としてBTC=374万円(28000ドル)を意識する

今週(6月3日~6月9日)の相場動向

相場回顧 BTC:レンジ内で乱高下する展開、イーサリアムのアップデートは無事に完了

来週(6月10日~6月16日)の相場予想

BTCは米FOMC開催に注目が集まるなか底堅い推移となるか

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

FXにおけるレンジ相場とトレンド相場の特徴

FX龍聖

FXを攻略する上で必要なことのひとつが「相場の分析」です。

この通貨ペアは
これから上がるのか下がるのか、
上がる(下がる)ならどこまで上がる(下がる)のか
といった分析をすることが求められます。

まず、相場には大きく
「レンジ相場」と「トレンド相場」
の2種類があります

そもそもどうして為替相場は動くのか?

為替相場は、 政策金利・経済指標・発言 レンジ相場 など
様々な要因によって動きます

また、
戦争やテロなどの事件、地震などの災害
によっても為替相場は変動します。

東日本大震災の時は、約1週間後、急激な円高相場に見舞われました。

日本にとって悪い事が起きているのに円が強くなったのです。

私の周りのFXトレーダーは、
大地震が来て 不謹慎ロング(買いトレード)
をかまして撃沈した人がたくさんいました。

「災害が起こったから」
「利上げがあったから」
「トランプ氏が大統領になったから」

など、価格の続伸・続落には様々な レンジ相場 ファンダメンタル的要因 があるのですが、

「こうなったら絶対上がる(下がる)」

レンジ相場

為替相場に大きな材料が出ないときや、市場がその材料を織込み済みのときは、
相場は比較的おとなしい動き を見せます。

このような相場を「レンジ相場」といいます。

そのため、直近の安値に近づいたら上昇し、
直近の高値に近づいたら下落しを繰り返している相場を見つければ、
それが レンジ相場 だと分かるでしょう。

一定幅で行ったり来たりを繰り返す相場

レンジ相場になりやすい時間帯と時期

まず、一日の流れの中でレンジ相場になりやすいのは、
早朝〜東京市場がオープンする9時頃までの時間帯
です。

次に、 1 2時〜東京市場が終わる15時頃までの時間帯 です。

お昼から欧州勢が入ってくるまでの時間帯は、
通貨ペアによってはほとんど値動きを見せないことも多くあります。

しかしながら上記はあくまで 傾向 です。

決めつけて取引するほど愚かな事はないので、
しっかり相場環境を認識しながらトレードする様にしましょう!

月曜日の週明けは比較的おとなしい値動きになります

これはどの参加者も
「今週はどんな動きになるのか」
を様子見しているためです。

また、週末の金曜日も、
「週末リスク」から積極的にポジションを作りにくいため、
大きな動きが生まれにくいと言われています

一ヶ月のうち、レンジ相場になりやすいと言われているのは 「月初め」 です。

特に、第1金曜日に発表される米雇用統計までは、
様子見であることが多くなります。
(雇用統計は第2金曜日やほかの日に発表されることもあります)。

一年のうち、特に顕著な値動きのクセを見せるのが、
「夏枯れ相場」 と 「クリスマス相場」
です。

8月の夏枯れ相場は、
夏季休暇のために市場参加者が少なくなり、
値動きがおとなしくなります

また、12月のクリスマス前後も同様に相場が動きにくくなります

クリスマス前後は流動性の低さから スプレッドが拡大する傾向 があるので、
無理にトレードする必要はないでしょう。

レンジ相場に使える手法

レンジ相場ではレンジの上下幅を狙った「逆張り手法」が有効です

具体的にはレンジの下限に近づいたら「買い」、レンジの上限に近づいたら「決済」します。
そして、同時に「売り」ポジションを保有して、レンジの下限に近づいたら「決済」します。

このように決済と同時にそれまでとは逆のポジションを持つことを
「ドテン」
と呼びます。

レンジ相場でよく使われるインジケーター

レンジ相場におすすめなインジケーターは、
ストキャスティクスやRSI, RCIといった
「オシレーター系指標」
です

オシレーター系のテクニカル指標は相場の買われすぎ、売られすぎを表示してくれるので、
レンジ相場において、
「そろそろ相場が反転するかも!?」
といった予測が立てられやすくなります。

トレンド相場

トレンド相場は、レンジ相場とは逆に
「上昇トレンド」 や 「下降トレンド」
といったように、
一方向に大きく動き出した相場のことをいいます。

相場は 「8割のレンジ相場」と「2割のトレンド相場
からできていると言われています。

10年単位で大きく相場を捉えれば、 ずっとレンジ相場 とも言えるのです。

トレンド相場で利益を上げる手法を
「トレンドフォロー」
と言いますが、

トレンド相場になりやすい時間帯と時期

トレンドを狙ったトレードをするためには、
ある程度は
トレンド相場が発生しやすいタイミングを
押さえておく
ことが得策です。

レンジ相場と同じように、
一日の流れ、週の流れ、月の流れ、一年の流れ
を意識しましょう。

トレンドが発生しやすい時間帯は、3大市場のオープン前後の時間帯です

東京市場が開く9時、ロンドン市場が開く17時(夏時間は16時)、
ニューヨーク市場が開く23時(夏時間は22時)前後は、市場参加者が一気に増え、
その日の材料で大きなトレンドになることが少なくありません

特に、ロンドン市場のオープンは、
実質 「世界の一日のはじまり」 でもあるため、
東京市場の高値と安値が意識され、
その価格を抜けると一気にトレンドができることが多くあります。

また、ニューヨーク市場が開く前の22時30分(夏時間は21時30分)には、
毎日のようにアメリカの経済指標が発表されます

反対に、 火・水・木曜日は相場にトレンドが発生しやすくなります

相場には「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があるように、すべての曜日で利益をあげようと思うのではなく、相場が分かりやすい動きをしているときのみ参加することも大切です。

米雇用統計が発表される第1金曜日(違う日になることもあります)が過ぎると、
「今のアメリカ」の経済状態が把握され、 レンジ相場
相場にトレンドが生まれやすくなります

市場参加者が減ると価格の変動が起きにくく、
市場参加者が増えると価格が変動しやすくなります。

為替相場では 1月と9月 に大きく相場が動く傾向があります

特に12月のクリスマス相場が終わってから新年にかけては、
欧米勢が市場に戻ってくるため、
相場に新たな動きが生まれやすくなる のです。

トレンド相場に使える手法

それは 「ブレイクアウト」 と 「押し目買い(戻り売り)」 の2種類です。

ブレイクアウト

このタイミングを狙ってエントリーするのが 「ブレイクアウト」 です。

ブレイクアウトは、これまでのレンジ相場の高値安値をブレイクして、
今まさにトレンドが形成されようとしているところを捉えるため、
大きい利益を狙うことが可能になります

下記は、「ダブルボトム」という有名なチャートパターンの一つです。

押し目買い(戻り売り)

もうトレンド相場に対応するもう一つの手法が、
押し目買い戻り売り
です。

しかし、トレンドは一方向に動き続けるのではなく、
ところどころのポイントで 「押し目」や「戻り」 を形成します。

この押し目や戻りを狙ってエントリーし、
トレンドの第2波、第3波を狙ったトレードが
押し目買い、戻り売り です

私のトレード手法は、
この押し目買い・戻り売りを
ひたすら狙っていく手法ですね。

<押し目買い>

<戻り売り>

ブレイクアウトと異なり、
トレンドが発生しているのが分かっているため、
ダマシに遭いにくい特長があります。

押し目買い・戻り売りは
使いこなせば大変有効性の高い手法 です。

トレンド相場でよく使われるインジケーター

トレンド相場でのトレードでよく使われるインジケーターは、
移動平均線 や ボリンジャーバンド といった レンジ相場
「トレンド系指標」
です。

トレンド系のインジケーターは、
レンジ相場では機能しにくく、
騙しに遭いやすくなりますが、
一度トレンドが発生すると、
面白い様に利益が取れて行ったり
します。

このように
相場状況によって、
使用するインジケーターを変える
というのも、
ひとつの方法といえるでしょう。

相場はそのときどきによって 異なる表情 を見せます。

すべての相場に参加しようと思うのではなく、
自分が得意な相場だけ参加する、
得意ではない相場には参加しないという決断も
勇気です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる