オンライン外国為替取引

固定スプレッド

固定スプレッド

固定スプレッドの口座を開設できる海外FX業者

FBSのスプレッドは、口座タイプで種類と取引手数料が変わります。 口座タイプとスプレッド セント:変動 マイクロ:固定(銘柄ごとに設定) 固定スプレッド スタンダード:変動 ゼロスプレッド:0pips(取引手数料は2 .

IFC Markets

IFC Marketsは、 口座残高に最大7%の利息 が付きます。さらに独自開発の高性能ツール「NetTradeX」を、独占利用できます。

  • Fixed口座(スタンダード、ビギナー、マイクロ)
    1.8pips〜、取引手数料は無料
  • 1アカウントの口座数:24つまで
IFC Marketsの口座開設方法を実際の手順で解説

IFC Markets(IFCマーケット)は、1人24個まで口座を作れます。口座は取引ツール、口座タイプ、スプレッドの種類を組み合わせます。 口座の種類 取引ツール:NetTradeX(独自開発)、M .

IronFX(アイアンFX)

IronFX(アイアンFX)は、 追加資金を上限なく何度でも もらえます(入金額の100%)。ボーナスが無制限の海外FX業者は、他に知りません(30社ほど調べた中で)。

  • ライブ固定口座
    1.8pips〜、取引手数料は無料
  • ライブゼロスプレッド口座
    0pips〜、取引手数料は往復18ドル〜/lot(1.8pips〜)
  • 1アカウントの口座数:制限なし(5つほどが推奨)
IronFX(アイアンFX)の口座開設手順と口座タイプの選び方

easyMarkets(イージーマーケット)

easyMarkets(イージーマーケット)は2つの独自機能があります。 損失が出た取引をキャンセルできる「dealCancellation」と、スリッページなしの「フリーズレート」 です。

easyMarketsのスプレッド一覧と特徴を解説

easyMarkets(イージーマーケット)は、取引手数料無料です。そしてスプレッドは、取引プラットフォームとアカウントの種類で変わります。 スプレッドの特徴 固定:MT4と自社プラットフォーム 固定スプレッド 変動 .

関連記事の一覧

トルコリラ円を取引できる海外FX業者とスワップポイント

トルコリラ円を取引できる、海外FX業者をまとめました。 対応業者の一覧 アキシオリー:取引制限なし(両建ても自由) アイフォレックス:口座残高に利息がつく アイアンFX:ボーナスが無制限にもらえる F .

海外FXアフィリエイトの始め方とおすすめの業者

海外FXのアフィリエイトについて、内容と業者をまとめました。 海外FXアフィリエイトについて 違法ではない(金融ライセンスで合法運営) 税金は趣味か仕事かで変わる(個人と法人も) 報酬は青天井(取引に .

法人口座を開設できる海外FX業者一覧【2022年版】

この記事では、法人口座を開設できる海外FX業者をまとめています。 対応業者の一覧はこちら 法人口座のチェック項目 法人の必要書類 個人書類の対象者(代表者または役員全員) 個人名義の入出金対応 決済で .

イタリア債利回り上昇 スプレッドの拡大はユーロを圧迫=NY為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China 固定スプレッド Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 固定スプレッド また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

固定スプレッドの口座を開設できる海外FX業者

FBSのスプレッドは、口座タイプで種類と取引手数料が変わります。 口座タイプとスプレッド セント:変動 マイクロ:固定(銘柄ごとに設定) スタンダード:変動 ゼロスプレッド:0pips(取引手数料は2 .

IFC Markets

IFC 固定スプレッド Marketsは、 口座残高に最大7%の利息 が付きます。さらに独自開発の高性能ツール「NetTradeX」を、独占利用できます。

  • Fixed口座(スタンダード、ビギナー、マイクロ)
    1.8pips〜、取引手数料は無料
  • 1アカウントの口座数:24つまで
IFC Marketsの口座開設方法を実際の手順で解説

IFC Markets(IFCマーケット)は、1人24個まで口座を作れます。口座は取引ツール、口座タイプ、スプレッドの種類を組み合わせます。 口座の種類 取引ツール:NetTradeX(独自開発)、M .

IronFX(アイアンFX)

IronFX(アイアンFX)は、 追加資金を上限なく何度でも もらえます(入金額の100%)。ボーナスが無制限の海外FX業者は、他に知りません(30社ほど調べた中で)。

  • ライブ固定口座
    1.8pips〜、取引手数料は無料
  • ライブゼロスプレッド口座
    0pips〜、取引手数料は往復18ドル〜/lot(1.8pips〜)
  • 1アカウントの口座数:制限なし(5つほどが推奨)
IronFX(アイアンFX)の口座開設手順と口座タイプの選び方

easyMarkets(イージーマーケット)

easyMarkets(イージーマーケット)は2つの独自機能があります。 損失が出た取引をキャンセルできる「dealCancellation」と、スリッページなしの「フリーズレート」 です。

easyMarketsのスプレッド一覧と特徴を解説

easyMarkets(イージーマーケット)は、取引手数料無料です。そしてスプレッドは、取引プラットフォームとアカウントの種類で変わります。 固定スプレッド スプレッドの特徴 固定:MT4と自社プラットフォーム 変動 .

関連記事の一覧

トルコリラ円を取引できる海外FX業者とスワップポイント

トルコリラ円を取引できる、海外FX業者をまとめました。 対応業者の一覧 アキシオリー:取引制限なし(両建ても自由) アイフォレックス:口座残高に利息がつく アイアンFX:ボーナスが無制限にもらえる F .

海外FXアフィリエイトの始め方とおすすめの業者

海外FXのアフィリエイトについて、内容と業者をまとめました。 海外FXアフィリエイトについて 違法ではない(金融ライセンスで合法運営) 税金は趣味か仕事かで変わる(個人と法人も) 報酬は青天井(取引に .

法人口座を開設できる海外FX業者一覧【2022年版】

この記事では、法人口座を開設できる海外FX業者をまとめています。 対応業者の一覧はこちら 法人口座のチェック項目 法人の必要書類 個人書類の対象者(代表者または役員全員) 個人名義の入出金対応 決済で .

固定スプレッド

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.固定スプレッド 2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

固定スプレッド

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 固定スプレッド 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) 固定スプレッド = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 固定スプレッド 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる