無料講座

証券取引所とは

証券取引所とは
IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

アメリカのオプション市場

Nasdaq-100連動型上場投信(QQQQ)、S&P 500連動型上場投信(Spyders)、ダウ・ジョーンズ連動型上場投信(DIAMONDS)、Russell-2000連動型上場投信など、 米国の主要ETFに対するオプション。
また、MSCIブラジル・インデックス(EWZ) 、FTSE新華チャイナ25インデックス(FXI)といった 新興国市場の株価に連動するETFオプション 、およびパワー・シェアーズ穀物(DBA)、SPRD金投資(GLD)、米国オイル(USO)などの 証券取引所とは 商品市場に連動するETFオプション も活発に取引されている。

指数オプション (Index Options)

米国の代表的な指数オプションには、S&P 500オプション(Mini)S&P 100オプションNasdaq 100オプション(Mini)ダウ平均オプション(Mini)VIXオプションなどがあります。

S&P 500オプション(通称SPX)は米国で最も活発に取引されている指数オプションで、 一日に20万枚以上の取引高があります。
また、一般的な株価指数オプションだけでなく、「ボラティリティ指数オプション」のようなユニークなオプションも数多く上場しています。 (参考:投資家心理を指数化したオプション)

一般の個人投資家は、取引単位が小さいミニ取引(E-mini S&P 500オプションなど)を多く取引する傾向があります。

ETFオプション

さらに、米国市場には セクター別ETF のオプションもあります。
たとえば、米国のエネルギーセクター(石油、ガス、燃料装置・サービス)の株式に連動するETF、金融セクター(銀行、保険、不動産)の株式に連動するETFなどがあり、これらを対象とするオプションも数多く取引されています。

また 米国以外の市場に連動するETF も品揃えが豊富です。 証券取引所とは
iShares エマージング・マーケットETF(EEM)、iShares ブラジル指数(EWZ)、iShares FTSE新華チャイナ25(FXI)などを始めとする新興国市場のETF、および日本やヨーロッパ市場に連動するETFも多数上場されており、これらを対象とするオプションの取引も盛んです。

加えて、商品や不動産といった証券市場以外のマーケットに連動するETFもあります。
Power Shares穀物(DBA)、SPRD金投資(GLD)、米国オイル(USO)といった商品連動のETFは最近特に取引高が増えており、オプションも活発に取引されています。

LEAPS

(ご参考) オプション道場では、米国の証券オプションやLEAPSを取引する投資家のための会員講座を提供しています。 詳細は、こちらをご参考にしてください。

楽天銀行、東京証券取引所へ株式上場申請

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, 証券取引所とは SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or 証券取引所とは its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or 証券取引所とは its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 証券取引所とは 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights 証券取引所とは reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

サービス概要

2. 下記のケースに該当する場合、当該買付日における発注は行いません。
①指定銘柄の買付に必要な買付可能額に対し、総合証券取引口座の預り金が不足している場合
②指定銘柄の1株あたりの最低買付金額に対して、お客様が設定した内容における買付金額が不足している場合
③買い注文停止のアカウントロックが掛かっている場合
④10,000株を超える注文において、1回の注文数量が上場市場における該当銘柄の過去30日間の一日当たりの平均出来高の30%を上回る場合
⑤買い注文停止銘柄の積立設定をしている場合
⑥クロス取引になる可能性がある場合(クロス取引とは)
⑦同一約定日に外貨MMFの買いあるいは全部解約がある場合
⑧非課税口座(NISA口座)での買付において、予めお客様にご指定いただいた買付金額が非課税買付可能額を超過している場合
⑨非課税口座(NISA口座)での買付において、非課税口座区分が変更された場合
⑩米国市場でサーキットブレーカーが発動した場合
⑪指定銘柄が証券取引所の判断により売買停止銘柄となった場合

  • 上記①~⑦により定期買付が6回連続して行われなかった場合、上記ケース⑨(一般NISA⇒積立NISA)が発生した場合は以降の定期買付注文の一部又は全部が停止されます。

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

米国株式の信用取引にかかるリスク

外国株式等の取引にかかる費用

〔現物取引〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
分類 取引手数料
米国株式 約定代金の0.495%(税込)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:22米ドル(税込)
中国株式 約定代金の0.275%(税込)・最低手数料:550円(税込)・上限手数料:5,500円(税込)
アセアン株式 約定代金の1.10%(税込)・最低手数料:550円(税込)・手数料上限なし
※当社が別途指定する銘柄の買付手数料は無料です。
※米国株式の売却時は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。
※中国株式・アセアン株式につきましては、カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎの場合、通常の取引手数料に2,200円(税込)が追加されます。

〔米国株式信用取引〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引手数料
約定代金の0.33%(税込)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:16.5米ドル(税込)
※当社が別途指定する銘柄の新規買建または買返済時の取引手数料は無料です。
※売却時(信用取引の場合、新規売建/売返済時)は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。

楽天銀行、東京証券取引所へ株式上場申請

The Japanese edition 証券取引所とは of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally 証券取引所とは published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of 証券取引所とは A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US 証券取引所とは Edition of 'CNET', 'ZDNet' 証券取引所とは and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A 証券取引所とは Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

楽天証券、7/9米国株式の信用取引サービス開始。月内は取引手数料無料

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/7/8楽天証券、7/9米国株式の信用取引サービス開始。月内は取引手数料無料
  • 2022/7/8日本の投資家は自分の投資知識に自信が低め?シュローダーが世界の個人投資家2万3千人対象に意識調査
  • 2022/7/82022.7.証券取引所とは 8 マーケットレポート【英ジョンソン首相が辞任へ】
  • 2022/7/72022.7.7 マーケットレポート【欧州通貨の下落が止まらない展開】
  • 2022/7/6生活費高騰による家計への影響、約8割が実感。松井証券「家計管理に関する実態調査」

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる