外為ニュース

FXの注文方法

FXの注文方法
こちらは松井証券FXのトップ画面です。チャートを押すと下記の画面に遷移します。

FXの注文方法

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.FXの注文方法 2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,FXの注文方法 000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,FXの注文方法 FXの注文方法 000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

FXの注文方法

「IFO注文ってどんな仕組み?」

「IFO注文の使いどころが知りたい」

「チャートを離れていても利益を狙いたい」

IFO注文は、 エントリー、利確、損切りの3つを同時に出せる 注文方法です。

そこでこの記事では、IFO注文の仕組みやメリット・デメリットを初心者にもわかりやすくお伝えします。

IFO(イフダンオーシーオー)注文とは?

IFO注文の基本

IFO(イフダンオーシーオー)注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

新規・指値・逆指値の3つの注文を同時に発注できる のが特徴です。

IFO注文の仕組み

STEP1 エントリー・利確・損切り注文を設定する
STEP2 エントリー注文が約定したら利確・損切り注文が発注される
STEP3 利確・損切り注文のどちらかが約定すればもう片方はキャンセルされる

STEP1 エントリー・利確・損切り注文を設定する

IFO注文の出し方

①エントリー = 127円で買い
②利確 = FXの注文方法 129円で指値売り決済(約定すれば2円分の利益)
③損切り = 126円で逆指値売り決済(約定すれば1円分の損失)

STEP2 エントリー注文が約定したら利確・損切り注文が発注される

エントリー注文が約定する前にレートが129円に達しても、 利確注文が未発注のため約定しない ので、2円分の利益は得られません。

なお、利確・損切り注文が発注された後でもレートの変更や注文のキャンセルは可能です。

STEP3 利確・損切り注文のどちらかが約定すればもう片方はキャンセルされる

IFO注文の決済の仕方

  • 129円の利確注文が先に約定:126円の損切り注文はキャンセル
  • 126円の損切り注文が先に約定:129円の利確注文はキャンセル

FXの注文方法一覧

FXの注文方法
注文方法 特徴
成行注文 ・今のレートで注文を約定させる
指値注文 ・今よりも有利なレートで発注する
逆指値注文 ・今よりも不利なレートで発注する
FXの注文方法 IFD注文 ・エントリー注文と決済注文を同時に出せる
・決済注文は指値(利確)か逆指値(損切り)のいずれかひとつしか出せない
OCO注文 ・指値注文と逆指値注文を同時に発注し、いずれかが約定すればもう片方はキャンセルされる
トレール注文 ・指定した値幅を保ちながら、チャートの高値(安値)の更新を追跡して損切りレートを変動させる方法
リバース注文(ドテン注文) ・同じ通貨ペアで買いポジションを売りポジションに一度に変換する方法
・売り→買いの逆方向の取引もできる

IFO注文のデモトレードができるFX会社

いきなり本番で注文を試すのが怖いという初心者もいるかと思います。そんなときは、デモトレード練習するのがおすすめです。

IFO注文のメリット

IFO注文のメリット

・3つの注文が一度で済む
・リスク管理がしやすい

3つの注文が一度で済む

3回に分けて発注する必要がないため、注文の手間が減ります。

また、エントリー注文の約定を待たずに利確・損切り注文を出せるので、 チャートに張り付く必要がなくなる のもメリットです。

リスク管理がしやすい

IFO注文はリスク管理に最適な注文方法と言えます。

チャートを監視し続けなくても、 利益と損失を決められる からです。

IFO注文のデメリット

IFO注文のデメリット

・注文内容の入力に時間がかかる
・エントリー注文が約定しないと利益が狙えない

注文内容の入力に時間がかかる

ひとつ目は注文の 入力に時間がかかる ことです。

注文内容を入力している間にレートが変動するとチャンスを逃す恐れがあるので、数秒~数分の取引で利益を狙う超短期売買には不向きかもしれません。

エントリー注文が約定しないと利益が狙えない

エントリー注文が約定しない限り、 利益を狙えません。

IFO注文の注意点とコツ

IFO注文の注意点

IFO注文を使う際は、 決済時のスリッページに注意が必要です。

対策するには、許容値をあらかじめ設定しておくのがコツです。

IFO注文を活用した4つの取引手法

①指値買いエントリー
②指値売りエントリー
③逆指値買いエントリー
④逆指値売りエントリー

指値買いエントリー

IFO注文を使った指値買い

①エントリー = 131円
②利確 = 133円
③損切り = 130円

指値売りエントリー

IFO注文を使った指値売り

①エントリー = 129円
②利確 = 127円
③損切り = 130円

逆指値買いエントリー

IFO注文を使った逆指値買い

①エントリー = 129円
②利確 = 131円
③損切り = 128円

逆指値売りエントリー

IFO注文を使った逆指値売り

①エントリー = 131円
②利確 = 129円
③損切り = 132円

IFO注文が使いやすいFX会社3選

FX取引高 世界第1位「GMOクリック証券」

GMOクリック証

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨 300,000円

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

取引高 世界第1位 からもわかる通り、皆が使っているFX会社だ。

取引コストが安く、初心者向きの「DMM FX」

DMMFX

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック FXの注文方法
1万通貨
マイナススワップが大きい
200,000円

最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者からプロまで対応する高機能チャートが無料で使える
・取引結果を自動分析してくれるので、トレードの実力がUPしやすい

初心者でも使いやすく、プロもうなる高機能チャートが有名!

スプレッドが安いので、デイトレなどの取引回数が多くなるトレードでも取引コストを安くすることができるよ。

取引結果を自動で分析してくれるので取引の実力が伸びやすく、初心者に一番おすすめのFX口座。

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

FXの注文方法 FXの注文方法
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

まとめ IFO注文を活用してリスク管理をしよう!

この記事で紹介した 「IFO注文を活用した取引手法」 が使えるようになれば、忙しくてチャートを見られない人でもリスク管理をしながら運用できますよ。

・IFO注文はエントリー・利確・損切り注文を同時に出せるのが特徴
・エントリー前から利益・損失を決められるためリスク管理がしやすい
・エントリー注文の出し方によって4つの使い方で利益を狙える

円安相場にうまく乗れる通貨ペアは?松井証券のトレード方法も解説

松井証券FXでトレードする方法

次に松井証券FXでトレードする方法を解説します。

※以下画像は全て取引画面より筆者作成

松井証券FXでトレードする方法

こちらは松井証券FXのトップ画面です。チャートを押すと下記の画面に遷移します。

注文設定


上記は新規注文の右上にある「注文設定」の画面です。通貨ペアで予め注文数量や増減幅を設定できます。トレード毎に設定を行う必要性がありません。両建ても設定できます。

ロスカット率・レバレッジコース設定


「ロスカット率・レバレッジコース設定」の画面では、上記の画像のようにレバレッジを設定できます。資産運用で長期的に運用を行う場合はリスク管理としてこの倍率を5倍程度まで引き下げておきましょう。

テクニカル指標


チャートのテクニカル指標は上記のように一般的なものは揃っています。テクニカル指標をクリックすると設定画面が横に表示されるため、数値の設定ができます。

情報提供

投資情報については、通貨ペア別に紹介されている週刊コラムがあります。 FXの注文方法

経済指標

経済指標については対象期間別、国別、重要度別に検索ができます。初心者でも何が重要なのか検索しやすい作りになっています。

FXの注文方法を解説。すごく簡単なだけに注意しよう【4時限目】

MT4注文方法

MT4の使い方

みなさま、どうもこんにちは♪
アマ●ンのダンボールに囲まれている引きこもりトレーダー、ORZ(おつ)です(´ー`) ダンボールゴミ何曜日やったかな…

注文(取引)するまでに決めること・決済について

FXにおける注文もレストランとかの注文とさほど変わらず、大まかに FXの注文方法 「いつ(今すぐか予約)」「何を(どの通貨ペア)」「どれくらい(数量・ロット)」「どうしたい(買いか売り)」 を決める必要があります(´ー`)

注文画面

メニューにある 「新規注文」 を押すと別枠で注文画面が出てきます。

そこに
① 何を(銘柄:ここだとドル円)
② いつ(注文タイプ:カウントダウン注文=成行、つまり今すぐ)
③ どれくらい(数量:1ロット=10万USD)を決めて選択・入力し
④ どうするか(売るか・買うか) を選択すれば注文ができます!

これを簡略化したのが左上にある 青いボタン (赤い時もある)です。
こっちだと真ん中が 数量 になっているので、ワンクリックで開いているチャートの通貨ペアで売買注文を出すことができます (慣れるまでは注文画面開いた方が安全です) 。

売り・買いどちらかのボタンを押したら、もう注文がされ、注文通りの通貨ペアを数量分保有することになります。
この状態がいわゆる 「エントリーした」とか「ポジションを持った」 と言われている状態です(´ー`)

そして基本的にこの 「保有状態」「ポジション」 というものは FXの注文方法 「決済」 を行うまでは口座のお金に影響がありません。

決済イメージ図

いくら損するか・利益になるかの要は「数量」

そして注文する際、間違えたらエライことになるのが 「数量」 です。
慣れないうちにここの入力ミス・勘違いで口座の資金が一瞬で蒸発した、、、、なんてことにもなりかねないので、ここは 二度見三度見して確認 しておきましょう。

数量は先ほど説明にあった通り「 どのくらい その通貨を買ったり売ったりしますか?」の数値なのですが、業者によって「1」の表している量が違ったりするのです!!

例えば自分が使ってる海外業者なんかは
数量1 = 1ロット = 10万通貨分って感じで定められていることが多く、国内だと
数量1 = 0.1ロット(1枚) = 1万通貨といった設定が多いですかね。

このため、ドル円を1万通貨(1万ドル=100万円分くらい)買うつもりが、10万通貨買ってしまい 想定の10倍の損益になっちゃう 、みたいなことが起こり得ます。

慣れれば自分の使ってる口座の数量を把握し間違えるなんてことはそうそう起きませんが、初めて取引する場合だったり業者を変えた時なんかは 要注意 です!しっかりとサイトで確認したりしましょう(´ー`)

ここで覚えて起きたいpips(ピップス)の話

注文方法の話からは少しだけズレてしまいますが、数量とともに覚えておきたいのが「pips(ピップス)」です。
pipsは 価格変動の共通単位 で、FXでは例えばドル円が101.30円 → 101.55円になったとしたら0.25円動いたとか25銭動いたとは言わずに 25pips動いた と言います。

で、わざわざここでpipsの話をするのはなぜかと言うと、 注文した数量 × 通貨の価格変動(pips) = 損益 になるので、このあと解説する予約注文や損切り・利確の指値を入れる際にこのpipsが必要になるからです!

pipsはざっくり、円が絡んでる通貨ペアは 少数点第2位 、そのほかが 小数点第4位 と覚えておけばOK。

pips一の位

基本の注文方法「成行注文&決済」

それでは、続いて 注文の種類と操作方法 の部分を詳しく見ていきましょう♪

まずは基本の注文方法である 「成行注文」 から。

株とかだと板にある価格を指定して売り買いしたりするので、成行注文をすると現在価格から乖離した価格で注文が通ったりしますが、FXだと単純に FXの注文方法 成行=今の価格で売買注文をする って覚えておけばOKですね^^

決済も同じく、成行決済と言うものがあり、これも単純に 現在価格で決済を行う と言うものです(´ー`)

ちなみに注文した後はチャート画面に、 建値(注文した値段) のラインが表示され、画面下に注文した取引の詳細が表示されたりします。

〜成行決済(なりゆきけっさい)〜
相場の値動きに合わせて、その場の成り行きで決済する方法。
メタートレーダーの場合「取引」画面の右端にある「 ✕ 」ボタンを押すことで、その場ですぐに決済できます♪

基本的に成行注文・成行決済は FXの注文方法 ワンクリックで注文が通る ので、先ほどの通り 「数量」 は要チェックしてから注文しましょう!

予約注文の種類と操作方法

など、現在価格以外で新規注文や決済を行いたいときに便利なのが、そう 「予約注文」 です!
まず 「予約注文の種類」 について簡単に紹介したいと思います♪

予約注文を簡単に分類すると 「新規予約注文 = FXの注文方法 指値・逆指値」 と 「決済予約注文 = 決済指値・決済逆指値」 に分類出来ます。

新規予約注文「指値・逆指値」

「ココまで安くなったら買う」「ココまで高くなったら売る」 FXの注文方法 といった感じで、感覚的に現在価格よりお得な価格で注文を入れたい時に使うのが 「指値」 です。海外では「Limit」と表記されていると思います。

逆に現在価格から 「ココまで高くなったら買う」「ココまで安くなったら売る」 とった感じで、感覚的にはちょっと違和感のある注文方法のことを 「逆指値」 と読んでいます。海外は「Stop」と表記されているはず。

逆指値買い注文(Buy Stop) :ココまで上がったら買う
予約した価格まで相場が上がってきたら、自動的に「買い注文」ができる

指値売り注文(Sell Limit) :ココまで上がったら売る
予約した価格まで相場が上がってきたら、自動的に「売り注文」ができる

指値買い注文(Buy Limit) :ココまで下がったら買う
予約した価格まで相場が下がってきたら、自動的に「買い注文」ができる

逆指値売り注文(Sell Stop) :ココまで下がったら売る
予約した値段まで相場が下がってきたら、自動的に「売り注文」ができる

注文がめん

② タイプは先ほどのチャート画像参照。ここでは下がったら買う 指値買い注文(Buy Limit)

決済予約注文「決済指値・決済逆指値」

「決済予約注文」には 「決済指値」「決済逆指値」 の2種類あり、簡単に説明するとそれぞれ 「利食い」 「損切り」 のことを指します^^

〜決済指値( 利食い )〜
ポジションを保有した後に、 利食いする価格 を予約しておくこと。
設定した価格に到達した時点で「利益確定( 利食い )」となり、取引が終了します(・∀・)自分が使ってるメタートレーダーではチャート画面には、設定した価格が「TP(Take Profit)」という文字と一緒に点線で表示されます♪

また、メタトレーダーのショートカット的な話ですが、価格を設定する時は数値入力しなくても「注文した価格のライン(建値)」を 注文した方向に マウスでドラッグするだけで設定ができたりもします♪(スマホの場合は不可)

〜決済逆指値( 損切り )〜
ポジションを保有した後に、 損切りする価格 を予約しておくこと。
設定した価格に到達した時点で「損失確定( 損切り )」となり、取引が終了します(・∀・)FXの注文方法 チャート画面には、設定した価格が「SL(Stop Loss)」という文字と一緒に点線で表示されますまた、価格を設定する時は数値入力しなくても「注文した価格のライン(建値)」を 注文した方向とは逆に マウスでドラッグするだけで設定ができます♪(スマホの場合は不可)

ついでに 「OCO注文」 も解説しておきます!
※ここからは使う人使わない人で分かれて来ますし、用語も多くなってくるので読み飛ばしちゃってもOK♪

OCOとは 「ここまで上がったら(下がったら) 利食い して、ここまで逆行したら 損切り 」
というように、予め「 利食い 」「 損切り 」する価格を予約することができる注文方法です♪

〜OCO注文〜
「決済指値( 利食い )」「決済逆指値( 損切り )」 を予め設定できる注文方法

新規予約注文+決済予約注文=IFO注文

「ココまで下がったら 買って (新規注文)、ココまで上がったら 利食い して、もしココまで逆行してきたら 損切り (決済注文)」

というように 「新規予約注文」「決済予約注文」 をかけ合わせた注文方法です♪ヽ(゚∀゚ )ノウヒョー

ラスト!
「新規予約注文」 と 「決済予約注文」 を同時に設定できる注文方法♪

IFO注文は一回セットしてしまえばあとはもうお任せ状態になるので、マンガを読んでいようがゲームをしていようが、注文〜決済まで全て自動でやってくれちゃいます♪ヽ(゚∀゚ )ノウヒョー

予約注文の操作方法♪

①まずはエントリーしたいポジションを決めましょう♪
②次に、チャート画面左にある「新規注文」ボタンをポチッとしましょう(・∀・) FXの注文方法

③新規注文の画面が出てくるので、その画面の中の「注文種別」の欄を「指値または逆指値注文(新規注文)」に変更しましょう♪

④画面が切り替わったら、取引の方向に合わせて「Buy stop」「Buy limit」「Sell stop」「Sell limit」のいづれかを選択しましょう♪
※おさらい「新規予約注文」

⑤「取引数量(ロット)」「注文したい価格」「決済指値(利食い)」「決済逆指値(損切り)」をそれぞれ入力しましょう♪

※この時に「決済指値」「決済逆指値」のどちらか片方だけを注文すると「IFD注文」になります♪
参考記事:◎走れ、ORZリーマン!IFDで好調のEURAUDちゃんに挑んでみたお(・∀・)

⑥ 全部入力したら「発注ボタン」を押せば予約注文はセット完了です♪

予約注文で快適なFXライフを送りましょう♪

また、 FXの注文方法 FXの注文方法 普段忙しくてなかなかチャート画面をみながら取引が出来ない という方でも、朝の通勤時間やお昼休みなどの空いた時間だけでも取引することができちゃいますヽ(゚∀゚ )ノ

円安相場にうまく乗れる通貨ペアは?松井証券のトレード方法も解説

松井証券FXでトレードする方法

次に松井証券FXでトレードする方法を解説します。

※以下画像は全て取引画面より筆者作成

松井証券FXでトレードする方法

こちらは松井証券FXのトップ画面です。チャートを押すと下記の画面に遷移します。

注文設定


上記は新規注文の右上にある「注文設定」の画面です。通貨ペアで予め注文数量や増減幅を設定できます。トレード毎に設定を行う必要性がありません。両建ても設定できます。

ロスカット率・レバレッジコース設定


「ロスカット率・レバレッジコース設定」の画面では、上記の画像のようにレバレッジを設定できます。資産運用で長期的に運用を行う場合はリスク管理としてこの倍率を5倍程度まで引き下げておきましょう。

テクニカル指標


チャートのテクニカル指標は上記のように一般的なものは揃っています。テクニカル指標をクリックすると設定画面が横に表示されるため、数値の設定ができます。

情報提供

投資情報については、通貨ペア別に紹介されている週刊コラムがあります。

経済指標

経済指標については対象期間別、国別、重要度別に検索ができます。初心者でも何が重要なのか検索しやすい作りになっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる