FXの口座開設

パラメータの設定やエントリーポイントを解説

パラメータの設定やエントリーポイントを解説
<トレーディングビュー>

FXのスキャルピング手法|私が1億円以上稼いだやり方

これで、チャート設定は完了です。

1.3. エンベロープは移動平均との乖離をみる

エンベロープは、日本語で「封筒」や「包み込む」という意味があります。いわば、移動平均線を包み込んでいる線といえます。そして、 移動平均線と常に同じ動きをします。 チャート設定のパラメータで、偏差を除いて移動平均線と同じでしたね。 移動平均線が上昇していけば、全く同じ角度でエンベロープも上昇していきます。

メリットは、 「移動平均線との乖離幅」がパッと見てすぐ分かる点 です。エンベロープを6本表示しましたが、1本ではなく何本か表示することで、移動平均線との乖離幅が「視覚的に」分かりやすいです。

この、「視覚的に」という点がもの凄く重要です。チャートを見たときに、 人はまず目に入る情報を取り入れようとします。 チャートには出ていない行間を読むような分析をしなければならないと、とても大変ですよね。

なお、「移動平均線との乖離幅」は、本スキャルピング手法の根本的な方針です。後述するルールをお読みいただくと、なぜこのチャート設定が良いのか分かると思います。ここでは、 乖離幅を図るのにエンベロープが見やすい (使いやすい)とご理解いただければと思います。

1.4. チャートソフトと発注する口座は別々の業者

おすすめの1社を挙げるとしたら、 JFX です。
JFXは、マトリックストレーダーというスキャルピングOKの高性能売買ツールだけでなく、チャート分析用のMT4を提供しています。JFXに口座開設すれば、トレードもチャート分析も可能です。

2.エントリーからイグジットまでの具体的なルール

2.1. トレードする場面を5つに決める

まず、レンジのときは、上記チャートのように、移動平均線を行ったり来たりで方向感がありません。そして、 トレンドが出始めると、移動平均線から乖離し始めます。 移動平均線から、ローソク足が離れていくということです。

2.2. エントリーは1分足レベルで逆張り

移動平均線から乖離すると、ゾーン①に到達します。ここで、逆張りのシグナルが発生します。 移動平均線より下のゾーンに入ったら買い、上のゾーンに入ったら売りのシグナル ということです。

ただし、ゾーンに入ったらすぐにエントリーするのではありません。いつエントリーしてもOKですよ、というサインであり、すぐにエントリーするサインではありません。実際のエントリータイミングは、反転を確認してから行ないます。 この反転を「ヒゲ」で確認 します。

なぜヒゲの出現を待つか、つまり、 なぜ反転を確認してからエントリーする のでしょうか?重要なので考えてみましょう。

ゾーン①に到達した瞬間に、(ヒゲの出現を待たずして)エントリーすれば、天底を捉えることができ、利益を伸ばせそうな気がしますね。しかし、ゾーン①に入ったということは、ローソク足が伸び始めた段階です。伸びているとき ヒゲを確認せずにエントリーすると、そのまま逆行するリスクがあります。

もしゾーン①でエントリーしていたら、数秒で相当な含み損を抱えることになります。そこで、 ローソク足が伸びきって止まり、反転する瞬間まで「待つ」こと が大事になります。そうすることで、ゾーン④まで引きつけてエントリーできますね。

このように、ゾーンに入っても、 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 エントリータイミングは常にワンテンポ遅れるもの 、と覚えてください。上昇している最中に「売り」をやっては駄目ということです。上昇して下げ始めたら、売ります。この、下げ始めが「ヒゲ」の出現というわけです。順番としては、 ゾーン①に入る→エントリーの準備→ヒゲを確認→エントリー という流れです。

2.3. イグジットはプラスマイナス2pips

目安は、プラスのとき(利益確定)も、マイナスのとき(損切り)も、2pipsが目安になります。正確に2pipsではなく、目安としてお考えください。あくまでも、 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 プラス方向へ伸びたらすぐに決済する、逆行したら即損切りする 、というイメージです。それが、1pipsでも、2pipsでも構いません。便宜上2pipsと書きましたが、数pipsと捉えてください。

しかし、数字で決めるから疑問になるのであり、 スプレッド関係なく逆行したら損切りする とご理解ください。業者によりスプレッドは異なりますし、また、通貨ペアにより大きく変わってきます。

2.4. イグジット後の再エントリールールは2つ

1.移動平均線に戻る
2.ゾーン②に到達する(トレンドが継続する)

一つ前のチャートでも、ゾーン①に到達したあとは、移動平均線に戻っていますね。移動平均線に戻るということは、移動平均線とローソク足の乖離幅がゼロに戻ります。そこで、同じルールで再開します。またゾーン①に到達したら、これまで説明したルール通りにトレードします。 ゾーン①に到達してヒゲが出現したらエントリー です。決済の目安は数pipsです。

ゾーン①で1回目のトレードが完了し、移動平均線に戻らずに下落すると、トレンド継続になりますね。 ゾーン②に到達したときに、再び「買い」エントリー します。エントリータイミングは、ヒゲの出現ですので、ゾーン①と同じ考え方です。ゾーン②に到達し、ヒゲが出現したらエントリーします。ゾーン②に入ったら即エントリーするのではなく、ヒゲの出現を待ちます。

ゾーン②を突き抜けて、ゾーン③にいくこともありますので、 反転のサイン(ヒゲ出現)を必ず待ちます。

トレードした後の価格は、 移動平均線に戻るか、ゾーン③に到達するかのどちらか になります。チャートを見てください。

「移動平均線から乖離してまた戻る」、この繰り返しになる ということを頭に入れておくてください。

2.5. ゾーン①から⑤まで同じ考え方

エントリーは、ヒゲが出るまで待ちますので、ゾーンを飛ばすこともよくあります。あくまでも、ヒゲが出るのを待つのが重要であって、ゾーンに入ったらすぐにエントリーするのではありません。ゾーン①→②→③→④→⑤のように綺麗に相場が動くことの方が珍しいです。 「外側のゾーン+ヒゲ」が条件になり、どのゾーンになるかは相場しだい になります。

確かに、ショートエントリーしていれば、利益が出るでしょう。しかし、同じゾーンで、再エントリーしません。ゾーン⑤まできたら、あとは移動平均線に戻るまで待ちます。なぜかというと、 同じゾーンでトレードを繰り返していると、連敗する可能性があるから です。これについては、後述します。

ゾーン⑤まで到達するということは、相場が荒れて乱高下している状態ですので、移動平均線に戻ったとしても、チャンスはすぐに到来します。もしトレードするなら、 エンベロープだけで判断するのではなく、他のテクニカル根拠が必要 になります。

3.資産を最短で増やす9つの重要な知識

基本を覚えたら、次は応用していきます。

3.1. 連敗を防ぐゾーンの使い方

このように、 同じゾーンでだらだらと動いているときは、再エントリーしません。 移動平均線に戻るか、ゾーン②に到達して再エントリーするか、どちらかです。ゾーン①でトレード完了したあと、同じゾーン①にあるにもかかわらず、何度もエントリーすることはありません。

次のゾーンに到達するのを待つ理由は、連敗を防ぐため です。

同じゾーンで何度もエントリーしていると、このようなじりじり相場のときに、必ず連敗します。かりに、 ゾーン①に入ってローソク足1本ずつエントリーすると、10連敗くらいはくらってしまう でしょう。これは防がなければなりません。

また、じりじり動くことはよくあります。損切りして取り返したいからといって、 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 同じゾーンで何度もエントリーすることは危険 です。

3.2. 「移動平均線から乖離したら戻る」という原理原則

波は、寄せては返しますね。それと同じです。 ときには大波が押し寄せ、しばらくすると落ち着き、また静かな海が訪れます。 トレンドが発生すると、移動平均線から乖離し始めるのですが、一時的に反転します。そしてまた乖離し、反転を繰り返します。

もし、相場に押し戻しが無ければ、本手法のような逆張りは通用しないでしょう。しかし、相場は一方向へ進み続けることは無く、 必ず押し戻しのような一時的な反転があるもの です。それば相場の仕組みであり、この先も変わらないでしょう。

ちょっと相場が変化しただけで、エントリータイミングもかみ合わなくなります。たった1つのインジケータでトレードしているのは、あまりにも危険です。自分のスキルではなく、インジケータしだいになってしまいます。聖杯といえるインジケータが存在しない以上、 判断を全てインジケータに委ねているようでは、トレードで勝ち続けることはできない パラメータの設定やエントリーポイントを解説 のです。

移動平均線から乖離したら戻るという概念が土台にあり、エントリータイミングをエンベロープで図っているだけです。つまり、 重要なのはエンベロープではなく、概念 です。この概念がしっかりしていれば、基本のルールに自信が持てるのはもちろんですが、 ルールを逸脱して応用することも可能 になります。

それは、 「相場は移動平均線から乖離したら戻る」という概念が最も重要だから です。

3.3. ローソク足はバネと同じで伸びたら縮む

移動平均線から乖離して反転するといっても、なかなかイメージしにくいかもしれません。そこで、 ローソク足を「バネ」として考えてみてください。

バネは、伸びたら縮みますよね。バネの大きさがトレンドの大きさです。大きなトレンドなら、値幅が出て、乖離幅も大きくなります。その分、反転も大きいです。 長く伸びたバネは、縮み方もより大きくなります。

ただし、 伸びたバネは100%縮むわけではありません。

相場に100%は無いことを意味し、 逆行したときの損切りは絶対に行なうべきだ という教えにもなります。

3.4. 攻める資金管理

上述したトレードルールだけでも期待値は高いですが、 資金管理を加えることで、全体としてトレード手法の精度がぐんと上がります。 上述のルールでトレードし、100万円勝てるとしたら、資金管理を加えることにより、それが120万にも150万円にもなります。同じ相場でも最大限の利益を追求できるようになります。

トレードは、 角度の違った期待値の高い視点を組み合わせることで、強固とした一つの手法になる のです。そのため、資金管理も、とても重要です。

1.利幅と損切り幅
2.勝率
3.取引枚数

【外側のゾーンほど利益を伸ばすこと!】

そのため、 ゾーン②から外側にいくに連れて、利幅と損切り幅を伸ばします。 次の表を見てください。

ゾーン①では2pipsでしたが、ゾーン②では3pips、ゾーン③では4pipsというように、 外側にいくにつれて1pipsずつ伸ばしていきます。 移動平均線からの乖離幅が大きいほど反転する値幅も出るため、かりにゾーン⑤のとき2pipsくらいで利食いしてしまうと、非常にもったいないのです。

一方、ゾーン⑤になると、移動平均線からの乖離は40pipsから50pipsはあります。 短時間でこれだけバネが伸びれば、縮む力が働き値幅も大きくなります。 それに合わせ、利幅を伸ばすことが重要です。

実際トレードしてみると分かるのですが、ゾーン①では、値動きは比較的穏やかで、上下のブレがあまりません。しかし、外側のゾーンにいくほど、値動きが激しくなっています。乱高下すると、上下のブレが大きくなり、ダマシも増えてきます。 いつも2pipsで損切りしてしまうと、すぐに引っかかってしまい、損切り貧乏になってしまう のです。

こうすることで、乱高下のブレを回避します。利食い損切り幅は、常に1対1にしておきます。これを、リスクリワード比率といいますが、 1対1をキープしておけば、あとは相場本来の反転する確率に収束します。 外側のゾーンほど反転する確率が高くなる、つまり、 トレードの勝率が上がる ことになります。

3.5. 外側のゾーンほど勝率が上がる!

ゾーン毎に、おおよその勝率が載っています。ゾーン①では60%ですが、外側のゾーンにいくほど移動平均線から乖離しますので、戻ろうとする力も強くなり、結果として勝率が上がります。バネは、伸びれば伸びるほど、戻ろうとする力が働きますよね。それと同じで、 外側のゾーンへ行くほど、価格は移動平均線へ戻ろうとします。

ゾーン⑤では、勝率は80%を越えてきます。 利幅と損切り幅で見たように、勝率が高いときに、しっかりと利益を伸ばすようにします。そうすると、勝てるときに大きく勝つことでき、その後のトレードに余裕が出てきます。相場と時期により多少前後しますが、10年以上トレードしていて、この考え方は変わりません。

3.6. 外側のゾーンでロットを張ると儲かる!

外側のゾーンへ行くほど、勝率が高く、獲得pipsも大きくなりますね。そこで、 外側のゾーンほど 取引枚数を増やすことで、爆発的に利益が増える のです。

これが、ゾーン①で10万通貨、ゾーン⑤が100万通貨のように、差を付け過ぎてしまうのは、あまりおススメではありません。なぜかというと、初期の枚数(ゾーン①)と最大枚数(ゾーン⑤)の倍率が大きすぎると、 ゾーン⑤だけが、損益全体に対する割合が大き過ぎてしまうから です。

そうなると、ゾーン①や②でトレードしても、ほとんど利益に貢献せず、 結局ゾーン④や⑤でトレードした分だけが利益になるから です。

これでは、ルールそのものを、ゾーン④と⑤に到達したときだけエントリーする、ということと変わりありません。ゾーン①②③は、 枚数が少なくて勝っても儲からないから、トレードしなくても同じ になってしまいます。

逆に、ゾーン①で10万通とし、ゾーン⑤で15万通貨までしか増やさないなど、ロットの差をつけなさ過ぎてもバランスが悪いです。これでは、シグナルが一番多いゾーン①の利益だけが、全体に対して割合が大きくなります。せっかく、 外側のゾーンへいくほど勝率も上がり、pipsも抜けるのですから、もう少しメリハリをつけてロットを増やした方が良い でしょう。

過去の経験則から、ゾーン①から⑤まで、5倍の差を付けるのが一番バランスが良いです。

かといって、 キリの良い数字でないと、現実的に注文するときに計算が難しい ですからね。その意味でも5倍がおススメです。ただ、ロットを変えることに抵抗がある方も多いと思います。倍にするのが怖いかもしれません。そのような方は、最初は、全て同じロットでもいいでしょう。 同じロットで、いろいろなゾーンでトレードし、感覚をつかんでください。

また、私も毎日 相場によりロットは変えている ので、どんな相場でも表のロットを死守しているかというと、そんなことはありません。たとえば、ボラティリティが低く、ゾーン⑤へ到達することが無いような時期は、ゾーン①から③のトレードがほとんどになりますので、ゾーン①から③のロットを増やすなどしています。ゾーン⑤まで待っていてもチャンスが無いですからね。

3.7. ゾーン③④⑤は大きなチャンス!

パラメータの設定やエントリーポイントを解説 外側のゾーンへ到達するほど、次の3つが可能になる ことが分かりました。

1.「利幅と損切り幅」を伸ばして「pips」が抜ける
2.反転する力が強まり「勝率」が上がる
3.「取引枚数」を上げて「利益額」が増える

私は、勝率が70%を越えてくる ゾーン③より外側にきたときに、大きなチャンス到来 と考えています。いわゆる「おいしい相場」です。実際に、 これまでに大きく稼いだ日は、ゾーン③④⑤のサインが出た日が多い です。

極端な話、 ゾーン③④⑤だけでトレードしていると、どの通貨ペアでも面白いほど勝てます。

もちろん全てのエントリーを勝つことは不可能ですので、逆行したら損切りしなければなりません。期待値が高いといって、無茶なトレードをすればいずれ大損しますからね。 1回ではなく、100回や1000回トレードしたときに、期待値に収束していく ものです。

勝率が高く、700回以上は優に利食いできます。さらに、この700回以上の勝ちトレードはpips幅も抜けますし、ロットも増やすポイントです。損切りは200回から場合によっては400回程度あるかもしれませんが、1000回を終えて損益がプラスかマイナスか、どちらの方が可能性は高いと思いますか?私は、 大きな利益が出ているイメージがふつふつとわいてきます。

このように、 ゾーン③④⑤は、この手法で一番勝てる土俵 といえます。トレンドにさからう逆張りだとしても、勝てる場面がくるまで待てば、期待値プラスのトレードは充分可能なのです。 ゾーン③④⑤だけでトレードすれば、サクサク勝てるでしょう。

3.8. ゾーンによりヒゲの長さを変える

では、どのゾーンでも、 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 ヒゲが出たら即エントリーしていいかというと、そうではありません。

ゾーンが外側になるほど、相場はより乱高下しますから、上下のブレが大きくなります。たとえば、ゾーン④に到達したときに、ヒゲが出現して即エントリーしたとします。実は、一瞬のヒゲはダマシで、 エントリーした直後にさらに逆行してしまうケースがあります。 相場が乱高下するほど、数pipsのダマシは増えるものです。

そこで、ゾーン③より外側でエントリーするときは、 ヒゲの長さを長めにとります。 そうすることで、ダマシを防ぐことができます。長めといっても、何pipsと決まっているわけではないので、次にように覚えると良いです。

・ゾーン①②は1ティック
・ゾーン③④⑤は2ティック

このティックというのは、1回の値動きです。
ここでは、1回の反転とお考えください。つまり、ゾーン①②だと、ヒゲが出た瞬間(1回の反転)です。ゾーン③④⑤では2ティックですので、ヒゲが出て(1回の反転)、 さらにもう1回の反転(2回目の反転)を確認してから エントリーします。価格が、2回、反転した方向へ動くまで待つ、ということです。そうすると、ヒゲが長くなりますね。

3.9. 様子見をする4つのポイント

実践しているやり方の期待値が高い相場、そうでない相場、これを把握することは大事ですね。どんな相場でも機能するやり方があれば、理想です。しかし、移動平均線とエンベロープという「インジケータ」を使っている以上、 得意な相場もあれば、機能しにくい相場もあります。

リアルタイムで動いている相場が、 勝てる土俵にいるのか、そうでないのかを認識できるだけでも、勝率はかなり上がるのではないかと思います。 勝てる土俵でトレードすることで、何年トレードを行なっても期待値に収束するものです。

1.経済指標
2.要人発言や選挙などイベントの日
3.高安値などの節目をブレイクするとき
4.参加者が少ないなど流動性が保てないとき

これは、 指標の数字で動くため、一切予測できないランダムな値動き です。どんなインジケータも機能しないでしょうが、エンベロープも同じで、勝てる土俵から外れます。経済指標は、発表の時間が決まっているので準備できます。毎日トレード前にチェックして、経済指標の時間を忘れないようにしましょう。

各国の要人が発言する度に急騰急落しますので、ゾーンは機能しません。 イベントがある日は1日中相場が乱高下することもあります。そのような日もゾーンで判断するのは危険です。

3の高安値などの節目をブレイクするときに様子見するのは、 ブレイクがどれだけ強いか分からないから です。ゾーン①に入ったと思ったら、あっという間にゾーン⑤に値が飛ぶこともあります。

節目ブレイクは、売買が交錯した結果、壁を突破したようなものです。 壁を突破したら、その勢いが凄ければ、すぐに20pipsや30pips動きます。 1分で50pips以上動くときもあるでしょう。これは、どこで反転するか分からないので、エントリーはスルーします。

4の参加者が少ないなど流動性が保てないときは、 機関投資家が夏休みを取る時期や、クリスマス休暇の時期など です。

これは、 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 日々のチャート分析とマーケットに関するニュースを見ていれば分かります 。毎日トレードし、相場が薄いかそうでないかを感じ取ってください。

4. まとめ

1.逆張りの基本は移動平均線から乖離したら反転するという仕組み
2.エンベロープを①②③④⑤のゾーンに設定して乖離を図る
3.ヒゲを確認してからエントリーする
4.バネは伸びたら縮む
5.ゾーン③④⑤はヒゲを長く取ってダマシを防ぐ
6.ゾーン③④⑤は勝率、利幅、ロットを上げるチャンス
7.経済指標、要人発言や高安値ブレイク時は様子見する
8.勝てる土俵でトレードすること

最後に、重要なことお伝えします。

このエンベロープ手法は、 他のテクニカル分析と組み合わせると、驚くほど勝率がアップします。私が使うのは、トレンドラインなどのラインツールです。

たとえば、エンベロープのゾーンに入ったとき、トレンドラインにぶつかると、判断の根拠2つが重なります。 根拠がエンベロープ一つより、2つ以上ある方が、勝率は上がります。 これについては、かなり長くなるので、別の記事で紹介します。なお、ラインを総称してネックラインといい、拙著「 最強のFX1分足スキャルピング 」で詳しく紹介しているので、すぐに知りたい方はどうぞ。また、 デイトレード手法 でもネックラインを使っています。

楽天カードe-NAVIのログイン方法やログインできないときの7つの原因とその対処法を解説

楽天カードe-NAVIのログイン方法やログインできないときの7つの原因とその対処法を解説

お得情報が大好き! 5の付く日にはyjカードでヤフーショッピング。もちろんヤフープレミアム会員!電子決済はキャンペーンに釣られPayPay・LINE Payに登録。 動画配信サービス系のライター・編集を経て現在はマネ会にてクレジットカードの記事を担当。 休日は日の当たる公園のベンチで読書か、美味しい中華屋のある街を散歩。焼酎は「麦」ウイスキーは「スコッチ」野球漫画は「キャプテン」と「タッチ」が好き。

※当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。 ※当サイト(マネ会 by Ameba)はクレジットカードやカードローンなどのお金に関する情報を提供しており、クレジットカードの申し込みを斡旋するのではありません。 ※クレジットカードやカードローン、キャッシュレスに関する個人の相談や質問にはお答えできません。 ※当サイトはGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。 ※金融商品への申し込みは各公式ホームページに記載されている内容をご確認の上、自己判断で申し込みをしていただきますようお願いいたします。 ※当サイトはマネ会 by Amebaと提携している企業のPR情報が含まれています。 ※当サイトの広告から発生する収益はコンテンツ品質向上のためのコストとして使用させていただいております。

マネ会 by Amebaは、株式会社CyberOwlが運営しているサービスです。
株式会社CyberOwlは、東証プライム企業である株式会社サイバーエージェント(証券コード:4751)のグループ企業です。

MT4でMACDを設定する方法とおすすめインジケーターを紹介

MT4でMACDを設定する方法とおすすめインジケーターを紹介

MACDはパソコン版だけでなくスマホ版MT4にも表示することができます。

  • MT4の画面上部にある「f」をタップする
  • メインウィンドウをタップする
  • パラメータの設定やエントリーポイントを解説
  • 画面をスワイプしてオシレータカテゴリーを表示させる
  • MACDをタップする

MT4のMACD設定方法

短期・長期・シグナル期間

  • 短期EMA:12本
  • 長期EMA:26本
  • シグナル期間:9本

線の色や太さ

MT4で利用できるMACDのおすすめインジケーター

Mt4で利用できるMACDのおすすめインジケーター

MACD MA Price:移動平均線の種類を変更できる

FX_5MACD_Divergence:ダイバージェンスを通知してくれる

ダイバージェンスを検知するインジケーターは、「FX5_MACD_Divergence」だけでなく、「Divergence And Convergence MACD」・「Diver MACD」などがあります。

MTF MACD:上位足のMACDを表示できる

パラメータの設定やエントリーポイントを解説
1分足 1
5分足 5
15分足 15
30分足 30
1時間足 60
4時間足 240
日足 1440
週足 10080
月足 43200

その場合は、「EZT MultiTF MACD」と言うインジケーターを利用するようにしましょう。

PipEze MACD with scanner:各時間足のMACDをパネルで表示できる

FXBay-MACD:ヒストグラムを表示できる

MT4でMACDを利用する際の注意点

MT4でMACDを利用する際の注意点

だましが多い

レンジ相場では判断できない

最適な取引手法の選択が難しい

MT4でMACDを有効活用しよう

おすすめEA作成代行業者を紹介

おすすめの無料EAダウンロードサイトを紹介!

EAつくーるの評判・口コミはどう?使い方・操作方法やメリット・デメリットを解説

MT4でバックテストを行う方法を初心者でも分かりやすく解説!作動しない時の対処法も解説

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

テスタ氏のスキャルピング手法を銘柄選びから解説

テスタ

★★テスタ氏の経歴★★
★テスタ氏が株式投資を始めたのは2005年、20代のころ。
★当時フリーターだったが、書店で見つけた株式投資の本を手に取ったのがきっかけでトレードを始める。
★ポジションの持ち越しがこわかったので、デイトレードでたたかうことを選択する。
★テスタ氏の資産推移
2005年:投資資金300万円で投資スタート
2011年:投資資金1億円を突破
2013年:年利5億円を突破
2016年:中長期投資をスタート
2020年:投資資金40憶円を突破

管理人アイコン

テスタ流スキャルピング手法【銘柄編選び編】

テスタ氏の株の銘柄選びの手法

テスタ氏はインタビューなどで同じ銘柄を数日取引するのが得意と語っています。

時価総額100億円台前半の銘柄が理想

株価変動率(ボラティリティ)の大きな銘柄

盛り上がっている(出来高急増)銘柄

テスタ流スキャルピングに不向きの銘柄

大型株(ボラティリティが低い)

時価総額数十億円の小型株(板が薄い)

日経平均に準じて動く銘柄は不向き

スキャルピングの重要条件には、株価変動率(ボラティリティ)の大きな銘柄を選ぶことが一般的には挙げられます。

テスタ流手法では相性の悪い銘柄はスキャルピングしない

・寄り天になりやすい銘柄
・後場に急騰しやすい銘柄
・キリの良い株価になるとたたき売られる銘柄

個別株やコンピュータのアルゴリズムと自分のトレード手法の相性がよければOKですが、悪い場合には即撤退。

テスタ流スキャルピング手法【エントリー編】

テスタ氏は板によって買い方を変える

相場に勝つためには、いかに他の投資家の心理を読めるかという要素が重要になります。

板情報から投資家心理を読み取ることで、臨機応変に株の買い方を変えるスタイルを貫いています。

テスタ氏は一度に買えなかったら分散投資

副管理人アイコン

テスタ氏は損切りを決めてからエントリー

損切りを決めるということは、リスクを限定すること。

テスタ氏は利確について、「購入時に決めるべき」「悩んでいる時点でダメ」という発言をYouTube動画の中でしています。

テスタ流スキャルピングするタイミング判断

テスタ氏はスキャルピングするタイミングについて、「チャートや板情報などを見た瞬間に買いか売りかを判断できないと厳しい」と語っています。

管理人アイコン

テスタ氏の手法では「買い」から入ることが多い

では、テスタ氏のスキャルピングの手法は「買い」と「売り」のどちらの方が多いのでしょうか?

結論からいうと、「買い」の方が多いのです。

その理由は、信用取引できない銘柄が多いからです。

テスタ流スキャルピングのエントリー回数

・多い日で3~400回以上
・少ない日は100回程度

テスタ流スキャルピング手法【時間足編】

テスタ氏がメインに使うのは3分足

テスタ氏がメインに使う時間足は3分足です。

テスタ氏のスキャルピングのおすすめは5分足

テスタ スキャルピング時間足

<トレーディングビュー>

テスタ流スキャルピング手法【リスクの考え方】

テスタ手法1:勝てない場所で戦う必要性はない

副管理人アイコン

テスタ手法2:不向きと思うならやらない

テスタ氏のスキャルピング手法には、「不向きと思うならやらない」というものがあります。

テスタ手法3:逆行する値幅・時間を狭くして損を限定

テスタ氏は動画の質問コーナーのなかで、リスク管理の一環として「逆行する値幅・時間を狭くして損を限定する」と回答しています。

MAE(パラメータの設定やエントリーポイントを解説 最大逆行幅、Maximum Adverse Excursion)とは、統計学を用いることで損失点(損益分岐点)を正確に見積もることを可能にする概念です。

テスタ スキャルピング 参考図書

テスタ手法4:想定外はカット、想定通りの値動きだけ伸ばす

想定外の株価の値動きした時は即カット、想定通りの値動きだけ伸ばす

テスタ 想定外

スキャルピングで気をつける時間帯

テスタ流スキャルピングの注意時間9時~9時半

9時からのシミュレーションをする

テスタ氏いわく「何も考えないのとでは始まりが違う」とのこと。

テスタ流株スキャルピング手法【ツール編】

ブログ:取引記録をつけて復習&反省

ツイッター(Twitter):情報収集ツール

テスタ愛用の株ツール「T plus plus」

テスタ氏がスキャルピング取引をするのに愛用しているツールが「T plus plus」です。

テスタ ツール

・通信障害リスクなどを避ける
・用途によって口座を使い分ける

1つのPC画面で全ての証券口座を管理できると時間短縮にもなりますし、お金の流れを把握しやすいのでT plus plusは非常に有効的なツールといえるでしょう。

T plus plusは有名デイトレーダーcis氏も愛用しています。

テスタ流ブログの使い方

<テスタ流ブログの活用術>
・スキャルピングの取引記録を文章化して復習&反省
・勝っているトレーダーと負けているトレーダーのブログを見て比較

取引記録を文章化して深く考えて反省

仮説 → 実行 → 検証・復習 → 改善

テスタ氏はトレードを始めたころ、ブログに取引記録を書いて復習と反省を繰り返したそうです。

文章化することで、自分の頭の中が整理されて後で何度も読み返せるのでメリットは大きいですね。

勝っている人と負けている人のブログを見て勉強

なぜ勝ち組トレーダーだけでなく、負けている人のブログまで見るのか?

その理由は、いろんな人の勝敗の理由や違いを比較することで見えてくるもの(気づき)があるからです。

テスタ流ツイッター(Twitter)の使い方

テスタ ツイッター

・株専用アカウントを持つ
・株の情報だけを場中に流して自動更新でチェックする

スキャルピングお役立ち情報

2件のコメントがあります

>テスタロックさん
コメントをありがとうございます。
そうですね、テスタ氏は徹底的にリスクを排除したスキャルピング手法を取っています。
個人的な感想ですが、勝つというよりは負けない投資というイメージがしています。

この記事にコメントする

コメントをキャンセル

このブログも読むと良いかも!

押し目買い

ボリンジャーバンド 設定

バンドウォーク

よく読まれているブログ

バルチック海運指数

バークシャーハサウェイ ポートフォリオ

「投資家」の人気記事トップ3

あのジェイコム男、小手川隆氏(BNF)が不動産会社ランドの大株主に転身したことが判明…! BNFは現在、デイトレーダーをやめてしまったのでしょうか? 小手川隆氏(BNF/ジェイコム男)といえば、2005年に超有名になった […]

BNF 小手川隆

このページにたどりついたあなたは、バフェット太郎という投資家に少なからずご興味があることとお察しします。 米国株投資家として有名なバフェット太郎氏の正体、ポートフォリオなどに迫っていきます。 「バフェット太郎10種(銘柄 […]

バフェット太郎

cisこと投資家、森貴義氏の経歴・ツイッター名言 ※BNF対談あり (最終更新日:2021/9/2、元記事:2018/12/27) 超有名投資家、森貴義氏をご存じでしょうか? デイトレーダーcis(シス)といえばわかるか […]

cis 森貴義

よく読まれているブログ

最新のブログ

ブログ記事を検索する

よく検索される注目キーワード

おとなの株ラウンジの管理人

「おとなの株ラウンジ」運営責任者。日本株投資歴15年。投資診断士。テクニカルアナリスト一次試験合格!バフェットとPリンチが心の師。リーマン・ショックで運用資産半減⇒1度は株から足を洗うが、バリュー投資+テクニカル投資で復活。バリューグロース+テクニカルを組み合わせた投資が得意。座右の銘は未練残すな、金残せ
【note始めました】
初回は22年後半も期待の海運株を紹介しています。
note記事「業績絶好調!まだまだ伸びる海運株」

人気のブログランキング

東証プライム企業一覧

1

テンバガー候補 2022

2

米国株 テンバガー候補

3

天然ガスETF

4

出来高急増

5

BNF 小手川隆

6

増し担保解除

7

メタバース銘柄 本命 日本

8

MACD 設定

9

スキャルピング 手法 コツ

10

カテゴリー

免責事項 掲載している情報や口コミについては、万全を期しておりますが、その内容の安全性や正確性などを保証するものではありません。
ならびに、当サイト介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。
万一、外部ウェブサイトの利用につき問題が生じた場合、
その責任はリンク先の外部ウェブサイトが負っていますので、外部ウェブサイトと利用者ご自身の責任で対処してください。

【2022年7月】ワイモバイルのキャンペーンを解説

Y!mobileのキャンペーンを解説

【超重要】Y!mobileのキャンペーンは「Yモバイル公式経由」と「Yahoo!モバイル経由」の2種類があるよ

これは、ワイモバイルのキャンペーンを説明する上で とっても重要 なことなので、最初に説明させてください。

現在、ワイモバイルの契約は「 Y!mobile公式サイト経由 」と「 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 Yahoo!JAPAN経由 」の2種類が存在します。

申し込み先 URL 備考
Y!mobileオンラインストアhttps://www.ymobile.jpY!mobile公式が入り口になっている
Y!mobileオンラインストア(ヤフー店)https://ymobile-store. yahoo.co.jp Yahoo!が入り口(代理店)になっている

いつでもOK!毎日開催!
プランSプランMプランL
どこでももらえる特典Sプラン:500円分のPayPauy
M・Lプラン:3,000円分のPayPay
SIM契約特典3,000円分のPayPay10,パラメータの設定やエントリーポイントを解説 000円分のPayPay
合計3,500円分のPayPay13,000円分のPayPay

7月もワイモバイルのキャンペーンは目白押し

キャンペーン①:新どこでももらえるキャンペーン

https://ymobile-store.yahoo.co.jp/special/benefits/

手順は「 専用ページからYahoo!アカウントでログインするだけ 」と簡単。

因みに、 申込み者全員が対象者となりますが事前エントリーは必須 なので必ずエントリーをお願いします!

https://ymobile-store.yahoo.co.jp/special/dokodemo/

期限2021/7/1 パラメータの設定やエントリーポイントを解説 ~ 終了日未定
特典申込日から4カ月後の1カ月間に、PayPay加盟店1にてPayPay決済すると、PayPayポイントを最大20%付与されます。
対象者新規申込み、MNPでの申込み
注意点事前エントリーは必須(Yahoo!JAPAN IDが必要)
受取方法申込み月の翌々月の月末に反映

キャンペーン②:SIMカード契約特典・対象スマホ契約特典(Y!mobile パラメータの設定やエントリーポイントを解説 ヤフー店限定)

こちらは 「Y!mobile ヤフー店」経由での申込みが対象となるキャンペーン です。

SIMカード契約特典について

いつでもOK!毎日開催!
プランSプランMプランL
どこでももらえる特典Sプラン:500円分のPayPauy
M・Lプラン:3,000円分のPayPay
SIM契約特典3,000円分のPayPay10,000円分のPayPay
合計3,500円分のPayPay13,000円分のPayPay

「SIMのみ+MNP」の申込み手順もレビューしていますので、「 いま使っているスマホをそのままYモバイルで使いたい! 」という方は参考にしてください。

1つ注意点として、 2021年11月29日より「スマホセット」もソフトバンク・LINEMO、LINEモバイル、ソフトバンク系のMVNO 経由の乗り換えは対象外と変更になっています 。

https://ymobile-store.yahoo.co.jp/special/benefits/

・ワイモバイル ヤフー店を申し込んだ3カ月後の1ヵ月間にPayPay加盟店にてPayPay決済をするとPayPayポイントを最大20%付与されます。
※ 付与条件7,パラメータの設定やエントリーポイントを解説 000円相当(7,000相当/回および期間)

  • SIMカードまたはeSIMでSIM単体契約のお申し込みを完了していること
  • ワイモバイル(ヤフー店)からYahoo! JAPAN ID でログインしてお申し込みをしていること
  • 他社からのりかえで、シンプルM/Lのお申し込みであること
  • お申し込み後、ワイモバイルのご契約が完了していること
  • 対象の契約のお支払いに滞りがないこと

キャンペーン③:特価スマホがおトク!本体価格1円~(Y!mobile ヤフー店限定)

  • AQUOS sense4 basic:1円
  • Android One S8:3,980円
  • Libero 5G:7,280円

また、 「新どこでももらえる特典」の併用が可能 に加えて、オンラインからの申し込みは 3,300円の事務手数料が無料 になります。

キャンペーン④:対象スマホが最大21,600円割引(Y!mobileオンライン公式限定)

https://www.ymobile.jp/store/sp/special_sale/

現在は2022年8月31日まで「夏の超Paypay祭」が開催中で最新の「AQUOS Wish2」が4,980円や「Xperia Ace III」が9,800円という大盤振舞価格で発売されているので事前チェックは必須です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる