外為オプションとは

インデックス投資

インデックス投資

参考までに、投資家のポートフォリオをまとめました。

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 インデックス投資 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.9% インデックス投資 ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:インデックス投資 183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.9% ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

【経験談】インデックス投資で最適なポートフォリオとは【銘柄公開】


未来は誰も予想できないので、あまり悩んでも仕方ないですね。

結論:シンプル is ベストでいいと思う


僕はシンプルな戦略を選びました。

具体的には「eMAXIS Slim バランス」という銘柄に1,000万円ほどを投資しており、これがメインの運用方法です。 そして、この方法だとリバランスすらも不要なので、完全に放ったらかしで投資できます。

定番のポートフォリオ比率もあります


定番というか、よく見かける形です。

とはいえ、「長期投資だと株式の元本割れが一番少なかった」というデータもあるので、、、まぁ正解はないですね。
※株式、債権、リートのリスク比較に関しては「株式・債券・REITの期待リターン、シャープレシオまとめ」が詳しいです。

  • 30%:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • 40%:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 30%:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

手数料が安いので、eMAXIS Slimシリーズを中心にしてみました。
シンプルなポートフォリオですが、こんな感じの運用もありだと思います。

世界市場ポートフォリオもある


上記の感じ。 わかりやすさのため、数字はすこし大雑把にしていますが、 詳しいデータは「世界各国のPER・PBR・時価総額 (毎月更新) – myINDEX」から確認できます。

  • 10%:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • 80%:たわらノーロード 先進国株式
  • 10%:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

例えば上記の感じ。 eMAXIS Slimシリーズだけでも良いのですが、たわらノーロードも評判が良いので混ぜてみました。

日本年金機構のポートフォリオもあり


日本年金機構は国民のお金を運用しています。
そして、過去のパフォーマンスも悪くないです。

  • 日本債券 35%:たわらノーロード 国内債券
  • 日本株式 25%:たわらノーロード 日経225
  • 外国債券 15%:eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
  • 外国株式 25%:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

リバランスは、それなりにやればOK


リバランスとは、資産比率が大きく崩れたときに、1年に1回くらい比率調整をすることです。

悩みすぎても、仕方なし

そしてステマじゃないけど、eMAXIS Slim バランスはお手軽ですね。リバランスしなくて良いのも助かります。

「楽天証券でポイント投資のやり方を知りたい。 投資とかは慣れてないので、画像付きでわかりやすく手順解説して欲しいです。 あと、セットで知っておくべき情報も、合わせて教えてください。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容:1.楽天証券でポイント投資のやり方/2.楽天証券でポイント投資をする前に知っておくべきこと

インデックス投資家のポートフォリオをまとめました【3名】


参考までに、投資家のポートフォリオをまとめました。

  • その①:水瀬ケンイチさん
  • その②:吊られた男さん
  • その③:NightWalkerさん

その①:水瀬ケンイチさん

  • 日本株式:7.8%
  • 先進国株式:50.6%
  • 新興国株式:10.1%
  • REIT(国内外):2.1%
  • 外国債券:2.0%
  • 日本債券:27.3%

銘柄はサイトでも公開されています。

水瀬ケンイチさんは、ポートフォリオに「ETF(上場投資信託)」も含まれていますが、初心者が見るべきは「積立中」と記載されているファンドかなと思います。

ちなみに、ETFでインデックス投資するなら「iShares Core S&P 500 ETF (IVV)」あたりが良さげです。手数料が最安水準で水瀬ケンイチさんも保有していますね。 インデックス投資
» 参考:バンガードS&P500【VOO】を徹底解説

インデックス投資だけでお金持ちになれるのか?

銀行にカモられない

お金持ちの定義とは


出所:野村総合研究所 「日本の富裕層は122万世帯」より抜粋

一般的にお金持ちは富裕層を指すケースが多いですから 資産1億円以上がお金持ち と定義されていることになります。日本には2015年時点で7.3万世帯の超富裕層と114.4万世帯の富裕層がいるということになります。意外といるんですよね。

資産1億円をインデックス投資で達成するには

これは年金終価係数減債基金係数で計算すればわかります。年金終価係数は毎年一定金額を積立いていく場合、将来の積立総額(元利合計)の計算に利用します。減債基金係数は将来の一定期間後に目標金額を得るために、毎年の積立額の計算に利用します。先に目標金額を決めてやる場合は減債基金係数。先に積立金額を決める場合には年金終価係数って感じですね。

年率3%で40年積立

この場合、年利3%の場合には年130万円の積立てを行えば40年後には1億円を達成することができます。月に換算すれば108,333円となります。積立てた金額の元本は5千2百万円ですから40年でほぼ倍になった計算となります。

年率7%で40年積立

それでは年7%で回せた場合にはどうでしょう?この場合は年50万円の積立てを行えば40年後には1億円を達成することができます。月に換算すれば41,666円となります。積立てた金額の元本は2千万円ですから40年で5倍になった計算となります。

年率3%で20年積立

つみたてNISAの期限である20年で見たらどうでしょう。まずは3%からです。この場合には年370万円の積立てが必要となります。つみたてNISAは年間40万円までですからこれだけでは到底1億円には到達できないことがわかると思います。

年率7%で20年積立

それではダウの平均利回りの7%で20年を回したらどうでしょう。この場合でも年240万円の積立て投資が必要となります。月にすれば20万円です。こちらもつみたてNISAの上限はかなり超えてしまいますね。

時間と投資額と運用利率が重要

つまり、インデックス投資でお金持ちの基準である 1億円を達成するには時間と投資額と運用利率の3つが大事 であることがわかっていただけたと思います。

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) インデックス投資 つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 インデックス投資 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.インデックス投資 9% ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる