弱気相場での取引

オプション取引

オプション取引
1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

US Search Mobile Web

We appreciate your feedback on how to improve Yahoo Search. This forum is for you オプション取引 to make product suggestions and provide thoughtful feedback. We’re always trying オプション取引 to improve our オプション取引 products and we can use the most popular feedback to make a positive change!

If you need assistance of any kind, please find self-paced help on our help site. This forum オプション取引 オプション取引 is not monitored for any support-related issues.

The Yahoo product feedback オプション取引 forum now requires a valid Yahoo ID and password to participate.

You are now required to sign-in using your Yahoo email account in order to provide us with feedback and to submit votes and comments to existing ideas. If you do not have a Yahoo ID or the password to your Yahoo ID, please sign-up for a new account.

If you have a valid Yahoo ID and password, follow these steps if you would like to オプション取引 remove your posts, comments, votes, and/or profile オプション取引 from the Yahoo product feedback forum.

バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

これがいかに不利なのか簡単な例を示しましょう。

仮に1勝1敗であれば20$の損失であり、勝率はイーブンである以上、続ければ続けるだけ不利と言えるでしょう。

つまりバイナリーオプションのペイアウトは、 リスクとリターンが吊り合っていない状態 なのです。

取引時間の制限

これの何が問題なのかと言うと、為替レートの変動は下位足ほど予想が難しくなり、トレンドが浮き彫りになりやすい上位足ほど予測が容易になります。

つまり バイナリーオプションは、FXと比較してもギャンブル要素が強く 、スキルを駆使した実力勝ちが狙いにくくなっているのです。

ペイアウトはFXが有利!

理由1:リスクとリターンのバランス

いずれも勝率は互角と考えられますが、FXでは稼いだ値幅がそのまま利益に反映されます

毎回 リスクとリターンのバランスが取れた勝負に挑める ため、プロスペクト理論さえ克服できれば、どれだけ無茶なトレードをしても収支はトントンに収まる傾向にあります。

理由2:時間という武器

レンジ相場であれば元の水準まで戻ってくる可能性は高く、またポジションの方向によってはスワップ金利も稼げるでしょう。

バイナリーオプションの場合は、良くも悪くも取引時間が制限されていますが、 「勝つまで辞めない」を実践できるのがFXの強み オプション取引 でもあります。

理由3:トレンドで利益を伸ばせるチャンス

トレンドの渦中においては、一時的にペイアウトの期待値が高まると考えても良いでしょう。

まとめ:ペイアウトの還元率から判断すべし!

  • バイナリーオプションの仕組みについて
  • バイナリーオプションで稼げない理由
  • FXのペイアウトについて

投資において重要なのは、リスクとリターンが見合っているかどうかです。

最近ではスプレッド「0.0銭」という、実質無料で提供するFX会社もありますので、せっかく運用するのであれば トレーダーが勝ちやすい環境を選ぶべき でしょう。

リアルタイム為替レート

リアルタイムチャート

2022.06.17 FX-Katsu(鈴木 克佳)
為替レートが動く仕組みを知るべし!FX相場がもっとも動く時間帯…

2021.12.02 【プロジェクトメシア】スマホ1台でプロのFXトレードを100%再現!?クロスリテイリング株式会社と橘幸平の詳細情報も解説! 本日はあなたに、とびっきりの”FXお宝情報”をお届けします。…
FX-Katsu(鈴木 克佳)

<FXの始め方> 人気記事

2021.05.25 火 豪ドルの5年後見通しは?100円超えの可能性や相場分析から見る買い時とは【2022年最新】 外貨の中で人気を誇る豪ドル(オーストラリアドル)は、オースト.
FX-Katsu(鈴木 克佳)

2021/07/17 【FX初心者】FXの始め方がわかる!稼ぎ方からおすすめ口座まで完全ガイド|エフテン|FXにつよくなる FXとは5000円、1万円といった少ない資金から手軽に始めら
FX-Katsu(鈴木 克佳)

先物取引の始め方は?証券会社・銘柄選びと口座開設の手順、注意点

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/172022.06.17 米ドル円は134円まで上昇後急落。 日銀政策会合は政策金利据え置き
  • 2022/6/17独シーメンス・エナジー、風力発電機ガメサを完全子会社化へ。合理化で立て直し図る
  • 2022/6/17欧州委、クリーン水素の電解槽の製造能力拡大へ。25年までに10倍
  • 2022/6/17米ファイザー22年1~3月期売上高77%増。コロナワクチン売上好調も通期見通し引き下げ
  • 2022/6/17高校生の夢を応援する次世代教育を。「ゼロ高」運営ベンチャーがFUNDINNOで募集

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

これがいかに不利なのか簡単な例を示しましょう。

仮に1勝1敗であれば20$の損失であり、勝率はイーブンである以上、続ければ続けるだけ不利と言えるでしょう。

つまりバイナリーオプションのペイアウトは、 リスクとリターンが吊り合っていない状態 なのです。

取引時間の制限

これの何が問題なのかと言うと、為替レートの変動は下位足ほど予想が難しくなり、トレンドが浮き彫りになりやすい上位足ほど予測が容易になります。

つまり バイナリーオプションは、FXと比較してもギャンブル要素が強く 、スキルを駆使した実力勝ちが狙いにくくなっているのです。

ペイアウトはFXが有利!

理由1:リスクとリターンのバランス

いずれも勝率は互角と考えられますが、FXでは稼いだ値幅がそのまま利益に反映されます

毎回 リスクとリターンのバランスが取れた勝負に挑める ため、プロスペクト理論さえ克服できれば、どれだけ無茶なトレードをしても収支はトントンに収まる傾向にあります。

理由2:時間という武器

レンジ相場であれば元の水準まで戻ってくる可能性は高く、またポジションの方向によってはスワップ金利も稼げるでしょう。

バイナリーオプションの場合は、良くも悪くも取引時間が制限されていますが、 「勝つまで辞めない」を実践できるのがFXの強み でもあります。

理由3:トレンドで利益を伸ばせるチャンス

トレンドの渦中においては、一時的にペイアウトの期待値が高まると考えても良いでしょう。

まとめ:ペイアウトの還元率から判断すべし!

  • バイナリーオプションの仕組みについて
  • バイナリーオプションで稼げない理由
  • FXのペイアウトについて

投資において重要なのは、リスクとリターンが見合っているかどうかです。

最近ではスプレッド「0.0銭」という、実質無料で提供するFX会社もありますので、せっかく運用するのであれば トレーダーが勝ちやすい環境を選ぶべき でしょう。

リアルタイム為替レート

リアルタイムチャート

2022.06.17 FX-Katsu(鈴木 克佳)
為替レートが動く仕組みを知るべし!FX相場がもっとも動く時間帯…

2021.12.08 完全自動トレードシステム「Xtreme One(エクストリームワン)」が公開!運営会社のLogical Forexとシステムの詳細情報を解説します! エフテン編集部です! 本日はあなたに、驚愕の完全自動トレード…
FX-Katsu(鈴木 克佳)

2022.06.08 ベーシックインカムの上位互換!?国家牽引型・社会実験プログラム『億万長者 2.0』とはどんなプロジェクト? エフテン編集部です! 本日は当サイトを運営する「クロスリテイ… オプション取引
渡邉 英克

2022.04.21 顧客満足度 総合1位!ヒロセ通商(LION FX)のメリット・デメリットを徹底解説! ヒロセ通商(LION FX)は、オリコン顧客満足度ランキング…
FX-Katsu(鈴木 克佳)

2022.04.01 【夢の1億円 FXアポロ計画】あらゆる人類に1億円!?クロスリテイリング株式会社と藤田昌弘の詳細情報も解説! 本日はあなたに、とびっきりの”FX情報”をお届けします。 エ…
渡邉 英克

<FXの始め方> 人気記事

2021.05.25 火 豪ドルの5年後見通しは?100円超えの可能性や相場分析から見る買い時とは【2022年最新】 外貨の中で人気を誇る豪ドル(オーストラリアドル)は、オースト.
FX-Katsu(鈴木 克佳)

2021/07/17 【FX初心者】FXの始め方がわかる!稼ぎ方からおすすめ口座まで完全ガイド|エフテン|FXにつよくなる FXとは5000円、1万円といった少ない資金から手軽に始めら
FX-Katsu(鈴木 克佳)

金融商品取引・デリバティブ等の投資被害は、プロの弁護士にご相談を 投資被害ドットコム

Menu Open

中小企業向けの為替デリバティブ被害が社会問題となっています。
2004年~2007年頃、為替レートが1ドル110円~120円のときに、大手都市銀行は中小企業に対し、 「為替リスクヘッジのため」等と称して為替デリバティブ(通貨オプション)と言われる金融商品をこぞって販売しました。 しかし、その後、2008年のリーマンショックを機に円高が加速し、現在では1ドル80円を割り込む超円高の状況が続いています。

それにもかかわらず、リーマンショック以前の為替レートに基づき5年以上もの長期間にわたり大量のドルを買う義務を負わされている中小企業が多数出ています。 悲惨なケースでは、円高のために毎月数千万円という損失が発生し、銀行から執拗に入金を迫られて、 本業の業績が好調であるにもかかわらず倒産の危機に瀕している中小企業が少なくないのです。

為替デリバティブ取引(通貨オプション取引)とは、一般には、「通貨を一定の条件で買う、又は売ることのできる権利」を売買する契約をいいます。 金融機関(主として大手都市銀行)が中小企業(輸入企業)に対してドルコール円プットオプション(以下「ドルコールオプション」といいます)を売ると同時に、 中小企業からドルプット円コールオプション(以下「ドルプットオプション」といいます)を買い、オプションの対価(オプション料)の受取りと支払いを相殺することによって、 契約締結時の費用をゼロ(いわゆるゼロコスト)にする取引です。

金融機関は輸入企業に為替デリバティブ取引(通貨オプション取引)を勧めるに際し、 ドル建て債務についての為替変動リスクをヘッジするための商品と説明するのが通常です。 しかし、為替デリバティブ取引の実態は、リスクヘッジのための契約というより、 企業が大きな損失リスクを抱える投機的取引と見るほうが実態に即しています。 ほとんどの金融機関はこの為替デリバティブ取引の危険性を正確に説明せず、あくまで「為替リスクヘッジのための」取引であるとしか説明していませんでした。 それまでデリバティブ取引の経験などない堅実な中小企業に対してまで、為替リスクヘッジのためと称して投機性の高い危険な金融商品を販売していたのです。

しかも「為替リスクヘッジ」を取引の目的に謳いながら、金融機関は契約締結に際して当該中小企業の為替リスクヘッジニーズを精査せず、 実際のヘッジニーズを遙かに超える過大な量の取引を勧誘したり、あるいはヘッジニーズがほとんどない企業(直接の為替取扱いがない企業)にまで販売しています。 ただでさえ投機性の高い取引を大量に締結した企業は、現在の超円高で多額の損失を被っています。金融機関は本来、企業のヘッジニーズ等を的確に把握し、 そのニーズに見合った適切な商品を販売すべきです。ところが適合性を無視し、 必要な説明もせずに大量の取引を勧誘したのは、一回の契約締結により得られる手数料収入が莫大な金額に上るからに他ならないと言えます。

すなわち、多くの為替デリバティブ契約において、企業が金融機関に売却するドルプットオプションの価値は、 金融機関から購入するドルコールオプションの価値より数百万円~数千万円も高額です。 それを相殺という形で「ゼロコスト」にして、金融機関はオプション料の差額分に相当する数百万円~数千万円の金額を、一度に手数料として得るのです。

当然ながら、当の中小企業は自身が売却するドルプットオプションの価値と、金融機関から購入するドルコールオプションの価値の差を全く知りません。 自らが売却する商品が、購入する商品よりも数百万円~数千万円も価値が高いと知っていれば、安易に「ゼロコスト」で契約を締結しようとは普通考えないでしょう。 金融機関は勧誘の際にオプションの価値の格差を何ら明らかにせず(むしろこれを隠蔽して)、ただ「ゼロコスト」を強調して多額の手数料を稼いだことになるのです。

例えば、解約するにあたって、9000万円の解約損害金を請求されていた場合、銀行がその5割の4500万円を負担し、中小企業は残りの4500万円を 負担するという解決も可能となります。この場合、中小企業は銀行からその4500万円の返済に必要な資金を融資してもらうことができます。 負担割合を減額した上、融資も併せて受けられることは、この金融ADRの大きなメリットと言えます。 尚、この場合、中小企業と銀行の関係が悪化することはなく、事業資金の融資等は問題なく従前通り継続していくことになります。
もっとも、金融ADRは互譲の精神に基づく制度である以上、銀行に解約損害金の大部分を負担させたり、既払い金を返還させることまではなかなか難しいのが実情です。

  1. 1.法律相談
    事実関係の聴き取り。
  2. 2.銀行に受任通知
    毎月の支払い停止。
  3. 3.全国銀行協会に金融ADR(あっせん手続き)申立て
  4. 4.全国銀行協会を通じて、銀行側から回答
    銀行側からの答弁書の提出。
  5. 5.あっせん期日・あっせん案の提示
    原則1回のみ。あっせん委員があっせん案(負担割合)を提示。
  6. 6.あっせん案の検討(受諾の可否)
    この間並行して銀行側と融資の協議。
  7. 7.あっせん成立
    銀行との間で期日外協議して融資の契約。

当職は為替デリバティブ被害の取り扱い実績があります。
最近ご相談にこられた中小企業経営者の方の中にも、全国銀行協会の金融ADRを利用して契約の解約と、違約金について協議を行い解決に導いた事例があります。 全国銀行協会の金融ADRは名古屋で行うことができます。現在多くの中小企業がこの問題で苦しめられていますが、この分野を専門としている弁護士が少ないのが現状です

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる