バイナリ―オプション取引

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資

投資や資産運用に正面から向き合い、社会全体を豊かにすることに挑戦するエバンジェリストを募集します【LinkedIn Top Startups 2021選出】

WealthParkはオルタナティブアセットのデジタルインフラを目指すグローバルITベンチャーです。 現在展開している『不動産×DX』はWealthParkを支える大事な柱であるため今後も取り組みを続けますが、一方でわたしたちは不動産領域のみに留まりません。 オルタナティブ資産への投資機会をすべての人へ届けること、選択の自由が当たり前の世界を創ることに挑戦します。 累計資金調達額は43億9800万円で、シリーズCラウンドです。 【代表者】 代表取締役社長 川田 隆太 【事業内容】 SaaS事業(WealthParkビジネス) Vertical事業(WealthParkアセットマネジメント) Fintech事業(WealthParkオルタナティブ) 【支社】 香港 ニューヨーク 台北 【グループ会社】 WealthPark RealEstate Technologies株式会社 WealthPark Capital株式会社 WealthPark,Inc. [米国子会社] WealthPark (HONG KONG) LIMITED [香港子会社] 株式会社クラウドリアルティ

【WealthPark研究所(WealthPark Lab)とは】 WealthParkはオルタナティブ資産のデジタルインフラになることを目指しています。 ※オルタナティブ資産とは、伝統的な投資対象資産である上場株式・債券に対する 「代替的(オルタナティブ)」な投資資産の総称です。 WealthPark研究所は2021年5月に設立したWealthPark株式会社内の一機関です。 『すべての人に新しい投資の扉を開く』を実現するため、設立からこれまで 投資や資産運用の研究・啓発・情報発信など幅広く活動しています。 【募集背景】 WealthPark研究所は今まであまり語られてこなかった投資の本質についての 研究・啓発・情報発信に取り組んでいます。 すべての活動は日本国内のみに限定せず世界や社会全体の豊かさを軸にしています。 投資や資産運用の本質に向き合うため、世界経済、国際社会、心理学・社会学、文化など 多様な視点を大切にしています。 活動の主軸である投資や資産運用については株、債券、投資信託、不動産などの 代表的な資産についてはもちろん、人的資産、アート、ワイン、ウイスキーなど 近年関心が高まっている新興の資産についても包括的に扱います。 業界団体の各種研究会への貢献、学校での講演などのCSR活動も積極的に行っています。 WealthPark研究所設立から1年。 様々な業界のステークホルダーとWealthPark研究所長が連携しながら 網羅的かつ多角的に活動を進めてきました。 2年目を迎える今年度はより活動の幅や領域を増やしたいと考えています。 描く世界観を実現するため、この度1人目のメンバーを増員募集します。 人々と社会を豊かで幸せにする投資や資産運用の啓発や投資の本質を探究することに 興味と強い熱意がある方であればエバンジェリストの経験や業界経験は不問です。 【業務内容】 投資や資産運用についての啓発・研究・発信、コミュニティ形成やメディア出演まで幅広くお任せします。 [業務内容詳細] ・市場及び業界の調査・研究(投資・資産運用、世界経済・国際情勢、金融・不動産業界等) ・コラム・書籍などの執筆や運営(翻訳や校閲、メディア掲載など含む) ・金融教育の企画~運営(自社従業員向け、ビジネスパートナー向け等) ・投資学習コンテンツの開発~運営(教材・ゲーム等) ・各種メディア出演や講演 ・多様なステークホルダー間をつなぐコミュニティつくり(分断された様々な市場を結びつける) ・当社の多角化する複数事業の結び付け(分野や業界の異なる事業を結びつける)

WealthParkはオルタナティブ資産のデジタルインフラを目指すグローバルITベンチャーです。 これまでは実現のための1歩目として、オルタナティブ資産のひとつである不動産領域でインフラになることに注力して挑戦をしてきました。 そして本年からは不動産領域を引き続き主軸事業としつつ、フィンテック領域での事業展開をはじめます。 ※オルタナティブ資産とは、伝統的な投資対象資産である上場株式・債券に対する「代替的(オルタナティブ)」な投資資産の総称です。 業界の抱える様々な課題をテクノロジーを用いて解決し、オルタナティブ投資の民主化にチャレンジします。 【現在展開している事業】 SaaS事業:WealthParkビジネス Fintech事業:WealthParkオルタナティブ Vertical事業:WealthParkアセットマネジメント

オルタナティブデータを個人投資家に普及させたい!

はじめまして。私たちPERAGARUは、上場株式への投資判断に活用するオルタナティブデータを閲覧できるツール「PERAGARU」を開発、運営しており、主にヘッジファンド向けに販売しております。2022年5月より個人投資家向けに「PERAGARU for personal」をローンチ予定です。(PERAGARU for personalのページ)PERAGARU for personalで閲覧できるオルタナティブデータは各上場企業のKPIを日次など細かい粒度で把握できるようになっております。例えば採用SaaS運営企業3991 ウォンテッドリーであれば、同社サービスの有料契約企業数を閲覧でき、当該データと1社あたりの平均契約単価の積で売上高の予測が可能です。「開示情報はすぐにマーケットに反映されてアルファがない。」、「情報収集に膨大な時間がかかる。」といった悩みを抱える投資家も多いと思いますが、投資家はオルタナティブデータを活用することで、決算発表前など迅速な投資判断ができるようになるだけでなく、低いコストで情報収集をすることができます。

●証券会社&個人投資家時代

●オルタナティブデータとは

● PERAGARU事業立ち上げ

PERAGARUは「PER 上がる」という意味で、オルタナティブデータを使った株式投資を行う人を増やし、今まで注目されていなかった企業にもお金が流れるようになることで日本経済を活性化させたい!との想いが込められています。オルタナティブデータは海外のヘッジファンドを中心に活用が進んでいたため、PERAGARUも日本株を持っている海外ヘッジファンド向けにデータを販売する方針でスタートしました。そして、サービスの運用が進むにつれ、多くの個人投資家の方から「中小型株のオルタナティブデータを閲覧したい。」というご要望を頂くようになりました。これらのご要望を踏まえ、中小型株中心のオルタナティブデータ閲覧サービス「PERAGARU for personal」を2022年5月にリリースいたします!カバー銘柄は20銘柄でスタートし、今後はカバー銘柄数を増やしていく予定です!

● PERAGARU for personalのカバー拡充

PERAGARU for personalのデータは基本的にwebスクレイピングという手法を用いています。1銘柄のカバーを増やすために、

(PERAGARU for personal 公式サイト)

● リターンのご紹介

本プロジェクトをご支援下さった皆様は、ご支援金額に合わせてPERAGARU for personal の新規カバー銘柄のオルタナティブデータ閲覧が可能になります。

リターンを受け取っていただくには、別途のPERAGARU for personal有料会員登録(月額25,000円(税抜))が必要です。無料会員登録のユーザーはご利用できない点にご注意下さい。

● 会社・チームの紹介

弊社チームは金融業界出身者、エンジニア、データサイエンティストを中心に構成されています。(PERAGARU 運営メンバーのページ)エンジニアメンバーは各銘柄ごとにプログラムを作成・修正したり、ユーザー体験向上のための追加機能を実装したりなど、オルタナティブデータ閲覧プラットフォームの実現に毎日奮闘しています。データ取得先の形式が変更になるたびにプログラムを書き換えるなど大変なことが多くありますが、自分が実装したプログラムが収集したオルタナティブデータを使って正確な業績予測ができたという報告を聞くと、平日深夜や週末の開発が報われた気持ちになります!金融バックグランドのメンバーは毎日開示資料と睨めっこし、「投資判断に使えるオルタナティブデータがないか」を探し続けています。上場企業は日本だけで約4,000社あり、正直気が遠くなりそうな時もあります。しかし、webスクレイピングだけでなくPOSデータや位置情報データなど、大企業が保有しているデータを個別銘柄へ紐づける活動も進めており、将来はあらゆるオルタナティブデータがPERAGARU上で個別銘柄に紐づく形で閲覧できるサービスにします!PERAGARUを投資家全員が利用して下さるようになった世界では、「オルタナティブデータがオルタナティブではない」状態になります。すなわち、オルタナティブデータを使うのが投資判断の大前提で、情報の非対称性が小さくなります。今は「他の投資家が持っていないオルタナティブデータを持っているかどうか」で運用成績が大きく変わりますが、将来は投資対象銘柄の業績が将来伸びるかどうかの純粋な見極めで運用成績が変わる世界が来ます。これは、より自分の相場観を試される試される世界であり、自分の考えを投資家の友人に共有したり、それをもとに投資判断を行うのはゼッタイ楽しいです!この世界の実現に共感して下さる方や、PERAGARU for personalのオルタナティブデータがどんなものなのか知りたいという方からのご支援をお待ちしております!

オルタナティブ投資

一歩先ゆく米国株式投資術

中国株式投資戦略

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して上限1.265%(税込)(ただし、最低手数料2,750円(税込))の委託手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料及び信託報酬等の諸経費、等)をご負担いただく場合があります。
金融商品等には株式相場、金利水準の変動等による「市場リスク」、金融商品等の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合の「信用リスク」、外国証券である場合には、「為替変動リスク」等により損失が生じるおそれがあります。さらに、新株予約権等が付された金融商品等については、これらの「権利を行使できる期間の制限」等があります。なお、信用取引又はデリバティブ取引を行う場合には、その損失の額がお客様より差入れいただいた委託保証金又は証拠金の額を上回るおそれがあります。
手数料等およびリスクは、金融商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。

楽天J-REIT・オルタナティブデータ・ファンド

ファンドの損益や資産状況の計算、分配金の支払いの決定などが行われる日です。ファンドの決算は、年1回や2か月に1回など、各ファンドによって異なり、ファンド目論見書に記載されているほか、ファンド詳細画面で確認できます。
ファンド決算日を基準として、運用会社は、決算日までのファンドの運用成績や財務状況を開示します。具体的には、ファンドごとに貸借対照表、損益計算書、剰余金計算書、運用報告書を作成します。
また分配金の支払いは決算日に決定されます。
分配金を受取るには、決算日の前営業日までに約定となるような購入申込が必要です。 オルタナティブ投資
※営業日とは土日祝日を除いた日です。
※決算日が土日祝日の場合は翌営業日が決算日となります。
※分配金の受取りは、決算日から5営業日目となります。
※運用状況によっては、分配金が変わる場合、または分配金が支払われない場合があります。 オルタナティブ投資
基準価額決定、約定確認のタイミングは?
株式投資信託の分配金の受取はどのように確認しますか?

クローズド期間とは

設定来高値とは

設定来安値とは

約定日と基準価額の決定とは

申込単位とは

分配金コースとは

分配金コースには「受取型」と「再投資型」があります。 オルタナティブ投資
・受取型
分配金を現金として総合口座で受け取るコースです。
分配金の受取りは、決算日から起算して5営業日目です。

手数料とは

ファンドの購入の際に販売会社に支払う手数料です。
楽天証券で取り扱う全ての投資信託は購入時の手数料は無料となっています。
※金融商品仲介業者(IFA)と契約のお客様は「IFA手数料」が適用されます。

運用管理費用(信託報酬)とは

信託財産留保額とは

リターン(年率)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値です。
÷当該期間(年)
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。また年率換算は複利で計算しております。

リターン(年率)楽天証券分類平均とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値で、楽天証券分類ごとの平均の値です。
「リターン(年率)楽天証券分類平均」より「リターン(年率)」が大きければ、楽天証券分類の平均より、そのファンドのリターンが高いことを意味します。
÷当該期間(年) オルタナティブ投資
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。また年率換算は複利で計算しております。

リターン(期間)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率の値です。
(現在の基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

リターン(期間)楽天証券分類平均とは

指定期間の運用におけるベンチマーク収益率の値で、楽天証券分類ごとの平均の値です。「リターン(期間)楽天証券分類平均」より「リターン(期間)」が大きければ、楽天証券分類の平均より、そのファンドのリターンが高いことを意味します。
(現在の基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額で算出しています。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

リスク(年率)とは

リスク(年率)楽天証券分類平均とは

ベータ(β)とは

株価指数などのベンチマークに対して、個別のファンドがどれぐらい敏感に感応し、連動した値動きをしているのかを表す指標です。
たとえば、あるファンドのベータが0.9とすると、ベンチマークが10%変動すると、そのファンドは9%変動するということになります。
ベータ値が1より小さい場合、そのファンドは、市場全体の値動きよりも、小さな値動きをしているファンドであることを示し、1より大きい場合、市場全体の値動きよりも大きな値動きをするファンドであることを示します。
ベータ値が小さいほど、価格変動のリスクが小さく、逆に、ベータ値が大きいほど、価格変動のリスクが大きいことを表します。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

相関係数とは

ファンド間や指数などとの値動きの連動性を表す指標です。
相関係数はマイナス1~1での範囲の数値で表されます。
相関係数がプラスの場合は収益率が同じ方向に動くことを示し、マイナスである場合には、反対方向に動くことを示します。
相関係数が1に近いほどベータ値の信頼度は高く、0に近いほどベータ値の信頼度は低いと言えます。信頼度は以下を参考にしてください。
0.8 ~ 1.0 非常に強い相関
0.6 ~ 0.8 かなり強い相関
0.4 ~ 0.6 やや強い相関
0.2 ~ 0.4 やや弱い相関
0.0 ~ 0.2 無相関
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

アルファ(α)とは

あるファンドの収益率から、市場全体の動き(例えば日経平均株価など)に連動したリターンを表すベータ値を差し引いたものです。
アルファが高いほど、市場全体の平均よりリターンが高いことを意味します。運用者の判断で、市場全体の動きと連動しない投資を行ったことにより得られるリターンを表し、ファンドマネージャーの運用能力を測る指標ともいえます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

トラッキングエラー(TE)とは

ファンドが目標とするベンチマークと、実際のポートフォリオ(投資している銘柄群)を比べ、リターンがどれだけ異なっているかを表す数値のことです。
インデックスファンドの場合は、トラッキングエラーが小さいファンドが優れているとされます。インデックス運用においては、このトラッキングエラーの極小化を目指しています。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

シャープレシオ(SR)とは

リスクを調整した後の収益率(すなわち超過収益率)で評価する方法の最も一般的な指標です。シャープ・レシオの数値が大きいほど、小さなリスクで高いリターンを獲得できたと評価されます。
シャープ・レシオは、リスク1単位あたりで得られるリターン(超過リターン)の大きさを表します。例えば、リターンが同じファンドA、Bがあった場合、ファンドAのシャープレシオが大きいとすると、ファンドAのほうがファンドBよりも少ないリスクでリターンをあげたことになります。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

インフォメーションレシオ(IR)とは

アクティブリターン(ベンチマーク以上のリターン)を得るために、どのくらいアクティブリスク(ベンチマーク以上のリスク)が取られたかを測る指標です。
一般に、リスク調整後のリターンを意味し、高い方が良いとされます。アクティブ運用を行うファンドマネージャーの運用能力を測る指標となり、「1」を超えると、そのファンドマネージャーの運用能力が高いと評価されます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

Welcome

Watch this video オルタナティブ投資 to discover all the member benefits our turn-key alternative investment platform provides financial advisors once you complete your registration.

Hedge Funds

Private Equity Funds

Welcome Persona

View the オルタナティブ投資 list of funds, add them to your cart and create a web-based proposal to share with your clients.

Welcome , Persona

We are here to help you navigate your alternative investment journey. Our services are for financial professionals. Please schedule a call to オルタナティブ投資 complete your registration.

Investing in alternatives is a journey. How do you navigate it for your clients?

オルタナティブ投資 Crystal Capital Partners Alternative Investment Meeting

Crystal Capital Partners Alternative Investment Tech Team

Crystal Capital Partners Alternative Investment Technology Team

Crystal Capital Partners Alternative Investment Server

Crystal Capital Partners Alternative Investment Workplace

Crystal Capital Partners Alternative Investment Coding

Crystal Capital Partners Alternative Investment Support

Partner With An Experienced Alternative Investment Team

We have been investing in オルタナティブ投資 alternatives since 1994. Our team of 20+ professionals supports you through every step of your journey. We service 100+ independent financial advisory firms who represent over $100 billion in assets collectively. We invest alongside our オルタナティブ投資 clients, creating a direct alignment of interest.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる