FXの基礎知識

一目均衡表

一目均衡表
STEP.3
重ねた状態から元に戻す場合はインジケーター名をクリックし ❹ 、メニューから[重ねず上へ移動][重ねず下へ移動]メニューを選択します ❺ 。

US Search Mobile Web

We appreciate your feedback on how to improve Yahoo Search. This forum is for you to make product suggestions and provide thoughtful feedback. We’re always trying to improve our products and we can use the most popular 一目均衡表 feedback to make a positive change!

If you need assistance of any kind, please find self-paced help on our help site. This forum is not 一目均衡表 monitored for any support-related issues.

The Yahoo product feedback forum now requires a valid Yahoo ID and password to participate.

You are now required to sign-in using your Yahoo email account in order to provide us with feedback and to submit votes and comments to existing ideas. If you do not have a Yahoo ID or the password to your Yahoo ID, please sign-up for a new account.

If you have a valid Yahoo 一目均衡表 ID and password, follow these steps if you would like to remove your posts, comments, votes, and/or profile from the Yahoo product feedback forum.

メタトレーダー【MT4】で「マルチタイムフレーム」SMAを表示する【FXテクニカル分析】

移動平均線(SMA,EMA)

FXトレードで使うチャートは、人により様々ですが、
私がオススメするチャートはもちろん メタトレーダー【MT4】です。

マルチタイムフレーム SMA・EMAを利用し、テクニカル分析に活かしましょう。

マルチタイムフレーム(MTF)とは?

マルチタイムフレーム(MTF)とは、
「一つのチャートに2つ以上の時間軸の分析情報を表示すること」です。

マルチタイムフレームは、
30分足チャートに、1時間チャートの20SMAや、
1時間足チャートに、4時間チャートの20SMAなど、様々な使い方で分析を行えます。

マルチタイムフレームの表示の方法

メタトレーダーの「ライブラリ」から「MTF_MovingAverage」を探し、
チャートにドラッグ&ドロップしましょう。

まずは、左の「ナビゲーター」から、赤枠の所をダブルクリックしてください。

マルチタイムフレームの表示の方法

その中から「MTF_MovingAverage」を探しましょう。
左上の赤枠をクリックし、名前順に並び替えましょう。

マルチタイムフレームの表示の方法

探し出したら、そのままチャートにドラッグ&ドロップしてください。

マルチタイムフレームの表示の方法

「MTF_MovingAverage」数値の設定

「TimeFrame」…表示したい平均線の【時間軸】
「MAPeriod」…表示したい平均線の【数値(期間)】
「ma_method」…表示したい平均線の【種類】

例えば、1時間足チャートに、4時間足の20SMAを表示したい場合は、

TimeFrame…「240」
MAPeriod…「20」
ma_method…「0」

「MTF_MovingAverage」数値の設定

1時間足チャートに、日足の20EMAを表示したい場合は、

TimeFrame…「1440」
MAPeriod…「20」
ma_method…「1」となります。

「MTF_MovingAverage」数値の設定

【TimeFrame】 は ○○分 で入力します。

【MAPeriod】
「20」で、数値20の平均線
「75」で、数値75の平均線など

【ma_method】
「0」=SMA
「1」=EMAです。

また、このままの設定だと、
すべての時間軸でマルチタイムフレームの移動平均線が表示されてしまいます。

1時間足にだけ、4時間足の20SMAを表示したい場合や、
5分足にだけ、15分足の75SMAを表示したい場合は、
【表示選択】から、表示を制限しましょう。

「MTF_MovingAverage」数値の設定

メタトレーダー【MT4】で「マルチタイムフレーム」SMAを表示する【FXテクニカル分析】

MTFではない、普通の 20SMA と
4時間足の【MTF】 20SMA と、
日足の【MTF】 20SMA を表示させています。

下の画像は【表示選択】をしていない4時間足チャートです。

メタトレーダー【MT4】で「マルチタイムフレーム」SMAを表示する【FXテクニカル分析】

表示選択をしていない場合、普通の 20SMA に、4時間足の【MTF】 20SMA が被っています。

役割は変わりませんが、色が変わってしまい、勘違いなどをしてしまう可能性もあるので、
1つ1つ【表示選択】の設定をした方が良いと思います。

マルチタイムフレームを使い FXトレードの精度を上げる

マルチタイムフレームを使うことにより、様々な視点から分析することが可能になります。

FX投資で使う一目均衡表5本の線の目からウロコの事実と設定方法

ゆん

今回は株式投資でもFX投資でも使う人が多い、有名なインジケーター『一目均衡表』(いちもくきんこうひょう)について解説します^^

『半値戻し』っていう言葉を聞いたことがあると思いますが、『一目均衡表』の5本の線のうち4本が半値を基準とした線なんです。

FXトレードで使う一目均衡表とは

『一目均衡表』は英語で書くと、そのまま Ichimoku Kinko Hyo です。

MT4のインジケーター名も Ichimoku Kinko Hyo のように出てくるのでわかりやすいですね(^-^)

名前の通り、「一目(ひとめ)で均衡がわかるチャート」というテクニカル指標(インジケーター)です。

「いつ相場が変化するのか」という「時間軸」を重視しているのが、『一目均衡表』です。

一目均衡表:5本の線の数値と見方

それぞれの線の見方がわかると、「よくわからないから使えないと思っていたインジケーターだけど、意外に使えるんだな。」 とわかりますよ。

計算式は 〇〇日間 となっていますが、書籍では、わかりやすいように日足で説明されてます。

『一目均衡表』は長期足でも短期足でも使えるので、〇〇日間は〇〇本と考えてもOKです。

一目均衡表 線の名前

一目均衡表 線の名前

一目均衡表は5本の線で出来ています。

中期の相場水準、中期トレンドの方向、そして中期勢力の均衡点を表わしています。

短期の相場水準、短期トレンドの方向、そして短期勢力の均衡点を表わしています。

違うところは、移動平均線(MA)は終値(おわりね)の平均値を使っていますが、基準線と転換線は指定期間の最高値と最安値の中間の値を使っているところです。

先行スパン1

先行スパン1は、(基準線+転換線)÷2を26日間先に描写しています。

3分の1という数値は、重要な数値で、半値と共に押し目や戻り目の候補になる位置なんです。

先行スパン2

先行スパン2は、(52日間の最高値+52日間の最安値)÷2を26日間先に描写しています。

長期の相場水準、長期のトレンドの方向性、長期トレンドの均衡点を表しています。

先行スパン1と先行スパン2には数値の違いでズレがあるため、そこの空間が雲のように見えるので、 『雲』と呼んでいますが、原書では『抵抗帯』 といい、『雲』という言葉は出てきていません。

遅行スパン(遅行線)

遅行スパンは結構重要で、現在のレートを26日ずらして、過去に描写しています。

26日前のレートを現在のレートが上抜けしている。
26日前のレートを現在のレートが下抜けしている。
26日前のレートと現在のレートはあまり変わらない。

つまり、 本日を入れないと「25日前」ということになりますね。

FXで使う一目均衡表はレートの半値を重要視する

FXトレードで使う『一目均衡表』はレートの半値を重要視しています。

半値あたりに押しや、戻りが入るのが多いんですね。

半値戻り

半値戻り

画像では 緑ライン の半値あたり (赤ライン) にレートが戻って、上がっていってます。

一目均衡表 半値戻り

一目均衡表 半値戻り

基準線 で跳ね返されていますね。

一目均衡表 レンジ相場

一目均衡表 レンジ相場

移動平均線(MA)もレンジ相場ではヨコヨコに動きますが、一目均衡表の方がほぼまっすぐに平行になっているので、見やすいですね。

一目均衡表のMT4設定方法(画像あり)

一目均衡表 設定

一目均衡表 設定

『挿入』 ⇒ 『インディケータ』 ⇒ 『トレンド』 ⇒ 『Ichimoku Kinko Hyo』をクリック

2番目の窓( 青い枠 )に『Ichimoku Kinko Hyo』とあれば、そちらをクリックしてもOKです。

一目均衡表 色編集

一目均衡表 色編集

数値の設定( パラメータ )は、デフォルト(最初のまま)でOKです。

一目均衡表 見本

一目均衡表 見本

FX投資で使う一目均衡表5本の線の目からウロコの事実と設定方法

『一目均衡表』の目からウロコの事実というのは、『半値』を徹底的にチャート上に出しているということですね。

・基準線
・転換線
・先行スパン1
・先行スパン2
・遅行スパン

Ichimoku Kinkō Hyō the best kept Japanese secret, powerful strategy by Sensei Goichi Hosoda.

Ichimoku trading strategy was developed by Goichi Hosoda (1898-1982) later know as Ichimoku Sanjin. Japanese economic journalist at Miyako Newspaper later Tokyo Newspaper (1942). Hosoda spend 30 years on developing his system before he decided to publish his first book in 1969. Later published 6 extra volumes , 7 in total before he died in 1982. Books 一目均衡表 are an attempt to pass onto the next generations of traders his findings of 50 years, years of full-time devotion to one cause. If it’s not a masterpiece, then what is? No wonder there are no translations of his original books and last two volumes are discontinued even in Japan. Did he find too much, is the possession of this knowledge too powerful?

Let’s start with the

Indicator

Known to every Ichimoku cloud trading strategy fanatic Ichimoku Indicator available for MT4 (Metatrader 4) INSERT—>INDICATORS—>—>ICHIMOKU KINKO HYO

Ichimoku Kinko Hyo indicator Meta trader 4 MT4 Ichimoku indicator applied onMT4 Chart

Use standard 一目均衡表 settings 9 – 26 -52

There was/is a lot of attempts of tweaking this numbers but the old school originals work like a charm and there 一目均衡表 一目均衡表 is no need of changing anything there. Besides, these are the settings that most traders would have and we want to see what the majority looks at too.

You will see 5 lines of which two form the so-called Ichimoku Cloud. Let’s have a look at all 5 of them before we move to Three Theories to complete the very basics of this system.

Tenkan-sen 9

Represents short-term investors.

The red line on a chart. Created by adding the highest high and lowest low from past 9 days/periods and dividing it by 2. (

Formula: (9-period high + 9-period low)/2

Kijun-Sen 26

Represents mid-term investors

The blue line on a chart. Created by adding the highest high and lowest low from the past 26 days and dividing it by 2.

Formula: (26-period high + 26-period low)/2

Chikou-span

So-called lagging span. The current price represented in a line chart style 一目均衡表 moved 26 periods back. It’s constantly drawing on a chart while the price moves but will close its period at the close of a day. To draw it you would only read the close value of the price.

Kumo – The Ichimoku Cloud

Simply a resistance or support level. Hosoda didn’t call it a cloud, for him it was just a resistance level, where the price will struggle to go through and once inside of the space between Senkou Span A and B he would never place a trade. “The view is not clear” he would say.

Senkou 一目均衡表 span A

Leading span 1 = <(Tenkan-sen + Kijun-sen)>/2> plotted 25 days ahead (that is, 26 days ahead including the current day)

Senkou span B

Leading span 2 = <(highest price over the past 52 days + low price from 52 days)>/2> plotted 25 days ahead (that is, 26 days ahead including that day)

And that is how you draw Ichimoku cloud. Easy. It took Hosoda 2 years to calculate values of Tenkan-sen and Kijun-sen only.

This is where most articles about Ichimoku trading strategy will stop. But there is so much more to it. Even this article is just scratching the tip of all Hosoda’s findings. We study deeply everything in the Ichimoku Club.

Three Theories:

Wave Theory

Although Ichimoku Sanjin was aware of Elliot Wave theory he comes up with his own using Latin alphabet 一目均衡表 letters to describe them.

There are 6 Waves: I, V, N, P, Y, S

Latin letters represent the shape of the wave on the chart.

  • I wave A single bearish or bullish impulse
  • V wave The market price to rise and fall or fall and rise forming shape of V.一目均衡表 一目均衡表
  • N wave The market price to raise / lower / raise or opposite in Bearish market.
  • P waveA market where the highs fall and the lows rise as time passes. Flag or triangle.
  • Y wave The market price where the high price rises over time and the low price declines over time. Expended triangle.
  • S wave A market price where the lowered price rebounds and rises at the previous high 一目均衡表 level. Opposite in downtrend, then wave looks more like Z

Price Targets observation Theory

The method of calculating the following five calculated values is based on a 一目均衡表 rising market price that rises from low A to B and drops from B to C. Therefore, point C is higher than A. Applicable to bearish market as well with the reversed picture.

V = B + (B-C)

N = C + (B-A)

NT = C + (C-A)

4E = B + 3 × (B-A)

Time Theory

Everything is happening in time and time is 10 times more important than the price level.

Kihon 一目均衡表 一目均衡表 sūchi

9,17,26,33,42,51,65,76…

We have basic numbers like 9, 17, 26 which can make all the other numbers. 33=2×17-1 一目均衡表 or 76=26×26-2

These numbers represent the length of the wave which should repeat itself in the nearest future which helps to determine the point in time when market will change its direction.

Taitō sūchi – Equal value

Wave time length might be different than one of Kihon sūchi numbers but still repetitive in the future. This might be numbered like 14, 29, 36 etc.

Time theory must be combined with wave theory and Price targets theory 一目均衡表 on Ichimoku chart to create one POWERFUL ichimoku trading strategy.

As you can see there is a lot of components to ichimoku cloud trading strategy and cloud itself is just a drop in the ocean. That is why I decided to create Ichimoku Club for all of us who want to trade using this wonderful and sophisticated system.

Related Tags
admin
You May Also Like

  • 1.4K views
  • 1 minute read

GOLD Strong By signal

    一目均衡表 一目均衡表
  • By admin
  • April 30, 2020
  • No comments
Products
Video Wiget
BTCUSDT

Risk Disclosure: The risk of loss trading securities, futures, forex, and options can be substantial and is 一目均衡表 一目均衡表 not for every investor. Individuals must consider all relevant risk factors including their own personal financial situation before trading. An investor could potentially lose all or more than the initial investment. Risk capital is money that can be lost without jeopardizing ones’ financial security or life style. Only risk capital 一目均衡表 should be used for trading and only those with sufficient risk capital should consider trading. Past performance is not necessarily indicative of future results. We 一目均衡表 make no profitability nor performance claims of any kind; all information is published for educational use only. Disclaimer: All information provided herein is published for educational purposes only and should not be construed as investment advice. No profitability nor performance claims of any kind are being made. Trading is 一目均衡表 a high-risk, speculative activity. We are not an investment advisor, financial planner nor registered broker. We are a publisher of educational content. Consult with a registered investment advisor prior to making trading and/or investment decisions. By accessing this site and its products/services you agree to all terms of our 一目均衡表 Disclaimer . No offer to buy nor sell any instrument is being made on this site. You hereby grant this site a royalty-free, perpetual, worldwide license 一目均衡表 一目均衡表 to display, modify, adapt, create derivative works from, and otherwise use any suggestions, ideas, comment posts and information that you provide to this site. None of our content on any site nor courses nor other publications is a promise or guarantee of specific results or future earnings; we do not 一目均衡表 一目均衡表 一目均衡表 offer any financial investment nor trading advice of any kind; we publish educational content. We do not purport to tell or suggest which securities 一目均衡表 nor currencies customers should buy or sell for themselves. Our owners, employees, subcontractors, colleagues and/or affiliates may hold positions in the stocks, currencies or industries discussed here. You understand and acknowledge that there is a very high degree of risk involved in trading. It should not be assumed that the 一目均衡表 methods, techniques, or indicators presented in these products will be profitable or that they will not result in losses. Testimonials may not be representative 一目均衡表 一目均衡表 of the experience of other clients, and testimonials are no guarantee of future performance nor success. Their experiences may not be typical of what you can expect to achieve, as results may vary. Claims contained within testimonials have not been verified. Testimonials, case studies and success stories are individual experiences by persons who have used our services. Although these are accepted from site visitors and customers in good faith, we have not independently examined the trading records of any customers and therefore have not verified any specific figures or results quoted therein. For this reason you should assume that their results are not typical. No representation is being made that any account will or is likely to achieve profits of any kind. Generally-expected customer results are that all traders lose money and do not become profitable, regardless of the training they receive -- trading is a high-risk speculative activity and there is significant risk of financial loss involved. Trading involves a substantial degree of risk and may not be suitable for all investors. Past performance is not necessarily indicative of future results. Commodity Futures Trading Commission (CFTC) Rule 4.41 HYPOTHETICAL PERFORMANCE RESULTS HAVE MANY INHERENT LIMITATIONS, SOME OF WHICH ARE DESCRIBED BELOW. NO REPRESENTATION IS BEING MADE THAT ANY ACCOUNT WILL OR IS LIKELY TO ACHIEVE PROFITS OR LOSSES SIMILAR TO THOSE SHOWN. IN FACT, THERE ARE FREQUENTLY SHARP DIFFERENCES BETWEEN HYPOTHETICAL PERFORMANCE RESULTS AND THE ACTUAL RESULTS SUBSEQUENTLY ACHIEVED BY ANY PARTICULAR TRADING PROGRAM. ONE 一目均衡表 一目均衡表 OF THE LIMITATIONS OF HYPOTHETICAL PERFORMANCE RESULTS IS THAT THEY ARE GENERALLY PREPARED WITH THE BENEFIT OF HINDSIGHT. IN ADDITION, HYPOTHETICAL TRADING DOES NOT INVOLVE FINANCIAL RISK, AND NO HYPOTHETICAL TRADING RECORD CAN COMPLETELY ACCOUNT FOR THE IMPACT OF FINANCIAL RISK IN ACTUAL TRADING. FOR EXAMPLE, THE ABILITY TO WITHSTAND LOSSES OR ADHERE TO A PARTICULAR TRADING PROGRAM IN SPITE OF TRADING LOSSES ARE MATERIAL POINTS WHICH CAN ALSO ADVERSELY AFFECT ACTUAL TRADING RESULTS. THERE 一目均衡表 ARE NUMEROUS OTHER FACTORS RELATED TO THE MARKETS IN GENERAL OR TO THE IMPLEMENTATION OF ANY SPECIFIC TRADING PROGRAM WHICH CANNOT BE FULLY ACCOUNTED FOR IN THE PREPARATION OF HYPOTHETICAL PERFORMANCE RESULTS AND ALL OF WHICH CAN ADVERSELY AFFECT ACTUAL TRADING RESULTS. The information, services, products, claims, and materials 一目均衡表 on our sites are provided “as is” and without warranties of any kind, either expressed or implied. We disclaim all warranties, expressed or implied, related 一目均衡表 to strategies and content provided on this site as well as those that are presented in our products and services. All courses, videos and services are licensed for individual noncommercial private use only and may not be resold nor redistributed in any manner. All sales are final and no 一目均衡表 refunds are offered. Every visitor to this site, and subscriber (or prospective subscriber or customer) acknowledges and accepts the limitations of the services provided, and 一目均衡表 agrees, as a condition precedent to his/her/its access to our sites, to release and hold harmless Candlecharts.com, Candlechartsacademy.com and Mycandlecharts.com, its officers, directors, owners, employees and agents from any and all liability of any kind (including but not limited to his/her viewing and/or implementation of this 一目均衡表 sites’ content, emails, webinars, videos, subscription to services and/or purchase of any trader training product or service herein). We encourage all traders to learn to trade in a simulated trading environment using a demo account only, where no risk may be incurred and to not risk live capital.

人気のEMA や時間別出来高もあるインジケーターを追加しよう

TradingView には標準で80 種類ものインジケーターが用意されています。人気の移動平均線やボリンジャーバンド・MACD の他、タートルズが使用していたATR もあります。
インジケーター名は一部が日本語訳にされているため、日本で使われている一般名と違う場合があります。例えば「一目雲」(一目均衡表)や「平均の真の変動幅」(ATR)です。下記にて赤字にて記載がされています。
また、TradingViewの「一目雲」(一目均衡表)はFXのデファクトスタンダードソフトウェアのMetaTraderと同じく計算が間違っており正しく表示がされません。正しい一目均衡表の表示方法も後述いたします。

インジケーターをチャートに追加をする

STEP.1
画面上部の[インジケーター]ボタンをクリックします ❶ 。

STEP.2
[テクニカル解析]の[組み込み]メニューを選択し ❷ 、右側の一覧からインジケーターを選択します ❸ 。選択クリック数だけ、チャートに追加がされます。

また、左上の[検索]フォームからインジケーター名で検索をすることもできます。上記の日本語表示名または英語表記名で記述をすると、対応したインジケータが表示されます。(ATRを表示させようとした場合、「平均の真の変動幅」「Average True Range」「ATR」どれでも検索をすることができます。)

STEP.3
追加が終わりましたら、右上の[閉じる]ボタンをクリックします ❹ 一目均衡表 。

STEP.4
チャートにインジケーターが追加されています ❺ 。

お気に入りへ追加をする

インジケーター名にカーソルを合わせると、右側に[お気に入りへ追加]ボタンが表示されます ❶ 。
ボタンをクリックしますと、[お気に入り]項目が表示され ❷ 、お気に入りに追加されます ❸ 。

インジケーターの設定を変更しよう

STEP.1
チャート左上インジケータ名の右側にある[設定]ボタンをクリックします ❶ 。

STEP.2
[入力]画面にて、インジケーターのパラメータを変更します。

移動平均線は、通常終値の価格をベースに計算がされます。
[ソース]では、インジケーターを計算をするベースの価格を「終値」以外に設定をすることができます。

STEP.3
[スタイル]画面にて、線の色や太さ・線の種類を変更することができます。

STEP.4
設定が終わりましたら、[OK]ボタンをクリックします ❷ 。

インジケーターの位置を変更しよう

インジケーターには、移動平均線やボリンジャーバンドなどローソク足と重ねて描かれるものと、MACD やRSI などチャートの下側にサブウィンドウとして描かれるものの2 種類があります。
サブウィンドウに表示されたインジケーターは、大きさや位置を変更することができます。

インジケーターの大きさを変更しよう

STEP.1
インジケーターの境界上にて、マウスの左ボタンを押したまま上下に移動させます ❶ 。目的の大きさになりましたら、左ボタンから指を離します ❷ 。

STEP.2
チャートやインジケーターサブウィンドウの右上カーソルを移動させると、[チャート最大化トグル]ボタンが表示されます ❸ 。クリックしますと、そのチャートのみを最大にして表示することができます。
もう一度クリックをしますと元に戻ります ❹ 。

また、チャート上をダブルクリックしても同じく最大にして表示がされます。

インジケーターの位置を変更しよう

チャートやインジケーターサブウィンドウの右上にカーソルを移動させると、[上に移動][下に移動]ボタンが表示されます。クリックしますと、チャートの順番が上下入れ替わります。

インジケーターを重ねて表示をしよう

STEP.1
サブウィンドウ左上のインジケーター名をクリックし、メニューを表示します ❶ 。
インジケーターの重ねる方向の[上へ重ねる][下へ重ねる]メニューを選択します ❷ 。

STEP.2
サブウィンドウ上の2 つのインジケーターが重ねて表示がされます ❸ 。
同じくチャート上のインジケーターもローソク足と分けて表示させることもできます。 一目均衡表

STEP.3
重ねた状態から元に戻す場合はインジケーター名をクリックし ❹ 、メニューから[重ねず上へ移動][重ねず下へ移動]メニューを選択します ❺ 。

不要になったインジケータを削除す る

STEP.1
チャート左上インジケータ名の右側にある[削除]ボタンをクリックすると ❶ 、インジケーターが削除されます。

STEP.2
一時的にインジケーターを表示させないようにするにするには、[表示/ 非表示]ボタンをクリックします ❷ 。
非表示にしたインジケーターを元に表示させるには、もう一度[表示/ 非表示]ボタンをクリックします ❸ 。

無料版と有料版の違いは

一目均衡表 一目均衡表
プランの比較 無料 PRO PRO+ Premium
二年毎に請求 無料$9.95 US 月々
(1,095円 月々)
$19.95 US 月々
(2,195円 月々)
$39.95 US 月々
(4,395円 月々)
毎年のご請求 無料 $12.95 US 月々
(1,425円 月々)
$24.95 US 月々
(2,745円 月々)
$49.95 US 月々
(5,495円 月々)
一目均衡表 一目均衡表 毎月のご請求 無料 $14.95 US 月々
(1,645円 月々)
$29.95 US 月々
(3,295円 月々)
$59.95 US 月々
(6,595円 月々)
チャート毎のインジケーター表示
(「出来高」を除く)
3 5 10 25

インジケーター検索にて移動平均線大循環分析と大循環MACDを表示しよう

STEP.1
画面上部の[インジケーター]ボタンをクリックします ❶ 。

STEP.2
左上の[検索]フォームをクリックします ❷ 。

STEP.3
「kojiro」と入力し ➌ 、右側の検索結果から[Kojirokoushi Daijyunkan EMA V3]と[Kojirokoushi Daijyunkan MACD V3]をそれぞれ1回クリックします ❹ 。
追加が終わりましたら、右上の[閉じる]ボタンをクリックします ➎ 。

STEP.4
チャートに大循環移動平均線と大循環MACDが表示できました。
これで「出来高」と「大循環移動平均線」と「大循環MACD」の3つが表示されていますが、「出来高」はインジケーター最大制限数に含まれませんので、後1つ無料プランでは表示することができます。

正しい一目均衡表の表示をするには

TradingViewの「一目雲」(一目均衡表)は、先行スパン1・先行スパン2・遅行スパンがズレて表示され、正しくありません。この間違いは、MetaTrader4で発生しています。正しい一目均衡表を表示するためには、インジケーター検索に「ichimoku」を検索し、[公開ライブラリ]の下側にある「Revised Ichimoku Kinko Hyo (修正版 一目均衡表)」を選択します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる