FXの基礎知識

下降三角形とは

下降三角形とは
続いて三角「錐」になりますが、先ほどもいったように「錐」というのは三角コーンのように下に底はあっても上がすぼまっているような形のもののことです。
したがって三角錐の形は下図のようになります。

この図からもわかるように、三角錐は4つの三角形に囲まれています。また頂点、辺、面の数はそれぞれ4個、6個、4個になっており、三角柱と三角錐ではパッと見た時の形だけでなく、実際に頂点や辺、面などの数が違うことからも別の空間図形であることがわかります。
前回解説したように、直方体のすべての面が正方形であるようなものが立方体だったのに対して、三角錐の4つすべての面が正三角形あるような立体のことを正四面体と言います

フォーメーション分析

ダブルボトムは相場の底を示すチャートパターンで、底が二つあるチャートの形です。 為替が大きく下落した後にいったん上昇し、再び前回下落した為替近くまで下落し、上昇に転じたときのチャートの形で、アルファベットの「W」のような形のチャートです。
このチャートの形が出現すると、底を打って上昇トレンドに入る可能性が高いと考えられます。
但し、ネックライン(1番底を形成した後の高値)を超えて、はじめて上昇トレンドへ転換した(買いサイン発生)と判断することができ、ダブルボトムが完成されるのです。

ダブルトップ

ダブルトップは、ダブルボトムの反対で、相場の天井を示すチャートパターンで、天井が二つあるチャートの形です。 為替が大きく上昇した後にいったん下落し、再び前回上昇した為替近くまで上昇し、下落に転じたときのチャートの形で、アルファベットの「M」のような形のチャートです。
このチャートの形が出現すると、天井を打って下落トレンドに入る可能性が高いと考えられます。
但し、ネックライン(1番天井を形成した後の安値)を超えて、はじめて下落トレンドへ転換した(売りサイン発生)と判断することができ、ダブルトップが完成されるのです。

ヘッドアンドショルダーズ

ヘッドアンドショルダーズトップ

ヘッドアンドショルダーズトップは相場の天井を示すチャートパターンです。三つの山と二つの谷で形成され二つの山に挟まれた真ん中の山が一番高い山となります。
ヘッドアンドショルダーズトップは両脇の山が肩、真ん中の山が頭というように見えることから名付けられていますが、日本では釈迦の左右に菩薩が配置された三尊像に似ていることから“三尊”とも呼んでいます。
見方は最初の山を形成した後、その山の高値を更新しヘッドアンドショルダーズトップの“ヘッド”を形成し高値を更新した時点では上昇の勢いはまだあることを示していますが、前回の戻り安値とほぼ同値或いは以下に下落することとなりこの時点から売り圧力が強まってきた事になります。その後、反発するものの前回の高値(ヘッド)を更新することなく最初の戻り安値と次の戻り安値で引いたネックラインを価格が下抜けることで上昇トレンドの終息サインとなり、売りシグナルが発生し、ヘッドアンドショルダーズトップの完成となります。

ヘッドアンドショルダーズボトム

ヘッドアンドショルダーズボトムは、底を示すチャートパターンで、ヘッドアンドショルダーズトップの逆になります。
最初の谷を形成した後、その谷の安値を更新しヘッドアンドショルダーズボトムの“ヘッド”を形成し安値を更新した時点では下降の勢いはまだあることを示していますが、前回の戻り高値とほぼ同値或いは以上に上昇することとなりこの時点から買い圧力が強まってきた事になります。
その後、反落するものの前回の安値を更新することなく最初の戻り高値と次の戻り高値で引いたネックラインを価格が上抜ける事で下落トレンドの終息サインとなり、買いシグナルが発生し、ヘッドアンドショルダーズボトムの完成となります。

三角保合い

売買サイン

①強気の三角保合い

ラインを引いたときに、三角形の左上が直角になる三角形の保ち合いが“強気の三角保合い”です。
株価が上昇・下落を繰り返すなかで、投資家が前回の安値まで株価が下落するのを待てずに買いを入れてくるため、安値が切りあがってくる形です。
つまり、このチャートがあらわれるときは「この先株価は上がる!」という先高感が強く投資家が強気になっているときです。
つまり、この形のチャートがあらわれたときには、頂点をつけた後に上昇する確率が高くなります。

②弱気の三角保合い

ラインを引いたときに、三角形の左下が直角になっている三角形の保合いが“弱気の三角保合い”になります。
①強気の三角保合いの三角形を上下逆にした形で、徐々に上値が切り下がってくるパターンになります。
下値は一定で底堅く安定しているものの、上昇に戻る力が弱いため、「回の高値まで上昇しないだろうから、とりあえず前回の高値より下でも売っておこうと徐々に注意を払う投資家が増えているパターンです。
その後、底堅いと思われていた下値から窓をあけて下落したり、三角形の頂点から下に均衡が破られた時に、投資家は一斉に損失確定させるロスカットを行なったり、新規売りを行なう参加者も多くなります。
このため、三角形の左下が直角になっている「三角保合い」の形の頂点をつけたときは、その後株価が下落する確率が高いチャートと言えます。

比較的綺麗な二等辺三角形となるのが“均衡している三角保合い”です。 高値が徐々に切り下がると同時に、安値が徐々に切り上がってくることで振幅が小さくなる形です。
つまり、これから株価が上がるという先高感を持った投資家と、これから株価は下がるという先安感を持った投資家が均衡しているので、頂点が形成されるまでは上下どちらに動くかわからないと考えられます。
但し、戦略としては上下どちらかがブレイクアウトすればそのタイミングが売買サインになりますので、上放れすれば買いサインになりますし、下放れすれば売りサインになります。

天の御加護 大浄化ブレスレット

さらにたっぷりと心身の浄化を行いたい方は【ブレスレット+浄化塩セット】の「ジョルダニアン デッドシー アロマ マッサージ ソルト 150g 【Priestess】」をご利用ください。「学び・想像力・ご縁」を意味する、人生の指南役のタロット 「女教皇/Priestess」 からインスピレーションを得て、私が作った香り付きのスクラブ塩です。あなたの新しい旅立ちをサポートしてくれる存在として、このアイテムをセットにいたしました。

ステラ薫子からのメッセージ:今回のホワイトオーラクォーツ『三角形』のカットが施されています。

〈使用されている石のフォーチュンメッセージ 〉

〈ブレスレットスペック〉

〈ブレスレットのみ 内容〉

・天の御加護 下降三角形とは 大浄化ブレスレット
・ 心身浄化 :ボディ用スクラブ塩「ジョルダニアン デッドシー アロマ マッサージ ソルト 【King of the Sun】」1回分プレゼント
・ステラ薫子の下半期運気アップガイド(PDF)プレゼント

〈ブレスレット+浄化塩セット 内容〉

・天の御加護 大浄化ブレスレット
・ 心身浄化:ボディ用スクラブ塩「ジョルダニアン デッドシー アロマ マッサージ ソルト 【Priestess】」150g
・お部屋やブレスレット浄化:「ルビーソルト」300g
・ 心身浄化 :ボディ用スクラブ塩「ジョルダニアン デッドシー アロマ マッサージ ソルト 【King of the Sun】」1回分プレゼント
・ステラ薫子の下半期運気アップガイド(PDF)プレゼント

〈ご注意〉

・天然石の説明は効果を保証するものではありません。
・石が元々持っている潜在的な美しさを引き出すエンハンスメントやトリートメント処理等を行っております。
・石の色や形は写真と異なる場合や、 石の中には亀裂と見間違う結晶や、内包物などが混在するものがございますが、それが一つ一つの商品の表情となっています。石に含まれたインクルージョン (内包物) や、 不純物、色むら、クラック (ヒビ)、穴欠け、細かな傷、模様などは、 自然のままの風合いを表しています。 細かいところが気になるお客様はあらかじめご了承のうえご購入頂けますよう、お願い申し上げます。
・制作は日本国内で、一人の職人が一つ一つ手作業で行なっております。
・入浴、汗をかくスポーツなどの際の着用はお避け下さい。
・出来る限り現物に近いお色にて画像を掲載しておりますが、モニター画面など環境の違いにより若干異なる場合がございます。

チャートパターン

チャートパターン

ローソク足チャート
トレーダーに最も人気のチャートがローソク足チャートかどうかはわかりませんが、主要なチャートのひとつであることは間違いありません。バーチャートと同様、ローソク足チャートもそれぞれの時間単位における高値と安値を表します。 (上部が高値、下部が安値です。)では、違いは何でしょう?ローソク足チャートでは、当該銘柄の終値が始値よりも高かったか安かったかを表すのに、色分けが使われます。多くの場合高ければ青、低ければ赤が使われますが、決まったルールはありません。 黒または塗りつぶされたローソクが始値より終値が低かったことを、白抜きのローソクが終値が始値より高かったことをあらわす場合もあります。 なんだか複雑だと感じていますか?もう少しだけ続けてみてください。ローソク足チャートをいくつか見てみれば、これがどんなに便利で、情報を読み取るのがどんなに簡単かが分かると思います。 こちらがWTI原油のローソク足チャートの例です。

ローソク足チャート

ドットチャートはこのように見えます フォレストチャートはこのように見えます

チャートパターンの主要なグループ

ダブルトップとダブルボトム

ダブルトップ
ダブルトップは弱気の反転パターンで、上昇トレンドの延長に見られます。2つの「トップ」は同じぐらいの大きさで、価格が超えられない一定の水準に達したときに形成される連続した頂点です。まず価格がある水準まで上昇します。その後少し下がって、また同じ水準に戻ります。それがまた反転して下がると、チャートは2つのトップを形成します。混乱しましたか?らくだのこぶを想像してみましょう。典型的なダブルトップはライン、バー、ロウソク足チャートで見られます。 理論上では、ダブルトップは通常、長期トレンドなどのある変化、強気から弱気への変換の可能性を示唆します。これが、一部の投資家たちが大きな上昇トレンドに続くダブルトップを探す理由です。 例を見てみましょう。

ダブルトップ

ダブルボトム
ダブルボトムはダブルトップとよく似ていて、反転パターンを形成し、一般的にテクニカル分析の一部として使用されます。違いは2つの「トップ」の代わりに2つの「ボトム(底)」があるということです。ダブルボトムは、ある銘柄の価格の下落とそれに続く反発、そして同程度の価格レベルまでの再下落と続く再反発で成り立ち、アルファベットのWに似ています。ボトムは、価格が「抵抗レベル」と呼ばれる特定のレベルを突破しそうにないときに形成されます。理論的にはダブルボトムはトレンドの逆転フォームとみなされるため、大幅な下落トレンドに続くダブルボトムを探す人たちもいます。例を挙げてみましょう。

覚えておきましょう: ダブルトップとダブルボトムは極めて明瞭に思えるかもしれませんが、投資家は欺瞞的な逆転に惑わされないように注意する必要があり、いつ行動を起こすべきかを学習する必要があります。この理論と意味を習得するためには、追加学習を行ってください。

その他のチャートパターン

ヘッド・アンド・ショルダー
ヘッド・アンド・ショルダーパターンも、トレンド反転のフォーメーションです。名前の由来はその形です。長い強気パターンの後、ピーク(左肩)、高いピーク(頭)、低いピーク(右肩)の順に現れます。下の例で示すように、肩の外側のいちばん低いポイントを結ぶ線を描いてみましょう。どうしてそうするのか?理論的には、このライン(「ネックライン」と呼ばれることもあります)が下り勾配である場合、このサインの信頼性が高いとみなされます。

カップアンドハンドル
「カップウィズハンドル」とも呼ばれるこのチャートパターンは、価格の下落と元の価格までの戻り、そして小さめの下降、前のピークを越える上昇と続きます。U字形とちょっと下がったハンドルで、ティーカップのようにも見えるでしょう?カップアンドハンドルは、理論上では、強気の継続パターンとみなされ、買いチャンスの見極めに使われます。このフォームは数ヶ月間継続する上昇トレンドに続いて現れたときに、重要とみなされます。カップアンドハンドルパターンを見るときテクニカル投資家は、長さ、深さ、ボリュームに注目します。たとえば、カップが長く、きれいなU字形をしていれば(V形ではなく)、より強いシグナルとみなされます。

カップアンドハンドル

ギャップ(窓)
ギャップは、単純に取引チャート上の価格の隔離で、ある銘柄の価格が急激に上下動し、その間取引が行われなかった場合に形成されます。ギャップは、雇用統計などの主要なニュースの発表に伴う場合もありますし、単なる通常の取引で形成される場合もあります。週末にニュース速報が発生して価格の急騰や暴落があった場合の市場再開時に起こることもあります。ギャップの例を見てみましょう。

ギャップ(窓)

覚えておきましょう:ギャップは金融市場ではなじみのある現象ですが、日夜取引が行われるFX市場ではそうでもありません。FX市場でギャップがもっとも発生しやすいのは1週間の取引開始時です。

トライアングル(三角保ち合い)
トライアングルチャートパターンは、あなたの想像通り、三角形です。基本的にはふたつのトレンドラインが近づいて行き、価格はその中間に移動します。トライアングルには、3つの主要パターンがあります。

空間図形(立体)の総復習(三角柱・三角錐編)【算数からやさしく解説】

空間図形(立体)とは、円や三角形などのような平面図形に「高さ」が加わったような図形のことです。例としては、円に高さを加えた円柱や三角形に高さを加えた三角柱、立方体などがあります。前回は多面体である直方体と立方体について、そして、頂点や辺、面などの言葉の説明をしました。今回は三角形を使った空間図形について考えていきたいと思います。
前回の記事はこちらになりますのでぜひご覧ください。
(参考:空間図形(立体)の総復習(直方体・立方体編)【算数からやさしく解説】)

三角柱について

立体についての説明の前に「柱(ちゅう)」と「錐(すい)」についてのイメージについて説明したいと思います。「柱」というのは、「はしら」と読むように、上にふたと下に底があるような棒のようなもののイメージです。それに対して、「錐」というのは三角コーンのように下に底はあっても上がすぼまっているような形のものです。

ここで三角柱について考えてみましょう。三角「柱」なので、これは図のように同じ形(合同)な三角形が、上と下にそれぞれ同じ向きでふたと底として付けられているような立体になります。
前回のように、平面上の三角形を“高さ”の方向に伸ばすような考え方でも同じような形の立体になると思います。

この時、底にした三角形のようにその立体の底になっている面を「底面」と言います。
(反対側を底だと考えればそちらの面が底面になるので上の面も底面と呼ぶことがあります。) 下降三角形とは
三角柱もすべての面が平面なので多面体の1つで、頂点、辺、面の数はそれぞれ6個、9個、5個になります。

三角錐について

続いて三角「錐」になりますが、先ほどもいったように「錐」というのは三角コーンのように下に底はあっても上がすぼまっているような形のもののことです。
したがって三角錐の形は下図のようになります。

この図からもわかるように、三角錐は4つの三角形に囲まれています。また頂点、辺、面の数はそれぞれ4個、6個、4個になっており、三角柱と三角錐ではパッと見た時の形だけでなく、実際に頂点や辺、面などの数が違うことからも別の空間図形であることがわかります。
前回解説したように、直方体のすべての面が正方形であるようなものが立方体だったのに対して、三角錐の4つすべての面が正三角形あるような立体のことを正四面体と言います

チャートパターン

チャートパターン

ローソク足チャート
トレーダーに最も人気のチャートがローソク足チャートかどうかはわかりませんが、主要なチャートのひとつであることは間違いありません。バーチャートと同様、ローソク足チャートもそれぞれの時間単位における高値と安値を表します。 (上部が高値、下部が安値です。)では、違いは何でしょう?ローソク足チャートでは、当該銘柄の終値が始値よりも高かったか安かったかを表すのに、色分けが使われます。多くの場合高ければ青、低ければ赤が使われますが、決まったルールはありません。 黒または塗りつぶされたローソクが始値より終値が低かったことを、白抜きのローソクが終値が始値より高かったことをあらわす場合もあります。 なんだか複雑だと感じていますか?もう少しだけ続けてみてください。ローソク足チャートをいくつか見てみれば、これがどんなに便利で、情報を読み取るのがどんなに簡単かが分かると思います。 こちらがWTI原油のローソク足チャートの例です。

ローソク足チャート

ドットチャートはこのように見えます フォレストチャートはこのように見えます

チャートパターンの主要なグループ

ダブルトップとダブルボトム

ダブルトップ
ダブルトップは弱気の反転パターンで、上昇トレンドの延長に見られます。2つの「トップ」は同じぐらいの大きさで、価格が超えられない一定の水準に達したときに形成される連続した頂点です。まず価格がある水準まで上昇します。その後少し下がって、また同じ水準に戻ります。それがまた反転して下がると、チャートは2つのトップを形成します。混乱しましたか?らくだのこぶを想像してみましょう。典型的なダブルトップはライン、バー、ロウソク足チャートで見られます。 理論上では、ダブルトップは通常、長期トレンドなどのある変化、強気から弱気への変換の可能性を示唆します。これが、一部の投資家たちが大きな上昇トレンドに続くダブルトップを探す理由です。 例を見てみましょう。

ダブルトップ

ダブルボトム
ダブルボトムはダブルトップとよく似ていて、反転パターンを形成し、一般的にテクニカル分析の一部として使用されます。違いは2つの「トップ」の代わりに2つの「ボトム(底)」があるということです。ダブルボトムは、ある銘柄の価格の下落とそれに続く反発、そして同程度の価格レベルまでの再下落と続く再反発で成り立ち、アルファベットのWに似ています。ボトムは、価格が「抵抗レベル」と呼ばれる特定のレベルを突破しそうにないときに形成されます。理論的にはダブルボトムはトレンドの逆転フォームとみなされるため、大幅な下落トレンドに続くダブルボトムを探す人たちもいます。例を挙げてみましょう。

覚えておきましょう: ダブルトップとダブルボトムは極めて明瞭に思えるかもしれませんが、投資家は欺瞞的な逆転に惑わされないように注意する必要があり、いつ行動を起こすべきかを学習する必要があります。この理論と意味を習得するためには、追加学習を行ってください。

その他のチャートパターン

ヘッド・アンド・ショルダー
ヘッド・アンド・ショルダーパターンも、トレンド反転のフォーメーションです。名前の由来はその形です。長い強気パターンの後、ピーク(左肩)、高いピーク(頭)、低いピーク(右肩)の順に現れます。下の例で示すように、肩の外側のいちばん低いポイントを結ぶ線を描いてみましょう。どうしてそうするのか?理論的には、このライン(「ネックライン」と呼ばれることもあります)が下り勾配である場合、このサインの信頼性が高いとみなされます。

カップアンドハンドル
「カップウィズハンドル」とも呼ばれるこのチャートパターンは、価格の下落と元の価格までの戻り、そして小さめの下降、前のピークを越える上昇と続きます。U字形とちょっと下がったハンドルで、ティーカップのようにも見えるでしょう?カップアンドハンドルは、理論上では、強気の継続パターンとみなされ、買いチャンスの見極めに使われます。このフォームは数ヶ月間継続する上昇トレンドに続いて現れたときに、重要とみなされます。カップアンドハンドルパターンを見るときテクニカル投資家は、長さ、深さ、ボリュームに注目します。たとえば、カップが長く、きれいなU字形をしていれば(V形ではなく)、より強いシグナルとみなされます。

カップアンドハンドル

ギャップ(窓)
ギャップは、単純に取引チャート上の価格の隔離で、ある銘柄の価格が急激に上下動し、その間取引が行われなかった場合に形成されます。ギャップは、雇用統計などの主要なニュースの発表に伴う場合もありますし、単なる通常の取引で形成される場合もあります。週末にニュース速報が発生して価格の急騰や暴落があった場合の市場再開時に起こることもあります。ギャップの例を見てみましょう。

ギャップ(窓)

覚えておきましょう:ギャップは金融市場ではなじみのある現象ですが、日夜取引が行われるFX市場ではそうでもありません。FX市場でギャップがもっとも発生しやすいのは1週間の取引開始時です。

トライアングル(三角保ち合い)
トライアングルチャートパターンは、あなたの想像通り、三角形です。基本的にはふたつのトレンドラインが近づいて行き、価格はその中間に移動します。トライアングルには、3つの主要パターンがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる