バイナリー オプション

株式 チャートの基礎の基礎

株式 チャートの基礎の基礎
続いて、ヒゲの長さにもバリエーションを加えてみました。

株のローソク足の見方の基本を説明!この問題が解ければ基礎知識あり

株の勝ち方を持っていますか? 株の勝ち方を持っている人は、株式投資において利益を得やすいと言われ、勝ち方を持っていない人は利益を得られにくいと一般的に言われています。 自分の中で、こうい .

株は材料通りに動くとは限らない|織り込み済みかどうかがポイント

株の材料は単純なものではない 株価は上がったり下がったりするものです。 ずっと値上がりし続ける株もありませんし、ずっと値下がりし続ける株もないわけです。 トレンドの転換を繰 .

株の儲け方は大きな利益を狙うより年齢に合う強みを活かすのが良い?
株式投資の「成功率はどれくらいなのか」と「成功率の2つの意味」

株式投資の成功率の2つの意味 株式投資初心者や株をこれから始める人にとって、株式投資の成功率というのは非常に気になるのではないでしょうか。 株は、基本的に上がるか下がるかしかないわけです .

ボラが激しい安い銘柄(低位株)で指値注文時に気を付けていること

株価が安い銘柄にはハイリスクハイリターンな銘柄もある みなさんは株取引をするにあたって、どのような銘柄を取引対象にしているでしょうか。 誰もが企業名を知っているような東証一部の有名株を買 .

株で損しにくい買い方のコツは過去のチャートに表現されている

株で損しにくい買い方のコツは? 株で損しにくい買い方のコツというのはあるのでしょうか。 みなさんもそうなのだと思いますが、やはり経験を積めば積むほど、損失を減らし利益を増やすことができる .

株式投資の材料はどんな種類があるのかと急騰後の選択肢や私の失敗談

株は材料があると急騰しやすい 保有している株が大きく上昇するということは、投資家にとっては大変嬉しいことですよね。 徐々に株価が値上がりすることもあれば、急激に株価が値上がりすることもあ .

1円で買って2円で売る|1円で買ってみた

株を1円で買って2円で売る 株を1円で買って2円で売ることはできるのか? できる可能性はもちろんあるわけですが、なかなか1円で買うことができないですよね。 もし1円で買うこ .

株で配当金を重視するのなら配当利回りが高い時に買うことを意識する

株式投資は配当金も重要 みなさんは株取引をするにあたって、売却益であるキャピタルゲインを重視するでしょうか、それとも配当金や株主優待などのインカムゲインを重視するでしょうか。 もちろんど .

株取引で短期投資と長期投資のどちらにするかを決める一つのポイント

短期投資と長期投資はどっちがおすすめ? 株式 チャートの基礎の基礎 株取引を始めるにあたって短期投資と長期投資のどちらがいいのだろうと迷っている方もいるかもしれませんね。 また、すでに株式投資を始めている初心者の方 .

テクニカル分析の基礎⑤:RSIの見方と活用方法

RSIとは「Relative Strength Index」の頭文字を取った言葉で、相対力指標とも呼ばれています。RSIは、一本のラインで表されており、RSIを見ることで客観的に株価を捉えられ、どこまでが買われすぎまたはどこまでが売れすぎかを判断しやすくなります。1978年にJ.ウェルズワイルダー Jrが発表した指標のため比較的古い指標で、発表直後から現在まで長期間にわたって利用され続けています。

なお、RSIと混同されがちなオシレーター指標(※)としてRCIがあります。RCIとは、「Rank Correlation Index」の略称で、順位相関指数とも呼ばれています。端的に説明すると、RCIは、ある期間内の株価の終値に上昇順位をつけて相関関係を指数化することで、上がり始めまたは下がり始めの時期とタイミングを予測するための指標です。

RSIの計算式

RSIの特徴

  • ボックスの逆張りに強い
  • 視覚的に使える
  • トレンド中は機能しにくい
  • 通貨や時期によって癖がある

RSIの見方・使い方

売買シグナル

トレンド判断

RSIの注意点

  • ダマシの可能性がある
  • 他の指標と合わせて利用しなければならない

ダマシの可能性がある

他の指標と合わせて利用する

まず、MACDとは「Moving Average Convergence Divergence」の略称で、移動平均収束拡散手法と呼ばれています。MACDは、テクニカル分析の一つで、移動平均線を応用して相場を分析します。

株式初心者入門

something

something

something

金融機関にお金を預けて貯蓄すると、金利がついてお金が増えるといった時代は過去の話です。今や超低金利時代を迎えており、預けるだけでお金を増やすことは難しくなりました。 超低金利時代は今後も続くと予測されているため、自分の将来の生活や老後に備えるためには、自分の資金を資産運用によって増やす必要があります。 今回は、初心者の方に向けて、そもそも資産運用とは何か、資産運用の種類などをご紹介します。

something

将来に必要なお金を用意するために、今のうちから資産運用を始めようという方も多いのではないでしょうか。 ところが、資産運用は今ある資産を使って投資するため「貯金がないと始められない」と思っている方も少なくありません。 株式 チャートの基礎の基礎 実は、資産運用のなかには最低数百円から始められるものもあります。 そこで今回は、初心者の方におすすめの少額投資について詳しくご紹介します。

something

老後の生活や各ライフイベントに必要な資金を用意するために、資産運用を始める方が増えています。 しかし、資産運用にはさまざまな種類があるため、「どのような方法を選べばよいの?」「どんなメリットがあるの?」など疑問を抱える方も少なくありません。 そこで今回は、資産運用の基本をはじめ、資産運用の必要性、失敗しないコツなどについて詳しくご紹介します。

something

株式を学ぶ (基礎編)

something

something

「複利は人類最大の発明である」20世紀最高の物理学者アインシュタインが言いました。 「複利」という言葉をどこかで聞いたことあるが、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか? この記事では、複利と単利の違い、複利の効果がよく分かるシミュレーションなどを紹介します。これから資産運用をしようか考えている方は必見です。

something

ドルコスト平均法とは、期間と購入額をあらかじめ決めておくことで、投資初心者でも少額から資産形成がしやすくなる運用方法です。ドルコスト平均法は時間を長く見積もることで、購入する株の価格変動リスクを抑えられるのが特徴です。 また、ドルコスト平均法はすぐに効果が発揮されるわけではありませんが、長期間続けていくことで有用な方法になります。始める方はまず期間と毎月(または毎週)の購入額を家計と相談しながら決めましょう。時間がない人は「投資信託」も選択肢に入れましょう。 ただし、どんな金融商品だとしてもドルコスト平均法の「定期的・一定額購入」という原則は変わりません。このルールにできる限り従わないと、何年経っても上手く資産形成できないため、注意しましょう。

ローソク足の見方を学びチャート分析の基礎を掴める

ローソク足

日経225チャート

もう一つケーススタディを示します。こちらは日経225の「月足」です。値動きの大きかったリーマンショック時のものを用いました。月足チャートなので、1本のローソクは1ヶ月間の株価推移を表しています。

1本目
①日経平均株価13,000円からこの月はスタート

②スタート時が高値となり徹底的に売られ11,300円程度まで下落(最安値) 株式 チャートの基礎の基礎

③少し戻したが最終的に11,400円あたりで引けており、売り一色の1ヶ月だった

2本目
①前月の続きから11,400円付近からのスタート

②引き続き売り一色の展開で一時は6,994円まで下落した(下ヒゲ、最安値)

③しかしそこから驚異的なリバウンドで株価が持ち直し、最終的には8,500円付近で大引けとなった

ローソクの長さとヒゲの大きさは力強さを示す

大小

ローソク足の長さ

下記の画像を見るとわかりますが、値動きが小さいと力強さに欠けると判断できます。一方で値動きが大きいということは「買い方の圧勝」なわけですから、力強い上昇だと判断できるわけです。

candle-chart-variation

続いて、ヒゲの長さにもバリエーションを加えてみました。

①期待度 特大
大きな陽線のローソク足なので、力強い株価上昇となっています。さらに、始値からまったく値下がりせずに、最高値で終値を向かえていることから、いわゆる「棒上げ」の状態で株価が上がったことがわかります。

②期待度 大
極端に長い下ヒゲがついたローソク足のパターンです。下ヒゲが付いているということは、「一旦は売られたものの最終的には再び買われてリバウンドしている」と言えます。

③期待度 高め
相場がスタートしてから一度下落し、その後上昇。しかし最終的には少し押し戻されて大きめの陽線(値上がり)で大引けとなっています。

④期待度 普通
③の陽線が小さくなったものです。かろうじて陽線を引いていますが、力強さが感じられないのでこのローソク足で株価が大きく転換する可能性は低いです。

⑤期待度 低い
一般的な陰線です。③の陰線版なので期待はもてませんが、この形は上昇トレンドでも下落トレンドでも頻繁に登場します。

⑥期待度 危険
長い上ヒゲをつけているケースは危険度が高いです。なぜなら、一度は上昇したものの最終的に売り圧力が高く上昇分を帳消しにするほどの下落に見舞われているからです。

⑦期待度 最悪
最初から最後まで徹底的に売り込まれ、売り一色だったことがわかります。大きな陰線は期待度としては最も低いので、近寄らないのが正解。

十文字のローソク足は相場転換

索引同時線

十文字のローソク足は、 ローソクの部分が完全に消えていて、ヒゲだけで構成されている ことになります。

つまり、値上がり、値下がりなどの株価の値動きはあったものの、 始値と終値の株価が同じで、最終的に株価が「変わらず」だった というストーリーです。

まさに、買い方と売り方の綱引きが、決着付かずの引き分けの状態で試合終了となったというわけです。

このローソク足の十文字は「 索引同時線 」と呼ばれ、 相場が転換する合図 だと言われています。経験上、このローソクの形をきっかけとしてトレンドが変化したことが何度かあります。

ダウ理論とは何か?チャート分析の基礎を実践的にわかりやすく解説!

ダウ理論とは何か?チャート分析の基礎を実践的にわかりやすく解説!

テクニカル分析

ダウ理論とはチャールズ・ダウさんという人が作った、チャート分析の基礎にあたる6つの決まり事です。

基本中の基本なので、株を始めた人はまず最初に覚えてほしい内容です。
この基本をしっかり押さえることで、
チャート分析がより分かりやすくなり、
株取引でお金を増やす・またはお金を守る術を身に着けることができますよ。

ダウ理論とは、チャート分析の基本

チャールズ・ダウさんと聞いて、思い当たった方もいるかもしれませんね。
そうです、 チャールズ・ダウさんはNYダウという米国の株式指数を作った人であり、ウォール・ストリート・ジャーナルの創設者でもある人です。
チャート分析の基本まで作っていたんですね。

ダウ理論の6つの原則

トレンドには3種類ある

まず最初に、ダウさん曰く 【トレンドには3種類ある】 のだそう。
それが下記の3つ。

  • 1カ月~数年単位という長い期間で見たトレンド(主要トレンド)
  • 数週間~数カ月単位で見た時の中期的なトレンド(二次トレンド)
  • そして数時間~1カ月未満単位で見た短期的なトレンド(小トレンド)

あれで言うと、
月足・年足で見ると上昇トレンドになっているということであれば、長期トレンドは上昇中。
週足で見ても上昇トレンドになっていたら、中期トレンドも上昇中。
分足・日足が下降トレンドだったら短期トレンドは下降中、
という風に判断できるわけです。

トレンドは3段階に分かれている。(3段上げ)

次にダウさんがいうには、 【それぞれのトレンドは3段階に分かれている】 のだそうです。
その3段階がこちら。

  1. 先行期
    一番最初は情報が速い人が買います。
    「最近あの会社の様子がおかしい。もしかしたら、何かありそう?」
    「これから上がる予感がしてきた!」
    という人たちですね。
    かなり情報通、もしくは関係者に近い人たちが、何かを察して買っている可能性が高いです。
  2. 追随期
    次にトレンドをフォローする人達が、いち早くトレンドを掴んで買います。
    「これは何かあったね」「流れについていこう」「上昇トレンド発見」
    という人たちです。
    ここで急激な買いが集まることが多く、チャートも大きく動きやすいです。
  3. 利食い期
    最後に一般大衆が買います。
    「ニュースや雑誌で見ました」「まだ行くのでは?」「集まれ集まれー」
    と、無邪気な大衆が集まり、バブルのような上昇となります。
    そして、丁度この時期に1と2の人たちの利確売りが始める段階なので下がり始め、慌てた一般大衆も売り始めることでトレンドが終わります。

ダウ理論のトレンドの定義

上昇トレンド

その山にあたる高値を切り上げ、谷にあたる安値も切り上げている状態が上昇トレンド。

逆に、山にあたる高値を切り下げ、谷にあたる安値も切り下がっている状態が下降トレンドです。

下降トレンド

チャートには材料が織り込まれている。

3つ目は、 【チャートには全ての材料が織り込み済み】 というものです。

これもごく単純に、
チャートにはファンダメンタルズ情報や事件・事故などの地政学的リスク、金融政策・またはそれを支える国基盤になる経済の状況、市場に影響をもたらす重要人物の発言などの、
市場に影響を与える要因の全てはチャートに織り込まていますよ
というものです。

価格は相互に確認されなければならない

4つ目は 【価格は相互に確認されなければならない】 というものです。
何やら難しそうにも見えますが、大丈夫です。これも難しくありません。

元々ダウ理論が作られた米国では、いわゆるダウと呼ばれるダウ工業株30種平均と、鉄道株平均というものがあったんです。
この二つの指標の両方が上昇トレンドにあった場合は、 トレンドの信ぴょう性が上がりますよね。
逆に、どちらか一つの指標が下降トレンドになっていたら、そのトレンドに本当についていってもいいのか注意が必要、ということになります。

テクニカル系の教えでよく言われる 【一つのテクニカル指標だけで判断してはいけない。色んな指標を見てから総合的に判断すべし】 ということと同じですね。

トレンドの変化は出来高でも確認されなければならない。

次の5つ目は、 【トレンドの変化は出来高でも確認されなければならない】 株式 チャートの基礎の基礎 というものです。

出来高というのは、その銘柄がどれだけ人気があるのか? が分かるものですよね。
沢山取引されながら大きなトレンドを作っている場合、【多くの人が同じことを考えている】と判断できるので、 その流れは信ぴょう性が高い ことが証明されています。

逆に、出来高がないのに大きく上下している場合は、少人数の人たちによって取引されて株価が動いている可能性が高いので、あまり信ぴょう性が高いとは言えません。

ということで、
【出来高を伴うトレンドは強いトレンド】 だと言えるので、
【トレンドの変化は出来高でも確認されなければならない】 わけです。

また、ダウ理論では【株価の上昇する局面では出来高も一緒に増加】し、 【株価が下降する局面では出来高も一緒に減少する】 と考えられています。

※ちなみに、出来高が増えるポイントはトレンドの最初と最後になりやすいという特徴があるので、覚えておくと役立つこともあるかもしれません。

トレンドは終わりのシグナルが出るまで継続する

最後の6つ目は、 【トレンドは終わりのシグナルが出るまで継続する】 というものです。

ダウ理論でいうところのトレンドは、先ほど少し紹介しましたが、
上昇トレンドは【高値を切り上げ、安値を切り上げている状態】、
下降トレンドは【高値を切り下げ、安値を切り下げている状態】
のことでしたよね。

このトレンドの定義から外れるとき、
つまり、
上昇トレンドだったのに安値を切り上げなかった、または高値を更新しなかったときは、上昇トレンドが終わるシグナルとなります。

下降トレンドの終わり

上昇トレンドの終わり

ダウ理論では、この終わりのシグナルが出るまではトレンドが継続するということを言っているんです。

投資の基本はトレンドフォローと言われていますが、もしトレンドフォローをしている時にこのシグナルが出たら、手じまいを意識する頃合いということですね。

ダウ理論以前に良い銘柄探せない!という場合は

「ダウ銘柄については分かったけど、そもそも上昇しそうな銘柄が分からない!」
「そんなことより大化け銘柄教えなさいよ」

無料なのに+20%くらいの騰落率になる銘柄を教えてくれることもあって、私はよく参考にしています。
どうしても勝てない時の頓服薬として、さらに現状の利益で満足できない時にどうぞ。

ダウ理論はテクニカル分析の基礎

以上でダウ理論は終わりです。
文章で読んでもいまいち分かりにくい…という時は、あなたが持っている銘柄や保有を検討している銘柄のチャート、または日経等の指数で確認してみると分かりやすいです。

株の世界でもFXでも使われるテクニカル指標の基礎になっているので、ぜひ覚えてみてください。
(FXでは出来高が重要視されることは少ないので、出来高の箇所のみ勝手が違うかもしれません)

ダウ理論をばっちりマスターして、より良い取引ができるようになることを願っています。
では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

テクニカル分析の基礎⑤:RSIの見方と活用方法

RSIとは「Relative Strength Index」の頭文字を取った言葉で、相対力指標とも呼ばれています。RSIは、一本のラインで表されており、RSIを見ることで客観的に株価を捉えられ、どこまでが買われすぎまたはどこまでが売れすぎかを判断しやすくなります。1978年にJ.ウェルズワイルダー Jrが発表した指標のため比較的古い指標で、発表直後から現在まで長期間にわたって利用され続けています。

なお、RSIと混同されがちなオシレーター指標(※)としてRCIがあります。RCIとは、「Rank Correlation Index」の略称で、順位相関指数とも呼ばれています。端的に説明すると、RCIは、ある期間内の株価の終値に上昇順位をつけて相関関係を指数化することで、上がり始めまたは下がり始めの時期とタイミングを予測するための指標です。

RSIの計算式

RSIの特徴

  • ボックスの逆張りに強い
  • 視覚的に使える
  • トレンド中は機能しにくい
  • 通貨や時期によって癖がある

RSIの見方・使い方

売買シグナル

トレンド判断

RSIの注意点

  • ダマシの可能性がある
  • 他の指標と合わせて利用しなければならない

ダマシの可能性がある

他の指標と合わせて利用する

まず、MACDとは「Moving Average Convergence Divergence」の略称で、移動平均収束拡散手法と呼ばれています。MACDは、テクニカル分析の一つで、移動平均線を応用して相場を分析します。

株式初心者入門

something

something

something

金融機関にお金を預けて貯蓄すると、金利がついてお金が増えるといった時代は過去の話です。今や超低金利時代を迎えており、預けるだけでお金を増やすことは難しくなりました。 超低金利時代は今後も続くと予測されているため、自分の将来の生活や老後に備えるためには、自分の資金を資産運用によって増やす必要があります。 今回は、初心者の方に向けて、そもそも資産運用とは何か、資産運用の種類などをご紹介します。

something

将来に必要なお金を用意するために、今のうちから資産運用を始めようという方も多いのではないでしょうか。 ところが、資産運用は今ある資産を使って投資するため「貯金がないと始められない」と思っている方も少なくありません。 実は、資産運用のなかには最低数百円から始められるものもあります。 そこで今回は、初心者の方におすすめの少額投資について詳しくご紹介します。

something

老後の生活や各ライフイベントに必要な資金を用意するために、資産運用を始める方が増えています。 しかし、資産運用にはさまざまな種類があるため、「どのような方法を選べばよいの?」「どんなメリットがあるの?」など疑問を抱える方も少なくありません。 そこで今回は、資産運用の基本をはじめ、資産運用の必要性、失敗しないコツなどについて詳しくご紹介します。

something

株式を学ぶ (基礎編)

something

something

「複利は人類最大の発明である」20世紀最高の物理学者アインシュタインが言いました。 「複利」という言葉をどこかで聞いたことあるが、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか? この記事では、複利と単利の違い、複利の効果がよく分かるシミュレーションなどを紹介します。これから資産運用をしようか考えている方は必見です。

something

ドルコスト平均法とは、期間と購入額をあらかじめ決めておくことで、投資初心者でも少額から資産形成がしやすくなる運用方法です。ドルコスト平均法は時間を長く見積もることで、購入する株の価格変動リスクを抑えられるのが特徴です。 また、ドルコスト平均法はすぐに効果が発揮されるわけではありませんが、長期間続けていくことで有用な方法になります。始める方はまず期間と毎月(または毎週)の購入額を家計と相談しながら決めましょう。時間がない人は「投資信託」も選択肢に入れましょう。 ただし、どんな金融商品だとしてもドルコスト平均法の「定期的・一定額購入」という原則は変わりません。このルールにできる限り従わないと、何年経っても上手く資産形成できないため、注意しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる