FXを始めよう

オプション取引とは

オプション取引とは

オプション取引はリスクが大きいため、空売りと同様に全資金の10~15%で運用するのが望ましいでしょう。

【市況】 「日経225オプション」7月限コール手口情報(16日夜間)


◯2万7375円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 139( 139) 50( 50) -89
マネックス証券 26( 26) 60( 60) +34
GMOクリック証券 9( 9) 8( 8) -1
BNPパリバ証券 2( 2) 41( 41) +39
バークレイズ証券 5( 5) 8( 8) +3
モルガンMUFG証券 0( 0) 10( 10) +10
auカブコム証券 4( 4) 5( 5) +1
楽天証券 3( 3) 4( 4) +1
松井証券 3( 3) 1( 1) -2 オプション取引とは
SBI証券 0( 0) 3( 3) +3
インタラクティブ証券 0( 0) 1( 1) +1


◯2万7250円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 40( 40) 40( 40) 0
auカブコム証券 11( 11) 3( 3) -8
モルガンMUFG証券 0( 0) 10( 10) +10
SBI証券 23( 11) 21( 9) -2
松井証券 6( 6) 5( 5) -1
BNPパリバ証券 5( 5) 2( 2) -3
楽天証券 3( 3) 4( 4) +1
岩井コスモ証券 2( 2) 2( 2) 0
GMOクリック証券 1( 1) 1( 1) 0
マネックス証券 1( 1) 1( 1) 0
安藤証券 0( 0) 1( 1) +1
日産証券 0( 0) 1( 1) +1
インタラクティブ証券 0( 0) 1( 1) +1


◯2万7125円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 74( 74) 7( 7) -67
BNPパリバ証券 1( 1) 68( 68) +67
松井証券 3( 3) 0( オプション取引とは 0) -3
SBI証券 6( 2) 9( 5) +3 オプション取引とは
auカブコム証券 1( 1) 1( 1) 0
楽天証券 1( 1) 1( 1) 0


◯2万7000円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 227( 127) 181( 181) -46
JPモルガン証券 60( 60) 0( 0) -60
SBI証券 85( オプション取引とは 55) 98( 68) +13
楽天証券 33( 33) 28( 28) -5
auカブコム証券 7( 7) 16( 16) +9
BNPパリバ証券 12( 12) 12( 12) 0
松井証券 9( 9) 8( 8) -1
岡三証券 1( 1) 2( 2) +1
SBIネオトレード 7( 7) 2( 2) -5
安藤証券 6( 6) 0( 0) -6
日産証券 3( 3) 2( 2) -1
GMOクリック証券 0( 0) 1( 1) +1
マネックス証券 1( 1) 1( 1) 0
みずほ証券 0( 0) 100( 0) +100


◯2万6875円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 105( 105) オプション取引とは 22( 22) -83
BNPパリバ証券 1( 1) 92( 92) +91
バークレイズ証券 14( 14) 7( 7) -7
楽天証券 4( 4) 1( 1) -3
JPモルガン証券 1( オプション取引とは 1) 0( 0) -1
ソシエテジェネラル証券 0( 0) 2( 2) +2
SBI証券 2( 0) 3( 1) +1


◯2万6750円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 92( 92) 47( 47) -45
バークレイズ証券 24( 24) 12( 12) -12
JPモルガン証券 9( 9) 44( 44) +35
SBI証券 10( 6) 20( 16) +10
松井証券 3( 3) 13( 13) +10
auカブコム証券 5( 5) 10( 10) +5
SBIネオトレード 5( 5) 1( 1) -4
楽天証券 5( 5) 3( 3) -2
マネックス証券 3( オプション取引とは 3) 2( 2) -1
BNPパリバ証券 1( 1) 3( 3) +2
GMOクリック証券 1( 1) 2( 2) +1
岡三証券 0( 0) 1( 1) +1


◯2万6625円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 168( 168) 19( 19) -149
ビーオブエー証券 0( 0) 100( 100) +100
BNPパリバ証券 3( 3) 0( 0) -3
JPモルガン証券 0( 0) 35( 35) +35
SBI証券 2( 1) 2( 1) 0
楽天証券 1( 1) 4( 4) +3
バークレイズ証券 0( 0) 14( 14) +14
マネックス証券 1( 1) 1( 1) 0
松井証券 1( 1) オプション取引とは 1( 1) 0


◯2万6500円コール
売り(立会内) 買い(オプション取引とは 立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 184( 84) 65( 65) -119
クレディスイス証券 15( 15) 0( 0) -15
楽天証券 1( 1) 35( 35) +34
auカブコム証券 13( 13) 2( 2) -11
SBI証券 13( 10) 21( 18) +8
バークレイズ証券 0( 0) 6( 6) +6
JPモルガン証券 7( オプション取引とは 7) 0( 0) -7
SBIネオトレード 4( 4) 5( 5) +1
安藤証券 0( 0) 3( 3) +3
松井証券 4( 4) 1( 1) -3
GMOクリック証券 3( 3) 3( 3) 0
BNPパリバ証券 0( 0) 3( オプション取引とは 3) +3
マネックス証券 1( 1) 1( 1) 0
ビーオブエー証券 0( 0) 100( 0) +100


◯2万6375円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 72( 72) 73( 73) +1
楽天証券 57( 57) 52( 52) オプション取引とは -5
バークレイズ証券 5( 5) 0( 0) -5
JPモルガン証券 1( 1) 8( 8) +7
松井証券 2( 2) 0( 0) -2
SBI証券 1( 1) 4( 4) +3
auカブコム証券 1( 1) 3( 3) +2
マネックス証券 1( 1) 0( 0) -1


◯2万6250円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 22( 22) 41( 41) +19
松井証券 10( 10) 2( 2) -8
auカブコム証券 0( 0) 2( 2) +2
SBI証券 9( 8) 3( 2) -6
バークレイズ証券 5( 5) 0( 0) -5
楽天証券 4( 4) 1( 1) -3
BNPパリバ証券 0( 0) 1( 1) +1


◯2万6125円コール
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 20( 20) 25( 25) +5
バークレイズ証券 5( 5) 1( 1) -4
BNPパリバ証券 1( 1) 0( 0) -1
SBI証券 4( オプション取引とは 0) 4( 0) 0

オニールの成長株発掘法~第12章②「空売り・オプション取引」【ブログ解説】

HUNTER X HUNTER 19巻 193話

空売りを行うべきか?

    は、プロ投資家にとっても危険な投資法であるため、極めて優れた能力と強い意志を持つ投資家だけが行うべきである。
  • 私(オニール)なら投資資金の10%~15%に抑えるだろう。
  • 空売りは単に株を買うよりもずっと複雑なので、資金を失う投資家が多い。
  • 効果的な空売りは、マーケット全体が新たに下落を始めたときに行うものだ。
  • 発行済株式数が少ない銘柄を空売りしてはならない。
  • 配当金の高い銘柄は空売りをしないことだ。
  • 株価やPER(株価収益率)が高くなってきたという理由だけで、上昇中の銘柄を空売りしてはならない。

買いは家まで売りは命まで

もっと詳しく知りたい方へ

オプション取引とは何か、そしてオプション取引を行うべきか?

  • オプション取引とは、株や株価指数や商品を、満期日と呼ばれる未来の特定の日が来る前に、特定の価格で買う(コール)、あるいは売る(プット)権利を購入する投資手段である。
  • 投機性が高く、普通株と比べると著しく大きなリスクや価格の変動を伴う。
  • 大半の投資家はオプション取引に手を出すべきでない。 で利益を出すことができて、投資についての十分な知識と実践経験を積んで初めて、オプション取引を限定的に賢く利用することを検討してもよいだろう。

投資で勝つためには、自分の投資リスクを最小限に減らすことを考えましょう。
リスクを増やしては元も子もありません。
オプション取引は、「イチかバチか」の賭けをするようなものです。

オプション取引のリスクを減らす

    を検討するならば、全資金の一部だけに制限して行うことを強くお勧めする。
  • 慎重にやるなら10~15%以下にするのが望ましい。


オプション取引はリスクが大きいため、空売りと同様に全資金の10~15%で運用するのが望ましいでしょう。

  1. 流動性が高くありません。そのため需要と供給のバランスが簡単に崩れオプション価格に大きく影響を与える。
  2. 他のマーケットの値動きが小さいときに、大金を持った投資家に価格操縦されることが一時的にある

最高の銘柄だけを買う

  • 収益率の見込みが最大で勢いのある優秀な銘柄を選ぶようにしている。
  • 一番安いオプションを買うのではなく、価格は高くても最高の銘柄のオプションを買うのだ。
  • 長引く弱気相場では、個別株かS&Pなどの主要な株価指数のプットオプションを買うことを、普通株の空売りと合わせて検討するとよいかもしれない。

リスクが高い短期オプション

  • オプションを買うならば、満期日までが長い6カ月程度のオプションを購入するほうがよい。
  • 株が十分に値を上げる前に時間切れとなってしまうという可能性を最小限にできるからである。

オプション取引はシンプルに

  • ストリップ、ストラドル、スプレッドといった複雑で投機的な取引を勧めるような誘惑に乗ってはならない。

コールやプットを組み合わせたりする手法です。
たとえば損失を限定する目的(ヘッジ目的)などで、主に両建てで利用されます。
興味がある方は下記リンク先をご覧ください。
ストリップとは(オプション)|株式投資大百科

ただし非常に難しいです。
銘柄選びやオプションを選ぶだけでも難しいのに、それをさらに複雑にしてヘッジまで始めたら管理しきれません。
下手をすると売りでも買いでも損失を出しかねません。

第1回 「移動平均線」編

「移動平均線」とは、過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。たとえば「5日移動平均」といえば、今日を含んだ過去5日間の終値の平均を算出したものになります。
翌日になると、その日を含む過去5日間の終値の平均を算出します。その次の日、さらにその次の日も同様に算出します。 移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。また、現在の価格が移動平均線より上にあれば「上昇トレンド」、下にあるときには「下降トレンド」を示していると読み取ることもできます。

「短期線」「中期線」「長期線」を組み合わせてトレンドをつかむ!

「移動平均線」は、平均する日数に応じて短期線、中期線、長期線に分類して使います。設定期間が短いほど直近の価格により近くなり、逆に、期間が長いほど長期的な流れを示すという性質があります。この性質を利用し、大きく3つの線「短期線」「中期線」「長期線」に分けてそれぞれを組み合わせることでトレンドをつかむ方法です。
平均する価格の数は、確認したいトレンドの期間をもとに営業日ベースで求めます。例えば、中期的な視野で取引する場合は日数単位で価格を計る「日足」を使い、短期を約3週間分の「15日」、中期を約5週間分の「25日」、長期を約15週間分の「75日」などに設定します。また、長期的な視野で取引する場合は週単位で価格を計る「週足」を使い、短期を「13週(約3ヵ月)」、中期で「26週(約半年)」、長期で約1年にあたる「52週」などといった設定をおこないます。このように、それぞれのトレードに合わせて設定を変えて使います。

移動平均の設定方法


[メイン画面]


[ツールバー]

(2)移動平均の設定方法

『MarketSpeed - 環境設定』画面にて、「プロパティ1」のタブを選択してください。
「移動平均」のチェックボックスにてチェックされた移動平均を表示いたします。
分足移動平均、計算日数等の指定は日足1~200日、週足1~100週、月足1~100月(ヵ月)、分足1~150本の範囲で設定してください。

移動平均線で相場の流れを分析!

買いの「ゴールデンクロス」、売りの「デッドクロス」

短期の移動平均線が上昇トレンドで、中・長期の移動平均線を下から上に抜けたときが「ゴールデンクロス」。逆に短期の移動平均線が下降トレンドで、中長期の移動平均線を上から下に抜けたときが「デッドクロス」となります。 オプション取引とは
ゴールデンクロスが現れると通常相場が「強気」であることをあらわし、一方デッドクロスが現れると通常相場が「弱気」であると判断できます。
ただし、もみ合い相場での「ダマシ」には注意が必要です。
移動平均線は大きなトレンドが出る、いわゆる「大相場に強い」といわれていますが、その一方、特にゴールデンクロスやデッドクロスによる分析の弱点として有名なものに、「もみ合い相場に弱い」ということが挙げられます。「もみ合い相場」には、上昇もしくは下落の大きな流れが存在していませんので、価格が平均値の近くをウロウロと漂いつづけます。移動平均線は過去の平均を計算して算出することから、買いや売りのサインは少し遅れて出てきます。もみあい相場の中では、そのタイムラグによって売りどきなのに「買いサイン」が、買いどきなのに「売りサイン」が出るなどして、反応にズレが生じやすくなります。こうしたシグナルのズレを「ダマシ」と言います。相場の方向性を見誤るものとして、注意が必要です。

オニールの成長株発掘法~第12章②「空売り・オプション取引」【ブログ解説】

HUNTER X HUNTER 19巻 193話

空売りを行うべきか?

    は、プロ投資家にとっても危険な投資法であるため、極めて優れた能力と強い意志を持つ投資家だけが行うべきである。
  • 私(オニール)なら投資資金の10%~15%に抑えるだろう。
  • 空売りは単に株を買うよりもずっと複雑なので、資金を失う投資家が多い。
  • 効果的な空売りは、マーケット全体が新たに下落を始めたときに行うものだ。
  • 発行済株式数が少ない銘柄を空売りしてはならない。
  • 配当金の高い銘柄は空売りをしないことだ。
  • 株価やPER(株価収益率)が高くなってきたという理由だけで、上昇中の銘柄を空売りしてはならない。

買いは家まで売りは命まで

もっと詳しく知りたい方へ

オプション取引とは何か、そしてオプション取引を行うべきか?

  • オプション取引とは、株や株価指数や商品を、満期日と呼ばれる未来の特定の日が来る前に、特定の価格で買う(コール)、あるいは売る(プット)権利を購入する投資手段である。
  • 投機性が高く、普通株と比べると著しく大きなリスクや価格の変動を伴う。
  • 大半の投資家はオプション取引に手を出すべきでない。 で利益を出すことができて、投資についての十分な知識と実践経験を積んで初めて、オプション取引を限定的に賢く利用することを検討してもよいだろう。

投資で勝つためには、自分の投資リスクを最小限に減らすことを考えましょう。
リスクを増やしては元も子もありません。
オプション取引は、「イチかバチか」の賭けをするようなものです。

オプション取引のリスクを減らす

    を検討するならば、全資金の一部だけに制限して行うことを強くお勧めする。
  • 慎重にやるなら10~15%以下にするのが望ましい。


オプション取引はリスクが大きいため、空売りと同様に全資金の10~15%で運用するのが望ましいでしょう。

  1. 流動性が高くありません。そのため需要と供給のバランスが簡単に崩れオプション価格に大きく影響を与える。
  2. 他のマーケットの値動きが小さいときに、大金を持った投資家に価格操縦されることが一時的にある

最高の銘柄だけを買う

    オプション取引とは
  • 収益率の見込みが最大で勢いのある優秀な銘柄を選ぶようにしている。
  • 一番安いオプションを買うのではなく、価格は高くても最高の銘柄のオプションを買うのだ。
  • 長引く弱気相場では、個別株かS&Pなどの主要な株価指数のプットオプションを買うことを、普通株の空売りと合わせて検討するとよいかもしれない。

リスクが高い短期オプション

  • オプションを買うならば、満期日までが長い6カ月程度のオプションを購入するほうがよい。
  • 株が十分に値を上げる前に時間切れとなってしまうという可能性を最小限にできるからである。

オプション取引はシンプルに

  • ストリップ、ストラドル、スプレッドといった複雑で投機的な取引を勧めるような誘惑に乗ってはならない。

コールやプットを組み合わせたりする手法です。
たとえば損失を限定する目的(ヘッジ目的)などで、主に両建てで利用されます。
興味がある方は下記リンク先をご覧ください。
ストリップとは(オプション)|株式投資大百科

ただし非常に難しいです。
銘柄選びやオプションを選ぶだけでも難しいのに、それをさらに複雑にしてヘッジまで始めたら管理しきれません。
下手をすると売りでも買いでも損失を出しかねません。

第1回 「移動平均線」編

「移動平均線」とは、過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。たとえば「5日移動平均」といえば、今日を含んだ過去5日間の終値の平均を算出したものになります。
翌日になると、その日を含む過去5日間の終値の平均を算出します。その次の日、さらにその次の日も同様に算出します。 移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。また、現在の価格が移動平均線より上にあれば「上昇トレンド」、下にあるときには「下降トレンド」を示していると読み取ることもできます。

「短期線」「中期線」「長期線」を組み合わせてトレンドをつかむ!

「移動平均線」は、平均する日数に応じて短期線、中期線、長期線に分類して使います。設定期間が短いほど直近の価格により近くなり、逆に、期間が長いほど長期的な流れを示すという性質があります。この性質を利用し、大きく3つの線「短期線」「中期線」「長期線」に分けてそれぞれを組み合わせることでトレンドをつかむ方法です。
平均する価格の数は、確認したいトレンドの期間をもとに営業日ベースで求めます。例えば、中期的な視野で取引する場合は日数単位で価格を計る「日足」を使い、短期を約3週間分の「15日」、中期を約5週間分の「25日」、長期を約15週間分の「75日」などに設定します。また、長期的な視野で取引する場合は週単位で価格を計る「週足」を使い、短期を「13週(約3ヵ月)」、中期で「26週(約半年)」、長期で約1年にあたる「52週」などといった設定をおこないます。このように、それぞれのトレードに合わせて設定を変えて使います。

移動平均の設定方法


[メイン画面]


[ツールバー]

(2)移動平均の設定方法

『MarketSpeed - 環境設定』画面にて、「プロパティ1」のタブを選択してください。
「移動平均」のチェックボックスにてチェックされた移動平均を表示いたします。
分足移動平均、計算日数等の指定は日足1~200日、週足1~100週、月足1~100月(ヵ月)、分足1~150本の範囲で設定してください。

移動平均線で相場の流れを分析!

買いの「ゴールデンクロス」、売りの「デッドクロス」

短期の移動平均線が上昇トレンドで、中・長期の移動平均線を下から上に抜けたときが「ゴールデンクロス」。逆に短期の移動平均線が下降トレンドで、中長期の移動平均線を上から下に抜けたときが「デッドクロス」となります。
ゴールデンクロスが現れると通常相場が「強気」であることをあらわし、一方デッドクロスが現れると通常相場が「弱気」であると判断できます。
ただし、もみ合い相場での「ダマシ」には注意が必要です。
移動平均線は大きなトレンドが出る、いわゆる「大相場に強い」といわれていますが、その一方、特にゴールデンクロスやデッドクロスによる分析の弱点として有名なものに、「もみ合い相場に弱い」ということが挙げられます。「もみ合い相場」には、上昇もしくは下落の大きな流れが存在していませんので、価格が平均値の近くをウロウロと漂いつづけます。移動平均線は過去の平均を計算して算出することから、買いや売りのサインは少し遅れて出てきます。もみあい相場の中では、そのタイムラグによって売りどきなのに「買いサイン」が、買いどきなのに「売りサイン」が出るなどして、反応にズレが生じやすくなります。こうしたシグナルのズレを「ダマシ」と言います。相場の方向性を見誤るものとして、注意が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる