FXのご案内

取引チャネル

取引チャネル
第 5 位

取引チャネル

注目するべきことに,こうした既存研究の大半は,企業が海外輸出を行うのに際して単一種類の輸出チャネルを選択するということを仮定してきた。しかしながら,現実世界においては,数多くの企業が,多様な顧客ニーズに対応するために複数種類の輸出チャネルを選択する傾向にあり,そうした傾向は,顧客ニーズが多様化するのに伴って,今後ますます加速していくと指摘されている(Hoppner & Griffith, 2015; Oliveira et al., 2018)。そうした動きに対応して,近年,海外輸出に関する研究分野において,企業による複数種類の輸出チャネルの選択,すなわち,マルチ・チャネル輸出を研究対象として取り扱うことが必要であると頻繁に主張されている(e.g., He et al., 2013; Hoppner & Griffith, 2015; Li, He, & Sousa, 2017)。例えば,Hoppner and Griffith(2015)は,「今後の研究は,単一形態のチャネル構造に関する研究ではなく,マルチ・チャネル流通構造や,複雑な混合チャネル構造に関する研究へと移行しなければならない。国際市場において利用可能なチャネル構造の多様性は,向こう十年間で増していくため,こうした意思決定を駆動する重要な要因を理解する必要性も高まるであろう」(p. 622)と述べている。

マルチ・チャネル輸出に関する研究を概観するのに先立って,マルチ・チャネル輸出という概念が既存研究においてどのよう捉えられてきたのかを検討しておくことは有用であろう。そもそも,海外輸出とは,海外市場参入形態の一形態であり,海外市場参入形態とは,「企業の製品,技術,人的スキル,経営管理,および,その他の資源を外国に導入することを可能にするような制度的配置」(Root, 1987, p. 5)と定義される。表1に示されるように,海外参入形態は,焦点たる製品の生産活動の場所が本国か海外か,および,その主体が自社か他社かによって,海外直接投資,取引契約,および,海外輸出という3つの形態に分類されうる(Andersen, 1993; Sharma & Erramilli, 2004)。具体的には,現地法人や合弁会社の設立のように,海外かつ自社生産による参入は海外直接投資に分類され,ライセンスやフランチャイズのように,海外かつ他社生産による参入は取引契約に分類され,そして,現地販売法人の設立や現地代理店の利用のように,本国かつ自社生産による参入は海外輸出に分類される。これらの3つの形態は,海外事業活動の統制力,それに必要な資源投下量,および,それに伴うリスクが異なり,海外輸出は,統制力・資源投下量・リスクが最も低い参入形態であると捉えられる(Andersen, 1993; Huang, 1999; Root, 1987)。

さらに,海外輸出を行う企業は,輸出チャネルの選択を行う必要がある(cf. Yachi, 1998)。既存研究において特に重要視されてきた輸出チャネルの分類は,統合チャネルか独立チャネルかである(e.g., Anderson & Coughlan, 1987; Aulakh & Kotabe, 1997)。統合チャネルとは,輸出企業によって所有権的に統合された主体が介在するチャネルであり,直接チャネルと呼称されることもある。具体的には,現地販売法人の設立や,輸出企業と海外顧客の直取引が含まれる。他方,独立チャネルとは,輸出企業とは所有権的に独立した主体が介在するチャネルであり,間接チャネルと呼称されることもある。具体的には,国内の貿易会社・商社や現地代理店の利用などが含まれる。

デュアル法を採用した研究(e.g., Klein et al., 1990; McNaughton, 2002)は,海外輸出に際して,統合チャネルと独立チャネルのうちの一方が選択される構造をシングル・チャネル輸出と呼ぶ一方,統合チャネルと独立チャネルの双方が選択される構造をマルチ・チャネル輸出の中でもデュアル・チャネル輸出と呼び,輸出チャネル構造が,シングル・チャネルかデュアル・チャネルかという点に着目してきた。それに対して,マルチ法を採用した研究(e.g., Oliveira et al., 2018)は,輸出チャネルを分類する際に,統合チャネルか独立チャネルかという二分法ではなく,より細かい分類法を採用してきた。例えば,Oliveira et al.(2018)は,輸出チャネルを,(1)合弁会社,(2)自社海外営業部門,(3)現地販売法人,(4)委託手数料による他社販売員,(5)現地代理店,および,(6)現地輸入会社という6種類に分類した。そして,その上で,焦点の企業がこれらの輸出チャネルのうちの何種類を用いているのかという点に着目したのである。

これまで,国際マーケティング論や国際流通論における数多くの研究が,輸出チャネルの選択要因を探究し,豊富な研究知見を蓄積してきた(e.g., Anderson & Coughlan, 1987; Aulakh & Kotabe, 1997; Ekeledo & Sivakumar, 2004; He et al., 2013; Takata, 2008)。例えば,Anderson and Coughlan(1987)は,資産特殊性,製品差別化,および,既存の統合チャネルの存在が,統合チャネル(対 独立チャネル)の選択に正の影響を及ぼすということを見出した。また,Aulakh and Kotabe(1997)は,取引費用要因,組織能力要因,および,環境要因という3種類の要因が,統合チャネル(対 独立チャネル)の選択に影響を及ぼすということを見出した。しかしながら,こうした既存研究の大半は,輸出企業が統合チャネルと独立チャネルのいずれかを選択すると仮定しており,企業が複数種類の輸出チャネルを選択するということを理論モデルにおいて考慮に入れてこなかった。それゆえ,データ収集に際して,複数種類の輸出チャネルを選択している企業が観察されたとしても,分析に際しては除外してきたのである(e.g., He et al., 2013; McNaughton & Bell, 2001)。

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

タリタリ(TariTali)ってなに?評判は?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

「TariTali(タリタリ)」って、Twitterなんかでたまに見かけるけど、いったいなんなの?って思ったことありませんか?

キャッシュバックサイトらしいけど、どういう仕組なんだろうって思いますよね。

今回は、FXキャッシュバックサイトとして有名な「TariTali(タリタリ)」の仕組みについて以下の3点について解説していきます。

  1. キャッシュバックサイトとは?
  2. キャッシュバックサイトの仕組みは?どのようにして還元されるのか?
  3. TariTali(タリタリ)の評判・評価とは?

FX博士

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバックサイトとは?

キャッシュバック業者を大雑把に述べると、アフィリエイト業者のようなものです。厳密に述べるならばIB(Introducing Broker)業者。IB業者によるスプレッドバックの仕組みは古くから存在します。

取引チャネル

注目するべきことに,こうした既存研究の大半は,企業が海外輸出を行うのに際して単一種類の輸出チャネルを選択するということを仮定してきた。しかしながら,現実世界においては,数多くの企業が,多様な顧客ニーズに対応するために複数種類の輸出チャネルを選択する傾向にあり,そうした傾向は,顧客ニーズが多様化するのに伴って,今後ますます加速していくと指摘されている(Hoppner & Griffith, 2015; Oliveira et al., 2018)。そうした動きに対応して,近年,海外輸出に関する研究分野において,企業による複数種類の輸出チャネルの選択,すなわち,マルチ・チャネル輸出を研究対象として取り扱うことが必要であると頻繁に主張されている(e.g., 取引チャネル He et al., 2013; Hoppner & Griffith, 2015; Li, He, & Sousa, 2017)。例えば,Hoppner and Griffith(2015)は,「今後の研究は,単一形態のチャネル構造に関する研究ではなく,マルチ・チャネル流通構造や,複雑な混合チャネル構造に関する研究へと移行しなければならない。国際市場において利用可能なチャネル構造の多様性は,向こう十年間で増していくため,こうした意思決定を駆動する重要な要因を理解する必要性も高まるであろう」(p. 622)と述べている。

マルチ・チャネル輸出に関する研究を概観するのに先立って,マルチ・チャネル輸出という概念が既存研究においてどのよう捉えられてきたのかを検討しておくことは有用であろう。そもそも,海外輸出とは,海外市場参入形態の一形態であり,海外市場参入形態とは,「企業の製品,技術,人的スキル,経営管理,および,その他の資源を外国に導入することを可能にするような制度的配置」(Root, 1987, p. 5)と定義される。表1に示されるように,海外参入形態は,焦点たる製品の生産活動の場所が本国か海外か,および,その主体が自社か他社かによって,海外直接投資,取引契約,および,海外輸出という3つの形態に分類されうる(Andersen, 1993; Sharma & Erramilli, 2004)。具体的には,現地法人や合弁会社の設立のように,海外かつ自社生産による参入は海外直接投資に分類され,ライセンスやフランチャイズのように,海外かつ他社生産による参入は取引契約に分類され,そして,現地販売法人の設立や現地代理店の利用のように,本国かつ自社生産による参入は海外輸出に分類される。これらの3つの形態は,海外事業活動の統制力,それに必要な資源投下量,および,それに伴うリスクが異なり,海外輸出は,統制力・資源投下量・リスクが最も低い参入形態であると捉えられる(Andersen, 1993; Huang, 1999; Root, 1987)。

さらに,海外輸出を行う企業は,輸出チャネルの選択を行う必要がある(cf. Yachi, 1998)。既存研究において特に重要視されてきた輸出チャネルの分類は,統合チャネルか独立チャネルかである(e.g., Anderson & Coughlan, 1987; Aulakh & Kotabe, 1997)。統合チャネルとは,輸出企業によって所有権的に統合された主体が介在するチャネルであり,直接チャネルと呼称されることもある。具体的には,現地販売法人の設立や,輸出企業と海外顧客の直取引が含まれる。他方,独立チャネルとは,輸出企業とは所有権的に独立した主体が介在するチャネルであり,間接チャネルと呼称されることもある。具体的には,国内の貿易会社・商社や現地代理店の利用などが含まれる。

デュアル法を採用した研究(e.g., Klein et al., 1990; McNaughton, 2002)は,海外輸出に際して,統合チャネルと独立チャネルのうちの一方が選択される構造をシングル・チャネル輸出と呼ぶ一方,統合チャネルと独立チャネルの双方が選択される構造をマルチ・チャネル輸出の中でもデュアル・チャネル輸出と呼び,輸出チャネル構造が,シングル・チャネルかデュアル・チャネルかという点に着目してきた。それに対して,マルチ法を採用した研究(e.g., Oliveira et al., 2018)は,輸出チャネルを分類する際に,統合チャネルか独立チャネルかという二分法ではなく,より細かい分類法を採用してきた。例えば,Oliveira et al.(2018)は,輸出チャネルを,(1)合弁会社,(2)自社海外営業部門,(3)現地販売法人,(4)委託手数料による他社販売員,(5)現地代理店,および,(6)現地輸入会社という6種類に分類した。そして,その上で,焦点の企業がこれらの輸出チャネルのうちの何種類を用いているのかという点に着目したのである。

これまで,国際マーケティング論や国際流通論における数多くの研究が,輸出チャネルの選択要因を探究し,豊富な研究知見を蓄積してきた(e.g., Anderson & Coughlan, 1987; Aulakh & Kotabe, 1997; Ekeledo & Sivakumar, 2004; He et al., 2013; Takata, 2008)。例えば,Anderson and Coughlan(1987)は,資産特殊性,製品差別化,および,既存の統合チャネルの存在が,統合チャネル(対 独立チャネル)の選択に正の影響を及ぼすということを見出した。また,Aulakh and Kotabe(1997)は,取引費用要因,組織能力要因,および,環境要因という3種類の要因が,統合チャネル(対 独立チャネル)の選択に影響を及ぼすということを見出した。しかしながら,こうした既存研究の大半は,輸出企業が統合チャネルと独立チャネルのいずれかを選択すると仮定しており,企業が複数種類の輸出チャネルを選択するということを理論モデルにおいて考慮に入れてこなかった。それゆえ,データ収集に際して,複数種類の輸出チャネルを選択している企業が観察されたとしても,分析に際しては除外してきたのである(e.g., 取引チャネル He et al., 2013; McNaughton & Bell, 取引チャネル 2001)。

取引チャネル

注目するべきことに,こうした既存研究の大半は,企業が海外輸出を行うのに際して単一種類の輸出チャネルを選択するということを仮定してきた。しかしながら,現実世界においては,数多くの企業が,多様な顧客ニーズに対応するために複数種類の輸出チャネルを選択する傾向にあり,そうした傾向は,顧客ニーズが多様化するのに伴って,今後ますます加速していくと指摘されている(Hoppner & Griffith, 2015; Oliveira et al., 2018)。そうした動きに対応して,近年,海外輸出に関する研究分野において,企業による複数種類の輸出チャネルの選択,すなわち,マルチ・チャネル輸出を研究対象として取り扱うことが必要であると頻繁に主張されている(e.取引チャネル g., He et al., 2013; Hoppner & Griffith, 2015; Li, He, & Sousa, 2017)。例えば,Hoppner and Griffith(2015)は,「今後の研究は,単一形態のチャネル構造に関する研究ではなく,マルチ・チャネル流通構造や,複雑な混合チャネル構造に関する研究へと移行しなければならない。国際市場において利用可能なチャネル構造の多様性は,向こう十年間で増していくため,こうした意思決定を駆動する重要な要因を理解する必要性も高まるであろう」(p. 622)と述べている。

マルチ・チャネル輸出に関する研究を概観するのに先立って,マルチ・チャネル輸出という概念が既存研究においてどのよう捉えられてきたのかを検討しておくことは有用であろう。そもそも,海外輸出とは,海外市場参入形態の一形態であり,海外市場参入形態とは,「企業の製品,技術,人的スキル,経営管理,および,その他の資源を外国に導入することを可能にするような制度的配置」(Root, 1987, 取引チャネル p. 5)と定義される。表1に示されるように,海外参入形態は,焦点たる製品の生産活動の場所が本国か海外か,および,その主体が自社か他社かによって,海外直接投資,取引契約,および,海外輸出という3つの形態に分類されうる(Andersen, 1993; Sharma & Erramilli, 2004)。具体的には,現地法人や合弁会社の設立のように,海外かつ自社生産による参入は海外直接投資に分類され,ライセンスやフランチャイズのように,海外かつ他社生産による参入は取引契約に分類され,そして,現地販売法人の設立や現地代理店の利用のように,本国かつ自社生産による参入は海外輸出に分類される。これらの3つの形態は,海外事業活動の統制力,それに必要な資源投下量,および,それに伴うリスクが異なり,海外輸出は,統制力・資源投下量・リスクが最も低い参入形態であると捉えられる(Andersen, 1993; Huang, 1999; Root, 1987)。

さらに,海外輸出を行う企業は,輸出チャネルの選択を行う必要がある(cf. Yachi, 1998)。既存研究において特に重要視されてきた輸出チャネルの分類は,統合チャネルか独立チャネルかである(e.g., Anderson & Coughlan, 1987; Aulakh & Kotabe, 1997)。統合チャネルとは,輸出企業によって所有権的に統合された主体が介在するチャネルであり,直接チャネルと呼称されることもある。具体的には,現地販売法人の設立や,輸出企業と海外顧客の直取引が含まれる。他方,独立チャネルとは,輸出企業とは所有権的に独立した主体が介在するチャネルであり,間接チャネルと呼称されることもある。具体的には,国内の貿易会社・商社や現地代理店の利用などが含まれる。

デュアル法を採用した研究(e.g., Klein et al., 1990; McNaughton, 2002)は,海外輸出に際して,統合チャネルと独立チャネルのうちの一方が選択される構造をシングル・チャネル輸出と呼ぶ一方,統合チャネルと独立チャネルの双方が選択される構造をマルチ・チャネル輸出の中でもデュアル・チャネル輸出と呼び,輸出チャネル構造が,シングル・チャネルかデュアル・チャネルかという点に着目してきた。それに対して,マルチ法を採用した研究(e.g., Oliveira et al., 2018)は,輸出チャネルを分類する際に,統合チャネルか独立チャネルかという二分法ではなく,より細かい分類法を採用してきた。例えば,Oliveira et al.(2018)は,輸出チャネルを,(1)合弁会社,(2)自社海外営業部門,(3)現地販売法人,(4)委託手数料による他社販売員,(5)現地代理店,および,(6)現地輸入会社という6種類に分類した。そして,その上で,焦点の企業がこれらの輸出チャネルのうちの何種類を用いているのかという点に着目したのである。

これまで,国際マーケティング論や国際流通論における数多くの研究が,輸出チャネルの選択要因を探究し,豊富な研究知見を蓄積してきた(e.g., Anderson & Coughlan, 1987; Aulakh & Kotabe, 1997; Ekeledo & Sivakumar, 2004; He et al., 2013; Takata, 2008)。例えば,Anderson and Coughlan(1987)は,資産特殊性,製品差別化,および,既存の統合チャネルの存在が,統合チャネル(対 独立チャネル)の選択に正の影響を及ぼすということを見出した。また,Aulakh and Kotabe(1997)は,取引費用要因,組織能力要因,および,環境要因という3種類の要因が,統合チャネル(対 独立チャネル)の選択に影響を及ぼすということを見出した。しかしながら,こうした既存研究の大半は,輸出企業が統合チャネルと独立チャネルのいずれかを選択すると仮定しており,企業が複数種類の輸出チャネルを選択するということを理論モデルにおいて考慮に入れてこなかった。それゆえ,データ収集に際して,複数種類の輸出チャネルを選択している企業が観察されたとしても,分析に際しては除外してきたのである(e.g., He et al., 2013; McNaughton & Bell, 2001)。

顧客・住民サポートにもっとテクノロジーを

モビルス株式会社
代表取締役社長

Our Clients モビシリーズ導入実績

Client Case 取引チャネル 取引チャネル お客さま事例

  • 有人チャット
  • チャットボット

アニコム損害保険さま

串カツ田中さま

  • LINEセグメント配信

So-netさま

Download お役立ち資料

今知っておくべき、
チャットサポートのすべて

  • ・電話はつながらないのに、なぜチャットはつながるのか
  • ・FAQに答えるチャットボットのしくみと評価とは
  • ・チャットボットとオペレーターの役割分担とは
  • ・ユーザー事例(金融、EC他)に学ぶチャットの強み
  • ・チャットサポートの主要な評価指標(KPI)とは 他

チャットボットの
自己診断に
最適なセルフ
チェックシート

  • ・チャットボットの基本の理解(Basics)
  • ・チャットボットの目的・評価(Purpose/KPI)
  • ・チャットボットのトラフィック(User Traffic)
  • ・チャットボットの顧客体験(User Experience)
  • ・チャットボットの品質管理(Quality Control)

Solution ソリューション

  • 有人対応 Operator
  • 電話/音声 Voice
  • テキスト/
    チャット non-Voice
  • 自動対応 Automated
  • 人手不足・採用難
  • 人件費・運営費の上昇
  • 電話離れ・LINEの普及
  • 専門知識・外国語対応

チャットサポートシステム MOBI AGENT(モビエージェント)

顧客が満足し、コストも削減するチャットサポートを

MOBI AGENT(モビエージェント)は、大規模チャットセンターにも対応する、顧客サポート向け有人チャットシステムです。ウェブやLINEなどのSNSアプリなど、様々な顧客チャネルからのチャット問い合わせに対応できます。チャットボットMOBI BOTとの連携によってよくある質問や手続きの対応は自動化し、オペレーターが人ならではの丁寧なサポートに集中できる「ハイブリッドサポート」が強みです。充実したオペレーター支援機能やKPI・統計管理機能、CRM接続などのシステム連携によって、顧客満足度を高める高度な有人チャットサポートを実現します。

国内シェアNo.1、顧客体験までつくるチャットボット MOBI BOT

国内シェアNo.1、顧客体験までつくるチャットボット

MOBI BOT(モビボット)は、ITRの調査で3年連続売上シェアNo.1に選ばれたチャットボットです。直観的な操作で作成できるシナリオ応答や国内外の優れたAIとの連携による自動応答によって顧客サポートの効率化、自動化を実現します。さらに基幹システム連携による顧客の認証による手続き・申請の自動受付など、高度な自動応答を得意としています。また、MOBI AGENTとの併用によって有人チャット対応ログから効率よくチャットボットを学習させるPQPA機能、独自のアルゴリズムを組み込んだコンソールオプションによって継続的な正答率の改善を支援します。

AI電話自動応答システム MOBI VOICE(モビボイス)

AI音声自動応答で、つながらない電話をゼロに

LINEセグメント配信システム MOBI CAST(モビキャスト)

LINEメッセージ配信から、双方向コミュニケーションへ

MOBI CAST(モビキャスト)は、年代、性別などの顧客情報やアンケート情報に基づいて、LINEユーザーにテキストやスタンプ、画像・動画などのリッチコンテンツを送ることのできる、LINEセグメント配信システムです。チャットサポートシステム MOBI AGENT(モビエージェント)との連携によって、チャットボットやオペレーターによるチャットサポートにつなげられます。LINEによる広告配信をきっかけとして、顧客との双方向のコミュニケーション、顧客サポートまでをシームレスに実現します。

Visual IVR(ビジュアルIVR)

最適なチャネルに顧客の問い合わせをスマートに誘導

Visual IVR(ビジュアルIVR)は、電話、Webチャット、LINE、チャットボット、ボイスボット(電話自動応答)など、複数ある問い合わせチャネルを一覧で表示、お客さまの目的や受電状況に応じて最適な窓口へ誘導できるシステムです。長いガイダンスで待たされるという音声IVRへの不満を解消し、FAQやチャットボットなどで自己解決を促すことで、顧客の満足度を高めると同時にコールセンターの呼量を減らすことができます。Webサイトにある問い合わせ用の電話番後をVisual IVRの起動ボタンに変更するだけ設置が可能。Visual IVRで、スマート・ルーティングを始めましょう。

Sechre Path

クレジットカード情報まで扱える、最高レベルの
セキュリティ​

Secure Pathとは、モビルスが独自に開発したセキュア・コミュニケーション機能です。​ WebやLINEでのチャットサポートにおいて、オペレーターが顧客の個人情報を安全に受け取り、本人確認や個人情報に基づいた個別対応を行うことができます。​ Secure Pathで取得した個人情報は、クレジットカード決済で求められるPCI DSS準拠相当レベル※で暗号化・保護され、そのデータ閲覧や管理についても厳しく制限されます。個人情報の取得・管理において最高レベルのセキュリティ水準を実現することで、チャットサポートの可能性を大きく広げます。​

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる