テクニカル指標

アリゲーターとオーサムオシレーターを解説

アリゲーターとオーサムオシレーターを解説
FX口座

MT5のインジケーター一覧と使い方を現役プロトレーダーが解説

移動平均線

></p>
<p>Variable Index Dynamic Average

オシレーター系

Average True Range(アベレージトゥルーレンジ

Average True Range

Average True Range通称ATRはトレンドの変わり目を捉えるインジケーターです。

Bears Power(ベアパワー)

Bears Power

Bulls Power(ブルパワー)

Bulls Power

Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)

Chaikin Oscillator

Commodity Channel Index(商品チャンネル指数)

Commodity Channel Index

DeMarker(デマーカー)

DeMarker

Force Index(勢力指数)

Force Index

MACD(マックディー)

MACD

Momentum(モメンタム)

Momentum

Moving Average of Oscillator(移動平均オシレーター)

Moving Average of Oscillator

Relative Strength Index(相対力指数)

Relative Strength Index

Relative Strength Index、通称RSIは相場の過熱感を調べることができるインジケーターです。

Stochastic Oscillator(ストキャスティックス)

Stochastic Oscillator

Triple アリゲーターとオーサムオシレーターを解説 Exponential Average(3重指数移動平均)

Triple Exponential Average

Williams' Percent Range(ウィリアムパーセントレンジ)

Percent Range

fx,手法

Accumulation/Distribution(蓄積/配信)

Accumulation/Distribution

Money Flow Index(マネーフローインデックス)

Money Flow Index

On Balance Volume(オンバランス数量)

On Balance Volume

Volmes(数量)

Volmes

しかし、 FX の場合は正確な取引量を測定できないので代わりにローソク足が何度更新されたのかをグラフにしています。

例えば 5 分足の場合、ローソク足の大きさを問わず 5 分間に何度も動けば数量のグラフは大きく伸びます。

ビルウィリアムズ系

Accelerator Oscillator(ACオシレーター)

Accelerator Oscillator

Alligator(アリゲーター)

Alligator,アリゲーター

Awesome Oscillator(オーサムオシレータ)

Awesome Oscillator

Fractals(フラクタル)

Fractals,フラクタル

いずれにしてもフラクタルのマークに触れた時が取引のサインです

Gator Oscillator(ゲーターオシレータ)

Gator Oscillator

Example系

ASI(累積スイング指数)

ASI

Awesome Oscillator(アウェサムオシレータ)

Oscillator

BB

BW Zone Trade(BW ゾーントレード)

BW Zone Trade

BW Zone Tradeはアウェサムオシレーターとアクセラレータを合わせたインジケーターで、その特徴は値動きの勢いが極めてわかりやすいことです。

CHV(チャイキンボラティリティ)

CHV

Color Candles Daily(カラーキャンドルデイリィ)

Color Candles Daily

Color Candles Dailyは1日ごとに色を変えてくれるだけのインジケーターです。

Color Line(カラーライン)

Color Line

Custom Moving Average(カスタムムービングアベレージ)

Custom Moving Average

DPO(デトレンドプライスオシレーター)

DPO

Force Index(フォースインデックス)

></p>
<p>Force Index

Heiken Ashi(平均足)

Heiken Ashi

Market Facilitation Index(マーケットファシリティションインデックス)

Market Facilitation Index

Market Facilitation Indexは色によって相場の方向を示します。

MI(アリゲーターとオーサムオシレーターを解説 マス・インデックス)

MI

Price channel(プライスチャンネル)

Price channel,プライスチャンネル

PTV(プライスボリュームトレンド)

PTV

ROC(レイトオブチェンジ)

ROC

RVI(リレイティブボラティリティインデックス)

RVI

Ultimate Oscillator(アルティメットオシレータ)

></p>
<p>Ultimate Oscillator

VROC(ボリュームレイトオブチェンジ)

VROC

W AD(ウィリアムズA/D)

W AD

ZigZag(ジグザグ)

ZigZag,ジグザグ

ジグザグは、期間ごとの高値と安値を線で結んでくれるインジケーターです。これを使えば高値と安値が大変わかりやすくなるのでトレードを有利に運べます。

上位足と下位足の向きが揃ったエントリーの意味とメリット

トレンドの見方がわからないのです

トレンドの見方がわからない 今は上昇でしょうか? 下降でしょうか? こういう疑問を持つ方って多いですよね 当然ながら取引スタイルによって違いますし、見方は様々です こういってしまえば身も蓋もないですが本当に人それ.

高木のパソコン画面の1つに表示しているチャート

パソコン画面の1つはこんな感じです。

表示しているのはユーロドルとドル円だけです。
画面左側に環境認識用の1時間足、右側には5分足か15分足をその時々で変えながら表示しています。

FXでのダウ理論を徹底解説します!

ダウ理論はFXのみならず相場でチャート分析をする基本です。 FXでは数多くの相場理論がありますが、そのなかでもダウ理論はマトモな理論です。 そこで、今回はFXをやるにあたり、最も重要な「ダウ理論」について説明していきま.アリゲーターとオーサムオシレーターを解説


個人的に上記の記事内容に 「押し安値・戻り高値」の概念を加えて、上位足のトレンドを見ています。
押し安値・戻り高値って何じゃ?という方は、下記の記事を参考にして下さい。

押し安値と戻り高値を理解すればトレンドの見方がよく分かる

FXフレンズの高木です。 今回はダウ理論を深く理解するために必須の「押し安値・戻り高値」について解説します。 押し安値・戻り高値を理解すると、トレンドの見方が明確になります。 買いと売りのどちらに優位性があるのかも把握で.

下位足チャートの見方

ユーロドル・ドル円の1時間足で目線を決める

もう一度、先ほどのチャート画像を見てみましょう。

アヴァトレードのMT5を解説

FX口座

アヴァトレード・ジャパンのMT5口座

日本初のMT5口座が、
アヴァトレード・ジャパンからリリースされました。
(2019年9月3日時点)

世界で最もメジャーなFX取引ツールの
開発会社メタクォーツ・ソフトウエア社にとって、
MT5は現行のMT4の後継バージョンとして置き換えていきたい最新版のツールです。

アヴァトレードMT5の特徴

原則固定の低いスプレッド


(2019年7月実績値としての原則固定表示レートの配信率は97.5%)

どこの業者も、多かれ少なかれ、
東京市場の朝一番、注目の経済指標の直後、サポート・レジスタンス等、
テクニカル派にとっての絶好のエントリーポイントやエグジットポイントでは、
スプレッドは例外的に広がります。

アヴァトレード・ジャパンの特徴としては
それらを含めた配信率、スプレッドの例外的な広がりと
スリッページは類似概念であるところ、
スリッページが法令に基づいて
しっかり顧客有利不利対照的になっているかどうかだと考えています。

またMT5独特の機能として
過去の歩み値を《スプレッドが、いつ、どれだけ、例外的に広がっていたか?》
というデータとして格納していて開示しています。

これらを踏まえると、
日本初のMT5、自動売買可能なアヴァトレードのMT5は、
投資家にとって透明性の高い配信ルールを伴っての
最狭スプレッド水準で提供されている
投資家フレンドリーなプラットフォームと言えます。

クイック入金は約330の金融機関に対応

24時間365日、取引チャンスを逃さない。

メガバンクから地域金融機関まで網羅する330行以上から
即時振り込みが可能な《クイック入金》。

平日はもちろんのこと、郵便局や銀行窓口がおやすみの土日祝でも、
時間帯にかかわらず24時間(原則)いつでもご入金を反映いただけます。

MT5でこれだけの数の金融機関から即時入金できるのは
アヴァトレード・ジャパンだけ抜群の便利さです。

MT5の特徴

21個の時間足チャートがある

メタトレーダーのチャートは、
簡単に様々な調整ができるので、
好みに合わせたカスタマイズが可能です。

MT5では、
折れ線グラフ・バーチャート・日本のロウソク足の3種類のチャートがあり、
各項目に対して個別に色を設定することができるため、
長時間に渡る作業の際にも快適にカスタマイズされた画面での作業ができます。

38個のテクニカルインジケータ

トレンド系、オシレーター系、ボリューム系、
ビルウィリアムスなど種類ごとに分かれて
ナビゲーターウィンドウに表示されている中から選択できます。

ボリンジャーバンド、エンベロープ、移動平均、パラボリックSAR、
標準偏差、一目均衡表、MACD、ブルズパワー、ベアーズパワー、 アリゲーターとオーサムオシレーターを解説
アリゲーター、オーサムオシレーターなど、
多種多様な指標を搭載されています。

MT5上のイベントカレンダー

MT5には、「経済イベントカレンダー」を搭載しており、
マクロ経済指標は主要な10カ国以上の経済状況がリアルタイムで更新され、 アリゲーターとオーサムオシレーターを解説
それを見ることができます。

詳細なマーケットデータ

MT4ではそれぞれのシンボルにおいて、
買値(Bid)、売値(Ask)、高値(High)、安値(Low)、時間(Time)の
5つの値のみが取得可能でしたが、
MT5では、取得可能な情報量が数倍に増えました。

それだけでなく「マーケットウォッチ(Market Watch)」タブより、
それぞれのシンボルについては20以上の統計データがリアルタイムで更新され、
それを見ることができます。

ビル・ウィリアムズのシステムに基づく取引システムモジュール


開発したエキスパートアドバイザは有効なフラクタルを次のようにマーキングします。(FrB — FractalBuy — 有効な買いフラクタル、FrS — FractalSell — 有効な売りフラクタル):

指値注文(Buy Stop)は、有効な買いフラクタルが形成したバーの最大値より1ピップス上に配置されます。指値注文(Sell Stop)は、有効な売りフラクタルが形成したバーの最小値より1ピップス下に配置されます。(フラクタルや他のインディケータに基づく)追加のポジションは、アリゲーターによるトレンドの変化後に最初のフラクタルが克服した後にのみ保有されます。

1.4. Awesome Oscillator(AO)— 2番目の市場指標

1.4.1. 概要

魔法のオシレーター(Awesome Oscillator — AO) は、市場の原動力を判別します。これは34期間の単純移動平均と5期間の単純移動平均のバーの中間値です。チャート上ではインディケータは棒グラフとして表示されます。

図5Awesome oscillator

1.4.2. 買いパターンの『ソーサ―』

このパターンは3つの列で構成されています。最初の列は中央の列よりも高い必要があり、色は特に指定はありません。中央の列は赤い色である必要があります。3つ目の列(シグナル)は緑色である必要があります。シグナルはエキスパートアドバイザによってAOインディケータ上で表示され、DiB (Dish Buy)という略語を持っています。

1.4.3. 売りパターンの『ソーサー』

このパターンは3つの列で構成されています。最初の列は中央の列よりも低い必要があり、色は特に指定はありません。中央の列は緑色である必要があります。3つ目の列(シグナル)は、赤色である必要があります。シグナルはエキスパートアドバイザによってAOインディケータ上で表示され、DiS (Dish Sell)という略語を持っています。

1.4.4. 買いのパターン『ゼロ線交差』

シグナルは棒グラフが下から上にゼロ線と交差する時に発生します。ゼロ線と交差した列がシグナルとなります。シグナルはエキスパートアドバイザによってAOインディケータ上で表示され、CrB (Cross Buy)という略語を持っています。

1.4.5. 売りのパターン『ゼロ線交差』

シグナルは棒グラフが上から下にゼロ線と交差する時に発生します。ゼロ線と交差した列がシグナルとなります。シグナルはエキスパートアドバイザによってAOインディケータ上で表示され、CrS (Cross Sell)という略語を持っています。

1.アリゲーターとオーサムオシレーターを解説 4.6. 買いのパターン『2つの尖り』

図10買いのパターン『2つの尖り』

買いのシグナルは、棒グラフがゼロ線よりも下にあり、インディケータの最後の底が前のものより上にある場合に発生します。またこの時、これらの極値の間で棒グラフはゼロより上になりません。シグナルはエキスパートアドバイザによってAOインディケータ上で表示され、2pB (2 アリゲーターとオーサムオシレーターを解説 peak Buy)という略語を持っています。

1.4.7. 売りのパターン『2つの尖り』

売りのシグナルは、棒グラフがゼロ線よりも上にあり、インディケータの最後のピークが前のものより下にある場合に発生します。またこの時、これらの極値の間で棒グラフはゼロより下になりません。シグナルはエキスパートアドバイザによってAOインディケータ上で表示され、2pS (アリゲーターとオーサムオシレーターを解説 2 peak Sell)という略語を持っています。

1.4.7. 注文の設定

買いシグナルの列の発生時に、指値注文(Buy Stop)がシグナルバーの最大値よりも1ピップス上に設定されます。買いシグナルの列の発生時に、指値注文(Sell Stop)がシグナルバーの最小値よりも1ピップス下に設定されます。

1.5. Acceleration/Deceleration Oscillator(AC)-3つ目の市場指標シグナル

図12ACオシレーター

図13ACオシレーターのパターン

シグナルはACインディケータ上でエキスパートアドバイザによって表示され、S(Sell)とB(Buy)の通称を持ちます。買いシグナルの列の発生時に、指値注文(Buy Stop)がシグナルバーの最大値よりも1ピップス上に設定されます。買いシグナルの列の発生時に、指値注文(Sell Stop)がシグナルバーの最小値よりも1ピップス下に設定されます。

1.6. エリアトレード(4つ目の市場指標シグナル)

エリアトレードのシグナルはACインディケータ上でZS(アリゲーターとオーサムオシレーターを解説 Zone Sell)やZB (Zone Buy)として表示されます(通常、ACインディケータからのシグナルと一致します)。

アヴァトレードのMT5を解説

FX口座

アヴァトレード・ジャパンのMT5口座

日本初のMT5口座が、
アヴァトレード・ジャパンからリリースされました。
(2019年9月3日時点)

世界で最もメジャーなFX取引ツールの
開発会社メタクォーツ・ソフトウエア社にとって、
MT5は現行のMT4の後継バージョンとして置き換えていきたい最新版のツールです。

アヴァトレードMT5の特徴

原則固定の低いスプレッド


(2019年7月実績値としての原則固定表示レートの配信率は97.5%)

どこの業者も、多かれ少なかれ、
東京市場の朝一番、注目の経済指標の直後、サポート・レジスタンス等、
テクニカル派にとっての絶好のエントリーポイントやエグジットポイントでは、
スプレッドは例外的に広がります。

アヴァトレード・ジャパンの特徴としては
それらを含めた配信率、スプレッドの例外的な広がりと
スリッページは類似概念であるところ、
スリッページが法令に基づいて
しっかり顧客有利不利対照的になっているかどうかだと考えています。

またMT5独特の機能として
過去の歩み値を《スプレッドが、いつ、どれだけ、例外的に広がっていたか?》
というデータとして格納していて開示しています。

これらを踏まえると、
日本初のMT5、自動売買可能なアヴァトレードのMT5は、
投資家にとって透明性の高い配信ルールを伴っての
最狭スプレッド水準で提供されている
投資家フレンドリーなプラットフォームと言えます。

クイック入金は約330の金融機関に対応

24時間365日、取引チャンスを逃さない。

メガバンクから地域金融機関まで網羅する330行以上から
即時振り込みが可能な《クイック入金》。

平日はもちろんのこと、郵便局や銀行窓口がおやすみの土日祝でも、
時間帯にかかわらず24時間(原則)いつでもご入金を反映いただけます。

MT5でこれだけの数の金融機関から即時入金できるのは
アヴァトレード・ジャパンだけ抜群の便利さです。

MT5の特徴

21個の時間足チャートがある

メタトレーダーのチャートは、
簡単に様々な調整ができるので、 アリゲーターとオーサムオシレーターを解説 アリゲーターとオーサムオシレーターを解説
好みに合わせたカスタマイズが可能です。

MT5では、
折れ線グラフ・バーチャート・日本のロウソク足の3種類のチャートがあり、
各項目に対して個別に色を設定することができるため、
長時間に渡る作業の際にも快適にカスタマイズされた画面での作業ができます。

38個のテクニカルインジケータ

トレンド系、オシレーター系、ボリューム系、
ビルウィリアムスなど種類ごとに分かれて
ナビゲーターウィンドウに表示されている中から選択できます。

ボリンジャーバンド、エンベロープ、移動平均、パラボリックSAR、
標準偏差、一目均衡表、MACD、ブルズパワー、ベアーズパワー、 アリゲーターとオーサムオシレーターを解説
アリゲーター、オーサムオシレーターなど、
多種多様な指標を搭載されています。

MT5上のイベントカレンダー

MT5には、「経済イベントカレンダー」を搭載しており、
マクロ経済指標は主要な10カ国以上の経済状況がリアルタイムで更新され、
それを見ることができます。

詳細なマーケットデータ

MT4ではそれぞれのシンボルにおいて、
買値(Bid)、売値(アリゲーターとオーサムオシレーターを解説 Ask)、高値(High)、安値(Low)、時間(Time)の
5つの値のみが取得可能でしたが、
MT5では、取得可能な情報量が数倍に増えました。

それだけでなく「マーケットウォッチ(Market Watch)」タブより、
それぞれのシンボルについては20以上の統計データがリアルタイムで更新され、
それを見ることができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる