オプション 取引ルール

通貨スワップ、通貨オプションとは

通貨スワップ、通貨オプションとは
【最近の私のスワップ収入】

米国の利上げによる経済危機は日韓通貨スワップが解決策になる、と韓国の経済専門家が指摘

日本の借金は、返済は国内向けの機関投資家宛て。発行も日銀が自国の円で支払えばいい。
韓国の借金は外貨ドル建てなので、返済は、外国、アメリカや日本などの投資家宛て。なので、ウォン安になると、多くの外貨ドルを支払わなければならない。つい最近のロシアルーブルが紙くずになりかけたので、ドルで払えなくなったのと同様。韓国から資本が流出する可能性があると警告?でしょうね?wwロシアみたいにドルでなくて、ウォンで払いたい。と言えば?デフォルトするがww
日本には関係が無いww

スワップして何もなければ
「いらなかったのに」
「日本がスワップで得した」

スワップしないでIMF管理下
「日本が見捨てた」
「日本が破産された」
「そもそも日本の計画」

日本にスワップを頼み込むなら
韓国国民の前で日本に土下座しなきゃならんぞ?
・火器管制レーダー照射事件の謝罪と瀬取りの真相解明
・慰安婦合意の完全履行と癒やし財団の復活宣言
・国内外の慰安婦像の完全撤去
・旭日旗への誹謗を禁止することの大統領令発布
これら、できんのか?

というか日本越えた大国なんだろ?
なんで日本が利上げしないで大丈夫なのか、
そこら辺よーく考えてみれば?

韓国と通貨スワップするなんて日本に一つもメリット無い。
韓国をもう助ける義理も無い。
勝手にレッドチームで頑張るなりして下さい。

助けてもその事実と反対の事を国民に伝えて、反日を煽るからね。 通貨スワップ、通貨オプションとは
1997年のIMFの時がそれだったよね、正に恩を仇で返されたのが日本なんだよ。
で、またそれを繰り返すと思うのかね?
親韓議員を利用しても無理だろうね。
国民の8割が、韓国を助けることを了承しないからな。
つまり、有権者の支持を失ってまで韓国を助けるわけがない。
まあ、諦めろ。

韓国が為替スワップではなく通貨スワップをアメリカ、日本と結んだ場合に取る行動って交換したドルで為替介入するんだよな。
ドルを売りまくってウォンを買いまくる。
これってFRBがウォン買い介入するのと同じになる。
他国の通貨使って、世界金融に嵐を巻き起こすんだよw

ローカル市場がどーなろうと関係ない
米国はじめ何処も自国のインフレ退治に躍起でそれどころではない
日本も然り
まぁ岸田はサッパリ分かってないやろうけど黒田は知ってて緩和やってる

日本とスワップ結んでもらう最低条件が、日本と過去に交わした約束や条約の履行であることを韓国国民に伝えないとなw
現状韓国が約束を守らない国だと日本と米国ともに認識されており、いろんなことが韓国の都合よく運ばなくなってしまっているという真実もね
韓国が日本とのスワップなど必要ないと強がる度、日本人はそれはよいことだと喜んでいるくらいだと真実を国民に伝えないとね

『韓国の外貨準備高16億ドル減の4477億ドル 3か月連続減少(6月7日 聯合ニュース)』
韓国銀行(中央銀行)が7日発表した5月末の外貨準備高は4477億1000万ドル(約58兆5000億円)で、前月末に比べ15億9000万ドル減少した。

4477億÷16億/月≒280月 280月÷12≒23年
外貨準備高が毎月16億ドル減でも23年もつの❓ 日本に関わるな❗❗

日韓問題の売春婦(慰安婦)レーダー照射等を日本が妥協し
通貨スワップ結んだら次の選挙で自民党は大敗すると断言できる。
税金を裏切り反日の国につぎ込むなら暴動なってもおかしくない!

韓国と日本の通貨スワップだと日本からの一方的支援になる。
それは日本国の負担であって、ひいては日本国民への負担。
なんでそんなもの成立すると思うのか?

日韓通貨スワップといっても、韓国が要求するのはドルーウォンスワップだからね。
日本が韓国からのウォンを受け取り韓国にドルを与えるってことで、日本が韓国を助けるっていう片務的なものなんだよ。
よくもまぁ日本にこれだけヘイトを向けといて言えるな。

韓国のGDPは日本の3分の1程度なのに、軍事予算は日本と同等の5兆円
北朝鮮の相手なんて陸軍だけあればいいから、韓国の軍事予算を
1兆円まで減額すれば通貨スワップなんて必要ないだろ

スワップした円をすぐ使っちゃう
つまり円安が急激に進むわけ
日本にはデメリットしか無い

慰安婦像全撤去してから出直してこい
やらかしたことなかったことにして
現政権は態度がフラットだから優遇してもらえるよね?
と言わんばかりの痴呆ぶりは頭にウジ涌いてんのか?

※57
駄目とかそういう話じゃなくて輸出管理(というかむしろ正常化と言ったほうが正しい、単にホワイト国から外しただけなんだから)については日本からは手出しできないよ
あれの根幹は韓国がイランにフッ化水素=核開発物資を横流ししたことなわけで
アメリカとイスラエルの踏み絵を韓国自身が踏まない限り絶対に解決しようがない
そして韓国には絶対にその踏み絵は踏めない

正解!
叩き潰す丁度いい機会だよね。
韓国が日本を真似たせいで、日本と韓国は産業が被っているしね。
サムスン、ヒュンダイは邪魔です。
目の前を(わざと)飛び回るハエは、鬱陶しい。

とどめを刺したい気持ちはやまやまだけど、あのアホアホ民国が崩壊すると
難民を気取って日本に漁船で押し寄せるからなあ
最低でも不法上陸は警告なしの射撃OKって法律とおしてからが望ましいよ
朝鮮戦争再開したらぜってー対馬とか食い荒らしにくるでしょ

【北欧通貨】昨日はドル安と原油高で下をトライ、その後買い戻し=ノルウェークローネ

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow 通貨スワップ、通貨オプションとは Jones Indices、Hang Seng 通貨スワップ、通貨オプションとは Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

韓国またぞろ「日韓通貨スワップを推進しなければならない」

トピック

韓国メディア 『中央日報(日本語版)』はなぜか「通貨スワップ」の記事がたくさん出る不思議な新聞ですが、2022年06月17日、また「 通貨スワップが要る 」という記事が出ました。

タイトルは「 米国利上げが韓国経済の危機につながるか…韓米、韓日通貨スワップなど解決法も提示 」という記事です。

合衆国が金融引き締め方向に動くことでひきつけを起こすことを「テーパータントラム」( 金融緩和の縮小 による発作)といいますが、韓国は過去にもテーパータントラムを起こしています。

合衆国が「金融緩和を縮小するぜ」と言い出したときに一部の韓国メディアでは「 また発作を起こすんじゃあるまいな 」という指摘が出ていたのです。

(前略)
一部では金利上げ速度調節論とともに韓米間通貨スワップ締結の必要性が提起される。

600億ドル(約8兆282億円)規模の韓米通貨スワップは昨年末終了した状態だ。

KDIのチョン・ギュチョル経済展望室長は「 今すぐでなくても 国際金融市場の急変動の可能性があるだけに、 適正時点に通貨スワップへのアプローチが必要だ 」として「規模が大きくなくてもスワップ締結自体が市場の不安を解消するという象徴性が大きい」と強調した。

世宗(セジョン)大学経営学部のキム・デジョン教授は「先月、韓米首脳会談の際、通貨スワップが取り上げられるべきだった」とし、「米国としては韓国だけ特別優遇するわけにはいかない状況もあっただろうが、 新政府で準備ができていなかったのが敗着 」と指摘した。

また、「2008年金融危機で韓国は韓米通貨スワップだけでなく700億ドル規模の韓日通貨スワップもあった」とし「日本のドル準備高は1兆3,000億ドル以上だ。新政府に入って韓日関係を再確立するきっかけが作られただけに、 二重の安全装置として韓日通貨スワップを推進しなければならない 」と強調した

⇒参照・引用元:『中央日報(日本語版)』「米国利上げが韓国経済の危機につながるか…韓米、韓日通貨スワップなど解決法も提示」

「米韓通貨スワップ」の方は「 新政府の準備不足が原因で締結できなかった 」としています。

そうではありません。 合衆国にとって全く必要でないし、得にならない から締結しないのです。

「米国としては 韓国だけ特別優遇 するわけにはいかない状況もあっただろうが」などと発言していますが、そういうことではないだろう、と突っ込まざるを得ません。

↑YouTube『ANNnewsCH』「麻生大臣『約束守れないなら金も返ってこない』(17/01/10)」

「信頼関係で成り立ってますんで、約束した話が守られないんだったら、こりゃあ 貸した金が返ってくる可能性もないとか、スワップだって守られないかもしれない とか、いろんな話になりますから、 難 むつか しくなりますよね、これは」

通貨オプション (つうかおぷしょん)

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ユーロズロチの最新見通し2022年5月 | ウクライナ・ロシア戦争の影響も解説

ユーロズロチの見通しと トレード戦略2022年版 ウクライナ問題の影響は?-min

EURPLN swap0515-min

【最近の私のスワップ収入】

ちなみに1単位だと、 2022年に入ってからの平均が1日107円、5月の利上げ以降は192円 とかなり凄いことになっています。

EURPLN swap tani0512-min

後で詳しく書きますが、個人的には1単位20万円くらいで持つのがいいと考えており、この1日192円という数字は、このままのペースで行くと仮定すると 年換算69,980円となるので、スワップの収益率が年換算で約35% とかいう凄まじいことになっています(含み損益や確定損益は考慮せず、スワップのみで計算した数字)

しかもこのスワップポイントについては、 今後もポーランドの利上げが続くことが予想されていることから、今後さらに高まっていく可能性 もあり、為替差益・スワップポイントの両方を狙えるかなり美味しい通貨ペアになりそうです。

#ユーロズロチ 上がってきてるね‼️あっきん口座の状況を公開。投入資金は233万円でズロチ円レートを30円とした場合の想定ロスカットは5.10。今の所は静観って感じ😊 pic.twitter.com/nlRDZFMfpw

— あっきん@投資家🍀元公務員 (@_akkin_nara) March 4, 2022

なおこのEUR/PLNをトレードする場合、後で詳しく比較しますが、 スプレッド・スワップポイントともに条件が良く、またそのスワップを貰いながらノックアウトオプションもできる点でIG証券がおすすめで で、そしてこのIG証券については、 今期間限定・先着300名限定で最大6万円キャッシュバックを貰える神キャンペーン もやっており、その期間が5月から新しくなったので、今が大チャンスです!

というように、 かなり簡単な条件でも15,000円までは貰える ので、是非この機会にお早めにどうぞ!

ユーロズロチのスワップが最近凄まじい

EURPLN swap tani0512-min

このように、2022年の利上げ以降は平均で1日107円になり、5月利上げ後だと何と192円まで来ました。この水準が仮に続けば、 192円×365日で69,980円のスワップ利益 となります。

ちなみに、EUR/PLNについては、史上最高値が4.95で、5より少し低いくらいなのですが、仮にズロチ30円(2/17現在のレート29円前後を切り上げて計算)として、5まで耐える前提で計算すると、 4.65スタートだと16.5万円、4.6スタートだと18万円 くらいが必要資金となります。

EURPLN los0-min

【4.65スタート】

EURPLN los1-min

【4.6スタート】

そのためキリ良く1単位20万円で考えると、スワップ利益が69,980円なので、 含み損益を考慮せずにスワップ年利益率を計算すると、35% となります。

そしてこの計算は「スワップが今の水準が続けば」という前提で計算していますが、実は ポーランド中銀は今後も利上げをすると予想 されており、例えばEUR/PLNについてよく予想を出しているINGというエコノミスト団体の予想では、 2022年後半に8.5%への利上げ となっています(現在5.25%)

このようにポーランドの利上げが続けば、 スワップ水準がここからさらに伸びる可能性 もあり、スワップという意味で非常に美味しい通貨ペアになりそうです。

ユーロズロチの通貨ペアの値動きの特徴と最近のレート

ユーロズロチという通貨ペアは、以下のチャートを見てもらうと分かるように、 「鋭角的に上がった後には鋭角的に戻しやすい」というかなり分かりやすい癖 があり、このチャンスが来た時に狙い撃つのが、一番リスクが低く、リターンを狙いやすいと思います。

EURPLN chart0515day-min (1)

【ユーロズロチ 日足チャート】

EURPLN chart0515week-min (1)

【ユーロズロチ 週足チャート】

ただ、それだけ 「急上昇後は急下降する傾向が明確」「チャンスは意外と短い」 ということがわかってもらえるかと思います。

このように、 急上昇後にチャンスが来やすいので、そこを狙い撃つのがこの通貨ペアの基本 です。

ポーランド情勢の最新情報と今後の金利見通し、ロシア・ウクライナの戦争の影響

2020年以降は、コロナショックの中でポーランドが大幅に利下げして金利という旨味がなくなる&コロナ禍の中で小国の通貨でしかも低金利なズロチを買う理由がないという点からユーロズロチが上昇しており、 通貨スワップ、通貨オプションとは 今後のテーマとしては「ポーランドの弱さがどれだけ改善するか」という点 なので、そのポーランド情勢について解説したいと思います。

まず雇用とGDPについては、今も変わらず堅調で、欧州委員会の見通しによると、 2022年のポーランドのGDP成長率は5.5%と予想されております(前回予想は5.2%であり、そこから上方修正)

porland job0517-min

【ポーランド失業率】

また金利についても、 10月から5月まで8か月連続で利上げ をしており、上でも書いたように年末には8.5%まで利上げという見通しもあるように、引き続き利上げが続く見通しとなっており、この点もズロチにとっては好材料と言えます。

このように、 「コロナショックでの経済への打撃や、利下げによるズロチの低下」という過去の問題については、今時点である程度解決している と考えられます。

その一方で、インフレとEUとの対立という2021年から出た問題はまだ続いており、またロシアのウクライナ侵攻という新しい問題も2022年に出ましたが、ただ、EUとの対立については、 ロシア・ウクライナの対立懸念が逆にポーランドにとってはEUとの歩み寄りのきっかけ になっているということがあります。

porland cpi0517-min

欧州委員会の予想でも年間のインフレ予想として 2022年に6.8%(前回予想5.2%)、2023年に3.8%(前回予想2.6%) と、インフレリスクについては高まっており、またこの予想が出た後にロシア・ウクライナの戦争でさらにインフレリスクが高まっており、実際にはもっと高くなる可能性が高そうです。

またインフレに対しては、自国通貨安はよりインフレを悪化させる材料となるため、基本的にはインフレ時は「できるだけ自国通貨高方向にしたい」という方向性になり、実際に 2月にはポーランド中銀のグラピンスキ総裁が「ズロチ高を歓迎する」とまで表明 しております。

次のEUとの対立についてはもう少し詳しく解説すると、元々ポーランドの与党は司法やメディアへの介入や、反移民・反同性愛などでEUから睨まれていたのですが、10月にポーランドの憲法裁判所が「EU司法裁判所によるポーランドへの介入はポーランド憲法の優越性の原則に反する」と判断し、要は 「ポーランドの国内法の方がEU法よりも優先される」としたことで大きな騒ぎ になったものです。

これは「EU法が加盟国の法律より優越する」というEU法の優越性の原則から真っ向から逆らうもので、そしてこのEU法の優越性というのは、EUにとっては大原則の部分なので欧州委もかなり怒っていて、フランスのボーヌ欧州問題担当相などは 「経済制裁の可能性」 もちらつかせたり、また 「ポレグジット(ポーランドのEU離脱)」なども一部では言われ始め、ポーランド国内では「ポレグジット反対のデモ(EUに残留したいというもの)」まで起こった ような状況でした。

例えば今復興基金は止められていますが、 今後状況次第では一般予算の執行停止の対象となるリスク もあり、そしてポーランドは 年間平均でGDPの2%近いEUからの流入超過 となっており、これが止められた場合は ポーランド経済や債務状況への信頼感が大きく揺るぐリスク もあります。

ただし、このEUとの対立については、 実はロシア・ウクライナの対立によって逆にポーランド側がEUとの接近を強めており、最近はむしろ懸念が弱まっております

ただし、 今時点でEU側から復興基金の承認は降りておらず、また法の支配問題も解決はしていない 点から、まだ完全に「リスクがなくなった」という状態ではなく、その点ではリスクがある一方で、逆にいえばこれらが解決すればEUR/PLNにとってはさらに下落する(=売りで利益になる)材料ともなりうると言えます。

EURPLN chart0515day-min (1)

【ユーロズロチ 日足】

ユーロズロチの投資戦略

以上がユーロズロチの現状ですが、その上で私の投資戦略としては、引き続き「 1単位20万円くらいの資金量で、急上昇した時に狙い撃ちで売る 」というのをやろうと考えております(3月以降はしばらくノックアウトオプションを使う予定)

今の4.6前後で売るかと言われると、この4.6というのはこれまで上値としても下値としても機能してきた重要な節目で、ここを明確に割ってさらにサポレジ転換みたいな形になったり、あるいはEU復興基金承認とかロシアウクライナの停戦といった材料が出てきたならともかく、今の状況ではまだ様子を見た方が良いかなと思っており、 「ある程度鋭角的に上がった時に狙い撃つ」みたいなやり方がおすすめ です。

ただ、この鋭角的に上がるのでも、例えば「ロシアとNATOの全面戦争のリスクが急激に高まった」とか、あるいはそれが落ち着いた後でも「株価がとんでもなく落ちるような出来事があって、やばいレベルのリスクオフになっている」みたいな時であればとてつもなく上がるリスクもあり、そういう時は普通のFXだと流動性の点から若干不安があるので、そこで狙い撃つ時には ノックアウトオプションを使うのが良い と思っています。

ユーロズロチをノックアウトオプションでやる方法や、そのメリット・デメリットは👇の記事でまとめていますが、 「どんなレートの飛び方をしても価値が0までしか落ちないので、戦争拡大や介入、週末挟んだ窓開け等でとんでもない追証を負うリスクをなくすことができる」 「資金効率よくトレードできる」という点がFXに比べて優れていて、また スワップもFXと同額貰えて、税率もFXと同様申告分離課税の20.315% 通貨スワップ、通貨オプションとは という点で、この通貨ペアが急上昇した時には非常に使い勝手の良いものです。

私はユーロズロチについては元々FXでポジションを持っていたのですが、今はFXのポジションを損切して、同じタイミングでノックアウトオプションでポジションを持ち直し、そのことをTwitterでも公開していました。やりました。200万円以上確定損出ましたが、元々17枚持ってたのに今のレートだとさらに5枚足して22枚にしましたノックアウトは52500(5.25)で5.2くらいに一応逆指値入れてます https://t.co/BbfmxNLqlP— Yuki @FX1.

このように、今のような環境では、 急上昇した時にノックアウトオプションを使って狙い撃つ のが一番良いと思っています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる