外国為替証拠金取引

FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは

FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは

動画をマーケットスピードFX内で見られるのは、筆者として嬉しいポイントです。ざわざ別ウインドウで動画を開く必要がないため、見やすいというメリットがあります。

FXの注意点やリスク

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

FXは副業にあたる?取引時の注意点とおすすめのFX口座を解説

近年高まっている副業ブーム、その一環としてFXを始めようと考えている会社員の方は多いのではないでしょうか。
その一方で副業禁止の会社員に勤めている方は「副業ってFXも含まれるのかな?」という疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。
この記事では FXが副業とみなされるか否かを解説しつつ、おすすめのFX口座も併せて紹介します。
結論から言うとFXは副業に当たりません。注意点を押さえ、会社員の仕事と両立しながらFX取引を行いましょう。

  • FXは副業とみなされないので、副業禁止の会社員や公務員でも取り組める
  • FXを副業とするメリットは時間の成約が無いことや経済の知識が身に付くこと
  • 会社にバレずに行いたい方は、住民税を自分で支払うこと

FXは副業に当たるのか?


結論:副業とはみなされない

結論として、FXは副業とはみなされません。
その理由としては、副業の定義が「会社以外の場所で労働を行った結果、金銭を得る行為」とされているからです。
FXは投資・資産運用の一環であり上記の労働には該当しないため、副業とはみなされないのです。
ちなみに副業とみなされないのはFXに限らず株式投資や投資信託、仮想通貨投資などの資産運用についても同様です。

副業禁止の企業でも取り組める

先述の通りFXは副業とみなされないため、 副業禁止の企業に勤めている方や公務員でも取り組めます。
特に公務員の副業の場合は法律で罰則の対象となるため、本業以外で稼げる数少ない手段となります。

FXを副業で取り組む5つのメリット


  • 公務員でも取り組める
  • 平日なら夜中・早朝でも取引できる
  • FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは
  • 自動売買であればほったらかしで運用してくれる
  • 100円からでも取り組める
  • 経済の知識が身に付く

公務員でも取り組める

FXは 法律で副業を禁止されている公務員でも取り組めます。
FXは資産運用の一環であるため、副業にはあたりません。
そのため「公務員としての給料だけじゃ不安」という人は、FXから始めてみましょう。

平日なら夜中・早朝でも取引できる

FXなら 夜中や早朝でも取引が可能で、時間に縛られない FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは メリットもあります。
FXは平日であれば24時間窓口が開いているため、時間帯を問わず取引ができます。
例えば副業としてコンビニのアルバイトを選んだ場合、決められたシフトの時間帯で働くことになります。その場合はもちろん「本業で疲れたから休む」「残業になりそうだから遅れる」なんて都合は通用しません。
しかしFXは好きなタイミングで時間に縛られずに取引ができます。本業の都合に合わせて取引をするか否かを決められるので、FXは会社員の副業としてうってつけなのです。

自動売買であればほったらかしで運用してくれる

FX口座によっては自動売買システムを提供しているサービスもあり、それを 利用すればほったらかしで運用してくれます。
自動売買システムとは、あらかじめ構築されたプログラムに従って注文から確定までの取引を行ってくれるツールです。
一度稼働してしまえばシステムが勝手に投資家の資産を運用してくれるので、放っておいてもお金が増えている可能性があります。
「FXやってみたいけどやっぱり時間が取れなさそう…」という方は、自動売買システムを利用できるFX口座で開設しましょう。
以下の記事で自動売買のおすすめサービスを解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。
2022年3月16日 FXの自動売買とは?自動売買の種類から人気システムトレードツールを5つ紹介

100円からでも取り組める

FXが資産運用の一つと聞くとまとまった資金が必要なのではないかと思われるかもしれませんが、 実際には100円からでも取り組めます。
少額から始めたい場合は最小通貨取引量が1通貨のサービスで口座を開設しましょう。
FX口座によって最小通貨取引量が異なり、多いところだと1,000通貨もしくは10,000通貨からしか取引できないサービスもあります。
1通貨からの取引であれば通貨ペアによっては100円どころか、100円よりも小さい金額で始められるので、小さく始めたい方はそのサービスを利用しましょう。
1通貨から始められるFX口座のおすすめは松井証券FXです

以下の記事で松井証券FXについて詳しく解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。
2022年3月8日 FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは 【検証】松井証券のFXの口コミ評判はどう?初心者に最適なのか使い勝手やデメリットも紹介

経済の知識が身に付く

FXで取引をしていくうちに、 経済の知識が身に付くことも大きなメリット となります。
FXは外貨を取り扱う資産運用であるため、為替レートを読む際には経済に関する知識が必要です。
国内経済、雇用状況、社会情勢など為替レートの変動にはさまざまな要素が絡んでいます。こうした分析の仕方をファンダメンタル分析といいます。
幅広い知識と情報から総合的に判断して取引を行うため、FXを行っていると必然的に経済などの知識が身に付くのです。
経済の知識が身に付けば本業でも大きく活きてくる可能性があるので、ぜひFXに挑戦してみてほしいです。

FXを副業で取り組む3つのデメリット


FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは

勉強する必要がある

FXで利益を上げたいのであれば、 経済のことなどを勉強する必要があります。
為替レートはさまざまな要因で変動するため、利益を上げるためには勉強が欠かせません。

勉強を積み重ねていけばチャートが変動した要因などが分かるようになるので、的確な取引ができるようになり、利益を上げやすくなるでしょう。
しかしどれだけ頑張ってみても勉強に手が付かないような方は、自動売買システムを採用しているFX口座の利用がおすすめです。
システムが自動であなたの資産を運用してくれるので、勉強する必要が無く勝手に利益が上がっている可能性があります。

大損するリスクがある

大損するリスクがあることも、FXでは見逃せないデメリットです。
取引方法を間違えると、FXでは大損どころか借金を背負う 可能性があります。
大損を防ぐための最も効果的な方法は、レバレッジを掛けずに取引を行うことです。
レバレッジとは小さな元金で大きな取引を行う投資手法のことで、莫大な利益を狙える一方で大損する可能性もあります。
レバレッジを掛けずに取引すれば小さな損失程度で済むので、安心して取引できるはずです。
とはいえ大損するリスクを避けるということは、大勝ちする可能性を捨てることと同義になります。
そのためレバレッジを掛けて大きな利益を上げたいのであれば、一定以上の経験値を積んだうえで手持ち資金を手厚くしてリスクを減らすようにしましょう。
レバレッジについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。
2022年1月14日 FXのレバレッジにおけるメリット・リスク・注意点を徹底解説!低倍率から始めるのがおすすめ

土日は取引できない

FXの窓口が開いているのは平日のみであるため、 土日は取引できません。
会社員の多くは土日休みであるため、FXを取り組む上ではかなり難しく感じるでしょう。 FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは
そのため土日休みの会社員投資家がFXを行う場合、取引時間は必然的に出勤前後の早朝および深夜となってしまいます。
「平日の数少ない時間で取引を行い、休日にFXの勉強をする」というスケジュールが副業FX投資家の理想となるでしょう。
もし残業続きなどで平日に取引する時間が取れないのであれば自動売買システムの利用がおすすめです。

楽天FXの使い勝手は?投資家の実体験を紹介

取引画面

最初に、グッドデザイン賞(2012年)の受賞実績もあるPC用取引ツール「マーケットスピードFX」でのトレード実体験を紹介していきます。

※以下、画像は全て取引画面より筆者作成

取引画面


上記赤枠内の各メニューをクリックすれば、「注文」や「レート一覧」などのメニューが上記青枠にタブとして表示されます。確認したいメニューをタブ切替でスムーズに確認できるため、便利に感じます。

テクニカル分析


テクニカル指標は約40種類搭載しています。詳しくテクニカル分析をしたい方にとっても満足できる搭載数なのではないでしょうか。

動画


動画をマーケットスピードFX内で見られるのは、筆者として嬉しいポイントです。ざわざ別ウインドウで動画を開く必要がないため、見やすいというメリットがあります。

カスタマイズ性


また取引画面のカスタマイズ性もマーケットスピードFXの特徴です。一方で、何をどのように画面設定すれば良いのかわからないという方もいるでしょう。

テクナビ


今回はマーケットスピードFXに搭載されている「テクナビ」という機能を使ってトレードしてみました。テクナビとはテクニカル指標の分析を自動的に表示してくれる機能のことです。

テクナビ


上記画像のようにテクナビでは、通貨ペアにおける各種テクニカル指標の分析結果を一目で確認することができます。今回は、上記青枠のとおり、米ドル/円の短期(5分足)・中期(1時間足)において、「上昇」を示しているテクニカル指標が多いことを確認できましたので、米ドル/円を1,000通貨買ってみました。

マーケットスピードFX注文

FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは
注文は上記赤枠をクリックするだけで、すぐに発注できました。マーケットスピードFXは慣れるまで多少時間はかかるかもしれません。

2-2.スマホアプリ:iSPEED FX

iSPEED FX


上記が取引画面です。マーケットスピードFX同様に、デザイン性・視認性に優れている印象です。

チャートの形状


トレードにあたり、今回はチャートの形状から相場の流れをチェックできる「チャートの形状」を参考にしました。上記画像のとおり、チャートの形状ではポンド/円が「一見して、緩やかに上昇していると思われる状態」とありました。

iSPEED FX


70~80になると“買われすぎ”と判断されるRSIも確認したところ、「58.04」でした。もう少し上昇余地はありそうだと判断し、1,000通貨を買ってみました。

iSPEED FX


注文は上記赤枠をタップすればスムーズに発注できました。今回のトレードを通じて、iSPEED FXはチャートが見やすく、カスタマイズ性・操作性が高い点が特徴だと感じました。

3.楽天証券FXの評判・口コミ

  • レバレッジを1倍~25倍の間で選択できるため、リスク管理がしやすい
  • 楽天ポイントがもらえてお得で良い
  • スプレッドが広がりやすいと感じた
  • 取引ツールにこだわりがある私でも楽天FXの取引ツールの操作性は優秀だと感じる
  • スマホアプリは画面が小さいのでしょうがないとは思うが、注文時に表示される情報が少なくて、とくに成行注文をするのが怖い
  • 少しだけスワップポイントは低いと思う。スキャルピングやデイトレであれば問題ない
  • 楽天FXは楽天ポイントを貯めていてFXをしたい人であればまず検討すべき
  • マイナー通貨の情報を発信しているなど、情報量が多い
  • MT4を使えるため、個人的には満足。ただスプレッドやスワップポイントなどの条件は良くないと感じる
  • スプレッドは競合他社と同水準だが、キャンペーンでかなり狭くなる通貨ペアもある

3-1.楽天FXではレバレッジを選択できる

レバレッジ


レバレッジは簡単に設定変更ができます。自分の経験やリスク許容度などに応じて適宜調整してください。

バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

これがいかに不利なのか簡単な例を示しましょう。

仮に1勝1敗であれば20$の損失であり、勝率はイーブンである以上、続ければ続けるだけ不利と言えるでしょう。

つまりバイナリーオプションのペイアウトは、 リスクとリターンが吊り合っていない状態 なのです。

取引時間の制限

これの何が問題なのかと言うと、為替レートの変動は下位足ほど予想が難しくなり、トレンドが浮き彫りになりやすい上位足ほど予測が容易になります。

つまり バイナリーオプションは、FXと比較してもギャンブル要素が強く 、スキルを駆使した実力勝ちが狙いにくくなっているのです。

ペイアウトはFXが有利!

理由1:リスクとリターンのバランス

いずれも勝率は互角と考えられますが、FXでは稼いだ値幅がそのまま利益に反映されます

毎回 リスクとリターンのバランスが取れた勝負に挑める ため、プロスペクト理論さえ克服できれば、どれだけ無茶なトレードをしても収支はトントンに収まる傾向にあります。

理由2:時間という武器

レンジ相場であれば元の水準まで戻ってくる可能性は高く、またポジションの方向によってはスワップ金利も稼げるでしょう。

バイナリーオプションの場合は、良くも悪くも取引時間が制限されていますが、 「勝つまで辞めない」を実践できるのがFXの強み でもあります。

理由3:トレンドで利益を伸ばせるチャンス

トレンドの渦中においては、一時的にペイアウトの期待値が高まると考えても良いでしょう。

まとめ:ペイアウトの還元率から判断すべし!

  • バイナリーオプションの仕組みについて
  • バイナリーオプションで稼げない理由
  • FXのペイアウトについて

投資において重要なのは、リスクとリターンが見合っているかどうかです。

最近ではスプレッド「0.0銭」という、実質無料で提供するFX会社もありますので、せっかく運用するのであれば トレーダーが勝ちやすい環境を選ぶべき でしょう。

リアルタイム為替レート

リアルタイムチャート

2022.06.17 FX-Katsu(鈴木 克佳)
為替レートが動く仕組みを知るべし!FX相場がもっとも動く時間帯…

<FXの始め方> 人気記事

2021.05.25 火 豪ドルの5年後見通しは?100円超えの可能性や相場分析から見る買い時とは【2022年最新】 外貨の中で人気を誇る豪ドル(オーストラリアドル)は、オースト.
FX-Katsu(鈴木 克佳)

2021/07/17 【FX初心者】FXの始め方がわかる!稼ぎ方からおすすめ口座まで完全ガイド|エフテン|FXにつよくなる FXとは5000円、1万円といった少ない資金から手軽に始めら FXのメリットとリスク、おすすめの通貨ペアは
FX-Katsu(鈴木 克佳)

円安相場にうまく乗れる通貨ペアは?松井証券のトレード方法も解説

松井証券FXでトレードする方法

次に松井証券FXでトレードする方法を解説します。

※以下画像は全て取引画面より筆者作成

松井証券FXでトレードする方法

こちらは松井証券FXのトップ画面です。チャートを押すと下記の画面に遷移します。

注文設定


上記は新規注文の右上にある「注文設定」の画面です。通貨ペアで予め注文数量や増減幅を設定できます。トレード毎に設定を行う必要性がありません。両建ても設定できます。

ロスカット率・レバレッジコース設定


「ロスカット率・レバレッジコース設定」の画面では、上記の画像のようにレバレッジを設定できます。資産運用で長期的に運用を行う場合はリスク管理としてこの倍率を5倍程度まで引き下げておきましょう。

テクニカル指標


チャートのテクニカル指標は上記のように一般的なものは揃っています。テクニカル指標をクリックすると設定画面が横に表示されるため、数値の設定ができます。

情報提供

投資情報については、通貨ペア別に紹介されている週刊コラムがあります。

経済指標

経済指標については対象期間別、国別、重要度別に検索ができます。初心者でも何が重要なのか検索しやすい作りになっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる