初心者にもわかる

サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール

サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール
▼ポンドドル15分足(クリックで拡大します)

Damiani_volatmeterを表示したチャート

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

レンジでは「DO NOT TRADE」、トレンドでは「TRADE」と表示され、相場のボラティリティを示すATRも表示されています。

Damiani_volatmeterに表示されるトレード可否の表記とATR

2つのPeriod(ViscosityとSedimentation)の比率を使って収束状態を判断します。

・ViscosityのATR÷SedimentationのATR
・Viscosityの標準偏差÷Sedimentationの標準偏差
(標準偏差はBBの広がりを示すのによく使われています。)

上記の差分がThreshold_levelより小さいときは 収束とみなします。

lag_supressorは、過去1,3本足の差分をATRに加味するモードですね。

ATR、標準偏差と両方近い意味のものですがその比率の差が小さい=相場が動いていない。という判断をするのでしょう。

2.00-DoNotTrade_v103

右上にトレード推奨or非推奨が表示されますが、Damiani_volatmeterを元に判断されています。

・灰色が緑より上=レンジ相場=Do Not Trade
・緑が灰色より上=トレンド相場=Trade

00-DoNotTrade_v103を表示したチャート

▼ポンドドル15分足(クリックで拡大します)

執行足と上位足での表記の差

▼ポンドドル15分足

上記の場合は、15分足では「Trade」が表記されていますが、MTF機能で1時間足を表示すると「Do Not Trade」となります。

00-DoNotTrade_v103のパラメーター設定

下記がパラメーター設定画面です。

3.Forex_SMART_Filter_v1

・青=上昇トレンド
・赤=下降トレンド
・黄=レンジ相場

Forex_SMART_Filter_v1を表示したチャート画像

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

Forex_SMART_Filter_v1を5分足・15分足以外で表示した際のエラー事例

FX侍です、こんにちは。 今回は海外サイトで見つけたスキャルピングシステム「ForexSmartScalper」の紹介。 チャートはこんな感じ。 ▼ForexSmartScalperのチャート画像(ユーロドル15分足) ・時間足:5分又は15分 ・通貨ペア:メ.

4.Trend Direction Force Index Indicator (TDFI)

Trend Direction Force Index Indicator (TDFI)は知名度は低いですが、 上昇・下降の方向性が分かりやすいのが特徴です。

・0付近の2本線の間=レンジ相場
・上方向=上昇トレンド
・下方向=下降トレンド

 Trend Direction Force Index Indicator (TDFI)を表示したチャート

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

デフォルトの期間が20では反応がやや遅いので、10前後に変更するのがお勧めです。

 Trend Direction Force Index Indicator (TDFI)の設定による違い

▼設定による反応の違い(クリックで拡大します) サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール

5.BB-text

BB-textを表示したドル円5分足チャート

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)

基本的にトレンドとレンジ判別インジケーターはボラティリティを基準にしているので、ボラが一目で分かればOKという方にはお勧めです。

FX侍です、こんにちは。 今回は「ボリンジャーバンドの幅を数値化してテキストでpips表示をするインジケーター」のご紹介。 この手の便利系インジケーターは、地味にトレードに重宝します。 ってことで、今回もFX侍が自作しました。 その名も…「BB-text」というそのまま.

トレンドとレンジの判断に使えるインジケーターまとめ

「Damiani_volatmeter」と「Forex_SMART_Filter_v1」の2つを表示させたドル円15分足チャート

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

「Damiani_volatmeter」と「Forex_SMART_Filter_v1」の2つを表示させたポンド円15分足チャート

▼ポンド円15分足(クリックで拡大します)

上記の場合は顕著に違いが出ていますが、 通貨ペアによっては「Forex_SMART_Filter_v1」のレンジ判別部分が多くなります。 (逆にポンド円ではレンジ判別した黄色い部分が少ない)

ただし「Forex_SMART_Filter_v1」では上昇・下降が色分けをされているので、トレンドフォローをしやすいというメリットがあります。

FX侍です、こんにちは。 今回は安全性の高いレンジトレードについて。 特に『デイトレーダー向けのレンジの見つけ方』について解説します。 レンジの逆張りトレードは比較的簡単なので、初心者の方にも人気です。 レンジ内で価格が行ったり来たりするので、負けにくいとい.

また、インジケーターではなくローソク足の値動きでレンジを判断する方法もあります。
この「値動きの法則」は知っておいて損はありません。

FX侍です、こんばんは。 レンジが続くと思ったのに、ブレイクしてもうた…( ゚д゚) レンジになるのが分かれば逆張りで勝てるのにな~(´ε` ) …その気持ち、分かります。 と言うことで、今回は誰もが知りたい「レンジ相場を素早く判断する方法」をお教えします。 この.

FX侍です、こんにちは。 大変長らくお待たせしました 照 15分足専用トレンドフォローのサインツール「アプロス」を公開します。 自信を持ってトレードできるようになりたい、という希望を叶えます。 手前味噌ですが、マニュアルも含めて最高傑作となりました(*´ω`*) .

FXトレード研究会(FTK) | 実力派トレーダー集団が運営するFXブログ

FXトレード研究会(FTK)が運営するブログでは、FX初心者でも利益を出せる情報提供とともに日々のトレード検証結果、収支報告などを無料で公開します。 また情報商材業界で出回っているFX情報商材を検証および評価していきます。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

検証評価カテゴリー(商材別)

記事テーマ カテゴリー

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

最近の投稿

  • 『先読みRCI』RCI6入門【検証と管理人評価】
  • EVOLUTION(エボリューション)【検証と管理人評価】
  • EVOLUTION-エボリューション-/株式会社Logical Forex,工藤総一郎,金子哲也 【口コミ 掲示板】
  • 原ちゃん道場【会員サイトとマニュアル検証と管理人評価】
  • 原ちゃん道場【検証と管理人評価】

SBAサインツール【検証と管理人評価】

勝率90%を期待できるバイナリーオプションツール

シンプルながら勝率90%という好成績を記録しているという
バイナリーオプションツールSBAサインツールが売れているようです。

SBAサインツールの正式名称は
「シューティング・バイナリー・アカデミー ツール」というそうで
オリジナルインジケーターのサインに従って仕掛ける
シストレ手法となっています。

・平均足
・トレンドスカルプ
・ストキャスティクス

普段からMT4を使っているトレーダーにとっては
見慣れたインジケーターですが、
いずれもパラメータに手を加えた サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール
カスタムインジケーターとなっているようです。

SBAサインツールでインジケーターのサインに従うシストレですが、
エントリー方向とタイミングを知らせる矢印などは表示されず、
各インジケーターの色や形からエントリー判断を行っていきます。

トレンドスカルプ(真ん中のサブウィンドウ)が赤玉表示
ストキャスティクス(一番下のサブウィンドウ)がクロス後20以下になり、
平均足が赤色から白色に変化したら買いエントリー

逆に、トレンドスカルプが白玉表示で、 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール
ストキャスティクスがクロス後に80以上になり
平均足が白色から赤色に変化したら売りエントリーです。

トレンドスカルプ、ストキャスティクスで
「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断し
平均足の変化(トレンドの転換)を捉える逆張りロジックですね。

SBAサインツールでは取引履歴を公開している

ランディングページによれば、
SBAサインツールは勝率90%以上を期待出来るため
理想の補助ツールになる可能性を秘めているとのこと。

二者択一のバイナリーオプションにおいて
トータルで勝率60~70%を得られるだけでも相当優秀ですが
SBAサインツールの平均勝率は驚異の90%。

もしこれが事実であれば、
間違いなくバイナリーオプションの「聖杯」と言えるでしょう。

今回のツールが平均勝率90%を記録しているという証拠
ランディングページとは別に、
販売者によるトレード記録ブログが開設されています。

こちらの公式ブログはかなりのハイペースで更新されており、
ほぼ毎日のように販売者さん自身の取引結果が公開されています。

取引画面のキャプチャに加えて、
実際のトレードを収録した取引動画も数多く掲載されています。

取引画面からみて、販売者さんは
ハイローオーストラリアで取引しているようですね。

公式ブログの情報量の多さ、画像と動画による取引履歴の開示など
一見して真摯な印象を受けますが
問題は公開されている取引履歴が「リアル」「デモ」かというところです。

こちらの動画でハイローオーストラリアの
「リアル口座」と「デモ口座」の違いを確認することができます。

「リアル口座」の場合は画面トップへ
「取引履歴」「マイページ」といったメニューボタンがありますが
「デモ口座画」にはそれがありません。

また、取引画面のURLにも違いがあり
「デモ口座画」のURLには「demo」の記載されていますが
「リアル口座」のURLにはそれがありません。

正直なところ、これではデモなのかリアルなのかの正確な判断不可です。

もしも本当に勝率90%という輝かしい成績を記録しているのであれば
リアル口座でトレードしているということが判断できるように
リアル口座だと証明できる取引画面を公開するなりするはずです。

SBAサインツール販売者さんは、ツールを開発できるほど
バイナリーオプションに関する知識があるわけですから
現在公開している取引履歴では
“信ぴょう性がない”ということくらいわかっているはずです。

しかし、リアル口座でのトレードであるという証拠
一切公開していないということは
公式ブログで公開されている取引履歴は
本当は「デモ口座の取引履歴」なのかもしれません。

業者はハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは取引画面のデザインが時々変わるのですが、
こちらの動画は以前までのデザインのものですね。

このようにバイナリーオプションの取引履歴を改ざんすることは
難しくなく、誰でにでも簡単に出来てしまいます。

バイナリーオプション商材の販売者全てが
こういった行為を行っているという意味ではありませんが、
悪質な業者に騙されないためにも、
購入者側も身を守るための知識を身に付けておくことが必要ですね。

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

【厳選】個人的にお勧めできるフリーのMT4インジ15選part4【シグナル多め】

【厳選】個人的にお勧めできるフリーのMT4インジ15選part4【シグナル多め】

ボリバンのようなバンドと売買サインの出るインジです。 このインジの良い点は、リペイント無しでそれなりに勝てるシグナルを出すことでしょう。 トレンドフォロー系なのでレンジ相場は負けますが、それなりに大きく上下する相場であれば、スキャルピングからスイングまで利用できると思います。 下のチャートはポンド円1分足です。 1分足でもしっかりとしたサインを出します。 上位時間軸を見てエントリー方向を定めてやれ

以前ご紹介したことのあるarrowsandcurvesの機能強化版です。 このインジは、チャート上にボリバンのようなバンドとサインを表示します。 バンドをブレイクしたり反発してきたからサインが出る・・・と言うわけではあり.

BolliToucher

ボリンジャーバンドの上か下のバンドにタッチしたらサインが点灯するインジです。 バンドの期間やσは任意で設定できますので使える幅は広いです。 ボリバンからの反転を狙う際の客観的な指標として、非常に有効だと思います。 パラメーター設定画面 (上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

GimmeeBar

ボリンジャーバンドとローソク足のパターンからの反転を示す「GimmeeBar」を検出するインジです。

GimmeeBarを検出して矢印で示すインジです。 Gimeebarとは、ボリンジャーバンドとローソク足のパターンから反転ポイントを探るもので、レンジ相場で特に威力を発揮します。 トレンド相場の中での逆張りには使えませんが、レンジ相場やトレンドや押し目や戻りを狙う際の参考にはなると思います。 サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール GimeeBarにつきましては、以下に詳しい解説がありますのでご覧ください. 以下は解説書です(英語) ⇒

2 candles 1 pilot331

短期決着型のシグナル系インジです。 使い方としては矢印が出たらエントリー、☼が出たらエグジットです。 基本的には、利食いシグナルが出た次の足でエントリーシグナルが点灯しますので、決済して次の足が確定したらまたエントリーという流れになります。 とはいってもドテンルールではなく、ロングポジションを決済後に再度ロングシグナルが出ることもあります。 リペイント無しですが、そこそこの精度はありますので、主に

チャートの天底をとるTrend Counterとストキャスふうたインジとの組み合わせ

こんばんは~、EA職人ローマです。 さて、スキャトレふうたのインジケーターである 「今までになかった!?絶妙なタイミングを教えてくれるインジケーター」を使って 久しぶりに1分足でのスキャルピングにチャレンジしています。 .

チャートの天底をとるTrend Counterで精度を高めよう

そう思って相性が良かったのが「チャートの天底をとるTrend Counter」です。
こちらはゴゴジャンで無料で手に入れることができます。

トレード結果は下の2をクリックしてね↓

実際のトレード

8が出現し、そろそろエントリー準備。

次の足で9が出現。Ultimate_TrendBarの色も赤色だったのでトレンドは下方向でTrend Counterとの向きもあっていたのでエントリーです。

エントリーした直後に下がり、5分足チャートの次の足でふうたさんのインジで下矢印が出現しました。

これは熱いっと思いつつ安心できます。

2つのインジを使って2.4pips獲得した画像

利確はTrend CounterのTDSTレベルといわれるラインの手前にしました。
TDSTレベルとはトレンド転換の目安とされるブルーのラインです。

一気に利確ライン手前まで下げたのですが
そこでモタついたので手動で利確しました。

数字とチャートが合わない時もある画像

もちろんトレンドが付いた時には、全然合ってない時もあります↓

トレンドが付いた時の数字は無視してレンジぽい動きになってきたときには結構な精度があります。

■トレンド系 MT4チャートインディケータ

gazo01

    サブチャートにトレンド方向を表示させるサインツール
  • 異なる種類の移動平均線を表示して、クロスした時に矢印を出すインディケータ。
  • このインディケータでは、単純移動平均線と指数平滑移動平均線を採用しています。
  • 期間は変更可能で、マルチタイムフレームにも対応しています。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」
    ⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Alert SMA-EMA CrossOver1.mq4

Aroon_Up_Down

gazo02

  • トレンド及びその強弱を確認するアルーンのインディケータです。
  • 期間内の高値更新(安値更新)が何回あったかを探る。
  • アルーンアップが青で表示
  • アルーンダウンが赤で表示
  • 数値が高いほど強いトレンドをして判断します。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Aroon_Up_Down.mq4

Rads HAS

gazo03

  • 期間の異なる指数平滑移動平均の「開き(乖離)」表示するインディケータ。
  • 短期指数平滑移動平均が長期指数平滑移動平均よりも「上」に位置している時は、赤色のヒストグラムが表示されます。
  • トレンドが強くなるにつれて、ヒストグラムが大きく表示されます。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Rads HAS

MTF MACD X

gazo04

  • 異なる時間足軸のMACDの状態をサブウインドウに表示するインディケータ
  • 大きな時間軸のトレンドをMACDで確認して実際に売買を行う時間軸のMACDを参考にして売買が出来るインディケータ。
  • 初期設定では、15分、30分、60分、240分のMACDが表示され、ゼロラインを上(下)回ったかどうかを確認できます。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    MTF MACD X

Rads HAS

gazo03

  • 期間の異なる指数平滑移動平均の「開き(乖離)」表示するインディケータ。
  • 短期指数平滑移動平均が長期指数平滑移動平均よりも「上」に位置している時は、赤色のヒストグラムが表示されます。
  • トレンドが強くなるにつれて、ヒストグラムが大きく表示されます。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Rads HAS

Supertrend

gazo05

  • CCIを改良をしたトレンドフォロー系のインディケータ。
  • 1本のラインで上昇時は緑、下降時は赤で表示。
  • サポート、レジスタンスとしても機能し、緑色のラインがサポート、赤色はレジスタンスの水準として、ロスカットを置くこともできます。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Supertrend

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる