初心者必読

ロールオーバーとは

ロールオーバーとは
投資

ロールオーバーとは

IRAまたは個人退職口座は、個人が退職に向けて資金を寄付することを許可し、カストディアンとして知られる金融機関によって保持されます。 ロールオーバーと転送は、IRAとの間での資金の移動を行うことができる2つの方法です。 両方とも資金を別のIRAに移動できるという事実にもかかわらず、2つの間に多くの違いがあります。 この記事では、各トランザクションタイプについて説明し、IRAのロールオーバーと転送の類似点と相違点を強調しています。

IRAに保持されている資金をロールオーバーすることを選択した場合、移動される資金はあなたに直接支払われ、その後、これらの資金を別の退職プランに預けることができます。 ただし、この資金移動は、60日間という厳格なタイムライン内で完了する必要があります。 資金の移動が60日以内に完了しない場合、お金は引き出しとして扱われ、課税されます。 また、59歳未満の場合は、早期退学に対して10%のペナルティが課せられます。

振替では、IRAのカストディアンが口座の資金を指定されたカストディアンに直接振り替えます。振替済みの資金を処理する必要はありません。 送金の主な利点の1つは、便利であり、IRAとの間で資金を移動する最も簡単な方法の1つであることです。 資金はカストディアン間で直接移動するため、60日間のスケジュールを満たす必要はありません。 12か月の期間内に行うことができる転送の数にも制限はありません。 振替の主な利点の1つは、税の支払いのために割合を保持することなく、資金の合計額が新しい口座に振替られることです。

ロールオーバーと振替は、どちらもIRAと他の退職金制度との間で資金が送金される手段です。 振替は、IRAとの間で資金を移動する最も簡単な方法の1つです。 一方、ロールオーバーでは、移動する資金が直接支払われ、これらの資金を別の退職プランに預けます。 転送はロールオーバーと同じ厳格な規制の対象ではないため、ロールオーバーよりも転送が最も好まれます。 転送は1年以内に何度でも実行できます。 ただし、ロールオーバーは12か月に1回しか実行できません。

別の大きな違いは、ロールオーバーでは、最初のカストディアンが税金の支払いのための資金の20%を源泉徴収することです。 ただし、振替の場合と同様に、税金の支払いのために資金は源泉徴収されず、合計金額は新しい口座に移動されます。 ロールオーバーには60日間のタイムラインがありますが、転送はカストディアン間で直接行われるため、60日間のタイムラインを満たすことを心配する必要はありません。 ロールオーバーの主な欠点の1つは、資金の移動が60日以内に完了しない場合、資金が引き出しとして扱われ、課税されることです。

市川雄一郎のNISA講座(13)NISAのロールオーバー ロールオーバーとは 忘れた場合どうなる?どう対処する?

NISA(制度としくみ)

市川雄一郎のNISA講座(3)NISAのデメリットって何?気をつけたいポイントを徹底解説

長期積立に最適な投信ベスト10鉄板ランキング

NISA(制度としくみ)

【つみたてNISA】に最適な投資信託ベスト10鉄板ランキング【インデックスファンド】

NISA関連

市川雄一郎のNISA講座(1)NISAとはどんな制度?種類は?何ができるの?をわかりやすく解説

投資の達人になる投資講座

投資で利益を出している人たちが大事にしている45の教え

1級FP技能士 / FP国際資格CFP®認定者 / 日本一のお金の学校グローバル・ファイナンシャル・スクール(GFS)の校長兼講師 / 東京証券取引所から日本のお金の専門家10人の1人として認められ、全国の資産運用に関する講演活動に尽力。金融機関職員やそのお客様向けセミナーの講師のほか、メディア出演、大学客員教授としての実績も豊富。物腰やわらかで明快な語り口の講義は絶品で、全国に多数の雄一郎ファンを持つ。著書に『投資で利益を出している人たちが大事にしている 45の教え』『はじめての資産運用』など多数。

新NISA開始後のロールオーバーはどうなる?

新NISA後の従来NISAのロールオーバーはどうなる?

投資

悩んでいるうぐいすのイラスト

新NISAのロールオーバーが気になる人

こういった質問にお答えします。

失敗しないための投資ロードマップ【投資歴11年の私が解説します】

【初心者〜上級者】利用するべきネット証券と始め方を解説

株式投資におすすめ証券会社9社の手数料を比較【選び方も提案します】

新NISAの開始でロールオーバーはどうなる?

従来NISAのサービスは2023年に終了して、2024年から新NISAが提供開始となるようです。(金融庁HPより)

それに伴って従来NISAで運用している資金をどうすれば良いか?新NISAの期間中に従来NISAのロールオーバーができるのか気になっている人も多いかと思います。
そういった「ロールオーバー」の疑問について解説していきます。

NISAのロールオーバー

ロールオーバーとは一体何か分からない人のために「ロールオーバーの仕組み」から解説していきます。

従来のNISAでは非課税期間が5年設定されています。
この5年を過ぎると、 それまで非課税対象だった運用資金が課税対象になります。
NISA口座に入れていた資金が自動的に課税口座に移されます。

ロールオーバーとは新しいNISA口座を開設して、さらに5年間の非課税期間を手に入れる手段です。ロールオーバーを利用することで 最大10年間も資産運用を非課税で行えます 。

仕組みを解説

たとえば、2015年に従来NISAを始めて、5年目となる2019年にロールオーバーした場合のイメージはこのなります。

NISAでロールオーバーする仕組み

仮に、2015年にNISA口座を開設して100万円で株式投資を始めたとしましょう。
そして5年目を迎える2019年に150万円まで値上がりしました。
ここで売却すれば50万円の利益が発生しますが、NISAの非課税枠を利用しているため課税されません。

値上がりした株式をそのまま保有しておきたい場合、このまま 放置していると問題が発生 します。
仮に、NISAの効力がなくなる2020年に180万円まで更に値上がりすると、 ロールオーバーとは 30万円の利益に対して課税が発生 します。

一方で、 2019年のうちにロールオーバーをしておけば、2020年以降も5年間は非課税 となります。

値上がりを続けている金融商品を持っている場合に、投資家は課税されるのを嫌がってNISAの効力が切れる年の12月25日(大納会)までに 売却を迫られるケース があります。

本来ならば更に利益を狙えたかもしれないのに、 NISA制度が裏目に出て「機会損失」に繋がってしまう ことがあるんです。

それを解決する方法がロールオーバーです。
ロールオーバー制度を知っていれば、NISAによる資産運用が更に効率的になります。

新NISA以降後のロールオーバーは可能?

ロールオーバーの仕組みやメリットについてご理解を頂けたところで、新NISAに移行した後のロールオーバーについて解説をしていきます。

この話のポイントは従来NISAと新NISAのサービス期間の違いです。

新NISAに移行した後にロールオーバーできる期間

NISA口座を何年に開設したかがポイントです

最近の金融庁の発表によると、2023年に従来NISAで口座開設した「最後のグループ」を救済する目的で、その効力を2028年まで有効にするようです。

このグループに属している人は新NISAのサービス提供中も、従来NISAでロールオーバーが可能です。

各証券会社が出しているロールオーバーの期間を包括的にまとめると、2019年以降のグループは従来NISAのロールオーバーが制度的に不可能になります。
そのため、非課税期間が終了した場合には、新NISAで口座開設が必要になります。

従来NISAの開設年従来NISAでロールオーバー
2015年ロールオーバー期間終了
2016年ロールオーバー期間終了
2017年ロールオーバー可能
2018年ロールオーバー可能
2019年新NISAに移行
2020年新NISAに移行
2021年…新NISAに移行

NISAでロールオーバーするメリット

NISAを利用中にロールオーバーするメリットはこちら

運用成績が良い状態で非課税期間を延長できる

NISAの有効期限が切れた後にも、価値が上昇していきそうな株式を保有できる可能性もあります。

NISA制度が裏目に出て売却を迫られますが、ロールオーバーをすればもう5年間は更に値上がり益を狙えることになります。

ロールオーバー制度を上手に利用することで、資産運用のパフォーマンスが上がる可能性があるということです。

非課税枠を超えた分も非課税となる

運用によって ロールオーバーとは 投資商品の価値が120万円を超える こともあります。
2018年までは値上がりによって 120万円を超えた金融商品をロールオーバーすることができませんでした。

その後、制度自体が見直され、現在は120万円を超える金融商品でもロールオーバーが可能になっています。

価値が上がりすぎるとロールオーバーできないという謎の制度が廃止されたことにより、投資家はロールオーバー制度を利用することで、より多くの利益を追求できるようになっています。

NISAでロールオーバーするデメリット

万能に見えるロールオーバー制度ですが デメリット もあります。
なんでもロールオーバーしてしまうと 投資のパフォーマンスが下がる可能性 すらあります。

ロールオーバーした分だけ翌年の非課税枠が減る

従来NISAでは毎年120万円の非課税枠が付与されます。
一方でロールオーバーをすると 翌年の非課税枠が減少 してしまいます。

120万円以下のロールオーバー

たとえば、100万円で投資した金融商品の評価額が50万円まで下がった状態でロールオーバーした場合は、非課税枠120万円から50万円を引きますので、翌年の非課税枠は70万円となります。

新NISA 120万円以下のロールオーバー

120万円以上のロールオーバー

120万円以上のロールオーバーをした場合には、 翌年の非課税枠は0円となります。
つまり、 非課税が適用された投資商品を新たに増やせない ことになります。

たとえば、100万円で投資した金融商品が150万円まで値上がりした状態でロールオーバーすると、非課税枠120万円を超えるため、来年度の非課税枠が0円となります。

120万円以上のロールオーバー

損失が出るとNISAのメリットを活かせない

NISA制度は資産運用で発生した利益が非課税になるシステムです。
そのため、 運用益がマイナスの場合には何のメリットも活かせません。

利益がないとNISAのメリットはない

値上がりが見込めないのにロールオーバーをしても意味がありません。
それによって 貴重な非課税枠が減ってしまう ことの方が、デメリットになる可能性もあります。

そもそもNISAには運用損失を「損益通算」できないというデメリットがあります。

資産運用や投資で発生した「損失」は確定申告することで、数年のあいだ蓄積することができます。
利益が発生した年に、その利益から損失分を差し引くことができる制度です。
そうすることによって課税額を抑えることができます。

ロールオーバーは利益出ている投資商品や、ロールオーバー後も値上がりが続く金融商品に対して有効な制度です。
ロールオーバー制度を完璧に使いこなすことは非常に難しい と言えそうです。

「 ロールオーバーはしなければ損! 」というふうに思われがちですが、そうでもありません。投資家の判断で利用するか選べますので、ご利用は計画的にという感じです。

ロールオーバーは状況によって効果絶大ですし、まったく意味がないという場合もあります。
プロでもベストな選択をするのが難しい制度と言えます。

レバレッジETFはNISA口座で買うべきか?

投資戦略「レバレッジド・コア・サテライト」 カガミルです。私の投資戦略「レバレッジド・コア・サテライト」について解説します。コアではQLD 100%を、サテライトではLECポートフォリオ(裁量)を持ちます。サテライトでTQQQによりコア以上のリターンを狙う一方、コアの下落をヘッジします。.

SPXL, TECL, SOXL, CURE, WEBL

  1. 1年間で投資できる金額の合計が120万円以下の場合
  2. レバレッジETF以外の商品に一切投資しない場合

NISA口座で買うメリット

Adj close、つまり配当込みリターンを見てみましょう。
Adj closeについてはこちらの記事で解説しています。

Adj Close(調整後終値)で見る配当再投資の力 カガミルです。Adj Close(調整後終値)は株式分割や配当を考慮した過去のデータであり、これを用いて配当再投資ありのリターンを求める方法を解説します。.

分離課税で税率が20%とすると、 ①の場合は25.2万円 、 ②の場合は68.8万円 となります。

  • レバレッジETFでは擬似的にインデックスより多くのポジションを取ることができる。
  • そのおかげでNISA口座の非課税枠を拡大できる

NISA口座で買うデメリット

SOXLがITバブル崩壊に遭ったら 〜レバレッジETFの怖さ〜 カガミルです。半導体のレバレッジETFであるSOXLは有望な投資対象ですが暴落のリスクもあります。SOX指数を元に擬似SOXLを計算してITバブル崩壊やリーマンショックにおける下落率を検証したところ、見えてきたのはレバレッジETFの怖さでした。.

そして、 NISA口座では他の口座と損益通算ができない という点が問題となります。

こちらの記事で書いたように、 過去10年レバレッジETFを持ち続けたら儲かった というのは結果論 です。

一方、VOOをはじめとする インデックスは、相場の状況によらず長期間持ち続けるべき商品であり、こちらの方がNISA口座には適している と言えるでしょう。

一般NISA|新NISA ロールオーバー期限【図解でスッキリ】

新NISAへロールオーバーするイメージ図

「NISA」と「つみたてNISA」の違いを知りたい。 それぞれのメリットやデメリットはどうなるの? ロールオーバーとは このような疑問に簡潔にお答えしていきます。 NISA口座を開設後は「NI .

一般NISAから新NISAへのロールオーバーの3つのパターン

1⃣ 一般NISAから時価50万円の有価証券を新NISAにロールオーバー

ロールオーバー(新ニーサに50万円)の事例の図示

2⃣ 一般NISAから時価110万円の有価証券を新NISAにロールオーバー

ロールオーバー(新ニーサに110万円)の事例の図示

3⃣ 一般NISAから時価150万円の有価証券を新NISAにロールオーバー

ロールオーバー(新ニーサに150万円)の事例の図示

つみたてNISAの5年間延長と新NISAからのロールオーバー

そして、2019年12月19日に開催された金融庁によるNISA関連税制改正説明会では、新NISAから つみたてNISA にロールオーバーを可能とする説明があり、話題になりました。

これは、新NISAの1階部分がつみたてNISAと同じ積立投資であるためで、あくまで1階部分のみがつみたてNISAへのロールオーバーの対象となり、2階部分は考慮されていません。

ロールオーバー(新NISAからつみたてNISA)の図示

先程までのNISA口座内でのロールオーバーでは「時価」でロールオーバーしていましたが、この場合は「簿価」でロールオーバーしています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる