タダで投資

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
性別:男性
年齢:40代
職業:正社員
手数料なども魅力でしたが、一番は銘柄スカウターがとても便利でした。ほかの証券会社でも銘柄の売り上げや決算などを見るとこができますが、銘柄スカウターはファンダを調べるうえで、とても便利です。特に決算の売り上げや利益、資産や今後の予想、アナリスト予想などがとても見やすくデザインされているので、初心者でも調べやすく、今ではほかのツールは使えません。これだけでも口座開設するメリットがあります。

『死神』バイナリーオプションサインツール【検証とレビュー】

分りやすく掛金1000円でエントリーします!1マーチンまでのエントリーでマーチン倍率は2.0倍にします。ペイアウトは1.85倍とします。

※マーチン倍率2.0倍とは、1000円で負けたら次に2000円でエントリー(負けると総額3000円の損失) 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
※マーチン倍率が2.2倍ならば、1000円で負けたら次に2200円でエントリー(負けると総額3200円の損失)

では、エントリー開始!!やったー!!8連勝達成!!※ただ、全部1マーチン勝ちだな…でも勝てばいいか!

あー、連敗してしまった…でも8勝2敗だから大丈夫!!勝率80%だから余裕で利益出てるはず…あれ!?損失が出てる…

というような流れとなります。金額で説明します。

まず、上記設定で1000円の掛金で1マーチン勝ちすれば700円の利益となります。700円×8勝したわけです。なので、5600円の利益でした。

1マーチン設定で2回負けると1敗が-3000円×2敗なので6000円の損失つまり、トータルで-400円となります。

上記はあくまで例です。8連勝がすべて1マーチン勝ちということはあまり無いかもしれません。8連勝で止める、または1敗した時点で止めれば利益は出ます。ただ、2連敗スタートの場合はどうでしょうか?恐くてこれ以上稼働出来ませんよね。

死神が向いている人

  • バイナリーオプションの1分足もしくは5分足トレードに興味がある
  • バイナリーオプションを無裁量で行いたい
  • 勝率60%でもトータルで勝てるなら気にしない
  • マーチンゲールを使っていない事を評価する
  • LINEサポートを希望する
  • バイナリーオプションでマーチンができないのが嫌だ
  • 購入前にトレードロジックが完全に分からないと納得できない
  • 勝率60%程度では納得できない
  • バイナリーオプションが嫌い

評価: (高評価) 過去にも高評価のバイナリーオプションツールを販売していた開発者がリリースした最新バイナリーオプション商材。以前の自由な設定が可能なツールとは真逆のパラメーター固定したツールで通算勝率60%程度を狙いトータルで勝ちを目指すツール。

ユーロドルで10年間トータルで勝率60%の実績がある完全無裁量ツール。マーチンゲールを使っていない事も含めて極めて現実的なツール。

現在、最新バージョン(v3)の福猫バイナリーツールを販売しています(まもなく値上げの予定)。 [sitecard subtitle=福猫バイナリーツール購入記事 url=https://kuroda-yuusuke.com/fukunek[…]

福猫バイナリーツール:インジケーターのパラメーター

福猫バイナリーツールが販売中ですが、この記事ではシグナルを元にしたトレード検証結果を紹介します。 裁量部分はごく一部ですので、ほぼ無裁量でトレードが可能です。 福猫バイナリー 評価:[star-li[…]

くりっく365 自動売買 システムトレード シストレ365

くりっく365

その「FXトレーディングシステムズ」が提供するくりっく365のFXブロードネット365は、システムトレード(自動売買)が可能な「 シストレ365コース 」が有ります。

FXTS シストレ365 特徴

くりっく365 自動売買 シストレ365

プログラミング不要で、FX自動売買が可能

シミュレーション機能も搭載

FXブロードネット365 取引手数料

スタンダードコース
(通常の手動取引)
新規注文1ロットあたり片道150円
決済注文1ロットあたり片道150円
シストレ365コース
(自動売買)
新規注文0円(手数料無料)
決済注文0円(手数料無料)

シストレ365 利用料金

シストレ365 利用料金

シストレ365 欠点 注意点

手動での取引は不可

PCの電源がONの状態でないと、自動売買が出来ない

当ブログ管理人より

お勧め証券会社

  1. FX会社大手。
  2. 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
  3. FX未経験向けのFXスクールが 無料で受講可能 (オンライン又は会場。)
  4. 現金3,000円貰える外為どっとコム キャンペーン実施中。 で取引可能。
  5. FX業者中トップクラスの為替情報。
  6. サーバーが堅牢でシステムダウンに強い。
  7. 豪華賞品が貰えるバーチャルFX有り(参加費無料。)
  1. FX会社大手。ヒロセ通商 FX上場企業
    (現金5千円と美味しい食品が貰える) 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い で取引可能。
  2. 取引ツールが高機能(ワンクリックドテン注文などの便利な注文が可能。)
  3. 51種類の豊富な通貨ペア。
  4. 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
  5. 月曜朝6時からFX取引可能
    (他社は月曜朝7時から)
  6. デモトレード有り。

MT4スプレッド

  1. FX会社大手。
    (最低資金4円から取引可能) が高い。
  2. 大人気の高性能取引ソフト「メタトレーダー(MT4)」が利用可能。
  3. MT4でシステムトレード&手動取引が可能。
  4. デモ口座有り。

株式現物取引 一日定額制 ネット証券会社の現物株取引の「株式手数料比較表(一日定額制)」を作成しました。 何れの業者も「パソコン、スマートフォン、タブレット」で簡単に口座開設・取引可能です。 取引手数料 比較表 表の.

FX1通貨~1,000通貨業者 一覧表 FX初心者や資金が少ない人向けの、1,000通貨単位以下・手数料無料(手数料0円)の店頭FX 相対FX業者です(手数料が必要なFX業者も一部有ります)。 FXの取引単位の意味が分からない方.

FX 約定能力とは? 店頭FX取引のFX業者には 約定能力の高いFX業者指定した為替レートできちんと約定する。 約定能力の低いFX業者指定した為替レートで約定しない。もしくは約定しにくい。 の2種類の業者が有.

FX くりっく365 天下り 金融庁

金融庁 天下り目的でFX規制強化? 金融庁が天下り先確保の為にFXの規制強化をしていると言った話が噂されています。 以下、ZAKZAK 2009/05/13より引用です。 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 金融庁、FX規制に下心あり? 金融庁がFX 外国.

くりっく365 マーケットメーカー マーケットメイク

現在、くりっく365でマーケットメイクを行っているマーケットメーカーは くりっく365 マーケットメイカー名(五十音順) コメルツバンク・アクツィエンゲゼルシャフト(コメルツ銀行) ゴールドマン・サックス証券 ドイツ証券 野村證券 バ.

くりっく365 異常レート 異常値 誤ティック バッドティック 暴落 対策

くりっく365 入門 メリット 利点 デメリット 欠点 特長

くりっく365のFX 外国為替証拠金取引の特長(メリット、デメリット)は、下記の通りです。 くりっく365 メリット 長所 利点 税制優遇により、税率は一律20%(一般的な店頭FX 相対FX業者の場合、最大50%の税率が掛かります。.

ダイワのトレーディングボード365FX トレボ365FX 使い方 操作方法

くりっく365のFX 外国為替証拠金取引の大和証券 ダイワ365FXは、「ダイワのトレーディングボード365FX」(通称 トレボ365FX)という高機能トレーディングツールが無料で使えます。 大和証券 ダイワ365FXは、数々のメリットか.

スイングトレードとは?銘柄の選び方や成功のコツを解説!

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート

私が始めた当初は、まだ窓口や電話が主流の時代でした。迅速な取引き、手数料を減らしたく松井証券で開設をしました。現在はアプリからの取引きを主にしていますが、実にシンプルなアプリで、兎に角迅速な取引きをしたい方にお勧めです。簡単に銘柄登録もでき、複数気配やチャートの画面からすぐ取引き画面に移れるので、スピーディーです。株主優待などの情報はアプリから見た事がないので、他で情報を得る必要があると思います。

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券は5万円超10万円以下の取引において、手数料が税込99円と手数料が比較的安い証券会社です。また、取引時にさまざまな注文方法を選択できるため、より効率的なスイングトレードを実現できます

トレーディングツール「マネックストレーダー」が非常に高機能であることも強みの一つです。リアルタイムでチャートや株価を確認でき、ランキング機能などと併用することで、取引タイミングを見逃さず投資ができます。スイングトレードにおいて、大きな戦力となる「マルチチャートビューア」機能など、利用価値のある便利な機能が詰まっています。

性別:男性
年齢:40代
職業:正社員

手数料なども魅力でしたが、一番は銘柄スカウターがとても便利でした。ほかの証券会社でも銘柄の売り上げや決算などを見るとこができますが、銘柄スカウターはファンダを調べるうえで、とても便利です。特に決算の売り上げや利益、資産や今後の予想、アナリスト予想などがとても見やすくデザインされているので、初心者でも調べやすく、今ではほかのツールは使えません。これだけでも口座開設するメリットがあります。

auカブコム証券

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

auカブコム証券もネット証券大手の一つです。「ワンショット手数料コース」と「1日定額手数料コース」の2つのコースが用意されていて、投資スタイルに合わせてよりお得な手数料で取引できます。どちらにしても手数料は業界最安値です。

トレーディングツール「kabuステーション」では、株価やチャート、ニュースなどを確認でき、このツールで発注までワンストップでできることも強みです。「カブナビ」というスクリーニングツールもあり、こちらは200を超える条件から詳細に銘柄を絞っていくことができます。

他にもさまざまなツールが用意されているので、ツールを活用してより良いスイングトレードを実現したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

手数料(税込)少額投資こんな人におすすめ
楽天証券プランによって
100万円まで無料
×楽天ポイントも使いたい
SBI証券プランによって
100万円まで無料
投資信託や金などへの投資も考えたい
松井証券50万円まで無料×充実したサポート体制の下で投資したい
マネックス証券10万円ま99円少額取引から開始したい
auカブコム証券10万円まで99円豊富なツールを使いたい

スイングトレードは初心者・時間がない人におすすめ

スイングトレードが初心者にもおすすめできるポイントを以下にまとめます。

初心者にもおすすめできるポイント

  • 画面に張り付く必要がない
  • 総合的に見て利益を出しやすい
  • 安心感がある

スイングトレードでは、数日から数週間程度ポジションを保有するので、デイトレードのような短期取引と異なり、常にチャートを監視しておく必要がありません。常にチャートを監視して、取引タイミングを見定める行為は精神的なストレスとなることもあります。また、仕事などで忙しい場合にも、スイングトレードであれば時間の確保がしやすいので、他の投資に比べてスタートしやすい投資と言えます。

さらに、デイトレードなどの短期取引に比べて、トレンドが掴みやすいので、利益を出しやすいのも特徴です。短期トレードになるほど、チャートを監視していないと値動きを掴みにくく、複雑なテクニカル分析などの知識も必要になります。そういった意味で参入障壁が低いことも、初心者や時間がない人におすすめできるポイントと言えるでしょう。

また、短期取引はベテランのトレーダーでも失敗することがあります。長くポジションを保有するスイングトレードの方が、安心して取り組むことのできる手法と言えます

スイングトレードの始め方

利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、メールやチャット、コールセンターなどに相談できるのかも重要でしょう

口座開設後は、実際に取引を開始することになりますが、デイトレードなど他の取引手法も試してみることもおすすめです。スイングトレードのメリットをより掴みやすくなり、より良いトレードができるようになります。資金に余裕がある場合には、他の手法にも取り組んでみてください。1つの口座でさまざまな金融商品を扱える証券会社であれば、その幅も広がります

いずれの場合も口座開設の目的を先に明確にすることが重要です。そもそも投資を開始するのはなぜなのか、証券会社を選ぶ際に明確にするようにしましょう

スイングトレードについてよくあるQ&A

スイングトレードとは? スイングトレードとは、株式取引の中でも2〜3日から数週間の短い期間で売買を進める手法です。中長期的に運用するのではなく、短期的な視点を持って利益が出た時に必ず株式を売却して利確します。企業業績や市場全体の動向などを分析する必要はあまりなく、テクニカル指標やチャートなどが重視されます。

スイングトレードのメリット

    裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
  • 画面に張り付く必要がない
  • 中長期的な投資方法よりも成果が出るのが早い
  • 株価の変動がなくても利益を出しやすい
  • 少ない資金で大きな利益を出しやすい/li>
  • 資金効率が良い

スイングトレードのデメリット

  • 時間外に株価の変動がある
  • 損切りが難しい
  • 手数料コストが高い

銘柄を選ぶポイント

  • 流動性の高い銘柄を選ぶ
  • 投資スタイルに合わせて銘柄を選ぶ
  • 銘柄数は3〜5つに絞る
  • 上昇トレンドを見て銘柄を選ぶ

スイングトレードの始め方は? スイングトレードを始めるにはまず証券会社で口座を開きます。手数料の安さやツール・アプリの使い勝手、サポート体制など、さまざまな要素から選定していくのがおすすめです。 利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、電話やメール、チャットなどで相談できるのかも重要でしょう

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

トラリピとトライオートFXを5つの観点で徹底比較!選ぶべきはどっち?

トラリピ

為替コヤジ

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選9種のほったらかし投資で 月に20万円から40万円ほど稼いでいます 。

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い この記事で分かること

  • トラリピとトライオートFXの違いを5つのポイントで解説
  • トラリピとトライオートFXのどちらを使った方が得をするのか?
  • 為替コヤジはどう使い分けているのか?

トラリピとトライオートFXの比較

1. 通貨ペア

数が多けりゃいいという訳ではありませんが、 通貨ペアはトライオートFXの勝ち ということになります。

通貨ペアトラリピトライオートFX
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
カナダドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
NZドル/米ドル
ユーロ/英ポンド
ユーロ/豪ドル
豪ドル/NZドル
スイスフラン/円
米ドル/スイスフラン
米ドル/カナダドル
トルコリラ/円
南アフリカランド/円
メキシコペソ/円

2. コスト

取引手数料

従って 取引手数料はトラリピの圧勝 です。

トライオートFXの取引手数料

取引数量新規決済1,000通貨あたり
1万通貨未満2.0pips2.0pips往復40円(対外貨は0.4外貨)
1万通貨以上10万通貨未満1.0pips1.0pips往復20円(対外貨は0.2外貨)
10万通貨以上50万通貨未満0.5pips0.5pips往復10円(対外貨は0.1外貨)
50万通貨以上無料

スプレッド

従って スプレッドはトライオートFXの圧勝 です。

通貨ペアトラリピトライオートFX
米ドル/円4.00.3
ユーロ/円5.00.5
英ポンド/円8.01.裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 0
豪ドル/円6.00.6
NZドル/円7.01.7
カナダドル/円5.01.裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 9
ユーロ/米ドル4.10.3
英ポンド/米ドル5.01.4
豪ドル/米ドル5.01.4
NZドル/米ドル5.02.0
ユーロ/英ポンド1.9
ユーロ/豪ドル2.0
豪ドル/NZドル3.75.8
スイスフラン/円2.0
米ドル/スイスフラン2.0
トルコリラ/円6.01.5
南アフリカランド/円3.01.8
メキシコペソ/円2.5

取引手数料(1,000通貨往復)とスプレッドを足した総コストは以下の通りです。スプレッドはトライオートFXの圧勝でしたが、取引手数料を加えると いい勝負 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる